“駄目社会人”小ヤギさんの戯れ

メインは休日のビール飲み歩きブログとなってます。
その他に少しだけジャグリングのことなどや読書のことなども。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

経県値

2005年11月29日 13時53分36秒 | 旅行
とある大学院生で紹介されていた経県値をやってみました。

結果は100点でした。

西日本は来年から行く可能性があるけど、
東北はなかなか行けないだろうなぁ。
行くなら今か?
コメント

北海道旅行記~最北端から・・・編~

2005年11月28日 21時52分17秒 | 旅行
お仕事が終わったらホッと一息をつく間もなく北へ。
といっても小ヤギはただ車に乗っているだけでしたが。

札幌を17時前に出てまずは旭川を目指して北上。
札幌には雪が積もっていなかったのですが
北上するにつれてだんだん雪深になっていきます。
ひとっこ一人いないような道を延々走り続けて旭川着は21時過ぎ。
さすが日本の最低気温記録保持地、寒い、顔が痛い。
そんな中でも生足女子高生がいる不思議。
旭川に来るまで北海道を少しなめていました。

この日は旭川に泊まって、次の日の朝からまたまた北上。
北を目指すのが目的でほとんど観光無しの移動ばかり。
とりあえず旭川からクッチャラ湖。
クッチャラ湖滞在時間は10分くらいで次は宗谷岬。
最北端の宗谷岬では強風の中、日本最北端ジャグリング。
最北端の土産物屋さんでは勝手に最北端美人を任命。
最北端の食べ物屋さんの横のたこ焼き屋さんで軽食。
と最北端を堪能したらすぐに出発。
稚内市街地を通って、ノシャップ岬へ。
このノシャップ岬、なんにもねぇ~。
やはり二番目なんて意味がない、一番以外は皆同じということを学んですぐ出発。
そしてそこからは南下、だってこれ以上北はないんだもん。
ノシャップからサロベツ原野を通って小樽へ。
サロベツ原野はなにもない。
ものも語ることも何もない、ただひたすら走るだけ。
で、22時前に小樽着。
小樽運河を見て、ご飯を食べそびれて札幌へ。
札幌ではラーメンを食べ、健康センターで温泉、仮眠。
この時、日が変わって3時。
朝起きて8時、札幌から苫小牧へ。
苫小牧なんて観光地じゃねぇー。
海岸沿いで海に向って石を投げ、サンクチュアリ・ウトナイ湖を経て空港へ。

と事細かに書くと大変なので大まかな道筋だけで。
総走行距離は約900km。
ただ乗っているだけでしたが相当疲れました。
当然のことながら帰りの飛行機では寝てしまい
今回の旅行の最大の目的といっても過言ではないグレムリンをみる、
が達成できませんでした。
今度飛行機に乗ることがあったらなんとしても
グレムリンをみてやろうと心に誓って金沢の地を踏みしめて今回の北海道旅行を終えました。
コメント (3)   トラックバック (1)

北海道旅行記~お仕事編~

2005年11月28日 20時43分52秒 | 丁稚奉公先
今回の本来の目的であるお仕事です。

お仕事期間は3日間あり、
最初の2日間は話を聞くなどお勉強。
最終日は自分のお仕事の発表とさらにお勉強。

自分の発表の説明義務時間は1時間あったのですが
聞きに来た人は3人で実質の説明時間は30分弱。
ほとんど暇な時間を過ごしました。
あまりにも暇だったので義務をほったらかしてお勉強に行こうか
としていたその現場を奉公先のご主人に見つかってしまいました。
ご主人「あれ?」
小ヤギ「いや~、ちょっと勉強に行こうかと・・・」
ご主人「だめだよ、ちゃんとここにいなきゃ。」
小ヤギ「えっ・・・、でも・・・、ほらっ、人もいないことですし・・・」
ご主人「それくらい我慢しなきゃ。」
うっ、怒られた。
だってあまりに暇すぎて会場の照明数を数えそうになっていたんですよ。
誰も来ない、これほどつらいことはありますか?
予想していたこととはいえ実際に体験するとつらすぎる。
後半はまるで廊下に立たされたカツオ君のような気持ちでした。

そんなつらいお仕事の中にあってよかったこともありました。
会場で大沢文夫さんの本「飄々楽学」が売られていたのですが、
買おうかどうか迷っていたら
いつのまにか大沢さんが来てサイン会が行われていました。
そりゃぁ、買っちゃうよ。
買った後に皆に自慢していたら後輩に
「小ヤギさんってミーハーなんですね。」
って言われた、oops!
そんな後輩も買ってたけどね。

もうひとつ。
ひとり寂しく立たされている時に向こうからこちらに向ってまっしぐらに来る人が。
説明するのめんどいなぁ、なんてことを思いながら
その人のネームプレートを見ると、
あれっ?なんか見たことがある名前とおもったらまめぞう札幌の人でした。
まめぞう札幌の人でこのお仕事の会に参加している人がいるという話を聞いて
名前を調べ何度もその人のところへ行ったのですが会えずじまいでした。
そんな彼も小ヤギのことを調べ、会いにきてくれました。
立たされて心が荒んでいることもありだいぶうれしかった。
そんな彼とは一緒に練習することはできなかったけど、
また次の機会には一緒に練習ができるといいな。

それにしてもこれを読む限りお仕事で行った感が全くないな。
たしかにそんな意識もなかったしね。
それでもとりあえずはお仕事終了。
コメント

北海道旅行記~夜の札幌編~

2005年11月28日 18時49分02秒 | お酒
まめぞうでの練習が終わり、
奉公先の方々と飲もうと電話をしたのですがまだ1次会の途中。
途中参加も微妙かと思いひとり札幌の街で飲むことにしました。

普通の居酒屋に行くのもなんだし、ちょいと攻めてみるかということで
ぶらぶら歩いて路地の奥のほうにあるお店を見つけだしました。
路地の幅は約1mの狭さで、絶対に観光客がいるような場所ではない。
店のドアに小さな窓があったので恐る恐るのぞいてみると
やはり地元の人しかいないような店で明らかに観光客はいない。
これだ!とばかりに即決。
本当に観光客向けではないのでメニューも北海道らしさがない。
まぁ酒しか飲まないので関係はないし、雰囲気もよかったので大目に見よう。

札幌での夜は毎日飲んでいたのですが、
1日目・・・ひとり飲み+奉公先メンバーと合流後ラーメン。
2日目・・・普通の居酒屋で0次会後、ジンギスカン。
3日目・・・ジンギスカン後、前日と同じ居酒屋で2次会。
ジンギスカン以外は金沢でもいいじゃん。
もっと北海道らしいカニとかウニとかイクラとか食べたかった。
ちょっと心残り。

しかし今回の一件で見知らぬ土地でも一人でのみに行くスキルがつきました。
コメント

北海道旅行記~まめぞう札幌編~

2005年11月28日 15時01分54秒 | ジャグリング
一通り観光を終えて、
本来なら奉公先の方々と飲みに行く予定だったのですが
小ヤギはひとり単独行動。
北海道に唯一あるジャグリングサークル“まめぞう札幌”に遊びに行きました。
そのために今回は北海道へボール5個、クラブ5本、リング5枚を持ってきました。
この装備、どう見ても遊びに来ているとしか思えない・・・。
一応、仕事で北海道に来たついでにサークルに寄っただけですよ。

練習時間に行くと早くも3人ジャグっている人がいて
そのうちのひとりは明らかに若い、しかも7ボールを練習しているし。
年齢を聞いてみると中3だって、中3で7ボールとは末恐ろしい。
その後、だんだんと人が集まり最終的には15、6人くらいいたかな。
しかも皆真面目に練習している。
当然っちゃ、当然なんですが、
いつも小ヤギがいるサークルでは見られない光景だったのでちょっとビックリ。
いいなぁ、と思いながら皆の練習を眺めているとほとんどがトス系の人ばかり。
話によると3ボールが盛んみたいで、
ミルズメスができても初心者、ファステストができてやっと初心者脱出って、
そしたら小ヤギはバリバリの初心者です。
確かに普通にファステストをやっている人が何人もいました。
どうやら“まめぞう札幌≒ボールマニアックサークル”みたいです。
外から人が来ることが少ないそうで、独自の文化が発達しているんですね。

サークルごとに特色があって
こうやって練習に参加させていただけるとその文化に触れられるのがよいですね。
北海道にはなかなかいけないですが機会があればまた練習に参加したいものです。
コメント

北海道旅行記~札幌観光編~

2005年11月28日 14時28分12秒 | 旅行
昨日やっと金沢に帰ってきたので、まとめて更新。

今回、仕事で初北海道へ。
当然飛行機で行ったわけなんですが、小ヤギは今まで飛行機に乗ったことのない飛行機バージンです。
そりゃ、緊張しましたよ、手に汗を握りました。
離陸のへんな感覚、あの感覚を味わった瞬間飛行機に乗ったことを後悔しました。
でも長く続かないんですね、上空で安定したら意外に快適。
あまりに快適すぎて眠りそうになった瞬間、着陸準備に入るという放送が。
はやっ!
はやいよ、離陸の興奮も冷めないうちに着陸の準備。
離陸に比べて着陸のほうがヤバイ。
ジェットコースターの下るような体が浮く感覚。
意識としてはそこまで怖くはないのですが、体は死の恐怖を感じていました。
体って正直ですね、手に汗をかくかく。
それでも飛行機は何事もないように着陸、無事北海道上陸です。

とりあえず仕事は明日からなので今日は1日遊び放題。
時計台に大通り公園、道庁の赤レンガを見て・・・終了。
観光スポット少なっ。
しかも暗くなるのも早いしあんま市内観光を満喫できず。
でも時計台の前でジャグっている写真を撮ることに成功したのでよしとしましょう。
コメント (4)

いざ北の大地

2005年11月21日 21時59分53秒 | 旅行
明日から北の大地へ。

半月伸ばし続けてきたお髭ともおさらばです。
なんたってお仕事で出張なので無精髭はダメでしょう。

さてがっつり遊ん・・・、もとい
がんばってお仕事をしてきますか。
コメント

手ごわい

2005年11月20日 02時39分49秒 | 丁稚奉公先
奉公先でいつもなら3、4時間で終わる作業なのに
今日は3倍近くの時間がかかっています。

この作業季節差が激しいらしく
冬になるとかなり難易度が上がります。
去年まではこの作業の回数もそんなになかったので気にはならなかったのですが
最近は頻繁にやっているためにかなり被害を受けています。
長い間放置していても何の変化もなかったり、
ちょっと目を放したスキにどえらいめにあったり。
精神力が消耗していきます。

うん、でもこの苦行もあと少し。
コメント

スピーカー

2005年11月18日 23時45分34秒 | お酒
二日続けて飲み。
昨日は神戸から友達が来ていたので、
その彼と他に3人、計5人で飲んでいました。

皆それなりに気のおけない友達ばかりなので楽しい飲みでした。
話も政治、経済、教育、素粒子、アイドルなどなど盛り上がる。
そのなかで一番盛り上がったのはスピーカーの話。
世の中にはスピーカーマニアがいるということを初めて知りました。
昨日の飲みだけで、今までの人生で言ったスピーカーという言葉の総数をはるかに超え、
ゲシュタルト崩壊が起こるほどにスピーカーを連呼しました。

まだまだこの世の中には知らない世界が広がっています。
たぶんスピーカーマニアの彼はスピーカー破産をおこすんだろうな。

うぅ~、それにしても2日連続飲み、
そして4時寝はキツイ。
コメント

ボジョレーヌーボー

2005年11月17日 19時23分44秒 | お酒
飲んできました、ボジョレーヌーボー。
今年で6年連続参加です。

どうやら今年も出来がいいらしく、世間では奇跡の年だとか言われているそうです。
で、飲んでみた感想は
去年に比べてすこし渋みがあって、どちらかというと去年のほうが飲みやすい
らしいです。
らしい、というのは毎年のようにボジョレーを飲みだすまえに
ビールをたらふく飲んでいるので酔って味がわからないんですよ。
そのあともボジョレーを飲んだかさえ忘れてしまうくらい飲み続けているので救いようがない。
ということで味はよくわからないんです。

今年もビール、ビール、ボジョレー、ビール、ビール・・・・・・
という感じでした。
ビールを飲みに行っているのか、ボジョレーを飲みに行っているのかわかりませんね。
そもそもワインの味がわからんので関係ないかな。

ならなんで行くん?て聞かれるんですけど
ボジョレーなんていつ飲んでも一緒、なら解禁日に飲むというその行為を楽しみたいが為に行くんです。
お祭りですよ、お祭り。
祭りと聞いちゃ、男としてだまってらんねぇという気持ちになりませんか?

なんだかんだ言ってただ飲む口実がほしいだけという話もありますが。
コメント (3)