おかたんのブログ

上海生活が強制終了となって常熟生活開始。
といううちに日本に帰国。いろんな自然を訪ねて行きます。

おかたんのページ


上海赴任をきっかけに作成したページです。 日本や中国で訪れたところを紹介しています。
写真からトップページに移動します。

横のブックマークに「スライドショー」を追加しました。 ぜひご覧ください。

おかたんのページのおすすめページ
新緑・残雪の北アルプス

信じられないくらいの好天のもと、
戸隠(鏡池、大望峠)、小川村、白馬(峰方峠、大出、野平)、鷹狩山、上高地(大正池、田代池、河童橋)と回りました。


中国新疆カシュガル 崑崙の山々 カラクリ湖

カシュガルはパミール高原の東部、崑崙山脈の北部、タリム盆地の西部に位置し、タジキスタン、パキスタン、アフガニスタンと国境を接するところ
カラクリ湖からはコングール峰(7,719m)、ムスターグ・アタ峰(7,546m)が神秘的に姿を見せてくれました。


敦煌・トルファンの遺跡と天山

青蔵高原の北縁、河西走廊の西端にあり、古くから中国と西域との出入口として使われた敦煌。
タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市に位置する火焔山と古城。
さらに烏魯木斉に近い神秘の湖:天山天池への旅。


北アルプス写真館

白馬大池、八方池、立山室堂、上高地などの写真です。
珍しい富山県側からの白馬もあります。
そこは桜、チューリップ、残雪、アルプスの四重奏が楽しめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

上海飯

2014-02-22 13:27:21 | ブログ

たまには気軽なブログを。
上海で食べた美味いもの(刺身)

隠山の鯖の刺身
Imag0412

誠屋の鯵の刺身
Imag0375


勝の馬刺し
Imag0089


鉄屋の牛刺し
Imag0094

コメント

雪と蟹と温泉と

2014-02-19 01:39:58 | ブログ

去年の年末に京都の北、夕日が浦の温泉に行ってきました。
ここは前に行って食事が良かったところ。
京滋バイパスが京都縦貫道とつながったのであっさり丹波まで行けます。
この辺から雪がちらついています。
縦貫道は途切れているのでしばらく一般道を走り、和知から再度縦貫道へ。
ところがチェーン規制!
仕方なくチェーンを巻き走ります。
ところが道には雪が全くなし。これではチェーンが切れるので綾部で一般道に降り、チェーンを外して舞鶴へ。
舞鶴の市場に立ち寄り昼飯です。
Imag0456

ここで海鮮丼を食べ、さらに進みます。
途中、舞鶴湾の傍を通りますが、車に波しぶきがかかるくらいに荒れてます。

天橋立を過ぎ、峰山にかかる頃、雪は積もりだし、網野にさしかかるとかなりやばい状態。
あと5キロくらいですがやむなくチェーンを巻きます。
すぐに温泉旅館に到着。
雪も降って、海も荒れています。
Imag0462

早速温泉に入り、食事。蟹づくしです。

まずは普通の鯛とかの刺身
Imag0464

蟹の刺身
Imag0465

蟹の天ぷら

Imag0466

甲羅のグラタンみたいなやつ

Imag0467

焼き蟹
Imag0468

当然、酒も進みます。
もう一つ、ボイルした蟹は食べきれず、だーばおしました。

このあと、また温泉に入りのんびりして爆睡。
翌朝、雪は上がりましたが、一面の雪景色。
Img_1627

この景色を見ながらまたまた温泉に。

朝食もたっぷり食べて帰路につきます。
道には雪がたっぷりでしたが国道に出たら除雪されていてチェーンを外します。
家までは順調なら2時間半。近い割に別世界に来たような旅でした。


コメント

シルクロード 敦煌・ウルムチ・カシュガルの旅 その6 カシュガル

2014-02-16 12:41:25 | まち歩き

シルクロードの旅もとうとう最終日。
時間は短いですが、カシュガルの街を訪ねます。
カシュガルは人口の80%がウイグル族で、中国とは思えない街です。
まずはかつての統治者アバク・ホジャ一族の墓、完全にイスラム式建築です。
Img_1602

次に旧市街を散策します。まるでトルコのような街並みです。

Img_1608

Img_1610

パン屋さん、焼き立ては美味しいです。

Img_1612

金物屋さん、完全にオブジェと化しています。

Img_1613

Img_1614

イスラム式のレストランで食事。完全に禁酒禁煙です。
メッカへ巡礼に行っても、その後に酒飲んだり煙草吸ったりしたら、巡礼の効果が無くなり、もう一度巡礼しなきゃいけないそうです。
Imag0371

Imag0370

最後は中国最大のモスク、エイティガール寺院です。イスラムの寺院は中になにもないのがびっくりです。
Img_1618

Img_1619

Img_1620

Img_1621

寺院の周辺にはバザールが広がっています。ここも中東風で面白い感じです。
Img_1622

その中の一軒でこれを買いました。もちろん値切りまくりです。ただ、見た目トルコ人やイラン人みたいな人と中国語で会話しているのが不思議な感じでした。
Imag0091

これでシルクロードの旅も終わり上海に戻ることになります。
天気にも恵まれ、行きたいところにすべて行けたような旅。ウイグル人ガイドさんとの会話も楽しいものでした。
帰ってくるとまた新しい旅を考えてしまいます。次はセリム湖にしようか、雲南にしようか。最初は黄山かな。











コメント

シルクロード 敦煌・ウルムチ・カシュガルの旅 その4 トルファン古城

2014-02-15 14:07:44 | まち歩き

トルファンには古代の城の遺跡があり、それを巡ります。
まずは高昌城。5世紀に成立した高昌国の城です。
日干し煉瓦で作られた城ですが、風化が進み、荒涼とした風景です。

Img_1499

Img_1510


城を出ると、ウイグル族っぽい女の子が土産を売っていました。いや、売らされていました。


Ugirl


続いて交河古城です。紀元前2世紀に造られたそうです。ここも日干し煉瓦で出来ていて、風化が進んでいます。


Img_1515


広大なスケールで広がっています。

Img_1526_2


トルファンにはイスラムのモスクがあります。それらを2つばかりまわりました。


Img_1536


Img_1540


夕方、トルファンを離れ、ウルムチへと移動します。翌朝の飛行機でカシュガルへ飛び、いよいよパミールへの旅です。

コメント

シルクロード 敦煌・ウルムチ・カシュガルの旅 その3 トルファン火焔山

2014-02-15 12:34:23 | まち歩き

だいぶさぼってしまいました。
シルクロードの旅の続きです。
ウルムチで天山天池、博物館等を巡ったあと、そのままトルファン(吐魯番)に向かいます。
古代には車師国とか高昌国があったところで、海面より低い位置にある砂漠地帯です。
雨はほとんど降らず、暑いところです。

翌日、まずは火焔山に向かいます。
天山山脈の東の端で砂岩が侵食してできた赤い地肌には、炎を思わせる模様ができています。
Img_1462


富士山のような形の山もあります。ガイドさんは「トルファン富士」と言ってました。

Img_1474


このような山々が100キロに渡って続いています。

Img_1460


一部は渓谷になっています。

Img_1469

Img_1468


渓谷にはベゼクリク千仏洞があります。ここには77の石窟があり、 それぞれに仏陀の壁画が描かれています。
Img_1478


壁画の多くは顔の部分が破壊されていますが、これはムスリムによるものです。
石窟内は撮影禁止なので、写真は資料です。


Hekiga


火焔山を離れ、高昌城に向かいます。

コメント