goo

前橋猫

2009年07月31日 | 今日の写真
旅のように彷徨いながら
写真を撮っている日々

名古屋から帰ってきて
千葉に行ってから
なぜか前橋に2泊3日してきた

初日の撮影が終わって
夕方、前橋を写真散歩することにした
以前から気になっていた
小さな遊園地の小さな木馬を撮って
閉園時間ギリギリの臨江閣を眺めた

路地を歩いていると
猫に出会ったので
写真を撮っていると
なんだかいい感じのおじさんが
建物の中から出てきて
声をかけられた
おじさんは手作り家具の大工職人だった
作業場はものすごくいい光の色で
木屑からヒノキの香りがほのかにした

いま一枚板を磨いてたとこさ

写真を撮らせてもらった
鉋が何十種類も壁に掛けられていた
作業を終えて一服している姿

いまの時代はもう
安くて悪いものばっかりで駄目だね
こだわっていいものを作ろうとすると
儲からないし需要もあまりないから
もうほんと酷い時代だな
これから日本はどーなっちまうんだろうな
職人は消えちまうよ

おじさんは天井を仰ぎ嘆き
タバコの煙が流れていくのを見つめていた

若い感じでわからなかったけど
70歳だと言う
おじさんはおじいさんだったようで
おばあさんから冷たいお茶を頂き
いろいろとお話しを聞いた

偶然の出会いとは面白いもので
猫が導いてくれたのか
写真が導いてくれたのか

お礼を言って別れると
おばあさんが教えてくれた
広瀬川の洪水を見にいくことにした

弁天通商店街の入り口の橋で
川の写真を撮っていると
向こう岸で遊んでいた少年が
カメラに気がついて手を振って笑っていた
面白そうな奴だったので
橋を渡っていって
写真を撮らせてもらうと
ものすごくいい変な顔をするので
トモダチらしいもうヒトリの少年と
並んで写真を撮った
話していると
小学3年生だという
2000年に生まれたから
今年9歳でわかりやすいのさと笑っていた

広瀬川沿いに一緒に遊びながら歩いていった
フェンスを越えて川のほうにいく方法を教わったり
障害物競走のような岩場のコースを
何秒でゴールできるか走ったりした
(勝負したらほんとは10秒だったのに
1000万秒に数えられてしまったけど)

ゴールのサクタロウ橋で萩原朔太郎に出会った

萩原朔太郎は前橋で生まれたのだ
と少年が教えてくれた

僕は昔、教科書で読んだ朔太郎の詩が
妙に自分の言葉のように思えて
図書館で詩集を借りて読み漁った覚えがある

月に吠える 青猫

少年は目の前にある文学館を指差して
あそこに朔太郎のモノが置いてあるよと言った
たまに僕の描いた絵も飾られるんだよとも言った

少年は別れ際に
明日、弁天通商店街の駄菓子屋に
夕方4時に集合だからねと言った
仕事が終わってたらいくねと言おうと思ったけど
それは大人な話だなと思った

またねーと言って別れた

萩原朔太郎の詩を思い出しながら
広瀬川沿いを歩いていく


青猫

この美しい都會を愛するのはよいことだ
この美しい都會の建築を愛するのはよいことだ
すべてのやさしい女性をもとめるために
すべての高貴な生活をもとめるために
この都にきて賑やかな街路を通るのはよいことだ
街路にそうて立つ櫻の竝木
そこにも無數の雀がさへづつてゐるではないか。

ああ このおほきな都會の夜にねむれるものは
ただ一疋の青い猫のかげだ
かなしい人類の歴史を語る猫のかげだ
われの求めてやまざる幸福の青い影だ。
いかならん影をもとめて
みぞれふる日にもわれは東京を戀しと思ひしに
そこの裏町の壁にさむくもたれてゐる
このひとのごとき乞食はなにの夢を夢みて居るのか。 (萩原朔太郎・青猫)

いまさっき東京に戻ってきて
本棚にあった詩集を読み返してみた
前橋に2泊した意味がようやく繋がったような気がした

少年は今日も広瀬川の風車の前にいるだろうか?
おじいさんは一枚板を削り終わっただろうか?
猫はまた欠伸をする

そして
ここにいるのは
さびしい一匹の青猫だろうか


goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

雨を探して

2009年07月29日 | 今日の写真
雨を探して
海沿いの町に向かった
見事なほどにどしゃぶりだったけど
それじゃ撮影にならないなと気がついた
ストロボもカメラもビショビショになってしまったら
撮影にもならないので
雨宿りをしていると
見事なほどにシトシト雨になってきたので
さささっと撮影
途中から面白くなってきて
海に入って波と戯れる
波はなんともやはり
表情がある
雨が上がって
空に雲が流れていった


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

名古屋の雨に

2009年07月27日 | 今日の写真
土曜日に撮影で
名古屋に行ってきました
どしゃぶりの雨だったけど

お店のスタッフの方々やモデルさんたちが
とても気持ちのいい人たちばかりで
とても素敵な撮影時間を過ごせました

素敵な写真をたくさん撮っていけば
素敵な仕事に巡り合えて
素敵な場所に旅ができて
素敵な人たちに会えるという

なんとも心地よい空想を
帰りの新幹線の窓に流れていく
暗闇を眺めながら考えていました
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ヒカリ

2009年07月24日 | 今日の写真
生きている限り
なんだかんだで悩み続けるらしい
答えはどこなのよって
またスナフキンに聞いてみるんだ

なんとも美しい光を撮った
まだまだ僕はやっていくのだ

ありふれたばかりでもなく
すてたものでもない

この混沌とした地上から
天空へ突き抜けていく一筋の光
一瞬だけ輝き一瞬で闇に消える
僕はその光をバルブシャッターで汲み上げる
なんという偶然の世界だろう

こんなに楽しいことがあったんだな

久しぶりに感動で
涙が止まらないので
とてもいい気持ちです


goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ハナノナマエ

2009年07月23日 | 今日の写真
歩いていたら
見事に咲いた花を見つけたので
なんとなく写真を撮っていると
持ち主らしいおばさんが
「わー写真撮ってくれるの素敵ー」と
現われたので
軽く撮って去ることもできず
花の名前を聞いた

山百合かと思っていたら
なんだか外国の名前だった
忘れちゃったけど

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

鯨波

2009年07月21日 | 今日の写真
土曜日の夜出発して
2泊3日で新潟に行ってきました

柏崎で日曜日
撮影が終わって
オフになったので
ひたすら海沿いを走っていると
雲間から夕日が沈んで
黄色の空からやがて橙色の夕焼け

鯨波海岸という
素敵な名前の浜辺で
ひたすら波を眺めていました

波が砂の上に
生きているようでした

翌朝、早起きをして
またこの波を見ようと思って
来てみたら
ものすごい数の海水浴客で溢れていて
砂は足跡だらけ
同じ場所とは思えないくらいでした

波が砂の上に
死んでいるようでした

素早くあきらめて
ホテルに戻って
TVを眺めていると
近々見られるという
皆既日食の話をやっていて
きっと名前もしらなかったような
奄美の小さな島もそのせいで
すべて踏みつけられて
足跡だらけになってしまうんだろうなと
勝手に思沈しながら
素早くあきらめて
TVを消して

また懲りもせずに
海沿いを走っていくと
とても癒される場所との出会いがあって
そこには笑顔が素敵なおばあちゃんがいて
僕は嬉しくなってまた写真を撮る
元気で長生きしてくださいねと言って
別れてまた走り出す
左手に日本海を眺めながら
一瞬の繰り返しが
一生なのかもしれないな
などと悟ったようなことを呟いてみる

潮風が優しく僕に吹いてくる

goo | コメント ( 1 ) | トラックバック ( 0 )

タコ話

2009年07月21日 | 今日の写真
ものすごく
頑張っても
あまり評価されないってこと
たまにあるけど
結構疲れちゃうよね

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

暑い日々で

2009年07月18日 | 今日の写真
・・・
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

ゴーギャン展

2009年07月17日 | 今日の写真
PAUL GAUGUIN

僕がはじめてゴーギャンに会ったのは2002年
福州から北京に向かう寝台列車の3段ベット
最上部の狭い空間に横になりながら
サムセットモームの月と六ペンスを読んだ
どうしてその本がバックパックの中に
荷物として忍び込んでいたのかはわからないけど

カメラ3台に大量のフイルムでほぼ埋め尽くされた
大きなバックパックを枕にして
流れていく窓の外の大陸の風景
北京に着いたらこのまま
飛行場まで行って
そこからタヒチに飛んでいってもいいんだな と思った
それくらいオレは自由なんだ
旅に出会い旅に別れ途方に暮れて乗り込んだ列車
どこかに向かわなきゃとただ進んでいることだけに安堵し
旅路の果てでまた途方に暮れる繰り返し
ゴーギャンを想って旅がまたはじまろうとしていた

日々は巡り巡って
いま僕はここにいる

竹橋の古い小さな美術館
午後2時の北の丸公園は太陽が照りつけている
木々の木陰を歩いていく
武道館を抜けて田安門
門の向こう側から笛の音が聞こえる
お堀の水が干上がっている
靖国神社ではみたままつりの屋台が連なり
夕暮れを待っている

我々はどこから来たのか
我々は何者か
我々はどこへ行くのか

そういうことじゃない気もするけど

月と六ペンスを読んだあと
ゴーギャンがやっぱり気になって
一時期、図書館でたくさん本を借りて
画集なんかもたくさん見ていた
でも昨日はじめて見たゴーギャンの絵は
なんだか淡く優しい感じがして
妙に安心した印象だった
確かに不安を与えるようなテーマなのかもしれないけど
それよりも優しかった
いや言葉じゃぜんぜん言えないけど

言葉を絵では表現しません

美術という文字の上で
小鳥たちが遊んでいる

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2009年07月16日 | 今日の写真
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ