“駄目社会人”小ヤギさんの戯れ

メインは休日のビール飲み歩きブログとなってます。
その他に少しだけジャグリングのことなどや読書のことなども。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

和太鼓

2009年10月31日 22時52分55秒 | エンタメ
今日は憎き夢トラを見に行くためICU祭へ。

昼くらいに向かったら看板に17時からと書いてあって、だいぶ時間があるんですけど。
ちょっとフラフラしてみたけど特に行くところもなければ見るものもない。
結局30分もいなかったかな?あまりに居づらくなってしまって、
帰ろうと思ったら和太鼓がやっていたのでちょっと見ることに。

って、思っていたのに意外に面白くて最後まで見てしまいました。
なんかメンバーが女の娘ばっかりなんですけど、って、それが最後まで見た理由じゃないですよ。
和太鼓って男の力強さってイメージだったけど、十分力強くてかっこよかった。
うん、思いがけずよいものが見えました。
コメント (2)

餃子だっこ!

2009年10月27日 21時31分17秒 | 日々のあれこれ
近くに一圓という餃子屋?中華屋?があるんですが
そこの前を通るたびに気になっていたこれ。


餃子だっこ!

ある日突然店頭に張られていたんですが、餃子をだっこ!?
あれ?この店はこういう戦略でいくんですか。
でも、店の中はいつもと変わらなかったなぁ。
コメント (3)

記事のタイトルを入力してください(必須)

2009年10月26日 23時58分25秒 | 日々のあれこれ
あまりに久しぶり過ぎて、blogのレイアウトが変わっていてビックリ。
とりあえず、無事生きております。

本当はもっと早く書きたかったけど、
PCの調子が悪く(今は代替用のLinuxPCから)という言い訳を元に今更書きます。

今月の頭に、今年もJJFに参加してきました。
今年は仕事の話を無視して、チャンピオンシップ生観戦出来たのでその
コメント

雑穀工房へ大人の遠足

2009年10月26日 23時10分20秒 | 地ビールめぐり
小川町って遠いんですね、侮っておりました。
土曜日の12時に小川町駅集合して大人の遠足がスタート。

最初は当然ここ、麦雑穀工房マイクロブルワリー。


この日、出ていたのは雑穀ヴァイツェン、おがわポーター、山椒スタウト、レッドエールの4種類。
それらのビールが1杯5、600円。
そして安いのはビールだけではなく、フードも100円~300円。
しかも、すべて?そこら辺でとれたものだそうな。
写真は、野菜のプレートにローストポーク、ピタサンド。


全部飲んで、全部食べても3000円くらい、安い。
酔っ払ってお腹も満たされて、さて休憩ということで温泉へ。
湯につかり、サウナに入り、出てからは休憩所でお昼寝をしたら行くところはここ、太田ホルモン。


なんとも小汚い・・・、いやいや味のあるお店です。
でも、出てくるものはおいしいし量も多い。
レバ刺しも角が立っていてとってもうま~。


開店早々に入店したにもかかわらず気がついたら店内満員になっていました。
まぁ、あの値段にあのボリューム、味、そりゃそうでしょ。

飲んで、食べて、温泉入ってなんてしても1万円もかからない。
なんてリーズナブルな遠足なんでしょうか。
次の機会もまた行きたいな。
コメント (2)

ZED 1stアニバーサリー

2009年10月19日 23時29分09秒 | エンタメ
どうやら昨日が1stアニバーサリーの最終日だったようで
偶然にも初めてのZEDがその日でした。

なにが1stアニバーサリーなのかは入場するとZEDのオリジナルしおりがもらえるのと、
カーテンコールがちょっと違うらしい。
まぁ、一度も見たことがないのでカーテンコールがどう違うのかはわからんが、
「ありがとう」と書かれたでっかいバルーンが客席を跳ねまわっていた、たぶんこれがそうでしょう。
そしてこのでっかいバルーンが後ろから飛んできて後頭部にぶつかってムチウチ症になりそうになった初めてのZED。

見た場所はステージサイドシート13,500円のEブロック2列81番。
すぐ前で見られるのはよかったけど、あまりに近すぎてどこを見たらよいのやら。
そしてフライング・トラピスでは空から白い粉が降ってくる臨場感、これまたいいのかわるいのか。

でも、ステージは本当によかったよ。
まずオープニングにひやりとさせられたかと思ったらそのまま稲垣さんのバトンでがっちりとハートを鷲掴み。
そっからラッソではトリックロープとアクロバットの融合で度肝を抜かれる。
その昔、ZEDでトリックロープがあると聞いて人に参考になるんじゃないですか、
なんて振ってみたもののとても参考になりません。
たぶん技としてはそこまで高度なことはやっていない?と思うんだけどアクロバットが絡むと途端に無理ですね。
そのほかにジャグリングでは4、5人のパスが速くてかっこいいし。
ジャグラーとしては結構満足できる内容でした。

だけど、一番驚かされたのはハイ・ワイヤー。
ハイ・ワイヤーってのは綱渡りなんですが、命綱つけずにやってるんですよ。
かと言って下にネットがあるわけでもない、そんな状態で飛んだり跳ねたり。
ちょうど真下から見ていたのでいつか落ちてくるんじゃないかとドキドキハラハラ。
そして、ハイ・ワイヤーのフィニッシュでは綱の上でバク宙。
さすがにここでは命綱つけてましたね、そして、ミスってましたが、
ということはその前ではミスらないから命綱付けてないんですね。
いやぁ、すごい自信というか狂ってますね。

あとは個人的にハンド・トゥ・ハンドという演目が好きなんですね、小ヤギは。
その演目が今回もありました。
ハンド・トゥ・ハンドっていうと大概ごっつい男の人ペアなイメージがあるけど、今回は男女ペア。
まぁ、男女ペアもいることはいるんだけど、そういうのって女の人は支えられる側なのに、
これでは普通に女の人の方も支えたりしてる。
よく見ると女の人の方がいい体してるのはだからか。

と、総じて大満足な結果だったのでまた見に行きたいなぁ。
次はちょっと引いた席からみたいけど、それはそれで新たな障害があるのでどうなることやら。
コメント

アンブレラ

2009年10月16日 01時43分59秒 | ジャグリング
JJFのワークショップで受けたかったのはくろせさんのワークショップ。
ちょっと前にふと思いついて傘回しをやってみたくなったので受けたかったのに
チャンピオンシップで受けられず。
だから最終日にちょこっとだけ個人指導してもらいました。

そんで、その熱も冷めないうちに、
今週の初めに仕事で東京の真ん中ら辺に行く機会があったので浅草まで行って番傘を買ってきました。
今日、マンションの横で少し練習して見たけどやっぱり難しい。

傘回し、意外に簡単かと思ってたら難しいんですよね。
傘の傾きを気にしつつ、回転も気にしつつ、そのバランスが難しい。
傾きが弱いとボールが転がらなかったり、中心に寄ってたり、
その逆だとボールが外に転がってく。
回転もおんなじ。

そして、ボールのチョイスも難しい。
ノーマルのビーンだと転がりが悪いし、骨に引っかかる感じがする。
ラージだと重すぎるし。
バウンスだと番傘の骨でガタガタと微妙に弾むんだよね。
で、色々試したところとりあえずはノーマルビーンとバウンスの併用かな。

だけどゆくゆくは毬を手にいれたいな。
そして業務用の傘も。
コメント

JJF2009 in 千葉 チャンピオンシップ決勝出場

2009年10月13日 22時22分19秒 | ジャグリング
ということでチームなかよしとしてチャンピオンシップに出場させていただきました。

チャンピオンシップに出ることを事前に知っていた方々応援ありがとうございました。
決勝のステージに出てきて初めて知った方々も突然にもかかわらず応援ありがとうございました。
そして、よかったよと言ってくださった方々、もっと大きな声で第三者にアピールして下さい。

ジャグリングを始めて10年目にしてまさか出ることができようとは。
これもテイクアウトチームに誘ってくださいました「な」「か」「よ」さん、
本当にありがとうございました。

思い起こせば今年の3月か4月位に「か」さんから4人で出るからみたいなことを言われたけどまさか本気だとは。
ただただおもしろいから月1、2くらいで練習に行っていたら、
6月位になっても出ると言っていたので、あぁ、本気なんだと。
ということでそれからは4人がそろうときは毎回水戸まで練習に行っていました。
で、結局記憶に残っている限り数えてみたら通常練習は15回くらい水戸へ、
1泊2日、3泊4日、2泊3日(小ヤギだけ1泊少ない)の合宿を行って、
ということは計30日も練習してないんですね。
そんなことを考えると決勝に進出できただけでももうけもん。

それでも1位は無理だけど(マラバリが圧倒的過ぎた。。。)3位、あわよくば2位と期待してしまいましたが
残念、入賞できませんでした。
まぁ、ミスも多かったし、勝ちにいったルーティンでもないししかたがないか。
でもね、すっごい盛り上がったし(「か」さんの存在により割り増しになってるのはわかってますが、それを差し引いたとしてもね)結構よかったんじゃないかと。
実際、色々な方に褒めていただきましたし、すべて見終わった後でも入賞すると予想してくださった方々もいたり、
その言葉がメダルに匹敵する自分への御褒美だと思いました。

もし、また機会があるのならば出てみたいなチャンピオンシップ。

で、観客目線から見た(と言っても舞台横からしか見てないけど)感想。
今年のチャンピオンシップは個人、チーム共にどれをとっても外れなし。
そして、さまざまな道具がまんべんなくあり全体として見てもバランスがとれたすばらしいステージだったと。
入賞者がすばらしかったのは言うに及ばず。
ちなみに小ヤギの中での一番はリングのカーキさん。
ミスが多かったという意見もありますが、それを補ってもあまるくらいのオリジナリティに、ナンバーズ力もある、否が応でも将来を期待させられます。
体育館ではdb97531をやってたしね、回収まではできるとのこと。
他にはクラブの飯島陽久さんも5クラブバッククロスに6クラブとかがっつりナンバーズを見せてくれて大満足。
でも、そんな方々が入賞できないなんてどれだけレベルが高いんだと。

まぁ、高いだけじゃなくて審査基準がそういう人に合わないっていうこともあるんだろうけど。
確かにミスが多いのはよくないかもしれないけど、ミスを恐れて置きにいった演技されても面白くないし、そんなのは期待しない。
それなのに審査委員長が「ミスの少ない演技を評価します」的なことをいっちゃうなんて、
これからの日本のジャグリング界がミスを恐れるような縮こまったジャグリングになったらどうしてくれるんだと、責任取れるのかと。
今年のチャンピオンシップはとても素晴らしかったのに、
あえて苦言を呈するとするとあの審査委員長の発言だ。
それに「おっさんよりかわいい子にあげたい」って、ネタだとわかっているし、
若い子に賞をあげて自信をつけさせるというのも重要かと思いますが、
あの発言をしてしまってはどうかと。
若い目は伸ばそうとするけど(まぁ、重要ですよね)、おっさんの目は伸ばさないで摘みますか、審査委員長さん。
本当に審査委員長の発言だけが今年のチャンピオンシップの唯一のがっかりでした。

そうそう、個人的にはまだがっかりがあった。
マタマタさんは約束守ったのに、約束を守れなかった人がいたなぁ、北陸に。
あぁ、がっかりだよ、がっかり、特に来もしなかった人。
コメント (6)

ビジョメガネ4

2009年10月08日 01時15分52秒 | エンタメ
またこんなネタですが、ビジョメガネ4を手に入れました。

1~3は1年おきに出ていたのですが去年はお休み。
そろそろ発売されているんじゃないかと何度も確認してたけど見当たらず、
もしかして出ないのじゃないかと不安になっときもしばしば。
そんなときにとあるメガネっこに胸キュンな方のブログで4が出ていることを知って即買いです。

そんでもって中身は、
実はキリンビールののどごし<生>のメガネCMでグッと来ていた香椎由宇がよい。
特にフードをかぶり薄汚れたバイクの陰から何かを狙うような怪しさ漂うような目つきの写真が小ヤギの中ではかなり上位。
他にはメガネをはずしてカメラの方に近づけてる、上からアングル写真もよい。
そして、この香椎由宇と並ぶであると期待されるのは皆藤愛子。
彼女を見るために朝早く起きていたことのある小ヤギにとっては期待するなというほうが無理ですよ。
で、期待していたのですがちょっと残念。
悪くはない、悪くはないのですが、そこまでグッとくるものがなかった。
あまりに期待が高すぎたのがいけなかったか。

で、知っている娘はこれだけ。。。
あとは名前は見た事あるような娘がちょこっといるくらいでよくわからん。
だからこそ公平な目でみれるということで、よかった娘を。
原幹恵の浴衣姿にメガネ姿で傘をさしながらしゃがみこんでる写真がマル。
alanは唯一メガネをかけていない写真がマル。
あとはどの写真ってわけではないけど総合力で杉崎美香かな。
とくに彼女の写真は後半のがよいよなぁ。
仲里依沙も総合的にはけっこういいんだけど、もう少し。

他に気になるのは真木よう子。
なんかいけてはいないんだけど、絶対できる娘な気がするだけに残念だ。

いやいや、なんだかんだ言っても満足させてくれるビジョメガネはすごいよね。
やっぱり買って外れなしですよ。

ちなみにビジョメガネ1~3の記事は以下。
2007年10月23日 ビジョメガネ3
2006年7月3日 ビジョメガネ2
2005年12月12日 ビジョメガネ
コメント   トラックバック (1)

美人さん

2009年10月07日 01時06分26秒 | エンタメ
ちょっと前に大ブームが(あっ、小ヤギの中でね)あった美人時計
これを初めて見たときには感動したね。
だって、1分おきにかわいい女の娘の写真が自動で入れ替わり表示されるなんて
こんな贅沢が世の中にあったのかって。
今でも見ているけど、最初は1時間くらい見続けてしまいました。

いやぁ~、それにしてもこんなノーベル賞級のものをつくり出す人がいるんだぁ、
(そういえばノーベル賞の季節ですね)
なんて感心していたらこんな素晴らしいものも発見。

それは美女暦
これは1日ひとりの女の娘の写真数枚が見られるのです。
これまたいいよぉ。
過去の女の娘も見られたりするのがなおよい。
ということでここ数日はコツコツと過去の写真を見続けています。
ちなみに美女暦の写真集なんてものもチェックしておきたいところです。

美女暦で日にちを知り、美人時計で時間を知る。
あぁ、なんて幸せに満ちた生活なんでしょうか。
ふぅ~、これらを見ていたら日々の疲れはどっか行ってしまうし、
まだまだ世の中捨てたもんじゃないなぁ、なんて思ってしまうのは小ヤギだけではないハズ。
コメント (2)

もう10月

2009年10月01日 01時13分38秒 | 日々のあれこれ
気がついたらもう10月ですよ。
今年もあと3か月、今年度も残り半分ですか。

そういえばJJFの事前参加申し込みをしたけど、宿はまだ決めてないんだよなぁ。
みんなやっぱり参加申し込みの時にあったホテルのどこかに泊まるんかな。
去年は宿なしで参加したけど今年はきっちりと宿で寝たい、って当然か。

とかこんなことを書いている暇があったら予約でもしろって。
なんかギリギリにならないと行動できないんだけど、そんなとこがダメですね。

最近ここに書くことがあるようなないような生活なので
こんなことを書いてみる。
コメント