From mitsuzawa northeast

横浜FCと横須賀・神奈川のローカルフットボールシーンを応援する日記。時々故郷・静岡東部のフットボールなども。

週末の神奈川ローカルフットボール(2016.07.23&24)結果

2016-07-26 | 神奈川ローカルフットボール(話題)
2016年度 第21回 神奈川県サッカー選手権大会 ≫ 天皇杯・神奈川県代表決定戦
〔2回戦〕
7月23日(土) 
【5】 横浜猛蹴 -1 海自厚木マーカス @かもめパーク 09:30

【得点者】
[横浜猛蹴]山口慎史(43分)齋藤憂希3(51分、56分、64分)西田子龍(80分)斎藤直之(87分)
[マーカス]石神哲宏(4分)

【6】 専修大学 1- 神奈川大学 @かもめパーク 12:30

【得点者】
[専修大学]岡本勇輝(59分)
[神奈川大学]石渡旭(74分)千田海人(83分)武田将平(PK・90+3分)

【参考】2016年度 第21回 神奈川県サッカー選手権大会 ≫ 天皇杯・神奈川県代表決定戦(神奈川県サッカー協会)

23日に行われた天皇杯2回戦の結果はご覧の通り。
マーカスと全社のリベンジを賭けた猛蹴は後半のゴールラッシュで見事勝利
これで来月17日に行われる準決勝では4年ぶりのSC相模原との対戦になります
猛蹴があの川口能活擁する相模原と対戦出来ると想像するだけでワクワクしますね。
準決勝は有給取って何とか参戦したい予定です。

もう1つの大学勢対決は関東2部の神奈川大が同1部の専修大を破るジャイキリが発生。
勝った神大はY.S.C.C.横浜と対戦することになる予定です。

関東サッカーリーグ1部後期第5節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月24日(日)

さいたまSC -1 横浜猛蹴 @秋葉の森総合公園サッカー場 13:00


(画像:フットボール観戦記管理人様提供)
天皇杯の大勝からの翌日に行われた関東1部・アウェイさいたまSC戦は
連戦の疲れからか後半失速し逆転負け・・・。暑い中応援に行かれた皆さんお疲れ様でした。
これでリーグ戦、猛蹴は3位に後退。しかしまだ上位直接対決が残っているため
残り5戦全勝すればまだ優勝の可能性が残っています。ここは気持ちを切り替えて頑張って欲しいですね。

関東サッカーリーグ2部後期第5節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月24日(日)
エスペランサSC -0 東邦チタニウム @かもめパーク 11:00

海自厚木マーカス 0-0 日立ビルシステム @かもめパーク 14:00

神奈川県教員SC 1- 早稲田ユナイテッド  @東京多摩フットボールセンター南豊ケ丘フィールド(人工芝) 15:40

日本工学院F・マリノス 1- LB-BRB TOKYO @日本工学院G 11:00

関東2部の結果はご覧の通り。
波に乗るエスペランサは東チタを7発粉砕の大勝。
最近LIVE配信が機器の加熱により上手く出来ていないとのこと。良い対策が見つかると良いのですが・・・。
連戦のマーカスは日立ビルとスコアレスドロー。こちらも連戦のなか、負けずに勝ち点を拾えたのが大きかったかと。
神奈教は早稲田ユナイテッドに1-2敗戦・・・。ここに来てちょっと失速気味か
工学院マリはLB-BRB TOKYOに敗戦。マーカスもですが神奈川勢下位は
残留に向けてここからが正念場になってきますね。今年の神奈川県リーグは修羅場を迎えるので
なんとか玉突きを回避すべく頑張って欲しいところです。

神奈川県社会人サッカーリーグ1部リーグカップ
7月24日(日)
〔Aグループ〕
品川CC横浜 -2 かながわクラブ @谷本公園 17:05

TUY -0 VERDRERO港北 @桐蔭横浜大学G 18:15

〔Bグループ〕
ディヴェループFC -2 フットワーククラブ @保土ヶ谷公園サッカー場 13:05

FCコラソン・プリンシパル 1- Y.S.C.C.セカンド @綾瀬スポーツ公園 17:05

FCグラシア相模原 2- YOKOHAMA FIFTY CLUB @東戸塚フットボールパーク 18:10

神奈川県1部リーグカップの24日の結果はご覧の通り。
Aグループは品川CC横浜がグループリーグ初勝利。
TUYが2勝目を挙げ頭一つ抜け出した形に。
Bグループは直前に開場キックオフ時間が変更となったけど、
ディヴェループ、YSセカンド、 FIFTYがそれぞれ勝利。
こちらはYSセカンド、ディヴェループが2勝目を挙げています。

神奈川県社会人サッカーリーグ2部
7月24日(日)
〔Aブロック〕
初声FC vs 六浦FCセカンド @玄海田公園 17:05

〔Bブロック〕
ブレッサ相模原 vs FC OFFSIDE/meteor @東戸塚フットボールパーク 20:05

神奈川県2部の試合はA、Bそれぞれ1試合ずつ開催。
まず断っておかなければ行けないのはBブロックの日程を思い切り間違えてしまっていました。
関係者の皆さん、申し訳ありません
そんな県2部の2試合ですが、まだ結果が判明していません。
判明次第追って追記する予定です。

第23回全国クラブチームサッカー選手権神奈川大会
7月24日(日)
〔準決勝〕
LEOC FC(3部3A) 1- Glanz FC(3部3E) @かもめパーク 18:00

FC厚木(2部A) 2-2(2PK FC横浜アズール(2部A) @かもめパーク 19:30

最後に全クラ神奈川県大会準決勝の結果はご覧の通り。
決勝へ勝ち上がったのは3部の新鋭Glanz FCと現在、県2部B2位のFC横浜アズール
決勝戦は7月31日(日)9:10より。場所は準決勝と同じく、かもめパークにて開催です。
コチラの試合も朝早い時間帯ですが注目ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末の神奈川ローカルフットボール(2016.07.23&24)

2016-07-20 | 神奈川ローカルフットボール(話題)
2016年度 第21回 神奈川県サッカー選手権大会 ≫ 天皇杯・神奈川県代表決定戦
〔2回戦〕
7月23日(土) 
【5】 横浜猛蹴 vs 海自厚木マーカス @かもめパーク 09:30

【6】 専修大学 vs 神奈川大学 @かもめパーク 12:30


天皇杯神奈川県大会2回戦は社会人同士、大学勢同士の潰しあいの様相に。
猛蹴としては全社でのリベンジマッチとなる1戦となりますね。
ここはしっかり借りを返し、準決勝へ駒を進めたい所。
大学勢同士の対決はどっちが勝つかちょっと予想出来ません。
そこは大学サッカーファンの方々にお任せいたしたく。

関東サッカーリーグ1部後期第5節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月24日(日)

さいたまSC vs 横浜猛蹴 @秋葉の森総合公園サッカー場 13:00

天皇杯神奈川県大会に続き連戦となる猛蹴はアウェイでさいたまSCと対戦。
恐らく、コチラの方が1回戦での連戦よりキツイ行程になると思われ。
しかし関東1部優勝争いはまだまだ混戦が続いているだけに取りこぼしは避けたい所。
何とか勝ち点を拾って帰ってきて欲しいですね。

関東サッカーリーグ2部後期第5節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月24日(日)
エスペランサSC vs 東邦チタニウム @かもめパーク 11:00

海自厚木マーカス vs 日立ビルシステム @かもめパーク 14:00

神奈川県教員SC vs 早稲田ユナイテッド  @東京多摩フットボールセンター南豊ケ丘フィールド(人工芝) 15:40

日本工学院F・マリノス vs LB-BRB TOKYO @日本工学院G 11:00

関東2部神奈川勢は4試合が各地で開催。
この中ではやはり連戦となるマーカスは体力的にやや厳しいか。
追い上げの波に乗ってきたエスペランサは東チタと神奈川ダービー。
まだ告知は出てないけど、この試合もYouTubeLIVE配信があるのかも。
神奈教は早稲田を迎えて首位固めなるか。
工学院マリはホームの地の利を生かして後期ホーム初勝利となるか注目ですね。

神奈川県社会人サッカーリーグ1部リーグカップ
7月24日(日)
〔Aグループ〕
品川CC横浜 vs かながわクラブ @谷本公園 17:05

TUY vs VERDRERO港北 @桐蔭横浜大学G 18:15

〔Bグループ〕
ディヴェループFC vs フットワーククラブ @保土ヶ谷公園サッカー場 13:05

FCコラソン・プリンシパル vs Y.S.C.C.セカンド @綾瀬スポーツ公園 17:05

FCグラシア相模原 vs YOKOHAMA FIFTY CLUB @相模原市立上溝南中学校 19:20

県リーグ1部リーグカップはA、Bグループ合わせて5試合が開催。
今節で2位以内に入るチームが判明してくるのかも。

神奈川県社会人サッカーリーグ2部
7月24日(日)
〔Aブロック〕
初声FC vs 六浦FCセカンド @玄海田公園 17:05

〔Bブロック〕
ブレッサ相模原 vs FC OFFSIDE/meteor @東戸塚フットボールパーク 20:05

県2部はAブロック1試合、Bブロック1試合が開催。
前節今季初勝利となった初声はこの勢いから連勝となるか。

(7/24訂正)
Bブロックですが、前々節7/10分の日程を記載してしまいました。
正確には7/21に追記されていたブレッサvsオフサイドの1試合のみとなります。
関係者の皆さん、大変申し訳ございません

第23回全国クラブチームサッカー選手権神奈川大会
7月24日(日)
〔準決勝〕
LEOC FC(3部3A) vs Glanz FC(3部3E) @かもめパーク 18:00

FC厚木(2部A) vs FC横浜アズール(2部A) @かもめパーク 19:30

そして、ちょっと忘れた感もありましたが全クラ神奈川県大会も準決勝2試合が開催。
準決勝第1試合に臨むGlanz FC(3部3E)は横浜創英高出身者で構成されたチームのもよう。
エンブレムが何かドイツっぽくてカッコいいですね。
Yokosuka city fcとの激戦を演じた厚木はアズールと対戦。
こちらは全クラの試合の中でもハイレベルな試合が期待出来そう。
勝てば31日(日)09:30からかもめパークにて行われる決勝戦に進出です

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016神奈川県社会人サッカーリーグ2部A第7節 FC厚木 vs Yokosuka city fc(2016.07.17)

2016-07-18 | 横須賀ふっとぼー(観戦記)

2016/07/17 神奈川県社会人サッカーリーグ2部A
第7節 19:13KO
会場:横須賀リーフスタジアム
観衆:26人(目測)
FC厚木31-04Yokosuka city fc
2-4
得点者
10番

46番


46番
時間
5分
47分
55分
56分
67分
89分
90+4分
得点者

7浜脇絢太郎

30瀧口一平
22木村哲太

5谷幸樹



FC厚木 スタメン 4-4-2

    46  25

 9          22

    10  28

24   8   3  20

      17

FC厚木 選手交代(規定により交代は5人まで可)
46分 24 → 27
58分 25 → 15
69分 28 → 51
74分 10 → 18
90分 30 →  6

FC厚木 警告・退場
29分 8(退場)

シュート      7(前2後5)
ゴールキック   22(前14後8)
直接FK      10(前5後5)
間接FK       6(前0後6)
オフサイド      1(前1後0)
PK          1(前1後0)
CK          3(前3後0)

==============================================================

Yokosuka city fc
(2016神奈川県2部A第7節 vsFC厚木)
9二川 翔 20佐藤 健太
7浜脇 絢太郎6武藤 和人
25廣瀬 将也 30瀧口 一平
10小松 勇樹28野辺 翔太
4井上 雄貴 5谷 幸樹
16中山 航平

Yokosuka city fc SUB
DF 2小松 秀人
DF13坪野 竜也
MF17前田 敏輝
MF22木村 哲太
MF 8町田 雅人
MF11石渡 郁実
MF15川村 祐介
MF23福井 洋介
MF26井口 諒雅

Yokosuka city fc 選手交代
39分:28野辺 翔太  → 22木村 哲太
68分:25廣瀬 将也  → 13坪野 竜也
84分: 7浜脇絢太郎  → 26井口 諒雅
90分:30瀧口 一平  → 23福井 洋介

Yokosuka city fc 警告・退場
17分:10小松勇樹(警告)

シュート      21(前9後21)
ゴールキック    3(前1後2)
直接FK       6(前2後4)
間接FK       1(前1後0)
オフサイド      0(前0後6)
PK          1(前1後0)
CK         10(前5後5)

*記録は管理人独自集計による。(間違い等ありましたら、ご指摘お願いします)
============================================================

 
17日の夜はリーフスタジアムで神奈川県2部A第7節
FC厚木vsYokosuka city fcの一戦を観戦へ。

FC厚木(以下、厚木)はリーフスタジアムでの試合だけどホーム扱い。厚木が横須賀へ乗り込んで試合をするのは
もしかしたら今回が初めてなのではないだろうか。
このチームを見るのも記憶が正しければ住電横浜Gで観た2年前の2部/3部入替戦以来になる。
監督さんは勿論あの声に特徴のあるあの人。当時は3-0で何とか2部に残留した。
厚木と横須賀勢が当たる試合を観るのは5年前の厚木市飯山Gで見たシーガルズ戦まで遡る。
あの頃の悔しさはまだ覚えているが、もうそんなに時間が経つんだなと実感。

2016/7/17 FC厚木先制点

立ち上がりから攻め込むYokosuka city fc(以下、横須賀CFC)だが先制点を奪ったのは厚木。
CKのボールが横須賀CFC・GK中山の手を掠め直接ゴールイン!
厚木は幸先良いスタートを切ることに成功する。

その後は攻め込む横須賀CFCだが今一つラストパスやシュートのタイミングが合わない場面が続く。
そうこうしている内に17分にはPA内のファウルから厚木にPKを与えてしまう。
このまま2-0になったら流れはさらに悪くなる。しかしこのPKは横須賀CFC守護神・中山が
PKストップを演じ何とか事なきを得る。(ハイライト動画1分58秒頃)
その後、厚木のビッグチャンス(同2分45秒頃)や
横須賀CFCの再三の攻撃も実らずジリジリとした時間が続いていたが
29分、横須賀CFC20佐藤が縦パスに上手く相手DFを交してGKと1対1となった時に
抜かれた厚木8番が堪らずファウル。
これがPKの判定となって8番は後方からのファウルということで一発レッドの判定に。(同3分40秒頃)
しかしこのPKをキッカー・佐藤はポストに当ててしまい失敗。追加点が奪えない。
その後も攻める横須賀CFCだが、フィニッシュがイマイチの流れのまま前半終了の笛。
今季始まって最も嫌な雰囲気で折り返すことに。

個人的に横須賀勢の対厚木戦というとシーガルズ県2部時代の荒れる試合の記憶が甦る。
前半からかなりナーバスになっていたので一抹の不安がよぎったが・・・。

2016/7/17 Yokosuka city fc 同点弾(1-1)

後半に入りロッカールームで気合を入れ直した横須賀CFC。
その修正が効いたのか後半開始立ち上がりに7浜脇のゴールでようやく同点に追い付く!

2016/7/17 FC厚木2点目(2-1)

1人少ない厚木に対し、これから波に乗って行くかと思われた55分。
横須賀CFC守備陣の連係ミスから厚木46番にループシュートを打たれ、まさかの勝ち越し・・・。

2016/7/17 Yokosuka city fc 2点目(2-2)

しかしその1分後、裏へ出されたパスに喰らい付いた9二川の折り返しを
20佐藤が落ち着いて落とし、そのボールを30瀧口が豪快に厚木ゴールへ突き刺しすぐさま同点に!!

2016/7/17 Yokosuka city fc 3点目(2-3)

2度目の同点ゴールで勢いづいた横須賀CFCは67分、20佐藤-7浜脇-22木村と
左サイドからテンポ良く繋ぎ22木村が振り向きざまのシュートを決め勝ち越し弾を決める!!
その後は7浜脇のポスト直撃となる惜しい直接FK(ハイライト動画9分11秒頃)
22木村のフリーの態勢のヘッド(同10分51秒頃)
20佐藤のシュート(同11分55秒頃)と再三決定機を作るが決めきれない展開が続いたが
流れは完全に横須賀CFCペース。これで試合の勝敗は決まったかと思われたが・・・。


ここまで、あの手この手で4人まで交代選手を切っていた厚木は
ついに特徴ある声で知られる選手兼コーチ6番氏を投入。御年43歳。
「最後は俺に合わせればいいから!」と激を飛ばす。
普通なら四十雀なリーグ戦でプレーしてても良い年の筈なのに
周りは一回り二回り若い選手達の中に自ら勝負を掛けて挑む姿は流石としか言いようがない。

2016/7/17 FC厚木3点目(3-3)

そんな最後の気力を振り絞る厚木が試合終盤まさかのゴールを再び挙げる。
89分、厚木の縦に入れたFKのボールを件の6番が競って落とすと
中に張っていた46番が粘って右足を一閃!!
このシュートが決まって厚木がまさかの3-3同点に追い付くことに。

2016/7/17 Yokosuka city fc決勝点(3-4)

昔の記憶を覚えている者として、やはり厚木は何年経っても横須賀勢が越えられない壁なのか・・・。
と、半ば諦めかけていた90+4分。
左からのクロスを最終ラインから上がっていた5谷がヘッドで厚木ゴール右へ決めて
土壇場で勝ち越しに成功する!!


そして試合はこのまま3-4でタイムアップ!!
横須賀CFCは無傷の7連勝をマークすることになった。

もっとも、この試合は横須賀CFCにとってはフィニッシュでの最後の1歩が物足りない
課題の残る試合となった。ここは夏場の中断期間でもう一度チームとして引き締め直す
必要があると言えるだろう。

しかし、昔の記憶を引きずるオイラとしてはこの試合は横須賀勢がようやく
FC厚木に対する目に見えない壁を突き破るメモリアルな試合となったと記したい。
荒れる展開となった時、かつてのシーガルズならきっと熱くなり過ぎて自壊してしまった
だろうといえる展開を、横須賀CFCの若い彼らはギリギリの所でひっくり返すことが出来た。
スピードではシーガルズを上回っているかなとは認めていたが、こういうデリケートな試合でも
制する底力があることを証明できたことは、横須賀CFCの彼らはもうあの頃のシーガルズを
メンタル面でさえも十分に超えているのかも知れない。

敗れたFC厚木も、今では横須賀・神奈川のフットボールを満遍なく見ているだけのオイラに対して
昔の記憶を呼び起こすようなサッカーで抵抗してくれたことに、良い意味で感謝したい。
試合後、めったに相手チームのコールをしないオイラが「厚木」コールをしたのは
彼らに対する敬意と感謝を込めてのもの。
横須賀CFCに対しては彼らの目を覚まさせるために、もう一方は個人的なこれまでの厚木に対する
ネガティブな記憶からの卒業に対してのもの。
上から目線で失礼であるけど1人少なくなっても最後まで抵抗する厚木の姿は本当に感服ものでした。
勿論、感服ものの敢闘精神は勝利という結果を出した横須賀CFCに対してもでありますが。
両チームの選手関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。

(文中敬称略)

2016/7/17FC厚木vs横須賀CFCハイライト


にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週末の神奈川ローカルフットボール(2016.07.16&17)結果

2016-07-18 | 神奈川ローカルフットボール(話題)
2016年度 第21回 神奈川県サッカー選手権大会 ≫ 天皇杯・神奈川県代表決定戦
〔1回戦〕
7月16日(土)
【2】 海自厚木マーカス(関東2部) 1-1(PK5) 関東学院大学 @かもめパーク 09:30
得点者
13分 清成俊太(関東学院大)  0-1
54分 大山徹(海自厚木マーカス)1-1

【3】 神奈川県教員SC(関東2部) 1- 専修大学 @かもめパーク 12:30
得点者
19分 岡本勇輝(専修大) 0-1
77分 竹内宏次朗(神奈教)1-1
80分 下田悠哉(専修大) 1-2
87分 下田悠哉(専修大) 1-3

天皇杯神奈川県大会1回戦は16日に2試合が開催。
マーカスvs関東学院大は、関東学院大が先制するもマーカスも追い付き
PK戦にもつれ込んだ試合はマーカスが勝利。次は猛蹴と対戦することになります。
猛蹴にとっては全社でのリベンジマッチになりますね。
もう1試合、神奈教vs専大は専大が3得点入れて勝利。
こちらの次戦は神奈川大と当たることに。
なお、神奈教の7大戸選手と専修大4年大戸選手は7つ違いの兄弟であるとか。
珍しい天皇杯での兄弟対決となったもよう。

【参考】2016年度 第21回 神奈川県サッカー選手権大会 ≫ 天皇杯・神奈川県代表決定戦(神奈川県協会公式)

関東サッカーリーグ1部後期第4節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月16日(土)

流通経済大FC 1- 横浜猛蹴 @流通経済大学フットボールフィールド(人工芝) 13:00

猛蹴は16日にアウェイで流経大FCと対戦。
齋藤憂、内田の2ゴールでリードを広げ、2点目の直後に1点返されるも
何とか逃げ切り勝利で首位をキープ。
なお、猛蹴の80内田選手は今季リーグ戦初得点です。

関東サッカーリーグ2部後期第4節(神奈川県勢対象試合のみ)
7月17日(日)
早稲田ユナイテッド 1-1 日本工学院F・マリノス @東京多摩フットボールセンター南豊ケ丘フィールド(人工芝) 15:40

海自厚木マーカス 0- LB-BRB TOKYO @綾瀬市民スポーツセンター 12:00

東邦チタニウム 2- 神奈川県教員SC @綾瀬市民スポーツセンター 14:00

エスペランサSC -0 東京国際大学FC @かもめパーク 11:00

関東2部の結果もご覧の通り。
早稲田ユナイテッドと工学院マリは1-1のドロー。
連戦のマーカス、神奈教はマーカスは敗れるも神奈教は
大戸の決勝点で追う東チタを振り切って勝利し首位をキープ。
エスペランサは攻撃陣が爆発。5点奪っての大勝。
これで完全に勢いを取り戻したのかも。

神奈川県社会人サッカーリーグ1部リーグカップ
7月17日(日)
〔Aグループ〕

横浜GSFCコブラ 1-1 品川CC横浜 @日本工学院G 15:05

VERDRERO港北 1- 六浦フットボールクラブ @谷本公園 19:05

かながわクラブ 2- TUY @しんよこフットボールパーク 19:05

〔Bグループ〕
YOKOHAMA FIFTY CLUB 1-1 フットワーククラブ @東戸塚フットボールパーク 18:00

ディヴェループFC 4-1 FCコラソン・プリンシパル @東戸塚フットボールパーク 20:00

Y.S.C.C.セカンド -0 FCグラシア相模原 @かもめパーク 19:05

県1部リーグカップの結果はご覧の通り。
リーグカップはリーグ前半戦で結果の振るわなかった六浦やディヴェループが
調子を上げてきていると言えますね。V港北はこのまま調子が上がらないと
本戦再開後のリーグ残留にも影響を与えてしまうかも・・・。

神奈川県社会人サッカーリーグ2部
7月17日(日)
〔Aブロック〕
日本工学院FC 1- 大沢フットボールクラブ @日本工学院G 11:00

エプソントヨコムFC 1- 初声FC @馬入ふれあい公園/人工芝 17:05

FC厚木 3- Yokosuka city fc @横須賀リーフスタジアム 19:05

六浦FCセカンド 1- FC横浜アズール @谷本公園 17:05

〔Bブロック〕
横須賀マリンFC -1 みなとみらいFC @横須賀リーフスタジアム 17:05

県2部はAブロック4試合、Bブロック1試合が開催。
プレビューではアズールさんの試合がBブロックに入っていました。申し訳ありません
(こっそり訂正済みです)
Aブロック首位を走るYokosuka city fcは下位厚木に苦戦するも後半ATに5谷幸樹の決勝点で辛くも勝利
こちらはまた後ほど。
三浦半島勢では初声が今季初勝利で最下位から10位に浮上
大沢は今季2勝目をマーク。アズールはドン引き守備の六浦セカンドに勝利し2位をキープです。

Bブロックは横須賀マリンが18近藤選手のハットトリックを含む5発大勝で無傷の6連勝。
マリンはこれから1ヵ月の中断期間にはいるとのこと。
その間、2位以下のチームがどこまで差を詰められるかに注目ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合終了

2016-07-17 | 携帯
FC厚木 3-4 横須賀シティ(試合終了)

シティが一時勝ち越すも後半44分に厚木が追い付き、あわやドローかと思われた
AT4分にシティが決勝点を決め決着。\(^o^)/

いやはや、凄い試合でした(^_^;
詳しくはまた後ほど~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前半終了

2016-07-17 | 携帯
FC厚木 1-0 横須賀シティ(前半終了)
立ち上がりに失点を許したシティ。
厚木は1人少なくなったが、シーガルズの県2部時代に感じた
荒れる厚木戦の伝統はやはり残っているのか。
負の歴史を断ち切れるかシティ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

到着

2016-07-17 | 携帯
横須賀リーフスタジアムに到着。
現在横須賀マリンFC対みなとみらいFCの試合中。
後半残り5分で5-1マリンリードとのこと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南郷上ノ山公園多目的グラウンド

2016-07-17 | グラウンド(スタジアム)のある風景
住所:神奈川県三浦郡葉山町長柄1888-1
 

皇室の御用邸所在地で知られる神奈川県葉山町の山間部にある運動公園。
男子社会人では葉山町サッカー協会が主催する葉山カップの主要会場となる。
逗葉新道PA近くに入口があり、南郷トンネルの上に位置するため
地元民でないと場所は少々分かり辛いのかも知れない。


グラウンドの土質は堅め。
土グラウンドならばもう少し柔らかめの方が理想的かも。


観戦するに当たっては周囲に石段やベンチがあるのでここで観戦するのがベター。
西側は木陰が出来るので真夏日の観戦にはありがたい。
画像の通り、屋根は無いので雨対策は必要となる。


グラウンド全景をパノラマ画像でパチリ。
(サムネイルをクリックすると拡大)


公園付近には飲食店は無いが国道134号までに至る県道311号線沿いには
コンビニやプリンショップ&カフェマーロウ逗葉新道店がある。
ここのプリンは前園真聖氏も認める逸品なので、一度お取り寄せになるのをお勧めしたい。


【参考リンク】南郷上ノ山公園多目的グラウンドわかの観戦日記スタジアムガイド)

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あ、あれ………?

2016-07-17 | 横須賀ふっとぼー(話題)

相方から帰りにマーロウのプリン買う条件に観戦許可が降りたので
葉山町・南郷上ノ山公園多目的グラウンドへ会場入り。

三浦半島リーグ3部B第3節
横須賀シーガルズ対FC横須賀
14時キックオフ!!

…………の、はずなんだけどグラウンドには誰もいない事態に………ってマジか(;´Д`)

管理事務所に聞いてみたら利用料は払ってあるというので
試合は開催出来るみたいだけど、こんな事態は初めて。
会場入りした次の試合を行うチームの選手さん(GLUCKさん)達と唖然としていますです(~_~;)
(選手の方は審判・インスペクター(シーガルズ、FC横須賀が担当)が来るかどうか心配しているもよう)
とりあえず会場入りした証拠写真を撮影………してからの一時撤収です。

にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016神奈川県社会人サッカーリーグ2部B第5節 横須賀マリンFC vs バンデリージャ横浜(2016.07.10)

2016-07-17 | 横須賀ふっとぼー(観戦記)
2016/07/10 神奈川県社会人サッカーリーグ2部B
第5節 17:05KO
会場:横須賀リーフスタジアム
観衆:40人(目測)
横須賀マリンFC31-11バンデリージャ横浜
2-0
得点者

18近藤慧
18近藤慧
3那須野真
時間
11分
35分
62分
75分
得点者
7番(PK)



横須賀マリンFC
(2016神奈川県2部B第5節vsバンデリージャ横浜)
11喜屋武 大輝 18近藤 慧
26井上 真杜24岩見 将斗
7田丸 誠 4國分 俊樹
31田嶋 数馬20石井 拓人
3那須野 真 2中澤 良太
1石川 扶


横須賀マリンFC スターティングメンバー
GK 1石川 扶
DF31田嶋 数馬
DF 3那須野 真
DF22中澤 良太
DF20石井 拓人
MF 7田丸 誠
MF 4國分 俊樹
MF26井上 真杜
MF24岩見 将斗
FW11喜屋武 大輝
FW18近藤 慧

横須賀マリンFC 選手交代
46分 11喜屋武 大輝 → 8鈴木 裕也
82分 20石井 拓人 → 15徳江 一航
86分 18近藤 慧  →  9角井 琢磨

横須賀マリンFC 警告・退場
48分 18近藤 慧(警告)

シュート     29(前14後15)
ゴールキック    2(前2後0)
直接FK      8(前6後2)
間接FK      5(前2後3)
オフサイド     2(前1後1)
PK        0(前0後0)
CK       13(前7後6)

============================================================


バンデリージャ横浜 4-4-2

    13  10

19           6

    14  39

 9   5   7  26

       1

バンデリージャ横浜 選手交代
56分  6 → 32
65分 19 →  8
71分 13 → 12
83分 14 → 24

バンデリージャ横浜 警告・退場
13分 19(警告)
38分 14(警告)
48分  5(警告)

シュート      1(前1後0)
ゴールキック   19(前9後10)
直接FK      6(前4後2)
間接FK      2(前1後1)
オフサイド     3(前2後1)
PK        1(前1後0)
CK        2(前1後1)


*記録は管理人独自集計による。(間違い等ありましたら、ご指摘お願いします)
============================================================


10日は横須賀リーフスタジアムで県2部B横須賀マリンFCvsバンデリージャ横浜の試合を観戦。
横須賀マリンの開幕戦は相手のチーム事情が悪くあまり参考にならなかったので、今季のチーム状態を
見るうえで参考になるかもと思い観戦した次第。

バンデリージャ横浜は今季2部の昇格して以降、苦戦が続いているチーム。
しかし、このチームはジュニアユース年代は2年前の代が神奈川県下では強かった強豪。
元横浜猛蹴の青野洋選手が所属しているということで出場しているか期待していたけど
この日のメンバーにはどうもいなかった様子。残念。


2016/7/10バンデリージャ横浜先制点

では試合。
立ち上がりから攻めるマリン、綺麗な守備ブロックを形成してカウンター狙いのバンデリージャといった
構図で試合が展開する。
11分、左サイドからのクロスを入れられた時にマリン7、那須野選手が競った際ファウルを取られ
これがPKに。このPKをバンデリージャ横浜7番が落ち着いて先制点を奪う形に。

2016/7/10横須賀マリンFC同点弾

その後、決定機を再三作るマリンだったがゴールは生まれず。
35分、マリン2中澤選手の縦パスに反応した18近藤選手が相手DFと競い合いながら
泥臭くゴールを決め1-1の同点に。前半はこのままのスコアで折り返し。

2016/7/10横須賀マリンFC2点目

後半はお互いピッチ中央でのボールの奪い合いが続く流れ。
マリンはサイドに降って良いのに真ん中に拘ってしまい、あまり良い組み立てでは無い様子。
バンデリージャもカウンターするにも攻撃に掛ける手数が少なくマリンに奪われる悪循環に。
そんな中、マリンは62分にPA外中央という絶好の位置で間接FKをゲット。
このFKをキッカーがチョン蹴りした所を18近藤慧が矢のようなミドルをぶち込み逆転に成功する。
動画は撮影ボタンの押切で操作しているためタイムラグが生じて切れてしまってますがご容赦を。

2016/7/10横須賀マリンFC3点目

その後もマリンが守るバンデリージャを攻め立てるが相手DF、GKの好守等に防がれ中々追加点が生まれない展開。
75分、マリンCKからの2次攻撃から最後は3那須野選手が頭で決め3点目をゲット!


その後、バンデリージャ横浜は交代で入った快足8番を走らせたカウンターを試みるものの
中に人が入っていなかったりとチグハグな攻撃で追い上げることが出来ず3-1のまま試合終了。
横須賀マリンFC、この勝利で開幕から5連勝・首位キープとなったが内容的には中央を固める
相手の守りに対して慌てて攻めているような場面もあり、決して良い内容だったとは言い難い印象。
バンデリージャ横浜は先制奪って逃げ切りがプランだったようだが、もう少しカウンターに
人数を掛けられたらと思うと、こちらも残念な結果と内容に。
両チームの選手関係者の皆さん、お疲れ様でした。

2016/7/10 横須賀マリンFCvsバンデリージャ横浜ハイライト



にほんブログ村 サッカーブログ 地域リーグ・都道府県リーグへにほんブログ村 にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加