おかたんのブログ

上海生活が強制終了となって常熟生活開始。
といううちに日本に帰国。いろんな自然を訪ねて行きます。

おかたんのページ


上海赴任をきっかけに作成したページです。 日本や中国で訪れたところを紹介しています。
写真からトップページに移動します。

横のブックマークに「スライドショー」を追加しました。 ぜひご覧ください。

おかたんのページのおすすめページ
新緑・残雪の北アルプス

信じられないくらいの好天のもと、
戸隠(鏡池、大望峠)、小川村、白馬(峰方峠、大出、野平)、鷹狩山、上高地(大正池、田代池、河童橋)と回りました。


中国新疆カシュガル 崑崙の山々 カラクリ湖

カシュガルはパミール高原の東部、崑崙山脈の北部、タリム盆地の西部に位置し、タジキスタン、パキスタン、アフガニスタンと国境を接するところ
カラクリ湖からはコングール峰(7,719m)、ムスターグ・アタ峰(7,546m)が神秘的に姿を見せてくれました。


敦煌・トルファンの遺跡と天山

青蔵高原の北縁、河西走廊の西端にあり、古くから中国と西域との出入口として使われた敦煌。
タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市に位置する火焔山と古城。
さらに烏魯木斉に近い神秘の湖:天山天池への旅。


北アルプス写真館

白馬大池、八方池、立山室堂、上高地などの写真です。
珍しい富山県側からの白馬もあります。
そこは桜、チューリップ、残雪、アルプスの四重奏が楽しめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高麗人参酒

2014-06-28 10:44:34 | ブログ

6月いっぱいで退職する部下がお世話になりましたと高麗人参をくれました。
Img_0654

鑑定書みたいなのもついた高そうなやつです。
Img_0657

さて、これをどうするか?
友達に聞くと「スライスしてお茶に入れる」とか「鍋に入れる」とか、さらには「サムゲタン」まで。
で、結局「高麗人参酒」をつくることにしました。

材料を買いに行きます。
容器、まあなんとか使えそうなのがありました。
入れると飲みやすい味になるナツメ、5個くらいでいいのに、100個くらい入っているやつしかありません。
しかもサービスでもう一袋おまけ。
Img_0652
35度くらいのホワイトリカー、これが入手できません。
仕方ないので30度くらいの泡盛にしました。
Img_0651


容器に高麗人参を入れ、泡盛を注ぎます。
高麗人参100グラムに対し、お酒は1.8リットルだそうです。
今回は目測で50グラムなんで、ちょうど1瓶入れました。
ナツメに穴を開けて5個入れます。
これで完成。と言っても、飲めるようになるのは6か月後です。
Img_0658

一週間後、高麗人参のエキスが出て、色が着いてきました。
Img_0669

2週間後、さらに色が濃くなり、ナツメが沈み始めました。
Img_0671

まだまだ先は長い・・・





コメント

花郷OKADA

2014-05-03 22:08:54 | ブログ

GWの一日、花郷OKADAというところに行ってきました。
ここはこの4月に出来た花のテーマパーク的なところです。
冬に訪れた木津温泉の近くにあります。
GWということもあり、渋滞もあって4時間以上かかりました。
せっかく海の近くに来たんで、まずは海を見に行きます。
Img_1962

Img_1964

そして昼飯。上海鮮丼です。 上と並の違いはアワビとウニです。

Imag0608

いよいよ 花郷OKADAに行きます。
出来たばかりで未完成のところも残ってます。

芝桜の絨毯

Img_1976

菜の花畑

Img_1986

チューリップ園

Img_1997

空もとても綺麗でした。

Img_2003

そして一枚

Img_2004

コメント

曾爾高原、薬師寺

2014-05-02 16:21:00 | ブログ

労働節に合わせ帰国したんで、曾爾高原と薬師寺に行ってきました。
薬師寺は大池を挟んで若草山をバックに2つの塔が見えます。
残念ながら東塔は未だ解体修理中です。
Img_0353

西塔は30年くらい前に再建された塔です。
Img_1880

Img_1873

拝観もそこそこに次の目的地、曾爾高原に向かいます。ここから車で30分くらいです。

Img_0905b

以前、秋に行ったところで、上の写真のように一面ススキの高原です。
春は緑の高原が楽しめます。

Img_1891

Img_1893

Img_1899

峠まで登ります。初夏を思わせる陽気でしたが、風が気持ちいいです。

Img_1914

Img_1919

Img_1920

途中の道では山桜が未だ咲いていました。

Img_1938

帰る途中、家の近くの平等院に寄りました。
平成の修理が終わったところで、綺麗な色になっていました。

Img_1945

Img_1946


コメント

隠山行ってきました

2014-03-22 12:07:22 | ブログ

水城路の隠山行ってきました。
ここは潮崎さんに教えてもらったところ。

まず、菜の花のおひたし
Img_0439

日本でも珍しい鯖の刺身。
新鮮でないと危険なのですが、この際食べました。
油がのって最高!
Img_0441

さらに上海では珍しい鯵のたたき。
これも酒が進みます。
Img_0445

これまた美味しい牛肉のたたき。
ここのは霜がふってます。
Img_0442

蛤の塩焼き。これも酒が・・・
Img_0444

〆はお茶漬け。
Img_0446

ごちそうさまでした。




コメント

誕生会

2014-03-08 11:12:05 | ブログ

友達の誕生会で塘橋のLuna Soleに行ってきました。
まずは皆がそろうまでハム&チーズプレートでビール。
Img_0412

いーさん、花太郎さん、プーアルさん、がーすーが揃い、いろいろ注文します。

炙りサーモン
Img_0414

花太郎さんの好きな唐揚げ。イタリア風です。
Img_0415

大将が登場し、シャンパンを抜いてもらいます。
Img_0416

次々と料理が出てきます。
メカジキのなんたら
Img_0417

大好きなスモークサーモン
Img_0419

シャンパンうめぇ~
Img_0418

無茶美味しい海老のクリームパスタ
Img_0420

新彊なつかしラムチョップ
Img_0421

みんなご機嫌です。
Img_0422

みんな大好きピザが出てきて
Img_0423

さらにご機嫌です。
Img_0427

最後に特製ケーキが出てきて。うわーっすごい!!!
Img_0431_2

いーさん、お誕生日おめでとう。
素晴らしい28歳でありますように。


1394247722430







コメント

上海飯

2014-02-22 13:27:21 | ブログ

たまには気軽なブログを。
上海で食べた美味いもの(刺身)

隠山の鯖の刺身
Imag0412

誠屋の鯵の刺身
Imag0375


勝の馬刺し
Imag0089


鉄屋の牛刺し
Imag0094

コメント

雪と蟹と温泉と

2014-02-19 01:39:58 | ブログ

去年の年末に京都の北、夕日が浦の温泉に行ってきました。
ここは前に行って食事が良かったところ。
京滋バイパスが京都縦貫道とつながったのであっさり丹波まで行けます。
この辺から雪がちらついています。
縦貫道は途切れているのでしばらく一般道を走り、和知から再度縦貫道へ。
ところがチェーン規制!
仕方なくチェーンを巻き走ります。
ところが道には雪が全くなし。これではチェーンが切れるので綾部で一般道に降り、チェーンを外して舞鶴へ。
舞鶴の市場に立ち寄り昼飯です。
Imag0456

ここで海鮮丼を食べ、さらに進みます。
途中、舞鶴湾の傍を通りますが、車に波しぶきがかかるくらいに荒れてます。

天橋立を過ぎ、峰山にかかる頃、雪は積もりだし、網野にさしかかるとかなりやばい状態。
あと5キロくらいですがやむなくチェーンを巻きます。
すぐに温泉旅館に到着。
雪も降って、海も荒れています。
Imag0462

早速温泉に入り、食事。蟹づくしです。

まずは普通の鯛とかの刺身
Imag0464

蟹の刺身
Imag0465

蟹の天ぷら

Imag0466

甲羅のグラタンみたいなやつ

Imag0467

焼き蟹
Imag0468

当然、酒も進みます。
もう一つ、ボイルした蟹は食べきれず、だーばおしました。

このあと、また温泉に入りのんびりして爆睡。
翌朝、雪は上がりましたが、一面の雪景色。
Img_1627

この景色を見ながらまたまた温泉に。

朝食もたっぷり食べて帰路につきます。
道には雪がたっぷりでしたが国道に出たら除雪されていてチェーンを外します。
家までは順調なら2時間半。近い割に別世界に来たような旅でした。


コメント

紛失事件

2013-05-21 08:33:09 | ブログ

金曜から月曜にかけていろいろありました。

金曜日
会社で費用の立替があるので、ATMで2500元引き出しました。
これが悲劇の始まりです。
以前、偽札事件で酷い目にあったATMなんで、お札が出るやいなや、しっかりチェック。今回は大丈夫です。

夜はビーフシチューの会、出張やなんやで準備が全く出来ていないので、会社が終わって慌ててスーパーへ。

帰って急いでシチューのルーを入れない状態まで作ります。定番の「牛肉時雨煮」も新兵器の「みりん」を入れて艶があるように仕上げます。
靖涵さん、いーさん、QPさん親子がやってきてシチューのルーを入れ・・・
いや、ビーフシチューのルーが入手できず、カレーに変更です。

カレーとQPさん特製のレモンクリームパスタを味わって、しょうが梅酒で喉を暖めて、夜は更けていきます。


土曜日
出張疲れでひたすら寝ます。
土曜の日バドも寝てて行けません。

昼過ぎに会社の人から電話で、高鉄でかばんを盗まれたとのこと。(幸い、たいした物は入っていません)
木曜日の「ひろひらさん」といい、よくものがなくなるなぁと思っていました。(この時点で、自身の悲劇には気づいていません。)
土バドに行こうと部屋を出て、マンション内のゲートにカードキーをかざす時、悲劇に気づきます。
銀行のキャッシュカードが無いことに気づきます。

部屋に戻って探すもありません。
PCを立ち上げ、インターネットバンキングで残高確認、幸い使われてはいませんでした。
会社の庶務とも相談して、月曜日に処置することにしました。

バドに行っても落ち着きません。狸で呑んでも落ち着きません。

日曜日
朝から中国語の勉強です。
先生からは電話で口座を凍結したほうがいいと言われます。
確かにそうなのですが、新たな問題に気づきます。

20日が給料日で口座に振り込まれるのですが、凍結してたらまたややこしいことになります。

ネットで残高確認、まだ大丈夫です。
よく考えると、財布を出したのはスーパーで一回だけであり、ATMでの取り忘れの可能性が高いはずです。
それなら無事なはずです。

日バドに行って、もやもやをシャトルにぶつけます。

天野監督、木山夫妻お見送り会に行きます。

この時ばかりはキャッシュカードのこと忘れていました。

鯵の刺身を味わいます。
台湾チームと日ハムの「陽選手」を応援して盛り上がります。
すずちゃんに例によって「ギギ」と呼ばれます。

帰ってまたまた残高チェック、まだ大丈夫です。

月曜日
出勤して、9時に通訳と銀行へ。
案内係のお姉さんにATMでカードが残っていなかったか確認して貰います。
そしたら、無いとのこと。

もうがっくりです。

順番をまって、口座凍結の手続きを開始します。
給与の振込みの問題は残りますが、どうしようもありません。

書類に記入し、サインをし、手数料を支払う時に、通訳が別の店員にカード忘れがなかったか、もう一度聞いてくれました。

すると、どこかからカードを5枚くらい持って来て、



あった!!!!!



暗証番号を確認されて、サインだけして、手数料を返してもらって、完了です。

もう力が抜けました。今日は何もやる気しません。

心配して頂いた方、ありがとうございました。

コメント

ブログ開設!

2013-03-16 12:19:21 | ブログ

ブロクはじめました。

同時にホームページも立ち上げました。

コメント