自由民主党 柏市議会議員・円谷のりひと 公式ブログ

千葉県柏市議会議員 円谷のりひとの議会・活動報告、政策提言など。記事には政治活動以外の内容(雑記)も含まれます。

具体的で分かりやすいまちの将来像を=TX沿線の重点施策(6)

2022年08月31日 11時19分57秒 | つくばエクスプレス沿線施策
――つくばエクスプレス沿線施策、北部地域総合整備事業の推進方針についてお伺いする。同地域のまちづくりは、人口減少が進む中で柏市の将来を左右する大きな要素だ。そんな中、都市の活力と環境の調和を目指すまちという基本理念の下、「緑園都市構想」や「柏の葉国際キャンパスタウン構想」が掲げられている。その大綱的な部分に異議を唱えるということではないが、今後のまちの姿をイメージできるさらに具体的な方針を出していただきたい。
 例えば構想の中にある都市の活力とは何を指しているのか。駅前の活況のことなのか、公園などが人でにぎわうことなのか。
 例えば適切な公共公益施設整備の公共公益施設とはどういった施設を指すのか。
 北部整備事業の推進方針にこれから求められるのはより具体性のあるまちの将来像だと考えるが、今後どのように計画の詳細をつくっていくのか。


都市部長「昨年度、施行者である千葉県において、柏北部中央地区における土地区画整理事業の施行期間の延伸と事業費につきまして事業計画変更が行われたことから、今回、本推進方針についても計画期間と事業費を変更した。北部地域では、柏たなか駅を中心とした土地区画整理事業が平成29年6月をもって完了し、全ての土地の利用が開始されたことや柏の葉キャンパス駅を中心とした土地区画整理事業においても駅周辺の整備がほぼ完了し、既に立地しているわが国有数の2つの国立大学キャンパスや研究機関に加え、高質な公共空間の創出、商業施設、病院、新たな研究施設、そして住宅による定住人口が増えたことで昼、夜ともに様々な人の往来が増え、基本理念にある都市の活力が生まれていると考えている。
 また、土地区画整理事業による都市基盤整備の進捗に併せて学校や公園、周辺 道路などを公共公益施設として整備を進めている。本推進方針の内容については、北部地域の土地区画整理事業とそれに関連する公園、学校、上下水道等の整備に関わる費用と今後の見通しを示しており、まちの将来像としては柏市都市計画マスタープランにも示すとおり、柏の葉キャンパス駅周辺を都市拠点として位置づけ、商業、業務、学術、文化機能が集積され、魅力的な都市空間が形成されたまち、また柏たなか駅周辺においては生活拠点として地域住民が日常生活を送る上で中心的な役割を担うまちとなっております。
 また、柏の葉エリアでは千葉県、東京大学、千葉大学、柏市で策定した柏の葉国際キャンパスタウン構想の中で柏の葉キャンパス駅を中心としたスマートシティーの実現が掲げられており、その形成を目指す柏の葉スマートシティー実行計画が民間企業を含めた柏の葉スマートシティーコンソーシ アムにより策定をされております。この実行計画では、モビリティー、エネルギー、パブリッ クスペース、ウエルネスの4つのテーマを掲げており、例えばパブリックスペースのテーマではAIカメラセンサーを活用したまちの見守り、安心、安全サービスにより快適に回遊できる都市空間の形成を目指しております。市といたしましては、公民学が連携し、先進的なまちづくりに取り組むことでまちの魅力を向上していきたいと考えております。

――緑園都市や国際キャンパスタウン(という用語)にしても、 まちづくりを俯瞰的に見ているわれわれのような立場からすると意図が分かるが、一般の市民の方からするとこれからどういうまちになっていくのか想像しづらいと思う。例えば買物が便利になりますとか、閑静な住宅街を目指しますとか、こういう施設を造っていきますという一般的な言葉を使ってまちの将来像を示してほしい。

都市部長「これまでは緑園都市構想、またはキャンパスタウン構想をつくっている最中で、まだまだあのエリアに市民の方が住んでいらっしゃらない状況で高い目標、構想を設定してきた。ここ数年、市の内部で話をしている中では、今議員がお話しされていた住んでいる方の目線の部分の情報発信というのは足りていないので、市として情報を出していかなければいけないと考えている。キャンパスタウン構想を一緒に公民学でやりながら市民の目線の部分の情報というのはしっかり市のほうで発信できるように工夫をしていきたい」

2022年6月13日 同年第1回定例会質疑並びに一般質問より

■関連リンク
柏市北部地域総合整備事業の推進方針(柏市HP)
ムクドリ被害軽減策を実施 柏の葉キャンパス駅=TX沿線重点施策(5)
柏の葉地区に近隣センター設置を=TX沿線重点施策(4)
一歩踏み込んだ要望活動を 柏たなか駅前交番=TX沿線重点施策(3)
ムクドリ被害の軽減策を 柏の葉キャンパス駅=TX沿線重点施策(2)
交通危険個所の総点検を=TX沿線の重点施策(1)

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 災害対応は「復旧」までを視野に | トップ | 議会も新世代へ=史上最年少... »
最新の画像もっと見る

つくばエクスプレス沿線施策」カテゴリの最新記事