みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七月歌舞伎座夜の部『山吹』『天守物語』

2006年07月30日 | 歌舞伎
 玉三郎さんによる泉鏡花強化月間(withおもだか屋&海老蔵)の7月歌舞伎座。帝劇の帰りに、立ち見覚悟で幕見に並んで見てきました。幸い『天守物語』は座ってみることができました。立ち見は5年ほど前の『末摘花』(勘三郎さんの末摘花に玉三郎さんの光源氏)以来。さすがに疲れました・・・^^;

『山吹』
 幕見だからでしょうか?!でも幕見も何回もしていますが、台詞が全く聞こえてきません・・・。注意深く聞いているのですけど、それでも全然聞き取れなくて・・・。特に藤次の声が・・・。ずっと立っていたので疲れる→聞こえない→分からない→疲れる・・・の悪循環にはまり・・・
 疲れましたが、それでも不思議で美しい雰囲気を味わえました。話は難解でしたが・・・。笑三郎さんの縫子はとても素敵でした。段治郎さんは、歌舞伎座ではかなり珍しいシャーロック・ホームズのような洋装でした。珍しいものを見ました・・。(大正時代の話です。)


『天守物語』
 こちらは映画で何度か(レンタルでですけど・・・)、そして3月末の朗読会で玉三郎さんおひとりによる『天守物語』を鑑賞しました。(その時の感想の記事はこちらからどうぞ)歌舞伎を見始めてから=玉三郎さんのファンになってから念願の生舞台『天守物語』です。
 舞台はやはり幻想的で、最初の“釣り”の場面から非日常・非人間界な世界に誘い込まれます。簑を纏った富姫さまは美しすぎます。「案山子から借りてきたのだよぉ〜」「誉められてちと重くなった。」色っぽい・・・。幕見なので、オペラグラスで見つめっぱなしです・・・。富姫は非人間で幻想的な存在でありながら、お百姓さんのこと、武士のことなどリアリスティックに見つめている存在でもあると思いました。
 前半は亀姫たちとの楽しい場面。亀姫は春猿さん。赤い振り袖が可愛いです!!首などちょっとグロテスクだったりしますが、舌長婆(門之助さん)の長い舌で首をなめ回すシーンは面白いです。亀姫との関係は、ちょっと妖しくもあるけど、とても面白かったです。

 そして後半は図書之助(海老蔵)との恋模様を描きます。富姫の「涼しい言葉だねぇ」「帰したくなくなった・・・」という言葉に相応しい海老蔵の図書之助です。麗しいし、綺麗!!!いつも感じるような台詞の違和感などはあまり感じませんでしたし、とてもぴったりでした。
 二人の目が見えなくなってから、死を決意し、そして再び目が見えるようになり明るくなるシーンは、ものすごく幻想的で綺麗でした。
 非人間的世界と人間世界の交わり、不思議さ、美しさを感じた『天守物語』でした。朗読公演では、鏡花作品の言葉の美しさを感じ、今回のこの舞台では、視覚的な美しさも感じることができました。また原作を読み直してみようと思います。(『山吹』も読まないと・・^^;。)
コメント (2)

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』

2006年07月30日 | ミュージカル
 去年から待ちこがれていた帝劇ミュージカル『ダンス・オブ・ヴァンパイア』7月29日マチネVISAカード貸切公演に行ってきました。席は一階Q列45。下手の通路側です。役者さんが一番よく通るところは同じブロックの反対側でしたが、かなり楽しい席でした

<注*以下ネタばれ有り!!>

 日本初演ということで、極力真っ白な状態で楽しみたい!!と思い、ネット等で情報を得るのは控えていました・・・。ただ、通路にいろんなものが通ることは知っていましたが(笑)この舞台楽しすぎです!!!劇場のロビーの天井からもコウモリ君がパタパタと飛んでいたり、アナウンス(日によって違うのかしら?この日はアルレード役の泉水君でした。)もお化け屋敷とかディズニーランドのアトラクションっぽい!!もし万が一、バンパイアに遭遇してしまった場合の注意点とか・・・。かなり楽しすぎる〜!!
 1幕は、動きらしい動きはほとんどないけど、2幕はノリノリ!!!雰囲気を楽しめ!というノリ(笑)ツッコミどころ満載ですが(苦笑)楽しみましょう!!

 山口さんは相変わらず素敵な歌声最初、トート閣下みたいだなぁと思いました。が、次に入浴中のサラの元に現れた時の登場シーンにびっくりしました。
まるで紅白歌合戦の●川●一のような装置じゃないかと・・・(ゴメンナサイ)
 トート閣下の羽根つきゴンドラのような衝撃的(笑撃的?!)登場シーンに笑いをこらえる私・・・。コウモリを意識しているんだろうけど、グライダーみたいなんだもん・・・。あれ、もうちょっとどうにかなりません?!(^^;。ついでに2幕でもその装置(?!)で登場した時はさすがに笑ってしまった・・・。手足の角度も相変わらずですが・・・・(苦笑)でもダンスシーンは激しいダンスでなく安心して見ることが出来ました。(←貶しているわけではありません。愛しています!!)
 山口さんは予想よりも登場時間が少なかったけど、マントは似合うし、歌声は素敵だし、ソロもあるし、何よりもかっこよいし素敵!!!最高でした!!笑ってしまうところもあるけど、この舞台自体コメディだからまあそれもOKかなと思います(笑)

 市村さん演じるアブロンシウス教授ヴァンパイアの研究をしています。もうね、市村さん最高ですよ!!!友達3人と一緒に行きましたが、終演後は「市村さんと吉野さん最高!!!」と!客席いじりもそうだけど、なによりも市村さんが楽しんで演じているというのが伝わってきて、見ているこちらもとても楽しかったです。やっぱこの人いいわ!!1幕で殴られた後に貼った後頭部の絆創膏がキュート!伯爵のお城で、棺桶を見つけた時の格好!すべてがキュートすぎます!!!私、同じブロックの反対側の通路側席だったら市村さんとハイタッチできたのになぁ・・・。でも近くで見られたからいいや。
 教授の助手の泉水君ですが、かわいかったです!私は彼のマリウスは見ていませんので、『ミス・サイゴン』のトゥイのこわーい表情の役しか見たことがありませんでした・・・。市村さんに「1・2・3・・・・3だよ、3!!」とツッコミを入れられているところがツボ最後は「あれあれ〜!」でしたが(笑)
 サラもWキャストで、この日は劒持たまきさん。お風呂シーンは思っていたより多かったですけど(笑)綺麗でしたし、素敵でした!!
 佐藤さんと阿知波さん所々、テナルディエっぽい!と思いました。あれよりはかわいいけど(笑)駒田さんの役は、市村さん以上に本人とはかけはなれた格好になっています。気持ち悪いけど面白かったです。市村さんの次に笑いをとっていたかも。

 そして、ある意味山口さんや市村さん以上に心に残ったのは吉野さん!!!山口さん演じるクロロック伯爵の息子のヘルベルトの役です。吉野さんはきっとヴァンパイアの役が似合うんだろうなぁと想像していましたが、想像以上!!!そして・・・
お尻が印象的でした・・・(笑)
 まさか、あんな風に迫るシーンがあるとは。教授たちが伯爵に案内される時から妖しい!!妖しいけど面白い!!!もうなんて麗しい親子なのでしょう!!舞踏会でサラの手を引くところも妖しい!そしてダンスのキレは最高でした!!

 物語というよりも、舞台のノリを楽しめるミュージカルです。ほんと楽しかった!!!私は通路側でしたが、役者さんが頻繁に通るところは同じブロックの反対側でしたが(^^;。でもヴァンパイアに脅され(2〜3回)、ふつうにびっくりしました(笑)で、フィナーレは客席もノリノリ!!この時も近くに禿頭のヴァンパイアがいました(笑)そして最後のかの方の度アップにもびっくり&爆笑です。2幕をもう一度見たいなぁ〜。

 終演後は、貸切公演の挨拶がありました。市村さん、いきなり山口さんに十字架を見せ、怯える山口さん(笑)市村さんは「三井住友VISAカードのみなさんは、こんなにミュージカルがお好きで!」とかひたすら「三井住友VISAカード」の宣伝をしていました。一方山口さんはマントから、VISAカードのポスターを出しました。(ここで場内爆笑。)そして牙をつけているから喋りにくいという設定なのか、こもった声で「ほぉんじぃつはぁ〜、おーこぉしぃくださってぇ、まーことにぃー、あーりがとぉございましたぁ〜」というご挨拶。涙出るほど笑わせてもらいました(笑)山口さんのまともな挨拶を聞いたことがありませんが(苦笑)でも山口さんの舞台挨拶にはいつも楽しませてもらっています!!!本当に楽しい公演でした!!
 あとパンフはまだ舞台写真はなく、稽古風景の写真のみですが、(海外の舞台写真はあるけど。)、リンゴを食べている山口さんと市村さんのショットに和みます!!!
コメント (4)   トラックバック (1)

坂東玉三郎X鼓童 『アマテラス』

2006年07月25日 | テレビ
 先日、教育テレビ芸術劇場にて玉三郎さんと和太鼓集団の鼓童のコラボレーション舞台『アマテラス』の放送があったので、ビデオに録画して見ました。最近になってケーブルテレビにしたのですが、それ以来、なぜか教育テレビの映りが悪く、ちょっと残念ですが(^^;。
 以前にも玉三郎さんの演出による鼓童の公演はあったのですが、今回は玉三郎さんも出演されるということで話題になりました。それからすぐにこうしてドキュメンタリーと共に公演が放送されるというのは、見にいけなかった者(私です~)にはとてもありがたいです。

 どんなジャンルの音楽であれ、舞台であれ「生」の音はとてもゾクゾクします。ことに和太鼓は鳥肌が立ってしまう迫力があるのですが・・・。テレビを見て、きっと生の舞台は迫力が違うのだろうなーと思っていました。(もちろんテレビはテレビで細かい表情とか描写などが分かるし、よいですけど。)
 
 神話の世界と太鼓など鼓童の音楽がとてもはまっていて、面白かったです。台詞は一切ないけど、音楽と舞踊で天照大神の岩戸隠れを表現していて面白かったです。鼓童のみなさん、動きがとても激しい!前にたけしの誰ピカ玉さまスペシャルで鼓童のメンバーの人がで「太鼓だけで鍛えられる」と言っていたのを思い出しました(笑)スサノオの人なんか・・・踊って太鼓打って・・・すごすぎる。
 玉三郎さんは、もちろんアマテラス。玉さまだけ白塗りで歌舞伎風メイクです。やはり綺麗で神秘的。岩戸から現れて、パッと明るくなるところなどため息もの。

 これを見て、改めてちゃんと日本の神話を知りたいなと思いました。そして芸能(音楽)と神事は切っても切り離せないものなんだなぁというのも改めて感じました。

Wikipedia 天岩戸
コメント

川本喜八郎作品集 『火宅』

2006年07月19日 | 映画(DVD含む)
 ちょっと前に図書館で借りた川本喜八郎さんの作品『道成寺』『鬼』の感想を書きましたが、今回また図書館で『火宅』を借りてきました。他に『旅』『花折り』も収録されています。

 『火宅』(かたく)は能『求塚』の物語がベースです。所々には謡も入っています。(声の出演に観世静夫・・・八世観世銕之亟さんのお名前も)。
 二人の男性に愛された女性の苦しみが伝わってきます。火宅は娑婆(現世)の意味ですが、あの世でも辛そうです・・・。奥が深い・・・もう一度見てみようと思います。

 『旅』はちょっと不思議な映像。こちらは本当に短いです。そして『花折り』は壬生狂言が原作。こちらは、今まで観た『道成寺』や『火宅』と違い、お話も人形の顔もとてもユーモラスです。黒柳徹子さんの声も面白いです。
 そして、やはり川本さんの人形はとても美しいです。とても色気があります・・・。
コメント

『Mr.&Mrs.スミス』

2006年07月12日 | 映画(DVD含む)
Mr.& Mrs.スミス - goo 映画(あらすじ等の情報はこちらへ)

 実は中学、高校のころはブラッド・ピットの大ファンでした(笑)今は普通ですが。共演のアンジェリーナ・ジョリーとは、この作品がきっかけでプライベートでも仲良くなってしまった話題の映画です。レンタル半額キャンペーンで借りてきました。
 全然期待していなかったけど、期待していないと、意外とこの手の作品は楽しめます。よくよく考えてみれば、秘密組織の人間だったら、結婚する時に相手の身辺調査くらいするだろ?とツッコミたくなりますが(笑)まあ、シリアスじゃないからいいんです。特に、二人が倦怠期なところにお互いの正体がバレてからが、ばかばかしいドンパチで(笑)壮大なる夫婦喧嘩というような・・・。
 あまり真剣に見ないで、期待しないで見ると面白いです。ただ、最後の方のドンパチはちょっとうんざりしちゃいますけど・・^^;。
 
コメント (2)   トラックバック (2)

『コーラスライン』 富士公演

2006年07月10日 | ミュージカル
 劇団四季『コーラスライン』7月9日(日)13時開演、富士公演に行って参りました。ケチってC席にしたのですが、2階の9列・・・舞台から遠い!!!!歌舞伎座の幕見より遠い!!!確か大学時代に、授業で途中まで映画の方を見ています。(マイケル・ダグラスが出ているやつ。)正直言うと、その時から「あまり好みの話ではないなぁ」と思っていたのですが、舞台はまた違うかも!と思いチケットを取りました。

 あらすじは、新作ミュージカルのコーラスダンサーのオーディションで17人のダンサーが、演出家のザックの質問「履歴書に書いていない、自分のこと」に答えていく・・というお話です。

 結論から言うと、やっぱりあまり私の好みではないかもしれません・・^^;(あくまで私の嗜好の問題ですのでご了承ください。)途中寝てしまったし。(ミュージカルで寝たの初めて・・・^^;。)で、四季独特の歌い方やせりふ回しの悪い特徴(音ははっきりしているけど、それが言葉として発することができていないから台詞が伝わってこない。)が顕著に出てしまう人とか、そういうところが気になってしまったりした・・・・。

 でも冒頭と最後は良かったですよ。飯野おさみさんかっこいいし。オーディションで3人とかペアで踊っている時、「きっとわざと下手に踊るのも大変なんだろうなぁ」と思ったりしました。そういうのも含めて踊りの場面はさすがという感じ。最後の「もし踊れなくなったらどうする?」という質問は印象的。最後の『ONE』も感動的でウルウルしてしまいました。あと、舞台後方の鏡も面白かったです。
 役者さんでは飯野さんのほかに、道口さんのボビーが印象的。キャラもだけど、なんかラーメンズの小林賢太郎さんになんとなく似ていたから(笑)でも道口さんはなかなか良いと思いますよ!!あとディアナの木村花代さんも印象的でした。
コメント (2)   トラックバック (2)

NEW映画バトン

2006年07月08日 | 占い&お遊び&バトン
 花兔さんのブログから、「NEW映画バトン」を勝手に頂いてきました。NEWというからには前にも他の映画バトンがあったのかな?と思いますが、映画も好きな私は答えてみたいと思います!

◆持っている映画のDVD、あるいはビデオの数
 結構あるから数えられない・・・(笑)レンタル落ちのビデオとかたくあんあるし・・・。DVDは15本くらいかな・・・。あとLDもかなりあります・・。


◆あなたのお気に入りの監督、俳優、脚本家などの映画人(5人まで)

 うーん、難しいなぁ。監督とか特にこだわりあるわけでもないし、しかも同じ監督でも良いのもあれば・・って感じなのでここは「俳優」を答えてみたいと思います(笑)昔、大好きでも今はなぜ好きだったんだろう?と思う人は抜かして、とりあえず、高校時代からほぼ10年にわたりお気に入り役者さんに入っている方は・・
 ☆トム・ハンクス
 (だいたい見てるかな。昔のコメディタッチの作品もシリアス作品も好き。とりあえず外れ作品は少ない俳優の一人かと・・・。)
 ☆トム・クルーズ
 (私生活はどうであれ、日本でのいい人ぶりを見る度に、映画を見に行ってしまう。『トップ・ガン』はやっぱりかっこいい!)
 ☆真田広之
 (見ていない作品も結構あると思うけど・・・、『たそがれ清兵衛』で改めて良い役者さんだなぁと思いました。)
 ☆佐藤浩市
 (ギャングも雪に願うことも、気づけば終わってしまった・・・。2枚目も好きですけど、2,5枚目な役柄が好き。)
 ☆トニー・レオン
 (『ハードボイルド、新・男達の挽歌』を見て好きになりました。目の演技がとても好き。)



◆人生で初めて見た映画

 正確には覚えていませんが、最初に記憶は2歳か3歳の時に親と一緒に見た『スター・ウォーズ ジェダイの復讐(現在は帰還)」です。なぜかエンドア星でのスピーダーバイクのチェイスを覚えています。あと、『ゴジラ』とか『ドラえもん』シリーズとかかな?!

◆一番最近観た映画 (DVD等含む)
 映画館では『ダ・ヴィンチ・コード』
 DVDでは『コープス・ブライド』

◆一番笑った映画
 え、何だろう?!あんまりコメディ映画見ないというか、『ミスター・ビーン』はテレビの方が好きだから映画はあんまり・・・なんだけど。ある意味『HERO』は笑いを堪えていたけど・・・。ドラゴンボールみたいな動きに・・・。
 そして思いつきました!つい最近一番笑った映画は『THE有頂天ホテル』です。

◆一番泣いた映画
 私、涙もろいのでいろんな作品に涙しております・・・。選べないなぁ・・・。

◆何度も見返してしまう映画、あるいは特別な思い入れがある映画5本
☆『スター・ウォーズ』旧三部作
  (これなくしては、私と映画は語れません!新しい方じゃなくて昔のサーガですよ!!!こちらの方が断然完成度は上だと思う。ちなみに『帝国の逆襲』が一番好き。)
☆『インファナル・アフェア』シリーズ
  (1のラストにかなり衝撃を受けました。DVDで繰り返し見てしまう。謎も多いけど、シリーズを通して見ると繋がっていて、その企画力に脱帽。まだ見ていない人はぜひ見て下さい!)

 あとはいろいろありすぎてあと3作品選べません・・・・。好きな映画がたくさんありすぎて・・・。ほら三部作が二本で計6作品ということでお許しを(笑)

◆現在公開中で見たい映画
 『M:I:Ⅲ』と『デスノート』

◆バトンを回す5人
 では、はななさん、まりりんさん、peacemamさん、もしよかったら回答してみてください(^^)あとは、回答してみたい方はどうぞ!
コメント (5)   トラックバック (2)

『ティムバートンのコープスブライド』

2006年07月07日 | 映画(DVD含む)
 某大手レンタルショップの半額キャンペーンで借りてきました。ティム・バートン監督&ジョニー・デップのコンビの『チャーリーとチョコレート工場』と同時期に公開されたアニメ作品。チャーリーは私好みでかなり笑えたので、借りてきました。(劇場では見なかったのよね・・・。)

あらすじなどはこちらをご覧下さい→→ティム・バートンのコープスブライド - goo 映画

【感想】
 これ、ちゃんと1コマ1コマごとにパペットを動かしていく「ストップモーション技法」というやり方で撮影されているところにこだわりを感じます。結婚式前日に初めて会って、意気投合したのに誓いの言葉をなかなか言えずに、森を歩いている時に練習で枝に指輪をはめたら、それは死んだ花嫁(コープスブライド)で・・・・。幽霊と結婚してしまったビクター。「そんなのあんたの勝手よ〜」と思っているけど、死んだ花嫁が可哀想で、でもキュートで憎めない。最後の落ちは予想通りですが、死人の世界の住人がキュート(笑)小さい骸骨キャラがかわいかったです(笑)あと骸骨犬も(笑)チャーリーに出てくるキャラ(ウンパ・ルンパなど)同様“キモカワイイ”のです(笑)
 ジョニー・デップ、ティム・バートン監督が組むと、変だけどすごいなぁと思う・・・。
コメント (5)   トラックバック (2)

七月歌舞伎座の大向こう

2006年07月06日 | お知らせ
 知り合いに大向こう関係者がいるのですが、その方とはメールでいろいろやりとりしているのですが、その方から、ぜひ私のページを通して他の人にも知らせて欲しいというご要望がありましたので、当ブログにてお知らせいたします。

 どうやら、昼夜ともに大向こう全面禁止というお達しがあったとのことです。

 とりあえず、お知らせまで。
コメント (5)   トラックバック (2)

松本零士 『トラジマのミーめ』

2006年07月04日 | 本・マンガ
 ブックオフで見つけて買いました。ヤマト、999、ハーロックなどSFものの方が有名なというかやっぱりそれ抜きでは語れない松本零士氏ですが、これは猫を主人公にして漫画です。。ヤマトやハーロックにも登場するミーくんですが、そちらのミーくんではなく、昭和の日本が舞台の普通の飼い猫のミーくんが主人公です。実際、ミーくんは松本氏の飼い猫の名前らしいです。メスだろうがオスだろうが、何代かに分かって彼の飼い猫は「ミーくん」とのこと。文庫を買いましたが、こちらはおまけで3代にわたるミーくんの写真がありました。みんなトラ猫でかわゆい!!!猫が本当に大好きなんだろうなーということが伝わってくる作品です(^^)
 
 私はひそかにミーくんが好きなのですが(ヤマト式の敬礼をするところなんてキュートすぎる!!!)、この漫画に出てくるメスのミーくん、オスのミーくん、いろいろなバージョンが掲載されていますが、どのお話もちょっと切なくでもほのぼのです。幸せに家族に看取られるミーくんもいれば、引越し先で飼えないから、置いていかれてしまうミーくん、飼い主の病気の女の子との別れ。切ないけど、ほのぼの。だけど999にもみられる、限りある命の大切さという松本ワールドの根源を感じました。
コメント (2)   トラックバック (1)

ささきいさおコンサート

2006年07月04日 | その他舞台
 7月2日、母と一緒に、ささきいさおさんのコンサートに行って来ました。会場は小田急新百合ヶ丘からすぐの川崎麻生市民文化会館です。アニメファンから小さい子供からおばあちゃんまで年齢層の広いお客さんの層でした。母は筋金入りのヤマトおたく(笑)。正確に言うと父も今はしらないけど、かなり好きだったらしい。(結婚前に二人でさらばを見に行ったらしい。)その血(ヤマトだけじゃなくスターウォーズもだけど・・・)は脈々と私や弟にも引き継がれています(笑)あと、おたく気質(マニア気質)も受け継いでおります・・・(苦笑)

 デビュー45周年記念のコンサートということで、会場にはたくさんのお花がありました。画像は一番豪華だった松本零士氏からのお花です。ほかには、宮川彬良さん(先日亡くなった宮川泰さんの息子さんで、NHKのゆうがたクインテッドのアキラさんです。)などからのお花がありました。

 オープニングはヤマトのスキャットをバックに「無限に広がる宇宙・・・」というナレーションをちょっとアレンジ。かっこいい!!!前半はプレスリーや歌謡曲を中心に。後半はアニソンを中心とした構成です。後半の始まりはヤマト!ささきさんのアナウンスで「補助エンジン始動!」とか「ヤマト発進!」とかあるんですよ!萌えました(笑)でも、斉藤(さらば、2でささきさんが演じていたキャラ)の台詞も聞いてみたかったりして(笑)ヤマトはもちろんだけど、『真っ赤なスカーフ』は感動しました。あと999、最後のアンコールにはキャシャーンなどささきさんの代表曲で盛り上がりました。
 母も私も大満足でした。終演後は、CDを買った人対象で握手会。買いました(笑)母はうれしそうに「プレスリーよりうまいですね!」と話しかけていました(笑)
コメント (3)