河童亀万年の断捨離世界図鑑

河童亀万年(かわどうかめまんねん)の格安魂救済ブログ。

マニ・ラコー

2008年09月13日 | インド・ネパール

マニ・ラコー

ネパール、チベットにあるマニ車のハンディータイプ。
中に「オムマニペメフム」と経文を書いた紙が入っていて
ぐるぐる回すことによって、お経を唱えたことと同じ効果がある

ただし形状、材質から機内持ち込みチェックで尋問を受けるので注意
コメント

パタンの路地

2008年08月28日 | インド・ネパール
パタンの路地

どこに続くかわからない路地をとりあえず歩いてみる。
大きな町ではないのでどこかに行き着くだろう。
コメント

仏陀の目

2008年08月27日 | インド・ネパール
仏陀の目

カトマンズではこの目をしょっちゅう見る
仏陀の目であろうか
悪いことすんなよ、と見つめているのだろうか
コメント

シンプルライフ

2008年08月22日 | インド・ネパール
何も持たずに、パンツいっちょで歩いて

水浴びして、バナナとココナツとカレー食べて

日が暮れると満天の星空の下で虫の声と風の音を聴いて寝る

基本的にそれで十分な気もする

それ以上の事が本当に必要かどうかは誰も知らない

何も無い事のほうが究極のぜいたくのような

CO2の排出はかなり低下するぞ
コメント (2)

南インド

2008年08月22日 | インド・ネパール
コーチン近辺のバックウォーター。運河とか水路のような入り江のような地帯。

このあたりを西から東へバスで、東から西へ船で移動した事があるが、水浴びする人や象がヤシの樹の間から見えて、半分居眠りしながらバスの窓から見ていて、あまりにのんびりした風景に、夢の中の光景か現実か目を疑った覚えがある。
これが「極楽」かと少し思った。

インドのイメージは2種類あって、タージマハールや砂漠のあるハードな北インドとヤシの樹と色黒のインド人のいるソフトな南インド。

どこの国でも南に行くほど人が大らかになる気がする。
コメント

インドのおばさん

2008年07月28日 | インド・ネパール
インドのおばさん

写真送るのを忘れていたのでここに掲載でごまかす。
コメント

インドのおじさん

2008年07月28日 | インド・ネパール
インドのおじさん
コメント

ネパール餃子・モモ

2008年07月18日 | インド・ネパール
ネパール餃子・モモ

こちらは丸い形をしている。小籠包といった感じ。

「モモ」はその形からか、心臓を意味する?らしく

「食べると元気になる」とか言っていた。

やはりタレはスパイスの効いたカレー風味。
コメント (2)

チベット餃子・モモ

2008年07月18日 | インド・ネパール
チベット餃子・モモ

水餃子のような種類である。
餃子そのものは日本とさほど変わらないがタレがカレー風味である。
コメント

モンスーン・カフェ

2008年06月30日 | インド・ネパール
カトマンズ・ポカラのモンスーン・カフェ

「梅雨時喫茶」という意味か

どうも雨の日には古傷が痛む

心も湿りがちになるのだろうか

気圧が下がるので内面が膨張してくるらしい
コメント