バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

試乗車キャラバン初日! (ヤマハ・YSP大分)

2015-05-31 06:59:00 | イベント
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

イベントをするとなると気になるのがお天気
先週に続いて今週も天気予報とにらめっこです。

そんな中、昨日は「プレストキャラバン試乗会」の初日が開催。
その様子をブログで簡単にご紹介しましょう。



前日までに届いた大型車、ご覧のように実に7台。

しかもVMAX FJR レイダー スーパーテネレなど
特に大きいものばかりです。

おかげで写真のように、お店はバイクだらけ、
なんとか詰め込んで金曜の夜は閉店できました。

期間中、それらのバイクを皆様に楽しんでいただけたらと思います。



事前に心配されたように、午後からはあいにくの雨、

ただし午前中はお天気に恵まれたので、
その時間帯を中心にたくさんの方にご来店をいただきました。

初日はレイダー、スーパーテネレなどが人気の試乗車。
トレーサー、R25など普段からある試乗車もまずまずの人気でした。



今回、試乗車のほかに2015年式 YZF-R1も店内にて展示。

ご来店をいただいた方の注目を集めていました。

実はYZF-R1についても、
YSP大分で日程をあらためての試乗会で試乗ができる予定。

これについては詳しいスケジュールが
確定しましたら改めてご案内をさせていただきます。



そして初日のメインイベント(?)は「たこ焼き」。
参加者の方に無料で振る舞われました。

ガスのタコ焼き器で作りましたが
味も美味しいと評判も上々。

私も食べましたが実際なかなか美味しかったです。



さて、ご来店をいただいた方には
今試乗会、来店プレミアムをご用意しております。

全員にヤマハファクトリーライダーが印刷された
YSPお茶缶を。

またfacebookをされている方がいらっしゃれば

「チェックイン」、もしくはYSP大分に「いいね」をその場でしていただくと
写真の「サーモボトル」を差し上げます。



また試乗車、展示車ともに写真撮影、SNS投稿は自由にどうぞ。
もしよろしければ試乗会の様子、シェアしてくださいね。

そして31日(日)は「SEAP.(シープドット)」さんによる
革細工の実演を開催いたします。



メインに使用しているのはベルギー産の革
ショルダー(肩)の部位を使った特殊なモノだそうですよ。

こちらも興味深いイベントですので
バイクには乗らないという人も足を運んでみてはいかがでしょう。

気になるお天気も31日は回復するみこみ、
ぜひYSP大分のキャラバン試乗会までお越しください!



★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図 

BOLT-Cスペックに乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-31 06:59:00 | ニューモデル
こんにちはFM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

3月17日火曜、今日はオートポリスに来ています。

先日ご紹介したYZF-R3にも乗った
ヤマハの販売店向け試乗会が開催されています。

お天気は快晴、気温もあがり、
超久々、絶好の「バイク日和」なのです。



実はこの日、どうしても乗ってみたかったバイクがもう一台。

それがこの「ボルトC-SPEC(ボルトカフェ)」

アメリカンクルーザー「BOLT」をベースに
セパレートハンドルを装着した「カフェレーサー」仕様の派生モデルです。



カフェレーサーとはちなみに

昔、イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、

自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために
改造したのがその起源とされているそうですよ。



ヤマハプラットフォーム戦略
(同じエンジン・フレームの派生モデルを多く生産すること)

・・により作られたボルトの兄弟車とも言えるこのバイク

スタイルはいわずもがな、ご覧のとおりのカッコよさですが
でははたしてその「走り」は一体どうなのか。

まだあまりインプレッションも出ていないようなので
気になっている方も多いことでしょう。

そのあたりを今日は試してみましょう!



ちなみにセパレートハンドルとは

一般的に棒状の「バーハンドル」を撤去
左右のフロントフォークに直付けでハンドルを装着。

低い攻めのポジションを作りだすというものです。

あわせてステップを後方に持っていきバランスをとります。

完成したライディングフォームは
美しく前傾を保つものとなり、

それがカフェのカッコよさの原点となります。



では早速またがってみることにしましょう。
よいしょ。さすがにボルト、重さはそこそこあります。

あれ、シートが柔らかいですね。

カフェレーサー、というからSRなどのカスタムパーツによくある
硬いものを想像していましたが全然柔らかい、

SR400の厚いノーマルシートのように
座ったらずぃっ、と沈み込む感じで

そのおかげで見た目ほど足つきは悪くないようです。



そしてハンドルの位置ですが、

ノーマルのボルトに比べればもちろん低いものの、
セパレートハンドルの割にはちょうど良い高さ感。

また、ちょっと脇を絞ったら
しっくりくる幅感はおさまりがよいですね。

そして950CCバイクとして意外なのがクラッチの軽さ、
なんか250ccのバイクみたい、です。

指、1、2本でも十分操作可能
ヘアピンカーブ、シケインで速度調節のための半クラも容易そうです。



さて、それでは試乗を開始してみましょう。

ステップ位置は最初にまたがった時こそ
思わずステップの場所を探してしまい

ブレーキを踏みそこないそうになりましたが

走りだすと、ハンドル・ステップ・シートの三角関係が絶妙なためか、
妙なしっくり感があります。

前傾だけど楽なんだなこれが。

これがメーカーメイドのポジションの完成度の高さなんでしょうか。



SRなどでセパハン、バックステップを装着すると

この三角関係がちぐはぐで座りが悪いと感じることがありませんか。

でもこのバイク、このままロングツーリングに行ってもいいかも・・
なんて感じるほどのしっくり感があります。



しかもバイクの重心バランスと
ライダーの重心位置も最適化されているようで

コーナーなどに入る時にきちんとコントロールして、
バイクに影響を与えている実感があり

曲げようとするのに曲がっていかない気持ち悪さもありません。
コーナー攻めて、ちゃんと楽しいバイクになっていますね!



ハンドリングもアメリカンがベースとは思えないほど素直で

一般的に短いセパハンだと
おさえは効きにくいように思いますが

思ったところにきちんと落ち着きます。

ただハンドルをとってつけただけのバイクではないようで、
このあたり、ヤマハは計算済みのようですね。



ストレートに来ました。
では、エンジンは果たしてどうか。

ここはさすがBOLTの950CCVツインエンジン、
「ドドドド・・!」と力強い加速をします。

SR400をはじめとする、小排気量カフェレーサーは
コーナーの立ち上がりこそ力強さを感じますが

スピードが乗るにつれ、トルク感が薄くなり
ただ回っているだけの残念感があります。



ところがこちらはさすがに余裕。

豪快なトルクをごく低速から、
高速道路で走るような速度域まで、まき散らすようにして走りますね。

図太いパワーで、
迫力のあるカフェレーサー・・それがこのバイクの魅力なのです。



テイスティなカフェレーサーは走りが弱いという概念を
覆してくれそうという点でこのBOLT C-SPEC。

そのスタイリングのみならず、

走りの楽しみの両立という点でも面白い存在になりそうです。
YSP大分ではこのBOLT C-SPECを展示中

ぜひご来店の上、実車をご覧ください!






























★YSP大分 facebook

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-ky

今日明日はキャラバン試乗会!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-30 06:59:00 | イベント


イベント名:プレストキャラバン試乗会 大分会場
日時:5/30(土) 31日
場所:YSP大分 (大分市賀来北2-1-1)
参加費用:無料
試乗車:XT1200ZE レイダー ストライカー XVS950A  FZ8 XJ6 など


普段なかなか乗ることのできないヤマハ海外モデルに試乗してみませんか。

アドベンチャー系のフラッグシップモデルともいえる
XT1200ZEスーパーテネレや

アメリカン系の最大排気量 XV1900CUレイダーにも乗ることができます。

またそれだけになく今話題のMT-09、07シリーズや
BOLT、トリシティ、R25、R3などもありますよ

5月30日、31日の二日間は、
大分唯一のヤマハ専門店YSP大分へどうぞ!




★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

MT-09TRACERに乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-30 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になってます、ナルさんこと河野成久です。

ツーリングが楽しい季節になりました。
そんなツーリングをググッと楽しくしてくれそうな
ヤマハのニューモデルが「MT-09TRACER(トレーサー)」。

発売直前のこのバイクが、2/5にYSP大分に届きましたので、
あわててナンバー登録しました。早速試乗してみましょう!



こちらのトレーサー、基本の部分はご存じのように
3気筒エンジンを搭載した「MT-09」です。

大雑把に言えばそれにハーフカウルがついたもの。
カウルがつくとけっこう大きく見えますね!

もちろんそれだけではなく、

専用シートの他、トラクションコントロールや
LEDヘッドライトなどの装備を施したツアラーモデルとなっています。



この試乗車の色はマットシルバー。
ホイール・フロントフォークがヤマハレースブルーでスポーティーな印象です。

他にレッド・マットグレーがラインナップ、

日本ではABS付きのみが用意されます。



このトレーサーにもMT-09同様、
「モード切替スイッチ」が装備、バイクの性格を簡単に変更できます。

デフォルトがSTD、スイッチを「送る」ことにより
Aモード、Bモードとそれぞれ切り替えができます。

アクセルを開けていない状態であれば
走行中でも切り替えができるようです。

また「セルスタート」はこちらもMT-09同様、
キルスイッチとの連動型です。



そしてこちらが新装備の「LEDヘッドライト」

バイクに限っていえばメーカーが生産した状態では
「LED」はおろか「HID」すらありませんでした。

LEDヘッドライトについては
まだ4輪でもそう多くはないと聞いています。

それが、このトレーサーに標準装備となりました。



その明るさはほぼHIDと同レベル、

今回初めてLEDヘッドライトなるものを見ましたが
さすがの明るさですね。

ハロゲンの09と比べると、色温度が違い
白いのがはっきりわかります。



3段階に調整できるスクリーン、
ブラッシュガードが装備されているのもトレーサーの特徴

この日寒かったのですが、そこまで寒いと感じませんでしたので
けっこうな防風効果があるようです。



そして燃料タンク容量は、
長距離にも安心の18リットルでMT-09と比べ増量。

同じくハイオクガソリンを使用します。

ガソリンタンクが大きくなった様子ですが
膝のニーグリップ部については十分に絞り込まれているので

またがったときは、見た時よりも細い印象に感じます。



ステップ位置もツアラーらしい設定。

膝の曲りも、ややゆったり感があるので
長距離を走ることも考慮しての楽なポジションになっているようです。

足つきに余裕がある人は
シートの設定をハイにすれば

さらにゆったり感あるポジションにできそうです。



メ-タ-は多機能マルチファンクションメーターを採用。

これはFJR1300、スーパーテネレと同じ系統ですので
燃費などもこちらで確認できます。

また、オプションである専用のグリップヒーターを装着すれば

あらためて別にスイッチを装着しなくても
このメーターへの
ハンドル左側の「セレクトスイッチ」操作で温度調節ができるそうです。



それでは早速試乗開始。乗ってみた感じを簡単にご紹介しましょう。

あれなんだ、見た目より軽いなぁ、これ

真っ先に感じたのはその「軽さ」。

MT-09より20キロは重くなっているはずですが
それをあまり感じさせませんね!



FZ-1よりさらに15キロ軽い210キロは、

足をついて指先でちょんと支え
右左にバイクを傾けて遊んでみても余裕なほど

重心バランスもいいのでしょう。
4気筒エンジンにある「ずっしり感」がありませんね。

これは楽だわ。



コーナーでバイクを寝かしこむときも
MT-09譲りで非常に軽く、

腰をちょっとひねりこむだけで素直に反応してくれます。

カーブでは、ちょっと攻めてみたい気持ちにさせてくれますね。

もちろん街中で交差点を通過するような場面でも楽々移動。

トラクションコントロールのおかげか
発進から、一本橋レベルののろのろ運転でもスムース

通勤に十分使えるレベルです。



さて、さっききたばかり、
まだまだ慣らしが必要なこのバイクですが、

ツアラーというどちらかといえば穏やかな方向性で
エンジンはいったいどういう味付けになったのでしょう。

なんか面白くないエンジンになってたらいやだなぁ。



ちょっとアクセルを大きく開けてみます!

おおっ、3気筒の加速サウンドとともに
かなり元気のよい加速をしますね!

スゲースゲー速い!



ツーリング向けということで
なんか、もっとまったりしたものを想像していたのですが

なかなかというより、かなりパンチの効いた強烈な走りです。

ツアラーになっても
やっぱりMT-09

走りはさすがですね。



だからワインディングに入ると、

その軽さも活かして、水を得た魚のよう

ただギアの減速比の設定が多少違うのか、
MT-09のようにどこでもフロントタイヤが浮こうとするやんちゃな加速ではなく、



安定感がありながらも、グイグイと前に進んでいく、
走りを楽しめるツアラーに仕上がっていますね。

そんなお楽しみ中にも

カウル&ブラッシュガードの防風効果で
走行中、ライダーへ落ち着いた空間をもたらしてくれます。

ライディングポジションも
スーパーテネレのようなアップハンドルなので

楽な姿勢での巡航が可能です。



シートは写真のようなセパレートタイプ

MT-09と比べ、やや後方に幅広でしかも素材も柔らかく、
座り心地は、短時間乗った限りでは超快適

長時間乗車してもタンデムライダーともどもお尻は痛くなさそう。



シート高は845mm
足つき性はよい方ではないかもしれませんが

写真のように、シート下の中子の位置を変更することで
簡単にシートの高さを変更することができます。

その上で、オプションでローシートや
ローダウンリンクの発売も予定されているようです。



この手のバイクには装着率の高い「サイドケース」は
オプション設定ではあるものの

ステーはもう必ずつけろといわんばかりに、最初から装備されています。



また後付することの多い
スマホなどを充電するシガーソケット電源も
最初から装備されています。

ここまでいたせりつくせりだと、

今度、ロングツーリングへ行ってみようかなと、つい考えてしまう
旅ごころをくすぐる装備満載ですね。



大型ツアラーの多彩な機能にあこがれる方も多いと思いますが

その車体サイズの巨大さや、
ヘビー級の重量のため乗りこなせない、
ということもあったのではないでしょうか。

またそうであれば、実際のツーリングの際には
気を使い、疲れてしまいます。



今回発売されたMT-09トレーサーは
3気筒エンジン(CP3)の軽量コンパクトを活かして

本当にちょうどよいサイズ感のツアラーに仕上がっています。

しかも価格も他社同クラス価格帯より、
大きく抑えたといえる1047600円(税込)とリーズナブル。



軽量・パワ-・装備そして価格

3拍子ならぬ4拍子揃ったこのバイクで、
これから日本中を旅する人がきっと増えてくること間違いありません。

さて、YSP大分では、
このMT-09トレイサーの試乗車をご用意しております。
YSPだけの2.9%低金利キャンペーンも2/1より開始。

次はあなたご自身でMT-09トレイサ-をお確かめください!












★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中 
★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

FJR1300AS ・ VMAXにも乗れる!5/30・31キャラバン試乗会(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-29 06:59:00 | イベント




5/30.31の土日にYSP大分で開催される「プレストキャラバン試乗会」
この日は、普段なかなか見れないプレスト海外モデルが主役の試乗会ですが

この日、もう2台の試乗車をご用意することになりました。

それがFJR1300AS とVMAX。

FJR1300ASはトラクションコントロール、
クルーズコントロールなどを装備したスポーツツアラー

対するVMAXは1700ccの怒涛のパワーを誇るヤマハの象徴ともいえるバイク、

どちらも大分では普段なかなか試乗できないモデルです!

ぜひ5/30.31の土曜日、日曜日は、
YSP大分のキャラバン試乗会へお越しください!




★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

あなたのバイク「定期点検」受けてますか(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-28 06:59:00 | メンテナンス
バイクの調子が特に悪くなければ、

自分のバイクが今どんな状態かを
考えることは少ないはず。

なので「走らなくなった」、「変な音がする」、「止まる」・・など異常を感じた時にだけ
はじめてバイクがおかしいことに気が付くでしょう。

「定期点検」をしてこなければ

不調に気づく時には、バイクは、
ひとつだけでなく、何か所も問題を抱えていることが多いのです。



修理箇所が、もしあそこもここもと・・

一か所だけですまなくなれば
その費用の支払負担も大きくなります。

場合によっては、バイクをあきらめざるを得ない高額なケースもあるかも

だからこそ点検で
バイクの状態を正確に知っておくことが大事なのですね。



バイクは機械である以上、
乗れば乗っただけは確実に消耗していきます。

中には「あんまり走ってないからいいよ」という人もいるでしょう。

乗らなくても時間がたてば劣化していく部品だってありますから

やはり定期的なチェックでの早期解決が一番

それにより「費用の発生を分散していくこと」が
結果的に、一番無理のない維持管理なのですね。



さて、もしあなたが購入してから点検を受けたことがない
(もしくは回数が少ない)のであれば、

もしかすると愛車はよくない状態になっているかもしれません。

バイクショップで購入したのでなく
譲り受けたような経緯のバイクならなおさら心配。

そこで、YSP大分で点検(定期点検12か月相当)を受けてみて

状態を一度確かめてみてはいかがでしょう。



一見、問題ないように見えるバイクでも、

ブレーキパットがなくなってディスクプレートが「がりがり」になっていたり

オイル交換をしていなかったため
ほとんど「オイルが入っていない」バイクなどもけっこう見受けられます。


オーナー目線で気づきにくい
そんなところにも不良個所があるかもしれません。

だからこそ、定期点検で
しっかりチェックすることをおすすめします。



点検は、もちろん他店で購入された車両でも対応いたします。

既にちょっと心配な箇所があるのなら、
あわせてお気軽にお申し付けください。

一度、愛車に問題がないかしっかりチェックすれば安心。

YSP大分まで、まずはご相談くださいね。













★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

マジェスティS 市街地で乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-27 06:59:00 | ニューモデル
こんばんは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっております、ナルさんこと河野成久です。

バイクは便利な交通手段のひとつ
特に渋滞しがちな市街地ですばやく目的地に移動することができます。

実は、そんな環境でおすすめしたいバイクが
マジェスティS、ベストサイズの150ccミドルスクーターです。

以前、このバイクで
当時、東春日にあった「FM大分」まで行ってきた時のインプレをご紹介しましょう。



YSP大分のある賀来から東春日へ
退勤時間である夕方の6時ごろに行くには、

南大分、大道・・というように
国道の幹線道路、渋滞がちのルートを通らなくてはいけません。

そういうルートでは、
交差点信号待ちなどで、車の間をすり抜けられる
あまり大きくない車体のほうが有利。

その意味では、125cc+αの車体サイズがベスト

マジェスティSは、まさにそんな手頃な大きさなのです。



渋滞している道路だからこそ、
車線が空いたら一気に加速したいものです。

そういうときにグングン加速できるパワーが欲しいですよね。

マジェスティSは
5000回転以下こそ125ccと大差ないものの、

6000回転を超えるとエンジンが豹変
ロケットのような加速に変わります。

軽さも手伝って走りは
250ccのビッグスクーターにも遜色ないというよりさらに上のレベル。
もちろん、明らかに125ccよりも高性能です。



250のビッグスクーターと比較しての利点をあげると
フラットフロアで足元に荷物を置くことができるということ。

例えばビールを箱買いして持って帰りたい時なども
置いて運んだりすることができます。

そして、写真のコンビニフック

愛用の重たいカバンをここにかければ
背中に背負う必要もないので楽に移動ができます。

仕事帰りの買い物で、レジ袋をかけられるのも意外と便利です。



さて、私が今回乗ってみたマジェスティS、
YSP大分の試乗車(レンタルバイク)としてご用意しております。

125cc、250ccで通勤されている方なら

毎日使うものだからこそ
その違いが大きくわかるはず。

ぜひ市街地での頼もしい「機動力」をお確かめください。
きっと通勤が楽しくなること、間違いありません。

ご来店をお待ちしてます!









★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分 facebook

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。

NEW YZF-R1展示予定! 5/30・31キャラバン試乗会(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-27 06:40:00 | イベント


5/30 .31の土曜日 日曜日にYSP大分で開催される「プレストキャラバン試乗会」

普段乗れないプレスト海外モデルの試乗が楽しみな試乗会ですが
この両日、あの新型YZF-R1もやってきます。(展示のみ)

もちろん大分初入荷。

先日のオートポリスの全日本で早くも優勝を飾ったR1。

その実車をぜひYSP大分でお確かめください!








★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

「ラパラ!」DAY2に参加してきました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-25 06:59:00 | イベント
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

5月24日(日)、この青空を見てください!
きのうまでの気まぐれなお天気とうって変っての晴天。

昨日DAY1が開催された「ラパラ!」
二日目はここ「オートポリス」で開催されます。



昨日はSPA直入でのサーキット走行でしたが

今日はオートポリスの奥、
普段は4輪のドリフトなどしているという
広~い敷地を使っての練習会として開催されます。

ここは昔、モトクロスの全日本も開催されていた場所、
ヒルクライム大会もあったりして個人的には懐かしい場所なのです。



さていきなり会場に到着してびっくり「おお、広い!」
こんなに広いんや。

何もなかったはずのところに
本当に立派なコースが出現していました。

パイロンと白線で作られた実にしっかりしたコースがいくつも!

これはもうバイク練習の「アミューズメントパーク」です。



主催者チームは昨日の走行会終了後から準備スタート、

そして現地に宿泊、
今日の早朝からも準備を進め、このコースを作り上げたのだとか。

本当にお疲れ様です!



「雨が降ったら準備が遅れそうなんだよね」
・・と昨日関係者の方がおっしゃってました。

実はコースの白線も、あと片づけを考え、

わざわざ高価なものを20袋も用意したそうですが
これ水には浮いてしまうので逆に雨には弱いそうです。

昨夜、天気の崩れがさほどでもなかったのは天の恵みでしょうか。

今日は終日お天気もよい予報なので、一日楽しめそうです。



そんな「ラパラ!」二日目ですが

実は私、昨日もR6で自分なりに頑張って走っているので
正直ちょっと疲れも感じます。

でも今日もすごく楽しそう。

・・ということで革ツナギに着替え、がんばって走りましょう。



さて、いろいろな練習を、しかも自由にできるのが
このラパラ!の良いところ

ひとつの課題だけ一日ひたすらやっててもよいし
組み合わせで練習してみたり、

またひととおりやってみて、
自分が苦手だなと思うところにじっくり取り組んだり

自由な雰囲気で、この遊び場を楽しむことができるのです。



では、そんないくつかある練習コースをご紹介しましょう。

まずこちらはスポーツ走行「高速コース」です。

ちなみにとなりには「低速コース」がありますよ。



昨日はSPA直入でのサーキット走行でしたが
ここはそういうコースを想定したヘアピンや
切り替えしなどの練習にもなるそうです。

やや路面が荒れている場所もあるものの

一般道でもそういう場所があることを考えれば
こういう所での練習もなかなか意義深いですね。



実際走ると、やや高速のコーナーもあるし
切り替えしのセクションもあったり

そこそこ広さがあるので

私の持ってきたYZF-R6でも
けっこういい練習になりますね。

ここを走っていれば、峠のワインディングを想定した練習はもうバッチリです。



そしてこちらは「ジムカーナ」コースです。

緑と赤のパイロンを左、右と切り替えしながら走る
(緑が左、赤は右)

連続しての切り替えし
回り込んでいるパイロン・・・

しかもそこそこスペースがあるのでけっこう長い設定、
なかなか難易度の高いコースと思いました。



うまく走るには、
タイミングよくバイクを倒しこむことが大事な様子。

でも練習の効果は抜群で

繰り返し練習すると
「スポーツ走行」での走りもいつのまにかよくなってくるのがわかりました。

私はGミーティングでイントラをさせてもらってるくせに
パイロンスラロームが苦手なので

今回、けっこうここでの練習にはまってました。

こういう練習は定期的にできると上達するでしょうね。



そしてこちらは「ウィリー練習」エリアです。

他と交錯しない場所に
そこそこの直線が設けてあり、

ここでフロントアップやウィリー、
全力スタートなどの練習ができます。

かっこよくウィリー決めるのは
誰もが憧れるのではないでしょうか。



でもウィリーの練習は、バイクの音もけっこううるさくなるし、
(特に大型バイク)

まさに近所迷惑の典型で
なかなか練習する場所なんてありません。

でも、ここなら好きなだけ練習できます。

たとえサーキットでもさすがにウィリー練習はできないはず、
これは「ラパラ!」ならではの練習メニューといってもよいでしょう。

ちなみに、この練習をするためだけ、に参加された方もいらっしゃったそうですよ。



さてお天気にも恵まれ一日無事終了、

参加者のみなさん、楽しかったようで
夕方4時まで、熱中して練習をされていたようです。

ラパラ!の二日目は、一言でいえばバイク練習、遊び場の開放

自分のペースで取り組める自由な練習会でした。



だから、とっても気楽なイベント、
初めての方でも絶対に楽しめるはず。

私も楽しみながら練習することができ、
(おそらく)レベルアップすることができました。
「ラパラ!」効果がありますよ!

次回開催予定はまだ未定ですが、
主催者の方に伺うと開催を計画している様子

興味を持った方、次回開催が実現した時は
ぜひ参加してみてください。おすすめのイベントです!












★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中
★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

NEW YZF-R1展示予定! 5/30・31キャラバン試乗会(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-25 06:30:00 | イベント


5/30 .31の土曜日 日曜日にYSP大分で開催される「プレストキャラバン試乗会」

普段乗れないプレスト海外モデルの試乗が楽しみな試乗会ですが
この両日、あの新型YZF-R1もやってきます。(展示のみ)

もちろん大分初入荷。

先日のオートポリスの全日本で早くも優勝を飾ったR1。

その実車をぜひYSP大分でお確かめください!








★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

「ラパラ!」DAY1に参加してきました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-24 06:59:00 | イベント
こんにちは。FM大分クローバーレディオテラス(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

先週は二輪車安全運転大会もあったりとこの5月はイベント続き、
名古屋で研修もあったりして落ち着かないのですが

5月23日の土曜、24日の日曜の両日は
ライダースネットさん主催の「ラパラ!(ライダーズパラダイス)」が開催されました。

九州では初めての開催なのです。



私もそうですが、

特に初めての開催のイベントとなると、
どんな感じのイベントかな・・とけっこうその様子が気になりますよね?

今回の「ラパラ!」いい意味での「緩さ」もあって
楽しい走行会でした。

ということで早速ご紹介しましょう!



23日(土)この日はSPA直入で「サーキット走行会」が開催されました。

ところがこの日の天気予報はあいにく午後から雨。

そのため急遽、午後からの走行はキャンセルとなり
お昼までの走行となりました。

とはいえそれでも15分X4本、
わたしにとっては十分。

午前中は、なんとかお天気ももったので
路面状態は良好、気温も適度に涼しく快適な走行ができましたよ。



ライダーズネットさんが開催する「ラパラ!」
通常、鈴鹿のツインサーキットで定期的に開催されています。

既に百数十回もの開催実績があるそうです。

特に近畿方面は(九州と比べると)バイクで気持ちよく走れるところが少ないらしく

「バイクの練習ができる」という評判が広がって
参加者が年々増加

先日の開催は、なんと200名もの参加があったそうです。
ちなみに来週は鈴鹿で開催だそうですよ。



そんなラパラ!のサーキット走行会、

クラス分けは写真のようになります。

Aクラス50秒
Bクラス55秒
Cクラス60秒

そして先導付のエンジョイ、となっています。



私もそうですが、
SPA直入タイムXX秒といっても
初めて参加される方とかはわかりにくいですよね。

そこでラパラ!の場合は、どんどんクラス替えしてもOKなのです。

その人にとってスピードが早すぎたときは
もちろんひとつ下のクラスに下げることも可能

逆に、そのクラスでは速すぎると主催者側で判断された場合は

写真の「レインボーニコちゃんフラッグ」が出され、
ペースダウン、もしくはクラス変更が促されます。



また、初心者クラスの「エンジョイ」には

「エンジョイかるがも」でゆっくり先導

かるがも一家的に
コースイン、コースアウトのやり方まで丁寧に教えてくれますので

本当に初めて、の方も無理なく走っていただけます。

こちらはツナギでなくライダースジャケットなどの着用でも大丈夫、
とりあえずサーキット走ってみたいという人にはおすすめですよ。



おおよその規定タイムを守っていれば
積極的なクラス替えをしてもいいので

初めてサーキット走行をする友達を連れて行きたい、という人にも便利です。

例えば、とりあえず最初だけ友達を先導してあげて

その後、自分のクラスで思い切り走るということもできます。



さて今回、参加者は福岡、熊本そして地元大分などからが中心でした。

すでに何度も走行会参加やスポーツ走行をしている人も多いですが

私がたまたまお話をさせていただいた方は、

「どうしてもコーナーで膝を擦ってみたいが
公道では危ないから参加した・・」といわれていました。

そういう方にこそサーキットを楽しんで欲しい、
それがラパラ!の理念といえるでしょう。



参加車両は大型のスーパースポーツを中心に
ネイキッドやモタード、

オフロードバイクなども走っていていろいろ
なんでもあり、という感じです。

ヤマハのバイクなら
今話題のYZF-R25も走っていました。

高回転まで回してもついてくるエンジン、
きっと楽しいでしょうね。



さて参加者は九州からだけでなく
普段は鈴鹿のラパラに参加されている方も来ていらっしゃいました。

その中のお一人はなんと自走(!)での参加

夜中バイクで九州まで高速で走って

それからこの日の走行会参加したそうです。

だから眠たいのだとか(さすがにそうでしょうね・・)
いやお疲れ様です。すごいですね!



この日は、雨の予報(走行した時間にはほとんど影響なかったのですが)

その影響で参加者も直前キャンセルなどがあったため
コースもやや少ない人数、逆に思い切り楽しめました。

この「ラパラ!」当日エントリーもOKという
参加者にとってはありがたいシステムなのですが

主催するほうとしては大変なのではないでしょうか。

・・・と、運営の方に話を伺うと、

それでもライダーのため、ということで
そういうことにしているのだとか、

参加側としては、本当にうれしいですね。



私は、SPA直入は久々の走行だったのですが
サーキット走行の楽しさ、あらためて実感しました。

公道ではどうしても無理はできないので
スピード出したいけどだせない・・・、

どうしてもストレスを常に抱えながら走ることになりますが

サーキットではそれを思い切り解放できるのが魅力です。



自分の乗っているバイクのフルパワーを知ることもできるし

コーナーリングがうまくいったときなんかは
なんとも言えずうれしいもの。

まだサーキット走行をしたことがない、という方がいれば
「ラパラ!」、からはじめてみてはいかがですか。

さて翌日24日(日)は場所をオートポリスに移して
DAY2が開催予定、

こちらも内容をご紹介させていただく予定です。ご覧くださいね。












★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:05~「今日もバイク日和」放送中
★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

「全日本選手権第8回モトクロス日本グランプリ」90cc、125ccクラス(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-24 06:40:00 | 動画
「全日本選手権第8回モトクロス日本グランプリ」90cc、125ccクラス




★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

YZF-R1はこんなバイク プレスト講習会(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-23 06:59:00 | ニューモデル
こんにちは。FM大分お昼の番組「クローバーレディオテラス」(月)
「今日もバイク日和」でお世話になっています、ナルさんこと河野成久です。

先日開催されたプレストの新型YZF-R1の講習会に
店長の衛藤が福岡まで行ってきました。

どうやらものすごいバイク・・らしい、ということは
噂でいろいろと聞くのですが、はたして実際はどうなのか。

本当のところを聞くことができたそうですので
今日は、大分唯一のヤマハ専門店YSP大分として、それを詳しくご紹介しましょう!



新型の2015年式YZF-R1のコンセプトは
「ハイテク武装のピュアスポーツマシーン」。

あのロッシやロレンソが世界一を争っている
motogpマシンであるYZR-M1のノウハウを、

かなり色濃く、詰め込んだものなんだそうです。

またデザイン側のコンセプトは
「地上最速であること」

空気抵抗や重力に打ち勝つ自然なシルエットを目指しました。



またこのバイク、ふんだんにアルミ、マグネシウムなどの素材を使い

一般公道を走るには、もう贅沢ともいえる車体の大幅な軽量化を行うことで
実に軽快なハンドリングを実現しているそうです。

たとえば写真のエンジンカバーもマグネシウム製。

これを止めるボルトには特殊なアルミボルトが使用されており、
軽量を目指すあまり、カバーを外しての作業後は
ボルトの再利用さえできないのだそうです。

ネジの締め方にまでキッチリ指定があるようで、
そこまでこだわって今までのR1とは比較にならないほどの
徹底的な「軽さ」にこだわっているようです。



また今回のR1の凄いところは軽さだけではありません。

なんといっても最大の強みはmotogpマシン譲りの優れた電子制御技術。

このR1には「IMU(Inertial Measurement Unit)」と呼ばれる
6軸制御センサーを装備しており、

これはジャイロセンサーとGセンサーを用い、自車の位置を判断します。

そして、車両の位置信号を発し、
それにより車両の様々な・・本当に様々な「制御」を行うのです。



「ヤマハライドコントロール」と呼ばれているその制御には
いくつものアイテムがあり、

「パワーデリバリーモード」
「バリアブルトラクションコントロールシステム(TSC)」
「スライドコントロールシステム」
「リフトコントロールシステム」
「オーリンズ電子制御サスペンション(M1のみ)」
「ローンチコントロールシステム(LCS)」
「クイックシフトシステム」・・・・などと多岐に渡る機能が用意されます。



いずれも「IMU」が自車の状態を把握して、
最適なパワー、車体制御などのコントロールを行うもの。

例えば「バリアブルトラクションコントロール(TSC)」は
通常のバイクのTCSの、ただタイヤが「滑る」「滑らないだけ」でなく

今「バイクが傾いているのか」、「そうでないのか」迄をIMUが検知。

深いバンク角の時は優しく・・
浅いバンク角でトラクションをガッツリかけたいときにはパワフルに・・と

そのバイクの状況をIMUが判断して調整してくれるのです。



またこのYZF-R1にはブレーキには
「電子制御可変分配UBS with ABS」が装備。

これは前後連動ブレーキで

直立に近い状況では、前ブレーキをかけると
後輪ブレーキも同時に効かせることができます。
(リアはリアのみ効かせることができる)

しかしそれだけでなくIMUの位置信号により、
状況に応じたリアブレーキの配分を制御。

コーナーリングにより、バンク角が深くなったときは、
自動でリアブレーキ配分を低下させる
(フロントブレーキ主体)という制御をおこなっているそうで

速く走るために、本当に細かな、
徹底した制御をおこなっているようです。



さて車体周りを外観からチェックしてみましょう。

こちらは装着されている「アクラポビッチ」のマフラー。

海外ではもともと純正マフラーがついているのですが
国内の基準に照らすと、「加速騒音」が通らなかったのだとか。

そのためこのマフラーが装着され、
無事基準をクリアすることができました。

ヤマハと共同開発されたこれは
EXUPもあらかじめ装備されており

パワーもさほどロスしていないとのこと
セッテイング次第で200PSをきっちり味わえるそうです。

最初から「アクラポ」。R1ロゴも刻まれたこちら、

これはもはや規制マフラーというよりも
付加価値を与えられたと言えるでしょう。



こちらは「クイックシフター」。

シフトチェンジの時には普通のバイクでは
クラッチを切りシフトを行いますが

こちらはシフトアップの際に
瞬間点火をカットし、アクセル全開のままシフトアップができるというもの、
ライダーの負担を減らし、なによりタイムロスを減らします。

写真のチェンジペダルには
いくつかの穴が見えますが、

クイックシフターの取り付け位置を変更することで
サーキット仕様の「逆シフト」にできるようになっているそうです。



こちらはサスペンションのリンク回り

ロッドなどは強度が必要な部分だけに素材にスチールを使用することも多いのですが
実はこちらもきっちりアルミ製。

本当に徹底した軽量化がなされているようです。

実車に衛藤がまたがって
サイドスタンド状態から起こしてみたそうですが、

カタログ上の数値以上に体感的に「軽い」印象なのだとか

足つきはR6よりさらに厳しいレベルですが、
軽さゆえに、それでもけっこう踏ん張れるのだそうです。



またYZF-R1Mのみに搭載される
「オーリンズ電子制御サスペンション(ERS)」
こちらもスゴイ装備です。

このシステムは、
IMUが検知した加速度と傾斜角を基に

コーナーではこう、ブレーキングではこう・・というように 
 
SCUというシステムがフロントとリアの減衰力を
その状況に最適なセッテイングにしてくれるそうです。



またいくつかあらかじめ用意されたモードがあり、

サーキットライディングではブレーキ時、
ノーズダイブのコントロールによる最適なグリップを実現
コーナーリング時には容易なライン取りを可能にし、

また一般走行時はワインディング、
および市街地で適合するセッテイングに変更・・というように
テーマごとの設定ができるとのこと。

オーナーの使用状況に応じたセッテイング、
それを工具なしに、おこなうことができるのはMならではですね。



こちらはR1Mに装着されているリアシートカウル
GPSが装備されているのが見えます。

wifiによりスマートフォンと通信できる装備をもつ「M」は
アプリをダウンロードすることにより、
(アンドロイド・・近くiphoneにも対応)

自動的なラップタイム計測はもとより、

どこでトラクションコントロールが効いているかのような、
ファクトリー並の本格的な分析ができるようになっているそうです。



R1Mは価格も税抜295万円と非常に高価なものの、

wifiでスマートフォンからセッテイングできる機能や、

ドライカーボン製のカウル類、
写真のように丁寧に手仕上げでバフ掛けされたタンク&スイングアーム。

そしてオーリンズの電子制御サスペンションなど。
価格差(75万円差)が納得できる装備が満載でした。

会場に来ていた多くのバイクショップの方も口々に
「これならそれ以上の価値があるなぁ」という反応だったそうですよ。



このようにYZF-R1は
今までのR1のレベルを大きく飛び抜けた仕上がり。

価格は高くなったとはいえ、
それが納得できるものであることは間違いなさそうです。

さて、このYZF-R1、4月10日から先行予約が開始され
4月19日まで受け付けするとのこと。

今まで海外メーカーのSSに乗っていた方からのお乗り換えを含め
世界中から多数のオーダーが予想されるこのバイク、

今回のタイミングを逃すと、
2015年内の納車が難しくなるかも、とのこと。

「欲しい」と思った方は、
できるだけ予約期間中にオーダーをされた方がよさそうですね。












★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図

トリシティに乗ってみました!(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-22 06:59:00 | ニューモデル
そのコンセプトモデルさながらの構造・デザインから
一番気になるスクーターといってもよい「トリシティ(125)」

第三の移動体とよばれる、
このトリシティの試乗車がYSP大分にもございます。

3輪であるゆえに、どんなバイクなのか
気になっている人も多いはず。

今日は、そんなトリシティのインプレをご紹介しましょう!



さて、実車を目の当たりにすると
いつも私が愛用しているシグナスより若干大きな車体、

もてあますほど、ではありませんが
走っていればそれなりに存在感がありそう、

体の大きな男性が125スクーターにのると
車体に対してアンバランスな印象をうけますが、

これはそういうこともなさそうです。



シート高はやや高め
シグナス、マジェスティSとほぼ同じくらいに感じます。

また、その外観から少し気になった
ステップまわりの足元の広さですが

またがってみると
身長168cmの私では意外に余裕があります。

写真のライト、ウィンカーなどのスイッチ類は
全体的に小型化されています。

切り替えにも、きちんとした節度があって
使いやすいと思いました。



では早速走り出してみましょう。

おおっ、けっこうイイ加速しますね!

3輪ゆえの重さの分、
もっとまったりしたものを想像していたのですが、

なかなかキビキビ走ります。

インジェクションの特性ゆえか、どの回転域からでも
きちんと加速する感じ

好印象なエンジンです!



前二輪だけあって安定感はさすが

特に速度の乗る幹線道路では
ふらつきもなく、安心感が違います。

横を大型トラックが走るような場所でこそ
3輪であることが生きてきそうです。

また、裏路地などを走ると
路面の起伏や舗装の傷みなどでガタガタとなりがちですが

そういう場所でのしっかり感もさすが
衝撃もうまく吸収してくれて不安がありませんね。



市街地を走ると、
一時停止から左折するような場面
(速度0(ゼロ)からの鋭角ターン)
などによくあいますが

こういうときこそ前二輪のメリットを感じます。

前輪がしっかり地面を捉えてくれていて
アンダーステアな感じがほとんどないので
不安感なく曲がれるのです。

だから街中の狭い道路で
右に左にクルクル移動するような状況は、

二輪車のバイクよりもむしろ得意かもしれません。



そしてこのトリシティ
バイクとの最大の違いはブレーキではないでしょうか。

前後連動ブレーキなので
仮に適当にブレーキをかけても

きちんとバランスよく効いてくれます。

しかも、制動力をもっとも引き出すために必要な前輪は二つ
ブレーキをかけすぎて転ぶ気はまったくしません。

これは急ブレーキなど、いざというときに
大きな違いを生み出しそうですね。



考えてみればバイク(二輪)の
泣き所は、前輪(フロントタイヤ)です。

ここが滑ってしまうと転倒は免れないですよね。

ならばそこを二つにしちゃえば、という発想は
いままでにない斬新な発想。

MOTOGPレーサーを開発した方が
プロジェクトを担当したというこのバイクは

まさにコミューターとしての最先端の乗り物となっています。

YSP大分にお越しいただき
「ナニコレー」を、ぜひ試乗体験してみてくださいね!







★FM大分 毎週月曜日PM6:15~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp

「全日本選手権第8回モトクロス日本グランプリ」250ccクラス(ヤマハ・YSP大分)

2015-05-22 06:40:00 | 動画
「全日本選手権第8回モトクロス日本グランプリ」250ccクラス



★YSP大分までの道 大分県庁周辺から

★YSP大分までの道 別府から

★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中 

★YSP大分(yspoita) on Twitter

★<買取>YSPなら愛車を、大事にしてくれる次のオーナーへしっかり届けます。

★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。



YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp


YSP大分 地図