Winner's Bridge仮店舗

ゆっくり行きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最後はこちら。(2010年サッカーを振り返る③)

2010-12-31 22:21:34 | フットボール
 そして、最後はフリエ編です。


 同様に3年前はどうだったのか振り返りますと、

 10位開幕戦、久保の強烈ゴール。
 9位補強の大失敗。
 8位アイデンティティなき横酷の過剰開催。観客数、殆ど伸びず。
 7位山口素弘、引退。
 6位太田、U-20代表に選出。クラブ初の現役日本代表選手の誕生。
 5位菅野孝憲、柏移籍。
 4位ホーム開幕戦で、マリノス粉砕。
 3位悲願の練習場入手。それも東戸塚!!
 2位高木琢也、電撃解任。クラブはバラバラへ。
 1位横浜FC、最速のJ2降格。


 あ、そうか、太田の移籍って年明けでしたもんね。


 ま、それはされておき、「横浜サポの視点で選ぶ・2010年いしきん的サッカー10大ニュース」でございます。


 10位開幕3連勝も以後は低迷。
 9位レッドカードが1年間なし。
 8位大口スポンサーが現れる。
 7位大久保退団。
 6位チームが変わった、等々力の激闘。
 5位大黒獲得、夏に放出。
 4位カズ、最年長ゴール更新中。
 3位岸野氏、GM兼任に。鳥栖経験者の加入が止まらない。
 2位練習場、西谷に移転。
 1位トモキチ、ハヤの引退。

【解説】
・10位は、まさかまさかの展開でした。
・9位は、実に素晴らしい!!
・8位は、実にありがたい!!。
・7位は、私的10大ニュースで書いたとおりです。
・6位も、気迫を感じた試合でしたし、あの試合から試合内容が変わりましたね。
・5位は、せめて1年はいると思ったのですが。。。
・4位は、なんだかんだで嬉しいものです。
・3位は、後述。
・2位は、あんなに広いスペースが練習場になるなんて。。。感謝感激です。

 モチロン、東戸塚の皆さまにも。


 ・・・そして1位は、やはりこれしかないわけでして。

 
 次点はこんな感じでしょうか。

・アツ退団。
・売店、グッズが徐々に拡充。
・某事情により三ツ沢でのアウェーサポの入場口&待機列が変更。
・レンタル移籍による加入が相次ぐ。
・西田、FWとしてブレイク。
・大日本プロレスとのコラボが大成功。(今後もヨロシクです)



 2年前、サポーターが座り込みの抗議をし、最後は当時の監督と強化担当が登場して臨時の質疑応答が行われました。

 その場で、とあるサポーターが「今、(結果を出すために)強化をしたいのか、それとも育成をしたいのかが分からない」という話をしていたことを覚えています。

 しかし、今、クラブが目指しているものは誰の目で見ても明確です。それはもちろん「昇格」です。


 正直に申しますと、2007年後半以降の横浜FCの試合の殆どは、選手から気迫を感じることがなく、観ていても退屈になる試合が多かったです。したがって、タクオは例外としましても、思い入れを持てる選手も少なかったように思っています。

 だからこそ、岸野さん達がやって来ると聞いた時には、そんなクラブにどうやって喝を入れてくれることかと大いに期待したのですが、その後についてはご存知のとおり。数人を除き、主力の殆どが新加入の彼らが以前に育ててきた選手達によって占められる結果となりました。

 やはり複雑な感情を拭い去ることは出来ません。いくら今までの選手達への思い入れを強く持てなかった身であっても、まるで昨年までの応援を否定されてるような気分もしないでもないですし、来年も新たに鳥栖で主力だった選手達が加入するわけですから。


 けれど、一連の動きについては、「結果を出す」というクラブが示した目的の下でやってきた方達が、自分達の判断でその目的を果たすためにしている行動なのだと思います。
 そうであるなら、我々はその目的を果たすために懸命に応援をし、目的が達成できるかどうかを見届けるしかないのでしょう。


 私達はサポーターとしてありとあらゆる経験をしてきた身です。これから先、J1で優勝争いをするぐらいのクラブになろうとも、昇格に失敗して無名選手だらけのチームになって低迷しようとも、応援するクラブさえあれば私は一向に構いません。


 だから、ここまで来たからには、もう、こうとしか言いません。

 「絶対に結果を出して下さいね」と。



 それでは、今年もわずかですが、どうか皆さま、良いお年を。

つづいてはこちら。(2010サッカーを振り返る②)

2010-12-31 21:42:33 | フットボール
 つづきましては、「最大限私的な視点で選ぶ・いしきん的サッカー10大ニュース」です。

 こちらも、3年前はどうだったのか振り返ってみますと。。。

 10位浦和レッズの優勝阻止。
 9位横浜FC、年間チケット優先入場開始。
 8位楢崎正剛、横浜FCにエールを。
 7位長期旅行以外の理由により平日三ツ沢で初の欠席。
 6位菅野孝憲、柏に移籍。
 5位勝てない横浜FC、あっという間にJ2降格。
 4位横浜ダービー、三ツ沢で復活。そして、マリノスに勝利。
 3位「8月11日横浜マリノス戦」(試合以外)。
 2位山口素弘、引退。
 1位Jリーグ全31クラブ主催のリーグ戦、完全制覇。


 なるほど、そうでしたか。

 それでは、「最大限私的な視点で選ぶ・2010年いしきん的サッカー10大ニュース」です。


 10位鳥栖化が止まらない横浜FC。
 9位海豚戦@等々力。
 8位楢崎正剛、日本代表引退。
 7位サードユニを買うために相当に早くから並んでゲット。
 6位NHKがフリューゲルスの特集番組を放送。
 5位山口素弘氏、タレント化が進行?。
 4位夏休みの渡英でマンUの選手達を目の前で観る。
 3位トモキチ、ハヤの引退。
 2位大久保択夫、フリエ離脱。
 1位今年の遠征で一度も中州に行けなかった。

【解説】
・10位は、詳しくはその③にて。
・9位は、素晴らしい試合でした。結局は負けたけど。
・8位は、彼の判断を尊重しないと。
・7位は、3番目で購入できました。
・6位は、天皇杯の宣伝を兼ねてのことだったのでしょうが素晴らしかったです。
・5位は、国分君ともすっかりお友達になられたようで(笑)。
・4位は、実は日立台みたいなサッカー場の2列目でアウェーのマンU戦を観戦。下部リーグの試合も観に行ってますが、ミーハー上等。あれはクセになりそうです。

・3位は、本当にお疲れ様でした。ひとつの時代が終わったように思います。
・2位は、さぞかし無念だったことでしょう。我々だってそう思っているのですから。

 例のごとく、遺恨を残した移籍ではない限り、タクオもマリノスに行かない限りはこれからもずっと応援してますよ。


・・・そして1位は、不景気の余波がこんなところにまで(笑)。屋台のラーメンが恋しいです。それと、常連と化してる中州の某BARの店員の皆さま、今年はお会いできなくてスミマセンでした。
m(_ _)m


 さて、次点は・・・、

・フリ丸と仲良しになる。
・練習場が西谷に移転。
・餅つき大会で15年ぶりに書道をする。
・岐阜遠征で、新横浜のホームにて加藤茶を目撃。
・岐阜遠征で、初めてひつまぶしを食べる。(気にいりました!)
・大分遠征で、三浦アツの兄が店長をしている焼き肉店に訪問。兄様から御礼のお言葉を頂く(笑)。
・W杯開幕直前にスカパーHDを導入。


 そして忘れてました。

・ブログ復活。

3年ぶりのご無沙汰です。(2010サッカーを振り返る①)

2010-12-31 20:41:25 | フットボール
 えー、大変ご無沙汰しております。色々と慌ただしくて更新できませんでした。

 とはいえ、このコーナーはやらないわけにはいきません。はい、弊ブログの恒例行事(?)であります、サッカー10大ニュースのコーナーです。

 まずは、「最大限客観的な視点で選ぶ・いしきん的サッカー10大ニュース」なのですが、ところで、前回の2007年はどうだったのでしょうか?


 10位菊地事件。
 9位長引く我那覇事件。
 8位totoの売り上げ、奇跡の復活。
 7位サッカー放映権の再高騰で弊害発生。
 6位イングランド欧州選手権出場ならず。カペッロが監督に。
 5位モウリーニョ、実質上の電撃解任。
 4位浦和、Jで初のACL優勝。
 3位鹿島が最終節で逆転優勝。悲願の10冠達成。
 2位オシム氏脳梗塞で倒れる。代表監督に岡ちゃん復帰。
 1位「Jリーグクラブ対欧州クラブ」の公式戦が実現。


 ふ~ん。まだ3年なのかぁというのもあれば、もう3年なのかぁというのもありますね。


 いずれにしましても、それではいってみましょう、「最大限客観的な視点で選ぶ・2010年いしきん的サッカー10大ニュース」です!!



 10位長友、チェゼーナでブレイク。
 9位ブブゼラうるさ過ぎ。
 8位カタールでのW杯開催が決定。
 7位スペイン、W杯初優勝。
 6位香川、ドルトムントで大ブレイク。
 5位日本代表新監督にザッケローニが就任。
 4位名古屋グランパス、初のリーグ優勝。
 3位FC東京、まさかのJ2復帰。
 2位日本代表、W杯でベスト16入り。
 1位タコ。



【解説】
・10位は、本当に急成長しましたね。
・9位は、文化は文化として尊重しないといけないことは至極当然の話。でも、試合をしてる国の人達による応援そのものをもかき消したのはやはりどうかと・・・ま、トヨタカップでチアホーンを鳴らしまくってた日本人には言う資格はないのですがね(苦笑)。
・8位は、ありえねーだろ。6月の中東、夜はともかく昼間は地獄ですから
・7位は、ようやくでしたね。
・6位は、本当に急成長しましたね。(その2)
・5位は、今後に期待。
・4位は、ようやくでしたね。(その2)
・3位は、頻繁に試合を観に行きましたが、ピッチからもスタンドからも降格争いをしているという危機感が最後まで感じられませんでした。本来は優勝争いをすべきメンバーですが、あれでは降格やむなしだろうと。
・2位は、「一世一代の賭け」というのはああいうものを言うのでしょうね、岡田さん。でも、心から感動させて頂きました。


 ・・・そして1位は、これ以外に一体何があるのかと(断言)。「ジダンの頭突き」だって予想できなかったのに。。。


 最後に、恒例の次点の数々を

・岡田正義氏、引退。
・今野の「集まれ~!!」。
・マリノス、大量解雇。
・ヴェルディ、存続決定。
・ルーニー、マンU退団騒動。
・ラウル、ドイツに移籍。
・カズ、最年長ゴール更新中。
・平塚に電光掲示板が完成。
・リバプール、低迷。プレミアリーグ、4強体制の崩壊。
・スカパーの特別解説者だったオシムの話が毎回長過ぎ。
・築地のタコ、ナビスコ杯決勝の予想を外す。


フリューゲルス特番@NHK見ました。

2010-12-20 00:22:45 | フットボール
 12年経っても初めて知ることがありまして、とても衝撃的な想いをしながら視聴しました。


 あとはナラと前田浩二さん(※)のインタビューがあればなぁ・・・とは思いますが、大人の事情も踏まえれば、現時点においては限りなくベストな構成だったと思います。制作に携わったNHKの方達には心から御礼を申し上げたいです。


 以前にも何度も書きましたが、横浜FCは、あれだけ現場で相手をなぎ倒して結果を出し続けても、結局は「全てを奪い尽されるしかなかった」というあの時の怒りと悲しみ、そしてそれらを超越した虚しさを原動力として、あらゆる方達からのご賛同とご理解を頂いた上で設立出来たクラブです。

 こうして、今日まで三ツ沢でフリエという愛称のクラブをJリーグの舞台で応援することが出来ていることは本当に素晴らしいことだと思います。


 これからも、この経緯に心からの感謝と誇りを抱きつつ、明るく楽しく自分自身に対して素直な気持ちを持ちながらサポートをしていきたいと思います。



(※)前田浩二さんは番組の冒頭に出ていたのですね。ご指摘を頂きました。実は数分後のモネールがダンスをしていたところからしか観ていなかったものでして・・・。スミマセンでした。

言いたいことは色々あるけど、

2010-12-04 02:59:12 | フットボール
 ハヤとトモキチがスタメンになるのですか。大分遠征楽しみです。まだ寝てませんがね(笑)。



 ちなみにお気付きと思われますが、もう、以前のような遠征速報も行ないませんので悪しからず。理由はメンドくさくなったから(笑)。

セルフチェック

2010-12-01 00:06:37 | フットボール
1.突然、長年所属しているクラブからクビを宣告された。

2.給料はいくらになっても構わないから現役を続けたい。

3.たとえお客さんが少なくても、臨場感のある球技場でもっとプレーをしていたい。

4.心機一転も兼ねて、スポンサーの縁でイタリア車とかに乗ってみたい。

5.「根性」という言葉は嫌いではない。

6.移籍先が決まるのなら、ケガをしてもおかしくないぐらいの厳しいトレーニングを科せられても全然構わない。

7.フィジカルコーチがプロレスラーみたいな人でも一向に構わない。

8.ダンスでお馴染みの日本サッカー界のレジェンドと同じチームになってみたいという願望があるけど、万が一その人がブラジルに電撃移籍をしたとしてもそれはそれで全然気にしない。

9.父親もJリーガーだった長身な元同僚の後輩や実弟から、昨年の自分達の監督の素晴らしさを何度も聞かされてて、実はその監督の下でいつかプレーをしてみたいと密かに思い続けていた。

10.これまでと同じく、県庁所在地でもある神奈川県の政令指定都市で、引き続きJリーガーとしてプレーをしていたい。




 ・・・これらの殆どに該当しかつ、久〇選手や〇大介選手よりも体は丈夫だと自負されているそこのアナタ。至急、横浜フリエスポーツクラブまでご一報願います。