おかたんのブログ

上海生活が強制終了となって常熟生活開始。
といううちに日本に帰国。いろんな自然を訪ねて行きます。

おかたんのページ


上海赴任をきっかけに作成したページです。 日本や中国で訪れたところを紹介しています。
写真からトップページに移動します。

横のブックマークに「スライドショー」を追加しました。 ぜひご覧ください。

おかたんのページのおすすめページ
新緑・残雪の北アルプス

信じられないくらいの好天のもと、
戸隠(鏡池、大望峠)、小川村、白馬(峰方峠、大出、野平)、鷹狩山、上高地(大正池、田代池、河童橋)と回りました。


中国新疆カシュガル 崑崙の山々 カラクリ湖

カシュガルはパミール高原の東部、崑崙山脈の北部、タリム盆地の西部に位置し、タジキスタン、パキスタン、アフガニスタンと国境を接するところ
カラクリ湖からはコングール峰(7,719m)、ムスターグ・アタ峰(7,546m)が神秘的に姿を見せてくれました。


敦煌・トルファンの遺跡と天山

青蔵高原の北縁、河西走廊の西端にあり、古くから中国と西域との出入口として使われた敦煌。
タクラマカン砂漠タリム盆地の北部、トルファン市に位置する火焔山と古城。
さらに烏魯木斉に近い神秘の湖:天山天池への旅。


北アルプス写真館

白馬大池、八方池、立山室堂、上高地などの写真です。
珍しい富山県側からの白馬もあります。
そこは桜、チューリップ、残雪、アルプスの四重奏が楽しめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大人の遠足総集編 トロッコ列車、保津川下り、嵐山から仙鶴さんで鴨川の床

2018-06-24 16:19:37 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ
大学のサイクリングサークルの同窓会関西支部という事で遠足です。
先づは嵯峨野トロッコ列車



高いところから保津峡を楽しみます。



続いて保津峡下り





鉄橋をくぐってしばらく進むと嵐山





嵐電で四条大宮に出て木屋町へ



仙鶴さんで床を楽しみます。













ランキングに参加して居ます。
ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
コメント

錦街の灯り商店街

2018-06-02 17:02:04 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ
京都の大丸の裏に屋台村ができたとかで早速行ってきました。
「錦街の灯り商店街」で中に6店舗入ってます。
1.創作串揚げ 手作り餃子 ムギの穂
2.焼き鳥 はちわ
3.GARAGE 39CAFE カクテル、フレッシュフルーツサワーとかです。
4.もみじ 海鮮料理、寿司,天ぷらとか
5.NIKUMON 肉です。かなり美味しい。
6.幸福屋  お好み焼き、たこ焼き



肉好きの娘と姪っ子と行ったんで、海鮮と肉に偏ってしまいましたが、食べたものはどれも美味しかったです。
ただ、丸椅子なんで、ゆっくりはしんどいかも。
屋台村だから仕方ないですけどね。
ちょっと一杯の時は最高です。







ランキングに参加して居ます。
ポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
コメント

京都 醍醐 「かりんや」さん

2018-05-31 12:18:23 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

このお店は紹介したくなっちゃいました。
桜で有名な醍醐寺からも近い新奈良街道にある「かりんや」さん
街の洋食屋さんで営業が4時までですから、ランチがメインの様です。



今回、クリームコロッケとエブフライとハンバーグのセットを頂きましたが、リーズナブルな上に味も最高でした。
量もけっこうありました。
まだ新しい綺麗な店で店員さんも愛想良かったです。
私の中では★★★★★です。

病院帰りの定番になること、間違いありません。







ランキングに参加して居ます。
ポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 山・高原へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
コメント

春の葛城山 一目百万本のつつじ

2018-04-28 16:32:03 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

つつじの季節になったので、一部修正の上、再度アップします。

葛城山のつつじが見頃ということで、訪れました。

家から1時間半程度で御所市の登り口に着きます。
ここからロープウェイで一気に登りますが、混雑時には駐車場待ち1時間、ロープウェイ待ち2時間とのことです。



ロープウェイからは耳成山、香具山、畝傍山の大和三山や飛鳥の地が見えます。



ロープウェイ葛城山上駅から葛城山山頂まで約15分歩きます。体力の落ちている体にはけっこう堪えます。



標高959.7mの葛城山山頂です。山頂直下には白樺食堂があって、そこからも奈良盆地を眺めることができます。



さらに進むと葛城高原ロッジがあり、その先がつつじが綺麗な葛城高原になります。



見事なまでのつつじです。一目百万本と言われています。



ここのつつじは花の比率が高いような気がします。



西のほうには大阪平野も見えます。



南には金剛山です。葛城山、金剛山の西は楠正成で有名な千早赤阪です。



帰りもロープウェイで下山し、宇治へ向かったのですが、疲れもあったので高速利用。
南阪奈道路、近畿道、第二京阪を使うと宇治まで1時間弱で帰れました。

ちょうど昼過ぎになったのでパルティールでランチ。ここは結婚式場なんですが、平日はランチもやってます。





比較的リーズナブルな価格で美味しく頂きました。





コメント

超簡単 中華風おこわ

2018-03-25 19:12:19 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

これまた上海時代に少し良いめのレストランなんかでチマキの様にして出てきたおこわ。
チラシの片隅にレシピが書いてあったので作ってみました。
普通にご飯を炊くときに水を減らし(3合に対し2.5合)、鶏肉とかタケノコを一緒にいれる。
砂糖、醤油、オイスターソース、鶏ガラ出汁、ごま油を味付けで入れる。
切餅3個を1センチくらいに切って入れて炊飯。
炊けたら、直ぐにかき混ぜる。

 

これだけで中華風おこわのできあがり。
ほんと笑ってしまうくらい「おこわ」になっていました。

 



コメント

上海風炒飯(黒炒飯)と自家製中華フルコース

2018-03-21 23:15:06 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

上海時代に宴会とかで少し良い目の中華レストランでのシメに出てきた黒炒飯。
トライしてみました。
中国製のたまり醤油(珠江橋牌 )とかを使うようですが、家にあった醤油、オイスターソース、砂糖、鶏がらスープでできました。
あとは豚肉、ネギくらい。

 

ほぼ味は再現できた感じですが、もう少し色が濃かったかな。
でも、意外に簡単に上海の味を再現できました。
娘にも好評だったのですが、「すき焼きに近い」と言われてショックかも。



ところで、ここ最近作った中華を並べたら、フルコースっぽくなりました。

まずは茹で鶏ムネ肉と鯛とタコ、豆腐の中華風カルパッチョ。
鶏ムネ肉は沸とうしたお湯に入れたあと、火を止めて30分くらいおいておくと中がジューシーになります。




肉料理は鶏肉ナッツ炒め




四川風麻婆豆腐



家にあった豆板醤、甜麵醬、鷹の爪で作りました。
スープに花椒をしっかり入れると四川風の舌を刺すような「麻辣」を再現できます。

野菜もので菜の花とホタルイカの炒め物




菜の花は中国か?という意見もあるでしょうが、雲南省羅平の風景を見たら納得できるでしょう。




八宝菜




そしてシメに上海風黒炒飯



一度には無理ですが、それなりのものが出来そうです。



コメント

夏のアモイ(厦門)

2017-12-30 20:57:23 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

アモイ(厦門)のコロンス島(鼓浪嶼)です。
アモイというのは福建語で厦門:シャーメンは標準語だそうです。
暑い中、日光岩に登ってみました。

 

海老が美味しそうです。
 





コメント

醒ヶ井楼さんで鱒づくし

2017-12-23 20:14:44 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

米原の東の醒ヶ井、そこから山に入ったところに醒ヶ井養鱒場があります。
そこに並ぶように醒ヶ井楼さんがあります。
同じ場所にある奈良時代建立の松尾寺、そこの住職さんが始められたとか。

 





中はからり広く、立派な部屋に案内されました。





突き出しに銀杏と柿



鱒のイクラ。普通のイクラより小ぶりです。



刺身と塩焼き。刺身はサーモンよりしっかりした感じです。



揚げ物



甘露煮



デザート



先日アップした岩魚と似たような感じですが、甲乙つけがたいです。



コメント

丹後の夕日ヶ浦 雪景色

2017-12-23 12:56:34 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

京都北部、丹後半島の付け根の夕日ヶ浦。
前日からの雪で雪景色でした。

 



料理は思い切りカニ







コメント

舞鶴港とれとれセンターで岩牡蠣

2017-12-22 21:23:01 | 旅行・写真・日記・自然・グルメ・ブログ

夏のことですが、舞鶴のとれとれセンターに行って来ました。
中は魚屋さんだらけで、その場で食べられます。

ぷるんとした大きい岩牡蠣



レモンを搾って頂きます。



サザエのつぼ焼きなど



ウニ、イクラの海鮮丼



まったく侮れません。



 

コメント