河童亀万年の断捨離世界図鑑

河童亀万年(かわどうかめまんねん)の格安魂救済ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一生一秒物語(8)

2010年07月31日 | 青の妖精と夏への扉
今夜は月が二つ出ている

僕は、蟹の爪暗黒星雲で歌い継がれている

「ツイン ムーン セレナーデ」を口づさんだ


(64番まであるので1番のみ)

♪川面に映る月二つ

♪かなわぬ恋の道行に

♪月もいっしょについて来る

♪ああそれなのにそれなのに

♪夜空を焦がすほうき星

♪冷たい世間のエルイーディー電灯よ

♪青の光で燃えさせて

♪ああ私の心のツインムーンセレナーデ

♪心は二つのままなのね







コメント

一生一秒物語(7)

2010年07月31日 | 青の妖精と夏への扉
蛸乃巣城の花魁の正体は色白の烏賊だった
コメント

一千一秒物語

2010年07月31日 | 青の妖精と夏への扉
「一千一秒物語」

稲垣 足穂(いながき たるほ 1900年~1977年)の短編小説集

1923年に金星堂より刊行

どの話も短いのでツイッター小説の原型だとされている

話の内容はほとんど妄想である

古き良き神戸を思わせる場面設定が出てくる
コメント

一生一秒物語(6)

2010年07月31日 | 青の妖精と夏への扉
一週間ぶりにドアを開けたら外は火星だった
コメント

7月30日(金)のつぶやき

2010年07月31日 | 青の妖精と夏への扉
11:12 from web
小松菜成長せず、西瓜の芽、数を増やす。人生の芽、いまだ出ず。
by gokrak on Twitter
コメント

蛸乃巣城の花魁

2010年07月30日 | 青の妖精と夏への扉
蛸乃巣城の花魁(たこのすじょうのおいらん)
コメント

アンドロイドとミイラ

2010年07月30日 | 青の妖精と夏への扉
秋葉原事件被告の裁判所での言動はアンドロイドみたいだったらしい

100歳以上になってもミイラとして生きてる人がいたり

世の中ますます妄想化している

自分はといえばアンドロイドとミイラの中間のような生活をしているので

大差ないなあ

と八田二郎は思った

「ここ30年ほど八田さんを見たことが無いです
でもメールの返事は1秒で返ってくるし
ブログも毎日更新されてるから
生きてらっしゃるんでしょう」

本人はミイラになってもWEB上で自動返信システムが働いている


コメント

一生一秒物語(5)

2010年07月27日 | 青の妖精と夏への扉
一番短い丸刈りにしてくださいと言ったら頭蓋骨だけになってしまった
コメント

エネループ

2010年07月27日 | 青の妖精と夏への扉
「八田君、もう大丈夫ですよ、電池は
サンヨーのエネループに交換しましたから」

「先生の電池は何ですか?」

「おもしろい事を聞く子だなあ
私の電池は燃料電池だから、お酒で動いてるんだよ
わっはっは、わっはっは」

「先生、常温核融合は実現するのですか?」

「たぶん無理だろう、実現するためには
発電する電力以上の電力がいるんじゃないかな
それじゃ消費電力じゃないか
わっはっは、わっはっは」

「わかりました
これからは太陽光発電とエネループなんですね」

「そうだよ、これからは緑の時代だ
人間も光合成で生きるんだよ
わっはっは、わっはっは」


コメント

一生一秒物語(4)

2010年07月26日 | 青の妖精と夏への扉
スイカを割ったら中に宇宙人が三人入っていた
コメント