おかたんのブログ

上海生活が強制終了となって常熟生活開始。
といううちに日本に帰国。いろんな自然を訪ねて行きます。

おかたんのページ


上海赴任をきっかけに作成したページです。 日本や中国で訪れたところを紹介しています。
写真からトップページに移動します。

横のブックマークに「スライドショー」を追加しました。 ぜひご覧ください。

おかたんのページのおすすめページ
新緑・残雪の北アルプス

信じられないくらいの好天のもと、
戸隠(鏡池、大望峠)、小川村、白馬(峰方峠、大出、野平)、鷹狩山、上高地(大正池、田代池、河童橋)と回りました。


中国新疆カシュガル 崑崙の山々 カラクリ湖

カシュガルはパミール高原の東部、崑崙山脈の北部、タリム盆地の西部に位置し、タジキスタン、パキスタン、アフガニスタンと国境を接するところ
カラクリ湖からはコングール峰(7,719m)、ムスターグ・アタ峰(7,546m)が神秘的に姿を見せてくれました。


敦煌・トルファンの遺跡と天山

青蔵高原の北縁、河西走廊の西端にあり、古くから中国と西域との出入口として使われた敦煌。
タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市に位置する火焔山と古城。
さらに烏魯木斉に近い神秘の湖:天山天池への旅。


北アルプス写真館

白馬大池、八方池、立山室堂、上高地などの写真です。
珍しい富山県側からの白馬もあります。
そこは桜、チューリップ、残雪、アルプスの四重奏が楽しめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016 京都の桜 醍醐寺

2016-03-31 21:41:57 | 日記

天気もいいので、近くのホームセンターにでも行く感覚で醍醐寺へ行ってきました。

奈良街道から総門を通って入って行きます。

総門から三宝院を覗きます。ここの桜も綺麗に咲いています。





西大門です。平日にもかかわらずかなりの人出です。



西大門からしばらく行くと国宝の金堂です。ここの桜も綺麗に咲いています。







五重塔。これも国宝で平安時代に醍醐天皇の菩提を弔うために建立されたそうです。



さらに登って観音堂です。



弁天堂。紅葉も綺麗なところです。



弁天堂から観音堂を望みます。



戻って清瀧宮に寄ります。





西大門から総門方面です。
さすがに太閤秀吉が自慢したかった桜でした。

コメント

中国 常熟の桜

2016-03-26 14:27:58 | 日記

中国にいた時に住んでいた常熟。ここでも桜が咲いたとのことで、中国の会社の女性が写真を送ってくれました。

常熟の方塔近くの桜です。



方塔は昼間はこんな感じです。





常熟は上海から車で2時間くらいの都市。それでも平気で100万人以上の人口です。



写真を送ってくれた劉さんです。ありがとう。

コメント

淡路島 花さじき

2016-03-24 22:37:43 | 日記

淡路島の花さじきで菜の花が綺麗とのことで、早速行ってきました。
中国道、山陽道から明石海峡大橋を渡るともう淡路島です。
淡路インターで降りてしばらく行くと花さじきに到着です。

海の見える丘陵地が菜の花畑になっています。





一応展望台もあります。



空気が澄んでいれば関西空港まで見えるはずですが、霞んで見えませんでした。



まだまだ時間があるので、阪神大震災の震源:野島断層へ寄りました。



地震で現れた断層が保存されています。
震災の時の揺れを体験できるコーナーもあり、阪神大震災の揺れを体験、21年前の記憶が蘇ります。

昼になったので、記念館にあるレストラン「さくら」で食事。



明石のタコのタコぶつ、名物「こけら寿司」



海鮮丼を頂きました。

寒い一日でしたが、断層記念館の桜は咲きはじめていました。



隣には風力発電の風車がそびえています。



風が強い日だったので、かなり速く回っていました。

あとは帰るだけ。またまた明石海峡大橋を渡って帰りました。





帰りは淡路サービスエリアに寄れなかったので、明石海峡大橋の写真は走行中の車からです。

コメント

町屋割烹「美先」から祇園小舎のステンドグラス展

2016-03-07 20:45:09 | 日記

上海にいた時の同僚がご家族の治療のために来日、一緒に食事することになりました。
京都らしいところがいいと思い、京町屋を選択。町屋割烹「美先」でランチすることにしました。

祇園四条から鴨川を渡って歩いて行きます。


木屋町も昼間に見ると全然違う雰囲気です。 店は柳馬場六角にあります。



外見は昔ながらの町屋そのままです。



中は綺麗な感じに改装されてます。



京町屋らしく中庭もありました。



奥の離れには床の間もあります。ここで頂くことになりました。



京湯葉づくし御膳を頂きました。

食事の後、四条花見小路近くの祇園小舎で小学校の時の先生と同級生がステンドグラスの個展をやっているので見に行きました。
習ってあまり期間は経っていないとのことですが、綺麗な作品でした。





さすがに先生は見事な作品です。



個展には小学校の時の校長先生、担任の先生を始め、先生方も来られました。
40年ぶりの再開で、懐かしいひと時を過ごせました。



みんな年を取ったものですが、意外と校長先生が変わらない感じ。

コメント