中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

小樽祝津へサイクリング

2019-04-29 20:39:14 | サイクリング2019
昨日の日曜日は小樽へサイクリング。

早朝の気温は一桁なので気温が上がる9時ころの出発とした。

交通量の多い国道5号線を走るよりないので小樽に行くのはあまり好きでは
ないが適度な距離と坂道がありトレーニング効果が期待できる。


銭函のループ橋。(nikon D7000 旧18-200㎜)


合流点が危険なのでここは歩道を進むことにしている、歩道橋の上で一服
入れるのがいつものパターン。


本日は風も弱く順調なペースで進んでいる、フェデラルは前車のMTB改よりも
二回りほど細いタイヤを履くせいかスピードの乗りがいい、それでいてタイヤ
の細さが欠点になることも感じられない。

張碓峠もいつもより軽々と上れた。


峠から小樽へはほぼ下りで到着する、小樽築港に到着です、ここまで25キロ
ほどの走行。


釣り人で賑わっております。


公園の時計が5時過ぎを指しているのは壊れているから、実際の時間は11時。


山の上に見えるのは昔からある「銀鱗荘」後で行ってみよう。


気温は10度ちょいくらいだと思うが日差しは暖かい、しかし指付きの手袋は
脱げない。


巨大なフェリー、新潟か舞鶴に行くやつだ。


フェリーの反対側。


小樽運河は観光客でごった返している、本日は日本人が多いように見えた。




手宮公園の桜を見るつもりだったが遠目では全く咲いておらず諦める、これは
運河の横に咲いていた、たぶん三分咲き。


祝津に行く予定ではなかったが手宮公園をキャンセルしたので行くことにする。

鰊御殿と日和山灯台。


鰊御殿の横から小樽水族館。




鰊御殿


暑寒別岳方向だと思う。


札幌方向


日和山灯台


祝津




ここでまったりと昼食。


帰りは港猫を探した、見つけたのはこの二匹のみだった。


さあーて、銀鱗荘に上ってみるか。

小樽築港駅の前から行きますがなかなかの激坂でへこたれそうになったが
ノンストップで上り切った。

平磯公園が最高地点である。


中学生の時に上ったことがあったがノンストップで上れたかどうかは不明。

当時撮った写真だが、様変わりしておりますね。


こちらが銀鱗荘。


昔の銀鱗荘。


銀鱗荘の前からの景色。


帰りは銀鱗荘から朝里へ抜けたのでいいトレーニングになりましたね。

帰りの張碓峠もいいペースで上れた。


少し進んで札幌方向を望む。


星置緑地に寄ってから帰宅した。

エゾノリュウキンカが満開である。




本日の走行距離80キロ、平均速度16.6キロ。




サイクリングランキング

写真日記ランキング
コメント

いろいろメンテナンス

2019-04-27 15:53:29 | 雑多なもの
サイクリングシーズン到来なのでポンチョのメンテに着手した。

基本、雨の日は出かけないことにしてるけどキャンプツーリングだとそうも
ゆかないものだ。

数年前に買ったポンチョだが肩から腕にかけてビショビショになってしまう
欠点がありました、フードが分離するタイプだったので着方が悪くて折れ目が
逆になっていたと思っていたけどそうではないらしい。

結露で濡れるのだろうと納得していたがグローブを絞ると水たまりができる
ほどの濡れ方はおかしい。

どうやら縫い目から漏っているらしいことに気が付いた、防水スプレーを
縫い目にかけまくったら相当改善したからそうゆうこと。

でもおかしくないか? 雨具なんだぜ。

ということで点検・・・なんとシームテープが浮いているではありませんか、
購入した時点でこうだったように思うけど、はっきり言って不良品だろう。

白っぽいのは浮いている証拠、実はシームテープについて何も知らなかった
のではあるが。


アイロンで圧着するらしいのでやってみる。


透明になるとOKらしい、テープが痛んで無くなった所は接着剤を塗って補修
した、これで完璧だと思う。




次はカメラをチェックする。

D7000のモニターカバーが汚れて見えにくくなっていたので綺麗にしようと
拭いてみたけど全然変わらない、なんと汚れではなく細かい傷が入っていた
のである。

バッグの中で何かに擦れていたみたい、そう言えばD90のも傷だらけになって
買い替えたことがあったっけ。

高いものではないけど買うのが面倒。
Nikon 液晶モニターカバー BM-11
ニコン
ニコン


ためしにピカールで磨いてみよう・・・噂によると車のヘッドランプの濁りにも
効くらしいからモニターカバーにも有効かもしれない。
ピカール 金属磨き 300g
日本磨料工業
日本磨料工業


なんと、期待してなかったけど見事に復活したのである、ピカールが一本あると
何かと便利だな。


そんなこんなの昼下がり。
コメント

ルリビタキ&コブシ

2019-04-25 19:56:55 | 草花・自然等
「SIGMA MIRROR-TELEPHOTO 600㎜ f8」で撮ったルリビタキとコブシです。

昔のミラーレンズなので多少手を加えないと綺麗な画像になりません。

それよりも600㎜(D7000だと900㎜相当)で手持ち&手振れ補正無し&AF無しなので
撮影は困難です。

一週間ほど前から見かけるようになったルリビタキ。






コブシも満開です、桜も咲いているようだけどまだ見ていません。




本日の最高気温は11度とか、昨日の半分以下では体がついて行けないです。



自然観察ランキング


写真日記ランキング
コメント

エゾエンゴサク

2019-04-23 20:12:57 | 草花・自然等
エゾエンゴサクが満開

nikon D7000 80-200㎜ f2.8D new







写真日記ランキング


自然観察ランキング

コメント

清田→滝野公園→真駒内公園

2019-04-21 20:49:29 | サイクリング2019
本日は新車のフェデラルを駆って滝野方面を周ってきました、走行距離は
65.5キロあり今季初の本格的走行となりました。

ここ数日低温傾向だが昨日よりマシみたい、だけども朝は寒くて嫌な気分
満開です。

清田へ向かって進みますが気温は9.8度となっている、とりあえず雨は降ら
ないそうなので気温が上がるのを期待しよう。(nikon D7000 旧18-200㎜)


羊ケ丘通りを進む。


清田のセイコマで昼飯を購入し田舎道を進む。


だらだら上りでペースは上がらない、けれどもフェデラルは軽快かつ安定
して進む。

ここを通ると必ず撮ってしまうオート三輪。


到着である、ここまで体に違和感は無い。


鱒見口から入ります。


鱒見の滝へ向かいますが、昔はここをサクラマスが遡上していたのでしょう。


鱒見の滝です、ちょっと逆光でゴーストが出ておりますね、真ん中付近の白い
のは氷のよう。




滝の周辺では花はまだ早くて見られなかった。

下の遊歩道周辺では早いながらも花がいろいろ出てました、これはエゾエンゴサク。


フクジュソウは今が盛り。


キクザキイチゲ




ミズバショウ


アラヤフェデラルは旅用として理想的である。


昨日の円山公園と比べて芽吹きは遅いようだ。


寒いせいか天気が良いのに観光客は少ない、連休になると凄いことになるん
だろうな。




お昼で12.4度です。


残雪も見られる。


アシリベツの滝




入り口付近で見かけたプリムラ・ロゼア。


滝野公園を後にして滝野霊園へ向かう、なかなかしぶとい上り坂だ。

頭大仏が現れる。


そしてモアイ。


その後、真駒内まで一気に駆け抜けた。

真駒内公園の「カタクリの里」に来ました。


カタクリはまだ出始めのようで少ないです、連休あたりが満開でしょうかね。




小林峠を越えて帰ります、新トンネルじゃなくて峠の方ね。


ノンストップで上ったぜ・・・遅いけど。


小林峠から自宅までほぽ下りである。

本日の走行距離65.5キロ、平均時速15.3キロ。



サイクリングランキング

写真日記ランキング
コメント

円山公園 野鳥&花

2019-04-20 19:45:47 | 草花・自然等
20度越えの日が嘘だったかのように本日は冷えっ冷えの10度ちょいとか。

北風が強く寒い一日だったが天気そのものは晴れだったので昼から円山公園を
見てきました、家から5キロばかしの距離なので自転車で向かいます。

追い風&下り坂なので楽勝で到着だが帰りはしんどそう。(nikon D7000 旧18-200㎜)


寒いながらも新芽も出ています、桜は10日後あたりに咲くとかなんとか。


本日の足は去年までキャンプツーリングに使用していたMTB改です、装備を
外したのでスッキリしてます。

フラットバーよりドロップバーの方が乗りやすいね。(個人の感想)


円山登山口、本日は下の方で散策します。


北海道では少ない杉の林。


シジュウカラ


ハシブトガラでしょうかね。


シマリス




エゾリス




円山動物園の入り口付近。


エゾエンゴサク




ニリンソウがちょっとだけ見られた。


快晴だけど寒いです。


エンレイソウ


ハシブトガラスも野鳥です。


シジュウカラは多いみたい。


帰りは予想通り向かい風だったが上りにもかかわらず寒さで汗もかかなかったな。



自然観察ランキング


写真日記ランキング
コメント (2)

宮丘公園のミズバショウ

2019-04-18 17:30:20 | 草花・自然等
6月から7月並みの高気温となっている札幌です。

宮丘公園のミズバショウも満開でした。(nikon D7000 16-85㎜)




クジャクチョウも出ています。




写真日記ランキング


自然観察ランキング
コメント

マクンベツ湿原のミズバショウ

2019-04-16 17:51:06 | 草花・自然等
マクンベツ湿原を見てきました、ミズバショウは今が見頃です。














自然観察ランキング


写真日記ランキング
コメント (2)

洞爺湖方面撮影ドライブ

2019-04-15 18:47:32 | お出かけ
晴れの日曜日、友人のYと洞爺湖方面へ撮影ドライブに出かけた。

中山峠を越えるので冬タイヤで出たけど全線乾いており夏タイヤでもOKの
ようでした、だけども峠付近では朝晩に凍結することもあるでしょう。


中山峠を下って喜茂別から羊蹄山。(nikon D7000 旧18-200㎜)
平地でも雪が残ってましたね。


ルスツの道の駅や「わかさいも本舗」に寄りつつ「とうや水の駅」に到着。


快晴だが霞んでいるのがちょっと残念。


日曜日だけど人気が少なくて心配である、北海道人は春の連休まで引きこもり
である。


珍しくべた凪であった・・・色がないネ。


フクジュソウの穴場に寄ったがタイミングが遅くて綺麗に咲いてるのは少なかっ
た、難しいものだ。(60㎜ f2.8D)


どうせ綺麗に撮れないのならば「シグマのミラー600㎜」で遊んでみた、前後の
ボケがリングや二線になるのが特徴だ、昔のレンズだから画質はそこそこ。

近寄れない斜面に咲いていたがさすがに600㎜だ。


100%に拡大しなければまだまだ現役で使えると思う。


こちらは以前宮丘公園で撮った野鳥。(SIGMA MIRROR-TELEPHOTO 600㎜ f8)






最近開通した「東湖畔トンネル」を越えて洞爺湖を後にする。


壮瞥町のピッパラの森「ザ・ラーメン」で昼食。




「三階の滝」にも寄った。


水分補給も忘れない。


尾てい骨だが・・・

車を運転していると鈍痛が辛いのである、いつも通りのポジションでは痛くて
たまらないので背もたれを垂直近くにしてやり過ごしたのである。


写真日記ランキング
コメント

前田森林公園→銭函駅→星置緑地

2019-04-13 20:16:28 | サイクリング2019
昨年の11月に購入し一冬寝かせたアラヤ「フェデラル」を引っ張り出しました、
いよいよサイクリングシーズン到来です。

不具合が出るかもしれないので様子見ということで距離は控えめ。

札幌の最高気温は今季最高の17度だったらしい、朝はともかくとして寒さに
震えることもなく快適な走行を楽しめた。


まずは自転車道路に入るべく新川に出た、天狗橋から下流方向。(nikon D7000 旧18-200㎜)


新川沿いの自転車道路を手稲前田に向かい進む。


尾てい骨を痛めているので強めの振動が来ると響くのだが昨日より良くなって
いるので順調に回復しているようだ、あの時は絶望的な痛さだった、これから
は慎重に走行しようと思う。

新車のフェデラルは違和感無しである、MTB改と比べてタイヤが細くなったせい
か軽快に進む。


手稲山の積雪は一見真冬と変わらないけどスキー場の営業は土日限定みたい。


前田森林公園に到着。


カナールに水が入ってないのでイマイチである。




芝生も樹木もこれからだ。






キャンプツーリングを想定して改造しております。


素のフェデラルは「コチラ

とりあえず銭函駅まで進んだ、本日はここまでとしよう。




石狩湾




銭函駅を東側から見る。(小樽方向)


札幌方向


国道5号線に合流し星置緑地へ向かう。


星置緑地に到着、ここで昼食とした。


タイミングとしてはやや早いかもしれないが想像していた以上に花が咲いて
おりました。


東側と線路側は日当たりが良いせいかキクザキイチゲが満開です。


青花のキクザキイチゲもたくさん咲いておりました。


キクザキイチゲを見るなら今が見ごろでしょう。


エゾノリュウキンカも咲き始めました。




ミズバショウも見頃です、もう少しの感もあるけど葉が小さい今が良いの
かもしれない。






カエルも見られます。


マガモの夫婦も居ます。


あまり広くはないがなかなか良い公園です。


星置緑地から一気に帰宅したが自転車に問題は見られなかった。


本日の走行距離38.7キロ、平均時速15.8キロ。



サイクリングランキング

自然観察ランキング

写真日記ランキング
コメント (2)