中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

札幌湖 再び

2011-10-30 18:53:16 | 釣り
クマ騒動があった札幌湖のリベンジです。

今回はS氏と同行。

自宅を8時に出発、なにはともあれ近いのは助かる、9時には
到着しました。


時折霧雨が降るあいにくの天気であったが風があまりないので
助かります、気温は6~7度程度だと思うが。


最初入ったところは「クマ動画」の現場です、今日は居ないようですね。


ニューロッドのS氏。


ボートの釣り人もおりました。


ええっと・・・ウグイキープ用のクーラー持参ですが釣れません。



雨が強くなったので小休止して上流に移動します。

前回クマを最初に目撃したポイントなので山が気になってしょうがない、
ついつい黒い物体を探してしまいます。

上流部は澄み過ぎていて魚が居れば見える状態でした。

10分もやってたかな? 居ないところでやっても無意味なので下流に
移動です。

クマさんは冬眠したのでしょうか?



移動した地点ではなにやらライズも見られます、羽虫が大量発生しており
小ウグイの群れが乱舞しておりました。

チャンス到来です、持てるテクニックを全て動員しウグイを狙います。

そしてついにゲットしましたぁ・・・憧れのネイティブウーちゃん。

S氏もニューロッド入魂達成だし、思いがけず良い釣りになりました。


昼前には終了です。





今日のヒットルアーです。(GOD HANDS イーリヤ(Jriya))




釣られてしまったウグイはこちら、17センチくらいあります。
コメント

厚田漁港に行ってみた

2011-10-29 19:13:35 | 釣り
天気もよろしいようなので小サバ釣りに出ます。

例によって出発は昼近くです。

昼食は石狩の「POLPO(ポルポ)」でいいかと思ったが、やってなかった
ですね、やめちまったのかな?

それは想定済み(りかさん情報)だったので次行きます。


マウニの丘」に行きました。


スパの方はアッサリ系だと思う、私的には物足りない、サンドウィッチの方は
大変よろしかったとのことです。


この建物は「映画で使われた」ようです。


映画のことはまったく知らないけど、その関係でお客が多いみたいです。


マウニの丘の隣に「はまなすの丘公園ヴィジターセンター」があります、
次はそこに行きます。


内部です。


ここから見えるマウニの丘。


石狩灯台


ハマナスの実


アキグミの実、直径5ミリくらいですか甘渋い味です。



厚田漁港です。

土曜日なのでそこそこ釣り人が来ております、小サバ・イワシ・チカが
釣れているようでした。


ルアーに掛かるような良型の小サバは少ないようです。

やっとこさ掛かったのは30センチほどのウグイでした。


スピナーをガップリです、結構いい引きでした。


根魚女王の妻が掛けたのはこいつです。

ハゼの仲間か? 軽く20センチオーバーです。


管釣りスプーンですね。


魚見れたからヨシとしますか。


やたら旧式の飛行機が飛んでいた。


良き一日であった。
コメント (2)

レギュラーガソリンで試乗

2011-10-28 21:37:00 | バイク
昨日は札幌市の南区で「ヒグマの出没」が相次いでいたようです、
私も昨日、生まれて初めて野生のヒグマを目撃しました、年々増加
しているのは事実のようです、「ヒグマと共存?」・・・無理です。


さて・・・

修理から上がってきたXLR250Rですが、ガソリンをレギュラーに
入替えて再検証いたしました。

もちろんタンクを外して100%入替えました、厳密にやらないとね。

寒いので気温が上がる昼からスタートです・・・

だけども始動が悪くてキック20発です、15W-50のエンジンオイルの
せいだとは思うけどねえ。

それとね、チョークワイヤーの張りが変わったみたいで引きすぎ
ていたようだ、目いっぱいから1センチ戻した方が掛りが良かった。

走り出してしまえばエンストするようなこともなく普通である。

始動後15分程度だとノッキングも出なくて快調だと思ったが、完全に
温まってからだと駄目ですね、たいした登りでもないのに5速60キロ、
6速70キロでキャリキャリ鳴り出すのは情けない、以前ならこの速度
から追い越し楽勝だったと思う。

荷物満載で峠を上がることを想像するとやるせないです。

これとは別にオイルの減り具合がやっぱり早いです、300キロ程度の
ツーリングで、ゲージの上限を100としたら75まで下がります、だから
キャンプツーリングの3日目には中間に達します、一週間走り続けたら
下限を越えるのは間違いないです。

今年からオイル持参で走っていたのだ。

一番気に入らないのはパワーが無いことだ、軽自動車のジムニー号の
方が確実に速いです。


滝野公園付近です。




「札幌芸術の森」の裏山付近。




きっちり着込んだ(5枚)ので寒くはなかったです。
コメント

遭遇・・・羆(ヒグマ)

2011-10-27 19:37:59 | 草花・自然等
家で飼ってたウグイがですね・・・脱出してお亡くなりになって
しまいました。

蓋の隙間が3~4センチくらい空いていたのだが、まさかそこから
出るとは思いもよらず。

テレビの裏で乾いてました。


昼からウグイ君をゲットしに札幌湖へ向かう。


今年はクマの出没情報が多いですよね・・・

川沿(地名)を通ったときに山の斜面にクマと思しき黒い大きな
物体を視線の隅に捉えた・・・ついに生ヒグマと遭遇か?

一瞬だったので確信がもてない・・・そこでわざわざUターン
してもう一度見てみました。

するとクマではなくて倒木の根っこでした、いやはや・・ちょっと
過敏になりすぎでしたかね。(汗)


前回ウグイをゲットした札幌湖に到着です。

こちらは完全にヒグマのテリトリーなので「クマスプレー」を装備
します、そして目の前のスロープを下りる。

妻が上流に向かう、私は下流。

あまり離れるのは危険だと思う・・・50メートルくらいでも心配なのだ。


だってここはヒグマのテリトリーだから。


とりあえずプラグをセットして投げる、トラウトがいるかもしれんからね、
ウグイはそれからだ。

1投ごとに5メートル移動して第5投目だったか・・・


対岸で『バキッ』と枝が折れる音がした。


「誰?・・・」 って聞くのはヤボってもんです、人?・・平日山に入る
人間はそういない、シカ?・・シカは派手な音はたてない・・となると・・・


「クマさんですかね!」


遠目だが樹上に子グマらしきものが2頭見える、何を思ったかあわてて
下りる途中のようだった、そして見えなくなった。


「親は?」


おっ・・・おりました、少し離れた樹上、しかもかなり高いところです。


生ヒグマ、初めて見ました。


真ん中のやや右です。


拡大しました。


距離があるので危険は無いと思うが、手前の木に移動してきた時は少々ビビッた。

思いのほか、動きが速いのです。

見えなくなったので帰ることにします、暢気に釣りなんかやってる気分
じゃないからね、それと他のクマが近くにいるかもしれんし。       (35ミリレンズ)



でっ・・・車で200メートルくらい進んだらワゴン車が道路脇に止まって
運転手が外に出ていた。

「クマが出てるから注意してね」と言うつもりで窓を開けたら『クマがいる』と
逆に言われてしまった、さっきのクマが移動したようだった。

しかし、何があるのかねぇ・・・食えそうなものがあるようには見えないが。


アップです、2メートルはあると思う。


一眼のニコンD90だったら良かったが、コンパクトのリコーGX200で撮影です。


こちら「動画」です、あまり動いてないけど。


山に入る方はご注意を。
コメント (3)

カテゴリー追加とか

2011-10-26 18:21:40 | 雑多なもの
カテゴリーを追加しました、「お出かけ」と「不思議な話」です、その他も
統合や変更もやりました。

カテゴリーに当てはまらないものを「Weblog」に突っ込んでいましたが、
自分でも過去記事を検索するのが困難になってきたのです。

大量にあったので疲れました。


寒くなりました・・・


昨晩、山では雪が降りました。

家から見える手稲山、今季3度目の積雪。


スキーができそうに見えるくらい積もってます。


こちらは札幌近郊の中山峠、夏タイヤでは無理です。


タイヤ交換を考える時期になりましたね。
コメント (2)

増毛にて

2011-10-25 20:57:53 | お出かけ
今朝は郵便局へ走る、履歴書等をとある企業へ送ったのだ・・・

これで一安心、てな訳ではないけどそのまま妻を連れてドライブです。

どこぞで飯でも食おうということで出たのだ。


日本海を北上です、天気が悪いけど車だから関係ない。


反対側は厚田の町なのだ。


厚田のパーキングから石狩方向。



浜益あたりで飯かと思ったが時間があるので突き進む。


雄冬の「白銀の滝」


どうせなら増毛まで・・・ていいますか増毛まで行かないと飯屋が無い。

増毛の駅跡です。


そう言えばここは・・・せっかくだからやりますか。

一人で寂しいのだが・・・



昼飯は客の入りがいいこの店です。

志満川(しまかわ)食堂


天ぷらそば、つゆは普通だったけど麺も良かったし海老も良かった。



道路挟んで向かいに重要文化財の「旧商家丸一本間家」があるので入りました。


※ 明治初頭、鰊漁で沸く増毛の地に佐渡出身の青年が居を構えた。
 その優れた才覚と行動力でやがて天塩國髄一の豪商と呼ばれた
 本間泰蔵である。
  その拠点は町屋様式の豪壮な建築物で約20年の歳月を要し、
 明治30年代に完成した。
 今、一世紀以上の時を刻み「旧商家丸一本間家」として甦った。

と、説明書きにありました。


明治30年代の建物です。


「札幌軟石」を使用しています。




内部写真です。














全体像です、思ったより奥行きがありました。


いろいろ展示物があります。







ここを出たら雷と土砂降りで凄いことになっていた。


こちらは別の場所にある鰊船です。


鰊(にしん)を入れて運ぶ道具。


増毛は数回来てますが今回初めて見学しました。
コメント

円山のリス

2011-10-24 17:38:28 | 草花・自然等
今日も職安に行ってきました、晴れてるんで。

今回応募するところは人事・総務ということだが前職とはまるっきり
違う業界だし、自分としてもあまり得意な分野ではないのです。

じゃあ・・なんで応募するのかというと、週40時間キッチリみたいだし、
年末年始は当然として夏季休暇もしっかりあるとのことだから。

つまり・・キャンプだのツーリングだの釣りだのを滞りなくやれる
ということ、仕事以上に重要なことなのです。

問題点は契約であること、「正社員登用の途もあり」になっているが、
そんなものに期待を抱くほどウブじゃない。

どっちにしろ受かるとは思ってないけどね。


さて、今日も職安帰りに円山に寄りました。

一眼のニコンD90&18-105㎜でリスを撮るつもりです。


3日ぶりだけど一気に落葉が進んでます。




動物園ルートから入ります。


いきなりシマリスが出ました、近づけないので切取加工してます。

ピントも甘いです。


こちらはエゾリス、シマリスの倍くらいの大きさ。



D90はレスポンスがいいです、連写にしなくてもバシバシ撮れるから。

汗はかくが足取りは軽い、体力がついてきました。





八十八箇所ルートで下ります。




あちらこちらでリスが出る、冬に備えて忙しそうです。


下りの途中で転んでしまった・・・その後に撮ったデータも残ってない。

画像のアップもスムーズにいかなくなってしまった・・・壊れたべか。
コメント

闇に隠れて生きる

2011-10-23 16:54:05 | 雑多なもの
俺たちゃ妖怪人間なのさ ♪

見ちゃいました、「妖怪人間ベム

アニメをリアルタイムで知っている世代なので興味がありましてね。

【配役】

ベム  亀梨和也

ベラ  杏

ベロ  鈴木 福

オープニング映像から主題歌まで同じなのには驚いた。

ストーリー展開は原作とは少々違うものだけどそれは仕方ないです、原作は
外国(ヨーロッパ圏?)が舞台であり、良いことをすれば人間になれるという
設定だったかな。

今回のも基本は良いことをすれば人間になれるだったと思うが・・・

人間になれる方法を知っている人物を探すという原作とは違うストーリーが
設定(たぶん)されており、それを絡めて悪と戦う物語だが、その人物と
いうのが悪の本家本元みたいな感じなのかな?

たぶんですが、人間にはなれないと思います。

残念だったのは・・・という言い方はどうかと思うが、ベムのイメージが
相当違うものになっているということ、原作では渋いおっさんだったが
亀梨君だとはねえ・・・おっさんじゃ視聴率が取れないということなん
ですね。

亀梨君じゃぁちょっと軽いかねぇ・・・おじさんの意見です、ハイ。

対してベラはいいねえ・・・杏さんていうのかね、渡辺謙さんの娘さんだそうだ、
ちょっと演技が硬いが場慣れすると良くなると思いますよ、これからが楽しみです。

ベロ君もいいです、原作はもちっとシャキッとした感じだけど今回はふにゃふにゃ
系ということなんですね。

今思ったんだけど、ベムは渡辺謙さんていうのが最高じゃないか? そしてベラは
栗山千明で、鞭を使うの上手そうだしね・・・ベロは?・・子役は知らんです。

昔のアニメを実写化する企画っていうのは私と同年代の人間が考えることだと
思います、そしてそれが可能になるのはそこそこ偉いからということですね。

自分としては楽しみが増えるからいいけど若い人はどう思っているのかな?
「妖怪人間ベム」って知ってますか?
コメント

とりあえず修理は終了したが

2011-10-22 18:05:04 | バイク
ほぼ一日中ベタベタと雨降っていたようです、明日も似たようなもんかな?
ツーリングもラストが近いのにこれじゃーね。


昨日のことです・・・

円山の頂上で修理完了の電話が来た。

自転車で行動しているので少々疲れているが歩いてバイク屋に向かう。


ノッキングとパワーダウンの症状がある我が愛車、1993年式のXLR250R。




キャブの掃除とタペット調整、タイヤ交換を施した。

キャブは少々汚れていたが特別詰まりらしいものは無かったという、消耗
パーツも交換したので新品同様になったと思う。

タペットはクリアランスが広くなっていたそうだ、それとは別にオイル下がり
も認められるとのこと、始動時に少々煙が出るのはそのせい。

オイルの減りが早いわけだわ。

最初に見てもらった時は「特におかしくない、むしろ調子がいい」と言われて
いたがおもいっきりはずしてます、人間の感覚なんてそんなもの。

最初は否定的だったエンジンを開ける件も「年式的にも検討した方がいいかも」
に変わりました。

早急に対策が必要という訳ではなくて、パーツ供給が年々厳しくなっているので
早いほうが良かろうということです。


始動したところ感じが違います・・・

アイドリングが低い、エンストしそうなほど・・・しかし止まりはしない。

アイドルスクリューを回して上げようとしたが何故か上がらない、が・・・
走り出すと回転が落ちない、止まるとエンストしそうな雰囲気・・・温まるまで
そんな調子。

走り自体は修理前と比べて大差無い・・・若干スムーズになったような気はするが。

その足で朝里峠を駆け上がるが力の無さは相変わらず。


エンジン開けましょうかね。
コメント (4)

円山に行ってみた

2011-10-21 19:11:29 | 草花・自然等
今日は職安に行く日でした、ここにきて求人募集が減ってきたように
見えます、検索掛けると新規で引っ掛かるのは数件しか無いです。

そろそろ次の手を考えないといかんですね。

それはそうと暇ってことは無いですね・・・むしろ忙しい?


クマ騒動が収まってきたので円山が解禁となりました、職安の帰りに
登ってきましたよ。

八十八箇所ルートから登ります。






白い点々が見えますがこれは「雪虫」です。

大発生しておりました、息もできねーとはこのこと。


雪ですと言ったら通りそうですね。


ゆっくりですが35分くらいで頂上です、標高225メートルしかありません。

20度くらいあったんじゃなかろうか、朝は一桁気温なので着込んでます、
途中で1枚脱ぎました、こんなに暖かい日はこれからほとんど無いと
思います。


眼下は札幌市中心部です。


これだけの街ですが白髪混じりの人間には仕事は少ないです、地方は
さらに厳しいのだと思います。


動物園ルートで下ります。


枯葉舞い散る登山道。


いつものコケ。


エゾリスにガン見された。




帰り道の他の公園です、秋深まる・・・
コメント (2)