From mitsuzawa northeast

横浜FCと横須賀・神奈川のローカルフットボールシーンを応援する日記。時々故郷・静岡東部のフットボールなども。

試合終了

2016-05-22 | 携帯
六浦FCセカンド 0-4 Yokosuka city fc(試合終了)
後半立ち上がり2分の先制を皮切りに
終わってみれば4点挙げたYokosuka city fcの完勝に。
詳しくはまた後ほど〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了

2016-05-22 | 携帯
六浦FCセカンド 0-0 Yokosuka city fc(前半終了)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横須賀リーフスタジアム

2016-05-22 | 携帯
横須賀リーフスタジアムに到着〜(^^)
相方から横須賀リーフ1日1試合の観戦の許しが出たので来てみてしまいました(^_^;
対戦カードは神奈川県二部A第4節
六浦FCセカンド(赤)対Yokosuka city fc(水色)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料亭「小松」焼失・・・。

2016-05-17 | 横須賀・三浦半島ネタ
横須賀の「海軍料亭」全焼…山本五十六ら利用(5月16日付、読売新聞)


16日は仕事帰りに横須賀中央の郵便局へ行く用事があったのだが
用件を済ませた後に米が浜通り方面で火災の煙が上がっているのを目撃したが、
その煙の先が、まさか旧海軍ゆかりの料亭「小松」だったとは・・・。

本当に、ただただ残念としか言いようの無いニュースでガックリ。
夜になると関東では地震が起きるし、何とも言えない週の始まりだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これが噂の

2016-05-15 | 携帯
ホイミ味(^_^;
面会前に買ってみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘誕生。

2016-05-15 | ご挨拶
無事生まれるまで、こちらでの公表はあえて控えていたのですが
先日、娘が生まれ、こんなオイラも遅ればせながら父親デビューとなりました。

相方の破水が始まってから10何時間と自然分娩が出来なかったため
大事を取っての帝王切開での出産でしたが、母子共に無事で何より。
スムーズに切開手術をしていただいた医療関係者の皆様にも感謝です。

今年からブログ更新ペースや観戦回数を抑えていた理由がこちらに伴うものだったのですが
これから子育てが本格スタートとなるため、相方の退院後、更新数や観戦ペースが
暫く減少する傾向になると思います。今後とも何卒よろしくお願いいたします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2016神奈川県社会人サッカーリーグ2部A第2節 初声FC vs Yokosuka city fc(2016.05.08)

2016-05-11 | 横須賀ふっとぼー(観戦記)
2016/05/08 神奈川県社会人サッカーリーグ2部A
第2節 19:12KO
会場:横須賀リーフスタジアム
観衆:40人(目測)
初声FC10-25Yokosuka city fc
1-3
得点者



61内藤孝昭
時間
23分
42分
47分
72分
74分
80分
得点者
20佐藤健太
10小松勇樹
 7浜脇絢太郎

 9二川翔
26井口諒雅



初声FC
(2016神奈川県2部A第2節vsYokosuka city fc)
30鈴木清道 17山田厳伍
28中村薫14水野恭平
63田中翔太 24西洋平
5高梨豊和6入田貴史
61内藤孝昭 27加藤優汰
1内山元暉


初声FC スターティングメンバー
GK 1内山 元暉
DF55高梨 豊和
DF61内藤 孝昭
DF27加藤 優汰
DF 6入田 貴史
MF63田中 翔太
MF24西 洋平
MF14水野 恭平
FW30鈴木 清道
FW17山田 厳伍

初声FC SUB
なし

初声FC 選手交代(規定により交代は5人まで可)
なし

初声FC 警告・退場
なし

シュート      3(前0後3)
ゴールキック   13(前9後4)
直接FK     11(前3後8)
間接FK      4(前2後2)
オフサイド     0(前0後0)
PK         1(前0後1)
CK         1(前0後1)

==============================================================

Yokosuka city fc
(2016神奈川県2部A第2節 vs初声FC)
7浜脇絢太郎 22木村哲太
20佐藤健太17前田敏輝
25廣瀬将也 30瀧口一平
10小松勇樹2小松秀人
6武藤和人 5谷幸樹
16中山航平


Yokosuka city fc スターティングメンバー
GK16中山航平
DF10小松勇樹
DF 6武藤和人
DF 5谷幸樹
DF 2小松秀人
MF25廣瀬将也
MF30瀧口一平
MF20佐藤健太
MF17前田敏輝
FW 7浜脇絢太郎
FW22木村哲太

Yokosuka city fc SUB
GK/DF4井上 雄貴
MF23福井 洋介
MF26井口 諒雅
MF 8町田 雅人
MF 9二川 翔
MF11石渡 郁実
MF13坪野 竜也
MF18川村 祐介
MF55鬼丸 敬

Yokosuka city fc 選手交代
53分: 2小松 秀人  → 55鬼丸 敬
53分:17前田 敏輝  → 23福井 洋介
58分:30瀧口 一平  →  8町田 雅人
66分:22木村 哲太  →  9二川 翔
77分: 7浜脇 絢太郎 → 26井口 諒雅

Yokosuka city fc 警告・退場
41分: 6武藤 和人(警告)
90分:26井口 諒雅(警告)

シュート     19(前8後11)
ゴールキック    4(前1後3)
直接FK      7(前2後5)
間接FK      0(前0後0)
オフサイド     4(前2後2)
PK         0(前0後0)
CK         5(前4後1)

*記録は管理人独自集計による。(間違い等ありましたら、ご指摘お願いします)
============================================================
 

8日のリーフスタジアム第2試合は神奈川県2部A第2節
初声FCvsYokosuka city fcの三浦半島ダービー。
初声のホーム扱いだけど、今回もYokosuka city fc監督さんによる場内放送入りの演出が。
シティ側には神奈川県社会人選手権準々決勝で応援に駆け付けたサポーターさんによる熱く楽しい応援付。
この野球チックな応援がまた良いんですよね。メガホンによる応援もこういうのだったら
個人的にはOKだと思ってます(笑)

2016/5/8初声FCvsYokosuka city fc(1)

では試合。
初声はかつては結構繋ぐ形のショートカウンターの鋭い印象を持ったチームと思ってたけど
今回はシティの開幕戦での大沢FCのように、深く守って殆ど出てこない様子。
シティは7浜脇、22木村の2トップが初声のCBに蓋をされて打開が難しいと見るや
20佐藤と7浜脇のポジションを変え浜脇のドリブル突破から崩す戦法にチェンジ。
これが奏功してシティの攻撃のテンポが良くなると23分、浜脇の左からのクロスから
20佐藤がゴール前で合わせてシティが待望の先制点をゲットする!

2016/5/8初声FCvsYokosuka city fc(2)

さらに前半42分には右からの大きなクロスにゴール前ファーサイドに張ってた
10小松勇が頭で合わせて2点目をゲット!
Yokosuka city fcが0−2のリードで前半を折り返す。

2016/5/8初声FC vs Yokosuka city fc(3)

さらに圧巻だったのが後半立ち上がりの47分。
この日好調の浜脇が右からのパスに合わせたノートラップのミドルが
美しい放物線を描き初声ゴールに吸い込まれ3点目!
これは地域、JFLでもなかなかお目に掛かれない素晴らしいゴール。
多分、今年オイラが生観戦で見てきた中でベストの部類に入るゴラッソだった。

その後53分に2人、58分に1人を交代した辺りからシティの攻撃に
連動性が無くなり少々停滞感が生まれてくると初声も攻撃に転じれるようになってくる。
61分には初声にPKを与えてしまいピンチを迎えたシティであったが
そこは守護神16中山がナイスセーブを見せ事なきを得る。
だが、72分の初声のループシュートは弾ききれず1失点を喫してしまうことに。
(このシーンは撮影出来ず)

2016/5/8初声FC vs Yokosuka city fc(4)

しかし、その2分後の74分には4人目の交代選手である9二川が
スルーパスに反応し4点目を決め試合を決定づけると・・・・。


2016/5/8初声FC vs Yokosuka city fc(5)

80分には5人目の交代選手26井口が角度の無い位置からのシュートを決め
ダメ押しの5点目。


終わってみれば守るばかりの初声を寄せ付けない内容で1−5の圧勝で終わったYokosuka city fc。
だが、まだまだリーグ戦は始まったばかり。良いスコアで連勝を飾ったからといっても
現状で満足していては昨年と同じことの繰り返しとなってしまうだろう。
厳しいことを言えば20佐藤は3本あったポスト直撃弾の内、どれかを決めれればそこで試合を決定づけられたし、
3人目交代後の攻撃の停滞感もまた社会人選手権決勝戦の時と同じ課題を覗かせたと言えるだろう。

シティとしては、まだまだ足りない、自分達はもっと出来る。やれるという意気込みで
今後のリーグ戦を戦って欲しいところ。
対する初声は、まだ今季のチームとしての戦い方が定まっていないようにも見受けられた。
初声だってこのままでは終われないという意地もあるだろうし、三浦半島リーグでシティに
リベンジを果たしたいとも思っている筈。今後の立て直しと巻き返しを期待したい。
両チームの選手関係者応援団の皆さん、お疲れ様でした。

(選手名敬称略)

2016/5/8初声FC vs Yokosuka city fc ハイライト


にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016神奈川県社会人サッカーリーグ2部B第1節 横須賀マリンFC vs ブレッサ相模原(2016.05.08)

2016-05-11 | 横須賀ふっとぼー(観戦記)
2016/05/08 神奈川県社会人サッカーリーグ2部B
第1節 17:13KO
会場:横須賀リーフスタジアム
観衆:60人(目測)
横須賀マリンFC115-00ブレッサ相模原
6-0
得点者 
26井上真杜
11喜屋武大輝
11喜屋武大輝
11喜屋武大輝
14福島亘
24岩見将斗
18近藤慧
 3那須野真
18近藤慧
29出口将司
31田嶋数馬
時間
2分
5分
15分
34分
45分
56分
63分
65分
68分
70分
86分
得点者



横須賀マリンFC
(2016神奈川県2部B第1節 vsブレッサ相模原)
18近藤慧 11喜屋武大輝
26井上真杜24岩見将斗
14福島亘 4國分俊樹
31田嶋数馬27吉田尚人
7田丸誠 33中澤良太
1石川扶


横須賀マリンFC 選手交代
57分 11喜屋武 大輝 →  3那須野 真
57分 14福島 亘   → 29出口 将司
69分 18近藤 慧   →  9角井 拓磨
79分 26井上 真杜  → 15徳江 一航
82分  4國分 俊樹  → 32加藤 弘二郎

横須賀マリンFC 警告・退場
28分 27吉田 尚人(警告)

シュート     24(前12後12)
ゴールキック    1(前0後1)
直接FK     11(前5後6)
間接FK      0(前0後0)
オフサイド     4(前1後3)
PK         1(前0後1)
CK         9(前4後5)

============================================================


ブレッサ相模原 3−5−2

   10    12

28    23     7

    11   9

  16  25   4

      1

ブレッサ相模原 選手交代
なし

ブレッサ相模原 警告・退場
58分   16(警告)
67分    1(警告)

シュート      4(前3後1)
ゴールキック   16(前10後6)
直接FK     13(前9後4)
間接FK      4(前1後3)
オフサイド     0(前0後0)
PK         0(前0後0)
CK         1(前0後1)


*記録は管理人独自集計による。(間違い等ありましたら、ご指摘お願いします)
============================================================

得点経過
 2分 :26井上真杜(横須賀マリンFC)1-0
 5分 :11喜屋武大輝(横須賀マリンFC)2-0
15分 :11喜屋武大輝(横須賀マリンFC)3-0
34分 :11喜屋武大輝(横須賀マリンFC)4-0
45分 :14福島亘(横須賀マリンFC)5-0
56分 :24岩見将斗(横須賀マリンFC)6-0
63分: 18近藤慧(横須賀マリンFC)7-0
65分 : 3那須野真(横須賀マリンFC)8-0
68分 :18近藤慧(PK)(横須賀マリンFC)9-0
70分 :29出口将司(横須賀マリンFC)10-0
86分:31田嶋数馬(横須賀マリンFC)11-0 
(*リンクをクリックすると得点シーン動画あり)

 
8日は横須賀リーフスタジアムで神奈川県2部2試合を観戦。
まずは同2部B開幕戦となる横須賀マリンFCブレッサ相模原の1戦から。
試合開始5分前になっても誰もいなかったリーフスタジアムであったが
開始直前になって来場者が増え60名ほどの入りに。

相手は清澤式ロンドという独自のメソッドを引っ提げて再出発を図るブレッサ相模原。
しかし蓋を開けてみると横須賀マリンのワンサイドゲームに。


(画像は5分 :11喜屋武大輝選手の2点目直後のシーン)


(86分:31田嶋数馬選手のゴールシーン) 


とにかくマリンが良いというよりもブレッサのチーム状態が第3者として見てるこちら側も
心配になって来るほどの悪い出来で、前半が終わって5−0。
後半はブレッサ監督のコーチングが空しく響きわたるなか、マリンは一切手を抜かず6点を追加。
11−0の超圧勝で横須賀マリンFCが開幕戦を白星で飾ることとなった。

大勝したマリンFCだけど、この相手でこの内容だと、まだまだ全然物足りないと言うべきか。
マリンにとっては発足初年度の県3部のような試合だったが、県2部で10点以上入った試合を観たのは
いつぞやの横須賀シーガルズの開幕戦(08年・10−1)以来だろうか。
それでも相手は1点入れているから、さらに内容的にも差のある試合となった。

もっとも今年こそ1部昇格を狙うマリンのこと。この大勝で浮かれることはないだろう。
しかし、今回の得失点差での貯金は非常に大きいスタートとなった。
対するブレッサは、ユース選手のような小柄な選手もいる構成で選手交代も行われていなかった。
これまで色々あったと噂は伺っているが、この試合を観る限り立て直しは困難を極めるのではと思わせる1戦だった。

2016/5/8横須賀マリンFCvsブレッサ相模原ハイライト


にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合終了

2016-05-08 | 携帯
初声FC1-5Yokosuka city fc (試合終了)
初声に自分達のミスから1点返される場面があったもののYokosuka city fcが合計5発の大勝!
詳しくはまた後ほど〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了

2016-05-08 | 携帯
初声FC0-2Yokosuka city fc (前半終了)
23分、42分に2点挙げたYokosuka city fcリードで折り返し。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加