河童亀万年の断捨離世界図鑑

河童亀万年(かわどうかめまんねん)の格安魂救済ブログ。

マイケル・ジャクソン「ベンのテーマ」

2016年04月30日 | ZIZY STARDUST
マイケル・ジャクソン「ベンのテーマ」
コメント

トーラス構造としての人体と宇宙

2016年04月30日 | ZIZY STARDUST
口から肛門までが開放系パラメータのトーラス構造としての人体は、
その中心点としての特異点であるお腹や肛門がゼロに収束した時点で、
次なるビッグバンが起こり、ビッグバン直後の宇宙はあらゆる存在が混とんとしていたとされる。
回転しながら移動するそれらトーラス構造はらせん状の軌跡を描きながら宇宙空間の地平線を広げてゆく。
さらにベクトルで表現するならばそれはバックミンスターフラーのドーム構造と酷似している。
この宇宙が膨張を続けるのか、いつか収縮に向かうのか、などということには意味がない、
膨張や収縮や就職や退職などという大きさの概念は人間にとっての尺度であるからである。

宇宙は一つの筆で描かれた一筆書きの絵画なのである。
すべてはつながっており、一つの存在があらゆる場所と時間に同時に現れているだけである。
時間も空間も存在しない。ただ、認識できる社会現象に対応するためのルールとしての時間と空間という概念があるだけである。
人間が見たいものだけが人間には見え、なりたいものだけになれる。
ピーマンになりたい存在はピーマンになる。
私は人間であると同時にピーマンでもある。
それだけのことだ。

便秘で気を失って頭の第七チャクラが開いたわずかな時間の間に、ベテルギウス星人は私に以上のことを教えてくれた。

(画像はどこかのホームページからの無断コピーペースト)
コメント

幽体離脱

2016年04月30日 | ZIZY STARDUST
しばらくの間、幽体離脱をしておりました。

トイレであまりにいきみすぎ、頭のチャクラがひらき、そこから、つるっと中身が出てしまいました。
銀色の糸だけで体につながっている霊魂の目を開くと、
トイレの天井から見下ろす青い地球はオアシスのように見えました。
この身体は宇宙から借りている、精神の乗り物にすぎないのです。
身体の事は身体自身にまかせておきましょう。
我々は、渦巻くトーラスエネルギーの流れの中にいます。
今こそフリーエネルギーと愛とが融和する永遠の極楽の扉が開かれるのです。


コメント

カッパへの道

2016年04月25日 | ZIZY STARDUST
今日は、クチバシの抜糸をしてきた。

「ふつうは一週間たてばかなり治るものなんだがね。
あんたの場合はちっとも治っていない、
もうカッパになるのはあきらめたらどうだね」

「口内炎と便秘がひどいんですが」

「そんなやつはめったに居ない、普通は抗生物質で下痢をするものだ。
口内炎というよりは口の粘膜が荒れているね。
これじゃ、当分、水中で魚をくわえることはできないよ」

「カッパになれないとすれば、どうすればいいんですか」

「まだ、方法はある。
ゾウリムシとかミドリムシとかミジンコとか、そういうものになるという手があるよ。
水中で楽に暮らせるし」

やはり、カッパへの転生は難しいようだ。
はやくカッパになって天竺だったかガンダーラだったかに法典を取りにいかないといけないのに。
コメント

ピーマンとトマト

2016年04月25日 | ZIZY STARDUST
ピーマンらしきものとトマトらしきもの。
去年は唐辛子を植えたが、辛すぎて食料にならなかったので、
今年はピーマンにきりかえた。
コメント

悶絶時々悶絶

2016年04月24日 | ZIZY STARDUST
腫れも引いてきたので、抗生物質とロキソニンを止めてみたら、
口内炎はマシになってきたような気がする。

しかし、普段よりさらに動いていないせいか、薬のせいか、食事のせいか、
強度の便秘になってきた。

抗生物質で腸内細菌がリセットされてしまったのかもしれん。

あまり力むと、頭に血が上って、傷口から出血しそうだし、腹筋がツってくる。
歯をくいしばると、残ってる歯が抜け落ちそうなので、力が入らない。

もし、これ以上、大きなケガとか病気になったら、もうめんどくさくてやってられん。

もうあかん、歳をとると、人間をやり続けるのがだんだんしんどくなってくる。
来世ではミドリムシとかミジンコとかもう少しシンプルな生き物に生まれ変わりたい。

宇宙を生きるのに、人間である必要は無い気がしてきた。
コメント

腫れ時々悶絶中

2016年04月22日 | ZIZY STARDUST
腫れは収まってきて、縫合したところもさほど痛くないが、
麻酔薬の刺激のせいか、抗生物質か何かの薬のせいか、その周辺が何か所も口内炎になってきて、それが痛い。
ロキソニンとかはもらっているので少しはましになるが、時々悶絶中である。

こういう場合の食料は、ロッテのクーリッシュというチューブ入り?アイスクリームが一番最適である。
マンゴー味とかも傷にしみるので、バニラ味でないといけない。

しかし、アイスクリームだけでは栄養不足になるので、夜中になると、家の前の通行人に口から消化液を吹きかけて、
人体を溶かしてその養分を吸って暮らしている。歯の無くなったハエ男の食事の仕方である。

小さい傷でも、これだけややこしいのに、熊本の被災地で入院中だった人が避難所暮らしとかしたら、
どんだけ大変な事やら。

やはり、来世ではアンドロイドになって、幸福も不幸も痛みを感じずに無感覚で生活したい。



コメント

アンドロイド化計画

2016年04月21日 | ZIZY STARDUST
いろいろめんどくさいので、今後は自分の意識をパソコンの中に移動して、
体は通販でロボットを買って、それに接続しようと思う。
そうすれば、自分で目玉を交換したり、手足も交換できるし。
インターネットで接続していれば、相手が人間でもアンドロイドでも大差無いと思う。

しかし、自分の意識というのは、人体から、パソコンに移した時、
どのような連続性があるのだろうか。
全身麻酔から覚めた時に、
「あっ、体がロボットになってるなあ」
程度の驚きなのだろうか。
というか、ロボットに全身麻酔はいらんがな。

元の人体に残っている意識と人格は、ロボットの中の人格と同時に、
お互いに、自分が二人居ると感じるのだろうか

臓器移植で肺と心臓を入れ替えたとしても自分では気づかないのだとしたら、
体全部を入れ替えても、なんとなく変な気がする、程度で済みそうな気もする。

これ以上考えると、意識とは魂とは生命とは世界とは何かとかの問題に突き当たって、
おかしい頭が正常に戻りそうなのでやめておくことにする。

ボケ老人になると、だんだん自分がリセットされてくるという事は、
意識や魂もソフトウェアやプログラムと全く同じものかもしれん。

ブレードランナーとマトリックスの見すぎか。
コメント

歯根嚢胞 解説

2016年04月21日 | ZIZY STARDUST
歯の神経を抜いた時の治療が不完全というか、根に細菌が残ってる場合、
それを撃退や防御するために、そこを包み込むように、袋のようなものが出来るらしい。
袋状になってしまうと、周囲の骨が吸収されだして、その部分が空洞になってしまう。
小さい場合は、再度、根を治療すると治るが、大きくなると、歯が埋まってる骨(歯槽骨)を切って、
嚢胞を取り出し、歯の根の部分も切断して病巣を切除するらしい。

今回の場合、おそらく10年位放置したので、嚢胞が大きくなりすぎて、奥歯2本を包み込んでおり、上アゴなので、
副鼻腔まで貫通してしまうおそれもあり、奥歯2本ごとごっそり撤去された。
歳をとって抵抗力が落ちてきたせいかここ数年で嚢胞の勢力が増してきたようだ。
「鶏卵大嚢胞摘出」と書いてあったが、これは、保険点数用の大きさの分類らしいので、実際は直径2センチほどらしい。
「病理検査に出しておきます」と言っていたが、通常の処理であまり深い意味は無いようだ。
悪性で10年間も体内にあったら今頃とっくに死んどるがな。

自覚症状が無いのでなかなか気づかないし、CTスキャンでないと正確な位置と大きさがわからないので、
一般の歯科医ではなかなか、そういう設備も無いし、手術できる人も少ないようで、
通院する歯医者を何回も変えていると、前の医者のやった不完全な治療の後始末をするのもいやなようでもあり、
「口腔外科」というところに行ったほうが良いようだ。

歯の神経を抜いた根っこの部分が、体調の悪い時に、痛くなったり腫れたり、
悪化してくると歯茎にぷくっと膨らみが出たりするので、
その時は嚢胞が化膿して膿胞になってる可能性があり
そういう場合は、歯根嚢胞を疑ったほうが良いようだ。

「びっくりするくらい腫れますよ」と言われたが、
冗談と思っていたら、2日目あたりから腫れてきた、

あまり腫れすぎると玄関に顔がつっかえて、外に出れなくなるので、
しばらく、というか、いつも通り、引きこもりしてるしか仕方ない。
コメント

宍戸錠

2016年04月20日 | ZIZY STARDUST
ほっぺたが昔の宍戸錠のようになってきた。
唇も腫れてきて、順調にカッパの口になってきている。
コメント