みゆみゆの徒然日記

日本の伝統芸能から映画や本などの感想、
心に留まった風景など
私の好きなことを綴っているブログです♪

『オペラ座の怪人』

2005年01月31日 | 映画(DVD含む)
金曜日から今日まで四連休。おかげでゆっくり過ごせました。
今日は映画『オペラ座の怪人』を見に行っていました。
私はロンドン版のCDのおかげで英語版歌詞も頭に入っているので、
ほとんど字幕に頼ることなく見ていました(笑)
基本的に舞台と同じ流れとはいえ、若干違うところがあり、、、、
でも、十分に満足できました。

ただファントムがイケメンでよいのでしょうか?!(笑)

良くも悪くも(笑)
いや、別に舞台でも、ミステリアスでカリスマ性がないとだめなんだけれど、
ジェラルド・バトラーは彼自身のロックな感性も持ったファントムになっていました。
なんかこの人ってアントニオ・バンデラスとラッセル・クロウを足して2で割った感じがする。
また、エミー・ロッサムのクリスティーヌが素敵!!!
これで当時16歳だなんて!!!可愛いし、歌も上手いし、表現力もあるし!!
ラウルはちょっと存在感なかったかな?!素敵なんだけど。
あと、マダム・ジリーの謎が少し解明できました!!
手紙を受け取り方とか、怪人の秘密のこととか・・・・。

マスカレードは映画ならではの迫力のある舞踏会になっています。
でも、やっぱり舞台版が好き!!
舞台版には、振り付けやキャラクターにストーリーの謎が凝縮されているから。。。
あと、ちょっと舞台版とストーリー進行が違ったり、ない場面も。。。
「ポイント・オブ・ノー・リターン」はやはりフードを被ってほしかったな〜。
あれじゃ、はっきり怪人って分かるし、セクシーなんだけど、直接表現すぎる!!

でも、やっぱり最後は結末を知っているんだけど泣けるのよね・・・
「マスカレード、仮面に隠れて、マスカレード、生きてきたこの人生・・・・」
この歌詞に凝縮されているファントムの思い・・・。

で、老ラウルですが、こっちのが良かったな(笑)

ああ、また舞台見たくなっちゃったよ。
コメント (4)

馬鹿ものめが!!!

2005年01月31日 | 雑感~ひとりごと
報道等でご存じの方も多いでしょうが・・・
ショッキングな出来事が起きました・・・。
七之助の騒動です。

ただでさえ、こんなことは起こしてはいけないのに、
親の襲名披露を控えているのに、、、こういう事を起こすなんて・・・。
もう呆れて言葉も出ません。

2月は謹慎といいますが、舞台ないし、、、、
3月はやはりお灸を据えるという意味でも、役はおろさせるべきだと思う。

子供の頃から、お兄ちゃんはおっとり、弟は短気といわれていただけあって、
なんかな〜と思ったりして・・・・。
もう20歳過ぎなんだから、しっかりと自分の言葉で説明してほしい。

しかも友達の情報だと、芸能花舞台が差し替え?!?!
そーだ!!!出てるんだ!!!!
なにやっとるんじゃ〜〜〜〜!!!!!!

でも、最近は、めきめき綺麗になって成長していると感じるし、
頑張っているんだから、これを反省して、ちゃんとすっきりさえて舞台に戻ってきて欲しいです。
コメント (2)

眼福・満腹

2005年01月29日 | アート・イベント
今日は、近所の美術館がたくさん集まっている「クレマチスの丘」に行って来ました。
クレマチスの丘HP

私は何度か行ったことがあるのですが、友人がまだというのでそこへ・・・。
美術館は「ベルナール・ビュッフェ美術館」に行きました。
「ヴァンジ彫刻庭園美術館」に行きたかったのですが、雨だったし・・・
(そうです、私は雨女なんです・・・・。)
行くたびに企画展とかも違うものを展示するし、今回も楽しめました。
初めて見た相撲の絵もあったし!!
(確か松竹座はビュッフェの「暫」の絵があるんですっけ?!)

で、おやつには「basara cafe 」のデザートプレート(画像)を食べました。
美味しかったです!
コメント

『ターミナル』

2005年01月28日 | 映画(DVD含む)
久々に、そして今年初めての映画をやっと見に行けました。
トム・ハンクス主演『ターミナル』です。

NYまでの飛行機に乗っている間に祖国でクーデターが起きて、入国できず、
空港で暮らすことになった男の話です。
実際にこういう人が実在したみたいですね。
何か他に方法はあるだろう?!とつっこみたくなりましたが・・・
でも、面白かったし感動できたので、大満足です!!

最初に尋問される所では、わけも分からず「Yes」と答えたり、
「I Want to go to○○」とか「Keep your change」と答えるところはおかしかったし、
入国管理官のお偉いさんが、カメラでビクターを監視している時のカメラとビクターの動きがおかしかった!!

段々と彼が空港のヒーローになってしまったり、彼のために仲間が動いたりするところは
ジーンとしてしまった・・・。
でも、キャサリン・ゼタ・ジョーンズはやはりそういうキャラかぁ・・・という
よくわからん女だったな〜(笑)
『英語でしゃべらナイト』にトムが出演した時に、東欧なまりについて語っていたので、注目していました。
といっても私は本物の東欧なまりをしらないし、英語のなまりは語れないのですが・・・・。
最初から、全然英語がだめな役でした。なので、
日本人が観てもためになる英語習得術を学んだ気がします(笑)

そして、トムはやはりチャーミングな役者さんですよね。
シリアスなものからコメディタッチなものまでこなせて大好きです
コメント (2)   トラックバック (3)

勘三郎襲名興行・四月歌舞伎座演目決定!

2005年01月28日 | お知らせ
やっと発表になりましたね。

【昼の部】
一、『ひらかな盛衰記』 源太勘當

     梶原源太  七之助
     腰元千鳥  勘太郎
     梶原平次  海老蔵
     母延寿   秀太郎

二、『京鹿子娘道成寺』 道行より押戻しまで

     白拍子花子    勘九郎改め 勘三郎
     大館左馬五郎     團十郎
     所化       芝翫 ほか。


三、『与話情浮名横櫛』
     木更津海岸見染の場
     源氏店の場

     与三郎         仁左衛門
     鳶頭金五郎       勘九郎改め 勘三郎
     和泉屋多左衛門     段四郎
     蝙蝠安         左團次
     お富          玉三郎



【夜の部】
一、歌舞伎十八番の内『毛抜』

     粂寺弾正    團十郎



二、十八代目中村勘三郎襲名披露 『口上』

                       勘九郎改め 勘三郎
                           幹部俳優出演

三、『籠釣瓶花街酔醒』
     序幕 吉原仲之町見染の場 より
     大詰 立花屋二階の場 まで


     佐野次郎左衛門        勘九郎改め 勘三郎
     八ツ橋            玉三郎
     繁山栄之丞          仁左衛門

4月も豪華だ〜〜!!
しかも仁左さまは昼夜ともに玉さまのいろ(笑)で、おっとこまえな役!!
しかも『籠釣瓶』は未見ですし、このメンバーで観たかったのよ!!!
昼の『道成寺』は普段つかない押し戻しがつくし。
歌舞伎の場合は、鐘に入って・・・・というか上って終わりなんですが、
押し戻しは荒事チックになり、蛇体になって現れるはず・・・。
要は・・・・・お能でいう後シテの場面を歌舞伎風にしちゃったという感じ?!
観たことないんだけど・・・(笑)
仁左玉コンビのお富与三郎はまたか?という気がしないでもないですが・・・・
男前与三郎が観られるだけでもいいか〜。
前回は勘九郎さんが蝙蝠安でしたが、今回は・・一緒に客席を回るし!!!
これは楽しそうだな〜(笑)だけど・・・財布が・・・・
コメント (2)

伝統芸能on TV

2005年01月28日 | お知らせ
明日・1月29日(土)NHK教育14:45〜16:45 能狂言
   能 観世流『胡蝶〜脇留』大槻文蔵、中村彌三郎ほか  〜〜大槻能楽堂にて 
   狂言 大蔵流『子(ね)の日』 茂山千之丞、茂山あきら、ほか
         『狐塚 小唄入』 茂山七五三、茂山宗彦、ほか 〜〜NHK大阪ホールにて

2月5日(土)NHK教育能花舞台13:30〜14;15 
    能と歌舞伎による『竹生島』 三響会の公演からです!!
    亀井田中兄弟による演奏で、歌舞伎の亀治郎・勘太郎・七之助の素踊りです。
    長唄と地謡が一緒の舞台という、変わった舞台でした。

2月27日 NHK教育・劇場への招待 22:00〜00:15
    『京鹿子娘道成寺』坂東玉三郎ほか
    『梶原平三誉石切』片岡仁左衛門、中村芝雀、など・
     
  玉さまのは、恐らく一昨年の歌舞伎座、仁左衛門さんの梶原も一昨年11月のものでしょう。
  贔屓役者が同じ枠で素晴らしい舞台の放送があるというのは嬉しい限り。  
コメント (2)

くさや

2005年01月27日 | 雑感~ひとりごと
くさやの干物というものを生まれて初めて食べました・・・・。

においはそれでも強烈なものではないらしく、
たしかに頂いたくさやは普通の干物がにおいがきつくなった感じでした。
あまり食べたくなかったのですが、食べてみなければコメントできない!と思ったし、
臭いものでも、口に入れれば美味しいとよくいうので、
一口食べました・・・・・・・

口にいれても駄目だった・・・・

一口で撃沈でした(笑)
中には喜んで食べていた人もいましたが・・・だいたい酒飲みな方ですね(笑)
私は・・・もう食べることはないと実感しました。
コメント

マダム・ジリーの謎

2005年01月26日 | 雑感~ひとりごと
日曜に会った友達とオペラ座談義をしたんですが、
その時に「才能があって、自分が演じるなら何をやりたいか?」という話になったのです。
私はマダム・ジリーなんです。
男だったら、絶対にファントムなんだけど(笑)

なんていうか、あのミステリアスなところが良いのです!!
一緒に見に行った友達とこういう謎について語っていたのですが・・・・

謎1・マダムはどうやって怪人の伝言やら手紙を受け取るのか?!

ゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポスト(笑)みたいのがあったらちょっとイメージ違いでいやなんですけど・・・。
友達はクリスティーヌみたいに、夢うつつで伝言を受け取るという推理ですが(笑)

謎2・なんでマダムは怪人のことを「あの御方」と呼んでいるのか?!

直接、名前っていうか怪人と呼んではいけないからかしら?!
それとも、怖いのか、あこがれなのか(爆)
しかも・・・・
謎3・なんでクリスティーヌが怪人に歌の稽古を受けているということを知ってるの?!

『ハンニバル』リハーサルでカルロッタが降板し、代役を彼女ならできると太鼓判。
「しっかりと稽古をつけてありますから。」と支配人に・・・・。
しかも、怪人の要望通りに彼女をオペラ座のプリマドンナに仕立てる手助けしてません?!

謎4・なんで怪人の隠れ家の場所を知っているの?!

しかも「手を目の高さにあげて〜」と教えているし、自分も行ったことあるのかよ?!
と・・・でも・・・・怪人が隠れ家に連れてきた女性はクリスティーヌが初めてであってほしい(笑)

なんか、マダムだけで本が一冊書けそうですね(笑)
スーザン・ケイ著『ファントム』か『マンハッタンの怪人』に書いてあったっけ?!
それもなかったような気がする・・・。『ファントム』はもう一度読み返したいな・・・。
買おうかな・・・?!

と、こんな『オペラ座の怪人』の謎についてばかり考えている今日この頃・・・・

ちなみに『CATS』だったらおばさん猫ジェニエニドッツかグリドルボーン(キャラ違いすぎ・笑)
男だったら、ガスですね!!!
コメント (2)

羽衣キティ

2005年01月25日 | 素敵なモノ&おまけ
最近、ご当地キティちゃんが氾濫しておりますが、ついに我が静岡県関連キティにこんなものが!!!

三保の松原の羽衣キティ

しかも画像ではわかりにくいですが、手には鼓を持っています。
これは能楽ファン、そして鼓好きな私に「買え!」と言わんばかりの物です。
発見してすぐに手に取っていました・・・(笑)
買ってすぐにお稽古仲間の先輩に写メールしてしまいました(笑)

最近、ご当地キティの魅力にはまりだしてしまい・・・(^^;
東京では泉岳寺の赤穂浪士討ち入り装束姿のキティを買ってしまいました。

静岡県のものでは、最近発売されたものだと、「干物」「弥次さん喜多さん」を見かけました。
京都では「弁慶」もあったな〜。買わなかったけど、今度買おうっと(笑)
コメント

大河ドラマ『義経』

2005年01月24日 | テレビ
先週は再放送も含め見逃しましたが、今回は観られました!!
去年の大河は一回目で肌に合わず(?!)挫折しましたが、
義経の話というか、平家物語は結構好きなので、楽しみにしていました。
昨日は、吉次の役で左團次さんも出ていた!!
そして、私と妹と母のお気に入りは、渡哲也の清盛!!1
なんか色気があるし、品もあるし、私の清盛像を覆す清盛です(笑)
そして、知盛が阿部寛というのも嬉しいです(笑)


昨日は、友人に二月歌舞伎座のチケットを渡す為にあったのですが、
高井ファントム語りをしてしまいました(爆)
分かってもらえてうれしいです・・・。
それから、歌舞伎座のチケットのデザインが新しくなった!!
私は前の方が高級感というか、雰囲気あって好きだったな・・・。

コメント

オペラ座グッズ

2005年01月22日 | 素敵なモノ&おまけ
映画『オペラ座の怪人』のメールマガジンを購読しています。
今週号には、グッズ紹介のリンクがあったので、さっそくとんでみました。
オペラ座の怪人グッズ

猿のオルゴール・・・まあ、これはどこかでも見かけたことがありますが・・・。
「なんじゃこりゃ〜!!」という代物がいっぱい!!!
欲しい・・・と思いました。

はぁ・・・・高井さん命名「花ファントム症」が再発しそうです。
画像を見ながら「愛し〜いひ〜〜とよ〜〜〜」と歌い出しだしそうです(笑)
コメント (2)

千之助君!!!

2005年01月17日 | 歌舞伎
スーパーテレビで千之助君の特集を見ました。
松嶋屋贔屓の私は、とても楽しみにしていました。
とてもかわいいですね!!!
ありゃ、仁左衛門さんは、目に入れても痛くないわ・・・(笑)
ファンとしては、おじいちゃん(オーパ)な仁左さまというのは大変複雑ですが(爆)
そんなデレデレの仁左さまもまた素敵
でも、厳しい時はとても厳しい「師匠」でもある。
確かに、千之助君の初舞台は贔屓目も大いにありますが(?!)大変立派でした!
まだ自分の名前も言えないような子を舞台にあがらせるようなことはせず、
ちゃんと、一歩一歩しっかりと歩んでいっているな〜と感じました。
厳しい面もあるけれど、でも、周りの大きな愛があるから続けられるし、
また伝統というものが受け継がれていくんだな・・・と実感しました。
(この前の「鼓の家」でも思いましたが。)

小さい時からの厳しい稽古にしつけ。
だけど、特に挨拶なんかはきちんとさせたりと、ある意味うらやましいというか、
素晴らしいことだと思います。ああいうのを観て、文句垂れるような種類の人間もいますが・・・。
あと、奥様も立派。
特に、「他のお友達は、ないのに、何で僕だけお仕事があるの?」ときかれた時には、
返す言葉がなかった・・・と・・・。母親からしたら、これは言葉につまりますよ・・・。
でも、まー君じゃなかった千之助君は幸せですよ、と思います。

あと、愛之助さんもよかった!!!やっぱり良いですね、この人。
しかも「愛にぃに」と呼ばれているなんて・・・。


稽古風景では、傳左衛門さんが太鼓のお稽古をつけていましたね。
「『うん』じゃなくて『はい』だろ!」と・・・。
小さい時から、こういう事をやっている人はやっぱり違うな〜〜〜。

さて、2月は仁左さまが出演の歌舞伎座夜の部を見に行きます。
楽しみです。そして、これからも三代での舞台を楽しみにしているわ〜〜

仁左さまと千之助くんで『荒川の佐吉』なんか観てみたいし、、、、。
これからも、千之助君の成長、活躍は松嶋屋贔屓として楽しみにしております。
コメント (13)

初稽古

2005年01月16日 | お稽古
前日に東京駅の大丸の呉服売り場のリサイクル着物ショップで買った
ウールの着物に、祖母の50年物の羽織を着て、初稽古。
ここ数ヶ月は着物で稽古を実践していますが、やはり身が引き締まります。

今回の稽古は、再び『笠之段』
どうも、私はノリが悪いらしいです・・・・
かけ声は気合い入っているけど、もっとサラッといってくれる?と。。。
難しいですね。でもいろいろと注意されたところを胸に精進せねば!!!

この日、皆の話題になったのが「鼓の家」です。
先輩に「大鼓の広忠さん、かっこよいですよね〜〜」と語ったり(爆)
でも、共通することは「張り扇が飛んでこなくて、よかったね・・・」です・・・
「命のやりとり」のお稽古ですが、本来ならばそうあるべき稽古も、
どうしてもできないと、首をかしげたりしてしまう・・・。
そう、「何で?」じゃないの。「できない」のですよね・・・。
何度もぐさりぐさりと心に刺さって怖くなった、番組の中での言葉。
その言葉は自分にもかなり当てはまる。
今回は私も「稽古は命のやりとり」を胸に稽古しましたが、
先生の言葉を解釈すると・・・私の今日の気合いは空回りらしいです・・・・。
それは、ノリが悪いということもあるんですけどね・・・。
私は玄人になるわけじゃないけど、やはり上手くなりたいので、言葉を真摯に受け止めたいです。

それと、別に意味で危険な稽古になりました。
暖房がきいた、日向にずっといて、そこから寒い部屋に行ったら、
鼻血ブーしてしまいました・・・・
幸いに着物やお道具類は汚さなかったのですが、とんだ災難でした。
奥様に優しく介抱していただき・・・・。
もうね、恥ずかしいです・・・・・。
コメント

『オペラ座の怪人』はやはり凄い

2005年01月15日 | ミュージカル
約2年ぶりに四季『オペラ座の怪人』を観てきました。
東京公演、すなわち生オーケストラでのオペラ座は初めて見ましたが、
やはり、これは生オケで観るべき演目ですね。
でも、気のせいか音が少し小さい?!
開演前からのオーケストラのチューニングとかが好きなんですよ。
私の席は2階4列でしたが、2階は視界良好!!舞台全体が無理なく見渡せ良いです

やはり何度観ても、というかオーバーチュアの音楽とシャンデリアとで
一気にオペラ座の世界に引き込まれ、鳥肌が立ちます。
この為にも、オペラ座を見に来た甲斐があります。

今回は3度目の高井ファントム。お初の石丸ラウルに佐渡クリスを鑑賞しました。
2年ぶりに観るせいもあるとは思いますが、
高井ファントムは進化していました!!!!
開演したばかりだからでしょうか?!終始、歌声も安定していましたし、
何よりも表現が豊かになったのではないのか?と思いました。
静岡の頃より、京都、さらに観ていませんが福岡を経て、
なおかつ、他の役も経験して、かなりステップアップされたのでは?!と思いました。
より、クリスティーヌへの切ない愛、歪んだ心、切れ具合、そして色気も出ていました。
特に「ポイント・オブ・ノー・リターン」はかなり危険な香り漂うエロさでした(笑)
全身が黒のフードで覆われているのに、あのフェロモンの具合は何で???という。
手?歌?!いや、その両方ですね。
「ミュージック・オブ・ザ・ナイト」も切ないのよね・・・。
特に♪私に触って欲しい、私に委ねてほしい・・・というところ・・・。
母の愛さえ受けることのなかった怪人の、精一杯の愛情表現が痛いのですよ・・・。

あと、今まで私はラウルにときめいたことはなかったのですが(笑)
石丸ラウルにときめきました
自分がクリスティーヌでもないのに、本気で怪人とラウルの間で揺れました(爆)
ちなみに、最後のシーンの罠にかかってしまった時、髪が乱れて前髪が垂れてしまうのですが、
それすら格好いい(笑)きっとそれは、石丸幹二だからなせる技ですね。(笑)
ラウルが男前だから、よけいに怪人が嫉妬しちゃうというのが分かりますね。

佐渡クリスティーヌは、大人っぽかったです。
メイクも声も。でも、私は嫌いじゃないですね。歌も上手いし。
ただ、やっぱり村田さん切望・・・・。

最後の怒濤の10分間は、いろんな感情が交錯し、私も彼らの感情を考え、
結局は怪人に感情移入してしまい泣いてしまうのですが・・・・
そして、奥が深いからこそ、何度みても飽きないのだと思います。
来月また見に行きま〜す
コメント (6)   トラックバック (2)

スーパーテレビ「片岡千之助君特集」

2005年01月13日 | お知らせ
1月17日(月)PM10:00日テレ系スーパーテレビにて
片岡千之助君の初舞台密着特番が放送されます。

スーパーテレビHP

もちろん、おじいさまの仁左衛門さんやお父さんの孝太郎さんも出ます!!
まー君の誕生から初代片岡千之助として初舞台を踏むまでの4年間に密着した番組だそうです。
松嶋屋贔屓だけでなくとも要チェックですね。

コメント (2)