HAYASHI-NO-KO

八ヶ岳・権現岳 

アツミゲシ(渥美罌粟)

2021-03-23 | 草本 芽生え・ロゼット

ナガミヒナゲシのロゼットと共存しているのだけれど
はるかに大きく育っている。
今年はこの場所で咲く事を決めたようだ。


(2020.12.25 林)






▲ 周囲にはコゴメイヌノフグリの幼苗、白い花盛りは近い。▲

(2021.01.02 林)

ナガミヒナゲシ同様に葉には細かな毛が密集している為に
水滴がかなり長い間残る。








(2021.01.13 林)




(2021.01.28 林)






▲ 葉の表裏は細かな毛に覆われているから、水滴が残りやすい。▼

(2021.03.01 林)

蕾が上がってきた。
三株を残して処分された。








アツミゲシ(渥美罌粟)
 ケシ科ケシ属 Papaver setigerum
(2021.03.23 林)


▲ 去年の花 ▲
--------------------------------------------------------------
アツミゲシ(渥美罌粟) アツミゲシ追補
 アツミゲシ(渥美罌粟) 


コメント   この記事についてブログを書く
« ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦) | トップ | ホトケノザ(仏の座) »

コメントを投稿

草本 芽生え・ロゼット」カテゴリの最新記事