毎日が夏休み

LEAVES THAT ARE GREEN TURN TO BROWN

満開!!

2017-04-30 22:54:54 | たまにパワーアップな日々 2017

 

午前中は風が強く吹いていて、髪の毛が総立ちというか爆発でした。

 

 

 

 

 

シデコブシと思われる木、満開です。

 

走りに行くにも風がもう少しおさまらないかと自宅待機していたら、

なんと雨が降ってきてしまった。

走りにも山にも行けない。

こうなったらパントレだ(笑)。

パンツトレーニングではありません、

新しいパンプスの履き慣らしトレーニング。

大変なのよ、ちょっと踵が高くなるだけでえらい世界が違いますから。

 

 

 

 

 

 

一番咲きだったエゾヤマザクラの木。

 

 

 

 

 

満開です!!

 

 

 

 

もっこもこ。

サクラはいいなぁ、きれいだなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17ページ 6行目 201

2017-04-29 23:20:20 | 本 3

 

腰がもやもやっと痛かったのであまり外出をせず本ばかり読んでいました。

いえね、これがなんだかやりたい放題すき放題、

派生読みというか連鎖読みというか、

おまけに「本紹介本」も読んでいたこともあり、わやな読みっぷりとなりました。

では、いつものようにこの10日間に読んだ本の17ページの6行目をアタマから書き写し、

あとは紹介にも感想にもならない雑文です。

今回は載せるのもどうよという本が一冊あり、やっぱりそれは省くことに決定。

たまにあるんです、「どうよ」だったり、何を書いていいのか悩んだ末、載せない本って。

あ、読みかけのアムンセンの本ではありません。

アムンセンには氷河の入り口で待っていてもらってます(笑)。

 

 

 

 

 

 漂流/角幡唯介

発見されたという記事もあったし、ちょっとかわったものでは竹の筏で漂流して太平洋を横断しよ

 

 

 

1994年3月、37日間救命筏で漂流した本村実は通りがかった船に救助される。

その漂流について取材に行った角幡さんを待っていたのは……。

角幡さん好きですし、漂流記も読まないことないのですが、開いてみればもっと広い意味での漂流の話で、

サバイバル的漂流記のつもりで読み始めたらこれがまったく違っていて、

この本は3回は軽く挫折し、やめて返却しようと何度も置いた。

それでもそのたび気力をふりしぼり、

大胆に数ページ数回飛ばしながらも、なんとか最後まで読み通すことが出来ました。

なんていえばいいの? 乗り換え検索するとね、目的地までの最短ルートが表示されるとともに、

下方へ進むにしたがってどんどん各駅停車とか乗り換え回数&所要時間が増えていくじゃないですか、

この本はそんな感じ。間違っても最短候補ではない。

読み手もいろいろですから、

最短とはいわなくともあまり乗り換えせずに読み終えたい読者には長すぎできつかったのでは。

徹底的に取材を重ねていますし、資料もかなり読んでいて、そう簡単に話は進行しません。

角幡さんも本村実が救助された8年後、

海にでたまままた行方不明になっている(現在も)なんてまさかの展開だったと思います。

読まなければ知ることもなかった事柄満載で、補陀落渡海なんて言葉を初めて知り、

こんな怖いことが行われていたなんて衝撃でしたし。

さくさく読める類の本ではないけれど、佐良浜地方に住む人たちの漁業史として記録に残る貴重な本になるのでは。

角幡さんが書かなければだれも気づかず消え去っていってしまうような。


 

 

 

頸縊り上人/菊池寛

補陀落渡海を調べていると頸縊り上人にばったり。

ここで読めます。 首縊り上人

本村実は37日間の漂流、上人は37日間の無言の行。偶然どちらも37日間だわ。

はじめはこの言葉遣いが読みづらいけど、慣れればこっちのもんで、上人の切羽詰まってゆく様子にどきどき。

藁にもすがる想いで中宮の御出産を祈る。なんかアホだなと思いつつ、いやだなぁ、このどきどきは。

 

 

 

 現代日本の文学34井上靖集より 補陀落渡海

 

頸縊り上人、角幡さんの補陀落渡海が衝撃的だったので、井上靖の短編「補陀落渡海」を読んでみた。

いやぁ、だれだっていつかは死んでしまうのはわかっているけれど、

何時何処でどんな死に方をするとまでわかっていて、それが本人の強い意志ではなく、

本人の望むところとは違った大きな力によって撤回することができずその日をむかえなければならないこの恐怖。

へたなホラーやサスペンスものよりずっと怖いしどんと感情移入しちゃえます。

夢にでてきそうなくらい、ひたひたじわじわ1ミリ1ミリ迫ってくるこわさです。

 

 

 

 

 太陽と毒ぐも/角田光代

 

 

これ電子図書なんです。紙本のようなページ表示がなく、

何ページなのかもわからないので6行目というのもどれなのか。

補陀落渡海→井上靖→札幌電子図書館という流れとなり、

私は紙の本派なので電子書籍というものにほとんど無関心でいままできたのだけれど、

何があるのか覗いてみたら、あるといえばあるし、ないといえば、ない。 どっち?

試しにこの角田さんの本を電子図書版で借りてみた。

感想としてはパソコンの画面で読むとなんだか集中できないかな。ってこれは私だけかもしれないけれど。

メリットはというと、なんと字が大きい(笑)。

設定で大小幅はあるにせよ、裸眼で読めるとはありがたや。

あと、貸し出し期間は1週間と短いのですが、返却しに図書館まで行かなくとも、ぽちっとクリックしたら返却完了。

同じことは借りるのもそうで、ぽちっで借りられるし、試し読みもできるし、

あまり気が乗らなかったらすぐに返せる、気になる本はすぐに読める、これは強みかと。

角田さんのこの本に関していえば、

どうも私はもやっと終わる話は苦手なんだということを再認識できたかなと。

おい、その先、これからどうなるのよ、っていうより、

すっきり終わるものを好みます。「ねむり」のラストなんてテーブル叩いてしまったし(笑)。

 

 

 

 

 四十九日のレシピ/伊吹有喜

たことはないみたいだから」

 

こういう類の本は苦手でずっと避けてきたのだけれど、先日読んだ「王様のブランチ本」で推していたので、

なんとなく借りてきてしまったけど、やっぱり残された人たちの話って苦手です。

ノンフィクションなら大丈夫なんだけれど(やっぱり辛いけど)、

フィクションとなるとやっぱり私は苦手なんだと再認識。すいすい読めて半日で読了。

 

 

 

 

 

 屋上のウインドノーツ/額賀澪

「本当、大きなお世話だよ」

 

 

この本も「王様のブランチ本」で推していたので読んでみたら、かなりのヒットでした(笑)。

高校の吹奏楽部の大会を目指す話なんだけど、

私はこういう明るくてわかりやすい成長系の話が好きかもしれない。

「チア男子!!」も「風が強く吹いている」も「くちびるに歌を」もそうよね、

リアルでいうとベビメタやパフュームも成長過程が頑張っている姿が好きなわけだし。

高校の部活の先輩後輩男女間で色恋沙汰が皆無というのもちょっと気になるけれど、

まぁそっちがメインだとこれまた好みではなくなってしまうし。

そうか、私はもやもやっとした「そこへ行くな」とか「ねむり」「悪人」のような終わり方にはストレスを感じる、

愛する家族が死ぬ、残される話も苦手で、

恋愛ものにも興味を持てず、

わかりやすく明るく元気がでる成長過程ものに読む喜びを感じ、すっきり終わって欲しいのか。

極地ものやサバイバルノンフィクションも愛すると。

まあその時々によって好みに変化はあらわれますけどね。

今読んでいる本もそういわれてみると成長ものか?

まだ途中なのでなんともいえないけれど。

 

というわけで、電子図書館で本を借りるという技も覚えた201回目でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

琴似発寒川 中洲のミズバショウ

2017-04-28 23:18:18 | たまにパワーアップな日々 2017

 

腰の痛みもほどほどなので、琴似発寒川河畔を走ってきました。

 

 

 

 

 

う~ん、橋の上から見た限り、両岸のサクラの木のピンク度合いがいまいち。

あと数日ってとこでしょか。

前を見て頭上も見上げて横も見てと、

きょろきょろしっぱなしで走る(笑)。挙動不審走り。

 

ちょっと暗い写りとなってしまいましたが、

 

 

 

 

ぽちりぽちり咲いている木もあるにはあるけれど、

やはりあと数日待てよでしょか。

 

 

 

 

 

ミズバショウも大きくなっている。

前回バッテリーが落ちちゃって写せなかった、他にも咲いているミズバショウはというと、

 

 

 

 

 

ズームでこんな感じ。

福井方面にも行かなくては。

 

 

以前川の中州にもミズバショウが咲いているのを見つけていたのですが、

ここ数年見つけることが出来ず、流されてしまったのかなぁなんて考えていたのですが。

 

今日、走りながら中州をちらちら横目でチェックしていたら、

 

 

 

 

げ、中州になんか突っ立っているけれど、あれはペットボトルが刺さっているのか? それともミズバショウ?

 

 

 

 

4S限界ズーム!!

ペットボトルではない!! あれはミズバショウだ!!

うひゃぁ、やっぱりあったんだ、ミズバショウ!!

って、私が過去にみたのと同じものでないかも知れませんが。

どうして毎年ここを走っているのに見落としていたんだろうと反省会したところ(笑)、

もう少し上流を探していたかもしれない。

来年また「見当たらないんです、中州のミズバショウ」なんて嘆いてたりして。

 

 

 

 

 

こっちはいよいよねってとこでしょか。

 

 

 

 

気がつけばレンギョウも咲いている。

カタクリの花はボケて没。

明日から河畔はBBQの煙もくもくでしょか(笑)。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

腰がちょっと痛い

2017-04-27 22:28:28 | たまにパワーアップな日々 2017

 

私の辞書に腰痛という言葉はなかったはずなのに、

日曜日の走り&筋トレ容量オーバーだったのか、

珍しく腰痛かかえております。

といっても長い年月私の辞書に腰痛という言葉はないと自負しているだけあって、

「あいたたた」とか「ひいいいいい」とかのレベルではなく、

左の腰が歩くとちょっと痛いかなぐらいで、

日常生活はなんの支障もなく、座っていても、立ち上がってもへっちゃらへっちゃら。

走っても大丈夫そうだけど、もしも走ることで酷くなりお花見走りに行けなくなったら悔しいので、

今日もぐっと我慢しています。

 

 

 

 

 

山肌がところどころ白くなっているのはコブシの花&つぼみです。

高くなると、残雪。

ご近所でもサクラがぽちぽち咲いていた。

連休にはいい感じになるのではないでしょか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾヤマザクラが咲いている!

2017-04-26 22:58:58 | たまにパワーアップな日々 2017

 

先日買った靴の慣らし履き、

パンプストレーニング(これも筋トレだな、普段はヒールなんて履かないし)を兼ねて、

銀行めぐりをしに出かけたら、

あら、サクラの枝がかなりピンクというよりあれは咲いているんでない?

近くに行ってみると。

 

 

 

 

あー、ごちゃごちゃしていますが、エゾヤマザクラが確かに咲いている!

 

 

 

 

ね、咲いているでしょ。

 

 

 

 

 

ついにサクラが咲き始めたか。

ここはかなり早咲きだとは思いますが。

心構え(そんなの必要なのかわかりませんが)がまだ出来てなくて驚いた驚いた(笑)。

昨日まではツボミで、今日開花したのだと、近くにいた男の人が教えてくれました。

もう少しきれいに写せたらよかったんですけどねー。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三角山 キタコブシ

2017-04-24 23:16:16 | 三角山

 

ぷらっと三角山の様子を見に行ってきました。

 

 

 

 

 

キクザキイチゲがいい感じになってきています。

 

 

 

 

 

キバナノアマナもぽちぽち咲きだした。

 

 

 

 

 

 

寄らば大樹の陰とはちょっと違いますが、やっぱり木のそばはあたたかいのでしょか。

マイヅルソウも顔を出していました。

 

 

 

 

 

エゾエンゴサクも前回よりかなり数が増えていて、

あの甘い匂いはいつするんでしょね、期待しているんですけど今日は匂いはわからなかった。

一緒に写っているのは、ひょっとして白だったのか? 偶然だけどラッキー。

でもこれまだ小さいから白っぽいだけで、もう少し成長したら淡い水色になるのかな。

 

 

 

 

お、ピンクに限りなく近い。数箇所青紫っぽい色がにじんでいる。

エゾエンゴサクの色っていろいろ組み合わせパターンがあって、

たまに変ったのを見かけるとやけに嬉しくなります(笑)。

 

 

 

 

 

フクジュソウ。腰ミノ。

 

 

 

お!

 

 

 

エンレイソウの力み(リキみ)!! 突き破っている!!

一緒に力みたくなります(笑)。エンレイソウは花より力みのほうが好きかもしれない。

といいつつ、

 

 

 

 

なんと奥ゆかしいというか、こういう姿も好きだ。

防寒対策だったりして。それとも何らかの事情で葉が開かないとか。

 

 

 

 

 

これもエンレイソウかな? 

比較対象物を背中から取り出すのが面倒なので、手っ取り早くクリップレンズを置いてみた。

このレンズの直径が2.5センチメートル。

花が咲くまであと何回冬を越さなければならないのか。 

 

 

かなりボケましたが、

 

 

 

 

オシダのぐう。

 

 

 

 

こっちはジャゴケじゃ。

 

 

 

 

 

ぽこぽこぽこぽこぽこぽこオオウバユリの大群。

 

 

 

 

 

 

これね、どうみてもサイ○イ○ン(わけわかんない)だと思うのだけれど、

 

 

 

 

 

ドライフラワーみたいのが残っていて、

ひょっとしたら何か他の植物とたまたま組み合わさって、

というか絡まってそんなふうに見えているだけか、騙されているのかとそばによってみたら、

 

 

 

 

これはサイ○イ○ンの実のドライ現象のようです。

こんなふうに残っているのもあるんだ。

 

 

 

 

エゾニワトコふっさふさ。

 

 

 

 

 

こんなに落ち葉が乾いていると、なんだか、秋。ササが一番元気だったりして。

 

 

 

さぁ、ここから本日のメインイベント、100カラットざますを探せ(笑)。

 

 

積雪期には見つけられたのに、雪がなくなったら所在不明になってしまったミズナラメウロコタマフシ。

前回同様、積雪期と積雪ゼロの高低差を予測しながらミズナラをチェックしてゆくと、

発見!!

 

 

 

 

まさかの位置!!

 

 

 

 

 

頭上も頭上、なんでこんな上にあるの!!

 

 

 

 

3月13日はこれですから。

幹や枝がしなっていたのはわかるけれど、雪の下、私の足元より下だったのが、

 

 

 

 

身長170にしてまるっきり届かないこの高さ。ズームでやっと。

どんだけ積もっていたんでしょ。

 

 

 

 

 

 

一瞬弾道ミサイルのことが頭をよぎる。

 周りの木々は春ですねー。気持ちいいし。

 

 

 

 

水の勢いが弱くなっているので渡ってみる。

 

 

 

すごいことになっている。

 

 

 

 

 

ニリンソウ。

 

 

 

エゾトリカブト。

 

 

 

それから、下(町)からだと山肌がコブシのツボミで白くなっているのは見えるのだけれど、

いざ山の中に入ったら、毎年コブシの咲いている姿が見られない、せいぜいどこからか落ちた花だけだったのに、

今年はなんと咲いているキタコブシを見られる位置を発見。

って、なんで今まで何年も気がつかなかったんだろ。そんなものでしょか(笑)。

 

 

 

 

高くてね(笑)。

 

 

 

 

いやぁ、どうしてこんなに高いんだろ(笑)。

キタコブシも咲きました。

 

 

 

 

どろんどろんもあれば残雪もあるし、乾いている場所もある。

 

 

 

 

以上、今日の三角山でした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

琴似発寒川 エゾノリュウキンカ

2017-04-21 22:48:48 | たまにパワーアップな日々 2017

 

村上春樹氏の短編に「ねむり」という、眠れなくなった主婦の話があり、

昨夜は私ってそれじゃないかというほど眠れなくて、

だいたい寝つきは鮮やかなほうで、枕にアタマをつけ目を閉じたらすこん、

3秒も経たないうちに眠っちゃっているのがいつものパターンなのですが、

昨夜は12時すぎに横になったのに、3秒後も3分後も30分経っても3時になっても眠れない。

睡眠時間はかなり短いほうだとは思っているけれど、

いやぁ、眠れなくてもカラダだけは休めなければとお布団の中でぼ~っとし続け、

最後に時計を見たときは4時45分だったから、それから2時間ほど眠ったみたい。

よっぽど「眠れない日記」と題し明け方1本更新しようかと思ったけどさすがやめました(笑)。

 

2時間睡眠でもいつもと変りなく元気、

午後から琴似発寒川河畔を走りに行ってきました。

 

途中、

 

 

 

咲いて咲いてる今年も咲いている!

 

 

 

 

 

まばゆい黄色はエゾノリュウキンカ。

ネット越しだけど。

 

 

 

 

 

どっちだ? コブシか? いよいよやってきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

いつもの琴似発寒川到着。結構寒かったわ、ここにつくまでが。

 

 

で、ウメの蕾を写そうとしたら、バッテリー突然落ちました。

使えない!!

50%はバッテリー残量あったのよ。

アプリは起動させてないし、写真5枚写して落ちるなんて。残酷物語だわ。

一枚につき10%のバッテリー消費か、こら!

 

 

ウメもサクラも蕾は膨らんではきているけれど、まだまだでしょね。

ミズバショウ、前回より下流地点にも発見、今日は全部で6株。

写せなくて残念だわ。

次回は福井覗いてくるか。

って、また天気良くないみたいですね。

三角山も気になるし。

さ、これだけ走ってきたのだから今晩は豪快に眠れるはず(笑)。

でもなんで眠れないんだろ。

最近多いんです、眠れなかったり、寝つきが悪かったり、短時間で覚醒してしまったり。

さ、早くに寝よっと。

時間間違えてました。16時45分ではなく4時45分でした。とんでもない間違いだ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

17ページ 6行目 200

2017-04-19 23:31:31 | 本 2

 

しまった。

今朝1本投稿して、今日のノルマは達成したというか、もうこれで今日はOK牧場とのんびりしていたら、

なんと今日は19日、9のつく日シリーズの日だった。

それも200回目となるらしい。

うわ。焦ってパソコンに向かっています。

 

分厚いアムンセンの本と薄いアムンセンの文庫本を読んでいたのですが、

図書館に過去に予約していた本3冊が届き、

それを受け取りに行きさらに3冊借りてきてしまった。

自分でもよくわからないわ、どういう神経回路してるんだか(笑)。

アムンセンの本はじっくりしっかり読みたいので、

区切りよく、南極点目指し基地を出発のところでいったんストップ、

図書館本に切り替え読んでいます。

 

では、この10日間に読み終えた本の17ページの6行目をアタマから書き写し、

あとは紹介にも感想にもならない雑文です。

 

 

 

 

 マナーの正体/綿矢 りさ, 乃南 アサ, 高野 秀行, さだまさし, 角田 光代, 逢坂 剛, 福岡 伸一, 荻野 アンナ, 鎌田 實, 東 直子, 酒井 順子, 竹内 久美子, 藤原 正彦

小都市デルフトに生まれた。画家を志した20代、彼は迷っていた。自分のスタイルを見つけることが


前に読んだ「考えるマナー」を再読したくなり図書館で探したけれど貸し出し中。

残念無念と書架をぷらぷら見て歩いていたらこの本を見つけた。第二弾らしい。

こういう本って内容が云々より、

この本を読まなければこの作家を知ることはなかっただろうという巡りあわせが儲けと思っているので、

東直子さんと竹内久美子さんはそのうちここに登場すると思います。

 

 

 

 

 謎の毒親/姫野カオルコ

 拝啓、『城北新報』「打ち明けてみませんか」御担当者様。

 

 

姫野さんの姫野さんによる実話、謎の毒親とはご両親のこととは事前に知ってはいましたが、

私が想像していた毒親とは違う、なんというか、これは変というか壊れてどこか外れているというか、

娘の姫野さんでもわからないのだから、私なんかが本一冊読んだところでわかるはずがない。

きつかっただろうな。子供は親を選べないし。謎の毒親。

読み落としたのか、書いていなかったのか、結局あの名札貼り替え事件の犯人はだれだったの? 親?

ちなみに姫野さんのジャージ姿と酒井順子さんはとても良く似ていると思います。

 

 

 

 

 『王様のブランチ』が恋した本 人生に潤いを与えるブック・セレクション

であることの意義と影響は、常に意識さ

 

 

 

 よりぬき読書相談室 疾風怒濤完結編

たのがはじまりな気がします。最近お

 

 

 

2冊まとめて。

これはまずいでしょ(笑)。こんなの読んでしまったら、もっともっと読みたい本が増えてしまうって。

さきほどの「マナーの正体」だってそうでしょ、でもこういう本って眺めているどけでも楽しくってね。

意見が合う合わない、好みとちょっと違うとかはあるけれど、

南極で冷えたアタマにはいい感じのクッションになります。

そう、よりぬき読書相談室で、読むと震える極地探検小説を教えてくださいってやっていて、

アムンセン、チェリー=ガラード、シャクルトンが取り上げられていたわ(笑)。興味持つ人いて嬉しい(笑)。

 

 

以上、今日は短めに200回目でした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんな夢をみた

2017-04-19 10:17:17 | たまにパワーアップな日々 2017

 

私は新聞のテレビ欄をほとんど見ないので、

いまどきどんなテレビ番組をやっていてるのか皆目見当がつかない。

結構損をしているかなと思うけれど、

興味のあるものを見逃しても、見逃したことすら気がつかないから日常は平和かも。

 

今夜7時30分NHKで「明石家さんまの極地探検家はすごいSP」を放送するというので、

珍しく朝起きて新聞のテレビ欄をチェック。

NHKではそんな番組はなく、他局か? 時間帯か? と縦横目を走らせチェックしても、

そのような極地番組は見当たらない。

どこからこの情報を得たのか?

あ、夢だ、夢の中で新聞読んでた。

くそ(失礼)。

朝っぱらからかなり悔しい思いをしています(笑)。

それでは、良い一日を!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ぐちょぐちょ三角山 咲いていた!

2017-04-17 22:51:51 | 三角山

 

明日は天気が崩れるとのこと、そうなるまえに三角山に行ってきました。

おそらく私の歩く道は雪解け水と泥でひっどいことになっていることが予想されるため長靴持参。

花の様子は、山の様子はどうなっているのか。

 

 

お!

 

 

 

 

キクザキイチゲが咲いている!

 

 

 

 

 

キバナノアマナは蕾がテヘヘしている。見えません? アタマ掻いてテヘヘ。

好きだな、キバナノアマナ。

 

 

 

 

毎年この姿を見るたびに、名前がわからなくて説明し辛いのだけれど、

和菓子で、硬くて(あ、ちょっと自信ない)、シナモンかなにか混ざっている、

こんな形状の甘いお菓子があったと思うのですが、

やっぱり今日も真っ先にそのお菓子が浮かんだのだけど、名前を知らなくてもどかしい思いをしています。

この巻いてる姿のときだけなんですけどね。

あ、これはオオウバユリです。

 

 

 

 

 

 

エゾエンゴサク!!

日当たりの良い場所、斜面で咲き始めています。

 

 

 

 

 

エンレイソウが礼をして出迎えてくれた。

律儀な植物です。

ちなみに私は力む(リキむ)エンレイソウの姿が大好きで、あの姿をみると一緒に力んで春を歌いたくなるのですが(笑)、

今日は残念ながらちょと力むタイミングがずれていたようで見当たらず。

それよりなにより足場がぐちゃぐちゃで、まわりもみたいけれど足元重視箇所が多かった。

 

 

 

 

 

ここはまだ置石ならぬカット幹の踏み木?があるのでセーフだけれど、

あとはもうぐじょぐじょぐにゅぐにゅで、楽しいやらまずいやら。

 

 

 

 

これだけ雪が残っていたら歩きやすいんですけれどね、

ここもすぐ融けてぐしょぐしょになることでしょう。

 

 

 

 

 

ナニワズ開花。

 

 

 

 

この質感。

 

と、ナニワズの奥の奥に、なにやらコブだらけの木を発見。

 

 

 

 

ニセアカシア?

コブ最多保持者(木か)でしょか。何があったんだろ。病気?

 

 

 

 

 

バッコヤナギ。黄色くしゅわしゅわが目立つから、これは雄の木?

足元を探すと、

 

 

 

雄とみた。

違う場所に、

 

 

こちらは雌とみた。

 

 

 

 

エゾニワトコ。

 

 

 

それから、例の100カラットを探してみたのだけれど、

どういうわけか見つけられない。

雪が融けてまわりの色合いがかわったのと、

雪が融けた分、私の位置が低くなり、木の位置が高くなって、

そこのところをふまえて何度も行ったり来たり高さもかえてみてみても、

100カラットざますが見当たらないざます。

そのかわりといってはなんですが、

ミズナラメウロコタマフシの後の姿らしきもの(違うかもしれないけれど)を見つけたので写してきました。

・・・。

全部ピントあっていませんでしたが・・・。

ひどいですがどうぞ・・・。

 

 

 

 

ああ欲求不満。

次回はきれいに写すことと、100カラット捜索だわ。

 

 

 

 

 

フクジュソウ

 

 

 

 

 

スギナがわっさり。

 

 

 

 

 

ここは乾いていますけど、すべてがこうではない三角山でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加