河童亀万年の断捨離世界図鑑

河童亀万年(かわどうかめまんねん)の格安魂救済ブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海辺のカリン 2009年最終回

2009年12月31日 | Next Time/Next Place
「父さんはな、自分の殻を破りたかったんだ

だからシオマネキを見て、直感的にあいつなら俺の殻を破れるとみた

しかし、海の底は冷たくて暗黒だった

マリンスノーは降りそそぎ

リュウグウノツカイは泳ぎまわり

自分の心の重さのせいでそのまま深海まで行ってしまった

心の闇と深海の闇は同じ色だった

だから、もう、そこでは自分と世界との境目は完全に無くなっていた

つまり殻をやぶる、とは物理的な事ではなかったんだよ

心の色をありにままに受け止めることだな

もし、すべての色が消えて透明になれば

その時、世界は本当の姿を現すと思うよ」


三日ぶりに海から上がってきた父さんは

一気にしゃべり終えると

濡れた頭をタオルで拭いた

薄くなった頭頂部が光って

まるでカッパのようだった





コメント (2)

海辺のカリン 連載2

2009年12月28日 | Next Time/Next Place
父さんと海に行く

午後の太陽はマーマレード色で、僕と父さんは

その柔らかな日差しの中、防波堤を歩いた

防波堤から糸を垂らし、シマシマの魚を釣ったり

不思議な形の巻貝を拾って耳に当て

遠くの世界の風音を聴いたりした

突然、父さんが遠くを見つめて言った

「誰かが遠くで手を振って俺を呼んでいる」

「あれはカニだよ、シオマネキだよ、行っちゃだめだ」

「いや、呼ばれたからには行かねばならん」

父さんはそのまま、シオマネキの誘うまま岩場に行き

その先の海に入っていった

そして帰ってこなかった



コメント

海辺のカリン 連載1

2009年12月27日 | Next Time/Next Place
好評だった「海辺のキリン」シリーズは「海辺のカリン」となりました。
どうもこの筆者は思いつきでタイトルだけ考えて
先のストーリーとエンディングを用意してないらしく
何を書こうとしていたか忘れたみたいです

粉雪舞う年の瀬のトラファルガー広場を歩く一人の老人
彼は晴れやかな顔をしていた

昨日までの守銭奴のわしではないのだ
世界は今からだって変えられるのだ

ウエストミンスターの除夜の鐘が鳴り終わる頃には
奇跡が起こるじゃろうて

わしは未来の精霊の言った事など信じはせぬて
未来はこの現在の瞬間に創造されていくものじゃ
前にも後ろにも時間などありゃせん

マクドナルドでコーヒーのおかわりが出来たなんて
知らなかったくらいじゃ

そして、カリンの瓶を開ける時、奇跡が起こるんじゃ

忘れていた夏の記憶が瓶の中から流れ出し
街は一気に夏の気配になるじゃろうて

老人はそこがトラファルガー広場ではなく
水道橋筋商店街であることにまだ気づいてはいなかった
コメント

クリスマスの朝

2009年12月26日 | Next Time/Next Place
第3の未来の精霊が立ち去ってから
わしは目が覚めたんじゃ

「宇宙というのは運動場なんじゃよ
世界は無限じゃ

いやな事や苦しい事をするために
君は生きてるんじゃない

好きな事を好きなだけするために
世界は宇宙は広いんじゃよ

何千メートル走ったって大丈夫じゃ
世界はすべてを受け入れるようにできておる
宇宙は君のために用意された時間じゃ

それが神様のやりたかった事じゃ」

老人は窓の下の子ども達に向かって叫んでいた
コメント

かりんジャム

2009年12月26日 | Next Time/Next Place

どんな味なのか怖いのでまだ封を開けていない
はたして食べることができるであろうか
まずかったら風呂に入れることにする
コメント (2)

クリスマスの食卓

2009年12月25日 | Next Time/Next Place
ダンボールのテーブルに
魚肉ソーセージと特別に赤ワイン
七面鳥とクリスマスツリーは幻覚で見えているので大丈夫である
コメント

ドクロのクリスマスイブ

2009年12月24日 | Next Time/Next Place
雨も雪も降りそうにないイブの夜

高台の怪しげな病院の
薄暗い部屋へと連れ込まれた
口に猿ぐつわ、両手を拘束され
頭をベルトでしばられた

「お前がアンドロイドなのはバレているんだ
CTスキャンでアダマンチウム合金の構造を調べてやる
20秒待て」

目の前で青い光が点滅し始めた

おお、これが今年のクリスマスイルミネーションか

このまま未来に連れていかれるのか

と気を失う直前

「ほれ、これがおまえのアダマンチウム合金の頭蓋骨だ」と
パソコンモニターを見せられた。
マウスでグリグリ動くので見ていて楽しい。
頭蓋骨は意外にスカスカである。貯金箱に使えそうである。

3Dで見る自分のドクロはキムタクのように美しかった

コメント

すだち

2009年12月24日 | Next Time/Next Place
すだち、か、かぼす、かどっちか忘れたが
たぶんスダチである
使い道が無いので風呂に浮かべる
コメント

極楽寺

2009年12月22日 | Next Time/Next Place
今頃思い出すというのも失礼な話であるが
子どもの頃住んでいた所にあった寺の名前は
ひょっとして「極楽寺」だったのか!
これが極楽通信の無意識のルーツかも

ほとんど記憶になかったが
カリンの香りで思い出した

寺の境内にカリンの木があって
秋から冬にかけて黄色くて独特の香りのする実を付けていた
毎年、カリンの実を何個かもらっていたが
食べるには硬すぎてまずそうだし
ユズのかわりに風呂に浮かべるしか使い道が無かったように思う

プルーストの
「失われた時を求めて」
と同じや

カリンの香りで過去を思い出せるとは
ラベンダーの香りでタイムワープできるくらい
おしゃれかも
コメント

海辺のキリン 連載5

2009年12月22日 | Next Time/Next Place
あいかわらず、体の半分を掻くクセは直らなかった
医者からは

「これ以上引っ掻くと筋肉人体模型じゃなくて骸骨の模型になりますよ」

と言われた

そしてアムシノニドと吉草酸ジフルコルトロンを処方された

このブログは薬物ブログか
コメント