HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳 鷲羽岳からの北望 

メガルカヤ(雌刈茅)

2021-10-26 | イネ・カヤツリグサ・シダ類など

芒は湿ると時計方向に回転、成長して種子が出来ると回転した芒は他の芒に引っかかる。
その力で種子が抜け落ちる。
地面に落ちた種子は芒の動き(湿気ると時計回り、晴れると反時計回り)で地中に潜ってゆく仕組みになっている。
この芒の動きの詳細が「NHK for School」に動画で紹介されている。
懐かしいオランダフウロの種子の動きと同じだ。


















メガルカヤ(雌刈茅)イネ科メカルガヤ属 Themeda triandra var.japonica
オガルカヤ(雄刈茅)イネ科オカルガヤ属 Cymbopogon tortilis var. goeringii
別名にスズメカルカヤ
(2021.10.23 明石公園)

  
▲ ㊧森林のオガルガヤ  ㊥オガルカヤ ㊨メガルカヤ ▲
--------------------------------------------------------------
メガルカヤ(雌刈茅) オガルカヤ(雄刈茅)四年前の小石川 オランダフウロ


コメント   この記事についてブログを書く
« メリケンカルカヤ(米利堅刈萱) | トップ | アキノエノコログサ(秋の狗... »

コメントを投稿

イネ・カヤツリグサ・シダ類など」カテゴリの最新記事