minaの官能世界

今までのことは、なかったことにして。これから考えていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ALWAYS  続・三丁目の夕日

2007年11月18日 | 映画鑑賞
 ヒロミ(小雪)がどうなるのか、その一点が気になって仕方がなかった。
 薄倖の女っていうけれど、まさにそれを絵に描いたような女、それがヒロミである。
 その結末を確かめに、映画館に足を運んだ。
 これから観る方もいらっしゃると思うので、結末は敢えて書かないけれど、わたし的には大満足の結末だった。
 1作目もそうだったが、泣き所が何か所もあって、その度に涙が溢れてしまった。
 1人で観に行ってよかった。誰かと一緒だったら、涙と鼻水でぐちゃぐちゃの顔が恥ずかしくてどうしようもなかったろう。

☆びっくりオープニング
 入る箱を間違えたのかと思った「衝撃」のオープニング。
 でも、久しぶりに「ゴジラ」を観ることができて感動した。FINALのゴジラよりも、動きがリアルだったような気がする。こうなると、もう一度、あの雄姿を見てみたいような・・・・・・。

 それはともかくとして。

 「怒髪天を衝く」を言うけれど、ホントに髪の毛が逆立っているんだもの。「ぷぷぷっ」て噴き出してしまった。

☆小説は誰のために書くものなのか
 劇中のことではあるけれど、茶川(吉岡秀隆)と共に苦悩し、小説を書く動機は何なのか、考えさせられてしまった。
 茶川はヒロミと淳之介(須賀健太)の3人で一緒に住むために、一度は折った筆を再び握る。芥川賞を獲れば、淳之介の実父である川渕(小日向文世)にも認めてもらえ、淳之介と一緒に暮らしていける。その一心で、彼は懸命に小説を書くのだった。

 小説を書き上げた朝、鈴木社長(堤真一)に「どうなんだ」と訊かれ、「今までで一番の駄作を書いてしまったかもしれない」と自信なげに答えた茶川の気持ちは何となく判る。自分の気持ちをそのまま吐露した作品であり、願望を小説の世界の中で叶えたものだったからだ。
 彼の書いた作品「踊り子」は、最終選考には残るものの惜しくも受賞を逃してしまう。

 それでも、その小説は多くの読者の心を打ち、「純文学なんて、かったるくて読めるか」と言っていた鈴木社長もその奥さん(薬師丸ひろ子)もロク(堀北真希)も、そして、下町のみんなが密かに彼の書いた小説を読んでくれていて、「いい話だった」「心が温かくなった」と絶賛するシーンでは涙が止まらなくなった。
 鈴木社長が川渕に「読みもしないでこいつに才能がないなんて言うな」と迫る場面では、声をあげて泣きたくなった。
 茶川の小説を読んだ川渕は、「君らしい小説だ。しかし、甘いね。現実ではこんなハーピーエンドは起こらない」と冷たく突き放す。
 それに対して、茶川は「判っています。現実は・・・・・・」と答える。最後の戦いに敗れ、失意のどん底にいるのに、彼は自分のことよりも淳之介やヒロミのことを考えていた。その潔さと優しさにわたしは参ってしまった。
 そして、淳之介に川渕の許で暮らすことを諭すシーンになる。ここで泣かずして、どこで泣くのだ。クライマックスシーンである。
 この小説は、茶川がヒロミに宛てた一世一代のラブレターだったのだと思う。こんなものを書かれたら、送られた相手は無条件降伏しかないではないか。わたしも芥川賞候補になるほどのラブレターを貰ってみたいものだ。
 
☆思いやりの大切さ
 この作品に一貫して言えるのは、「思いやり」の大切さである。
 ヒロミが茶川の前から姿を消し、大阪のお金持ち(渡部いっけい)の許に行こうと決心したのも、「わたしみたいな(身を堕した)女が彼と一緒にいたら、彼の迷惑になる」という健気にして哀れな心情からだった。自分のことよりも、茶川のことを思って身を引こうとしたのだ。

 踊り子仲間の梅子(手塚理美)は、現実の厳しさを教えるために「夢みたいなことを言ってるんじゃないよ。あたいらみたいな世界に住む女が、まっとうな世界に住む小説家先生と一緒になれるわけがないじゃないか」ときついことを言ったものの、それでも茶川の小説のモデルがヒロミであり、茶川が本気でヒロミのことを愛していると判ると、餞別にその小説の掲載されている雑誌を贈る。それを読んでから、どうするか決めなさいと言いたかったのだろう。このへんのやりとりは、昔の人情話のようで、泣けてきてしかたがなかった。
 今の世の中は、世知辛くて、薄情で、殺伐としているけれど、なんとかこういう温かみのある思いやりの心を取り戻して欲しい。

☆久しぶりに泣けたので、ハートは最高の3つを差し上げたいと思います。


☆追伸
 映画館まで足を運んでも、なかなかレビューを書く気が起こらない。でも、続・三丁目の夕日だけは、書いてみようかなーなんて思った。
 それくらい泣けた。土曜日に観て、翌日にUPしているのは、最近のわたしとしては、凄く早い。先週観たバイオハザード3や自虐の詩なんていつになるか判んない。
 CGは実によくできていて、違和感がなかった。派手な特撮よりもこういうCGのほうが、役に立つような気がする。日本橋近くに勤めていたことがあるので、橋の上の街灯がとても懐かしかった。東京に行きたい。
 父親が破産して鈴木家に預けられた美加ちゃんのエピソードは、実体験とオーバーラップして、胸が痛んだ。




コメント (8)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« どろろ | トップ | この三連休で・・・・・・ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
泣けた (はっち)
2007-11-18 23:16:20
おじゃまします~♪

泣けたけど、思ったほど笑えなかったのが難点。
笑いながら泣いて、泣きながら笑う・・・

3丁目の夕日ってそんな印象だったんだけど・・・

最近、gooにTB打てなくなってますm(__)m
コメントのみでゴメンなさい。
はっちさんへ (mina)
2007-11-20 06:39:56
ホントに泣けました。
ジーンとくるエピソードがいっぱい散りばめられていて、宝石箱のようです。
鈴木社長が同窓会から自宅まで連れ帰った戦友は「蛍」だったんだなーと、今更ながら思い出したりしています。
こんばんは (ノラネコ)
2007-11-21 00:28:22
前作は色々な意味で特異な作品でしたが、今回は作者がこの世界観を上手く使いこなしているなあと思いました。
あのオープニングも含めてですが。
茶川さんの物語は見事に完結しましたが、この世界はまだまだ色んな可能性を持っていると思うので、次を期待したいです。
ノラネコさまへ (mina)
2007-11-21 07:29:14
ホッピーは、映画を観た帰りに、高架下の飲み屋で、たまに飲んでました。
確かオリオン座という名前の映画館があったような気がします。
そして、ホントにたまですが、帝国ホテルの喫茶店・・・めちゃめちゃ高級な雰囲気のお店だったような気がします・・・でお茶した記憶があります。
この作品を観ていると、ふっと昔の記憶が、と言っても、平成ですが、蘇りました。
寅さん (猫姫少佐現品限り)
2007-11-23 16:13:09
寅さんシリーズのあとは、これが本命か?
なんだか、永遠に続く感じ、、、
最初のゴジラのシーンなんて、寅さんそのものだったわ。
洗脳 (Ken)
2007-11-24 02:36:06
こんばんは。
三丁目2も自虐も、まだ見てないんですけど、
がばい婆ちゃんからこっち、貧しさ礼賛、というか、
貧乏な生活の中にも何か価値を見つけて真面目に明るく懸命に生きて行きなさい、というメッセージのありそうな作品が目立つのは、
富裕層の味方の政治家たちが(コイズミを代表とする)、この先の庶民痛めつけ政策の一環として、大衆洗脳をじわじわ行っているのではないか‥、と思えてならない僕は、やはりひねくれ者なのでしょうか?
相変わらず豪奢な生活をする富裕層はそのまま維持し続けているのに、一般大衆はますます貧しくなり、メディアを通して、物質の豊かさじゃない心なんだよ、と無理やり思い込まされて行ってるよーな気さえする。
コメ百俵とか言ってたコイズミの陰謀がまだまだ続いているんではないでしょうか。
貧乏のひがみの考え過ぎかなあ。
猫姫さまへ (mina)
2007-11-24 21:23:15
寅さんは、1本くらいしか観てないのよね~。
浜ちゃんの方が、映画も漫画も、本数観てるかな。
どちらにしろ、シリーズ化してほしいなぁ。
最近は映画館に行ったり、DVDを借りたりと、ひたすら観まくってます。
やっと「ホリディ」「シューター」「さくらん」を観ました。まだまだ観足りないっ。
Kenさんへ (mina)
2007-11-24 21:44:13
上層部へおもねっていると、自然にこういうストーリーができあがったのだとしたら、それは時流ということなのかもしれません。
それはそれで、楽しめるのであれば、庶民の娯楽としてよいと思うのです。
しかし、それで洗脳されてしまうのだとすれば、ちょっと悲しいですね。
貧富の差が拡大して2極化するだろうことは、昔から言われていましたが、最近は随分と露骨になってきました。来年は、消費者ローンの総量規制が始まるそうです。これって、日本経済が破綻した土地取引に関する貸金の総量規制を連想させます。
裕福な生活を送っている資産家層で形成されている政治家や官僚たちには、庶民の生活ぶりが理解できていないらしい。
もし、総量規制が実施されれば、2百万人以上といわれている多重債務者たちは、一斉に破綻するでしょう。職を失い、路頭に迷う者も出てくるでしょう。
あのバブル崩壊時以上の厄災が日本に襲い掛かってくるかもしれません。
バブル崩壊は、人的災害です。
当時の日銀や大蔵省の政策は間違っていた。
アメリカは、あの時の日本の失策の二の舞だけはするまいとサブプライムローン問題に立ち向っていますが、日本もそうあるべきなのです。
もう一度、同じ過ちを犯そうとしている施政者たちは、本当に無能で悲しいです。

コメントを投稿

映画鑑賞」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

25 トラックバック

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ラムの大通り)
----この映画、前作『ALWAYS 三丁目の夕日』は大ヒットだったよね。 日本アカデミー賞も独占したし。 「うん。今回もヒット間違いなしだろうね。 ただ、個人的にはデジャヴというか、 既視感にとらわれてしまったね」 ----どういうこと? 「登場人物がほとんど同じの上、...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (そーれりぽーと)
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗) あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
土曜日のレイトショーで『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見てきました
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ('07初鑑賞129・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:15の回を鑑賞。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、VFXを駆使してテ
Always 続・三丁目の夕日 07206 (猫姫じゃ)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 2007年   山崎貴 監督・脚本・VFX吉岡秀隆 小雪 堤真一 堀北真希 薬師丸ひろ子 もたいまさこ 三浦友和 須賀健太 小清水一揮 小日向文世 ピエール瀧 福士誠治 小池彩夢 あの名作ALWAYS 三丁目の夕日 は、もう2年前か...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (華待月)
  11月3日 封切りの日に行って参りました。  続編は前作を越えられないっていう変なジンクスがありましたけれど この映画に限っては違いました。ますます昭和34年にどっぷりと浸かってしまって・・・  前作から2年たっているけれど設定は4ヵ月後...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (2007) 146分 (極私的映画論+α)
 昭和34年、日本の空は広かった。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読める...
続・三丁目の夕日 (4×歳・働く奥さんの場合)
前日にやっていたのを見てネットで速攻予約し主人といってきました。並ばずに席が予約できるシステムは本当に便利ですね。夫婦50割も買えるようになったのでますます利用させていただいています。初回は9時半からいつものパターンで朝食はロッテリアで(^^;2時間4...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
テレビのドラマ~♪、ヤクザのドラマ~♪と、嵐を呼ぶ男がやってきました。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (B-scale fan's log)
公開中 山崎貴監督     出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪      堀北真希 薬師丸ひろ子 遅まきながら見てきました。 はい。前作は酷評していましたが、 気になる役者さんが出ているもので・・・、 満足度 5A いや~今回は良かったです。 前回と同じ人情話で...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばか...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...