ホルマリンのマンネリ感リセット

北海道札幌市在住、ホルマリンです。怪しいスポット訪問、廃墟潜入、道内ミステリー情報、一人旅、昭和レトロなどなど…。

千葉の魔境「不知八幡森」に行ってきた

2017-05-11 18:54:24 | 本州 珍スポット・魔境訪問
1月22日(日) 18:00。


友人2人と共に東京旅行中のホルマリン。
お台場にある「マダム・タッソー東京」観光後、東京都内の某・アーティストのライブ会場へとやってきました。
まだ開場前らしく、周辺は大混雑(^_^;)

友人2人にとって、今回の旅行いちばんのメインはライブ参戦。
私は一緒に東京にやって来たもののライブには興味がなく、入場チケットも持っていません(笑)。
ライブが終わったら駅前で落ち合う約束をし、ここからひとり別行動です。

…え?別に寂しくなんかありませんよ。
この時間を利用して、ずっと気になっていたある場所に行く予定を立てていたので
むしろワクワクしています(^O^)


…ということで人混みを抜け、都営地下鉄に乗り込みます♪
途中乃木坂駅に寄り道しつつ、ひたすら揺られ続ける事1時間ほど…。

17:10 千葉県市川市に到着!

都営地下鉄「本八幡」駅で下車しました。
ここ八幡の街中に、目指すスポットはあります。

駅の案内板を見てみると…ありました。

「不知八幡森」(しらずやわたのもり)

通称「八幡の藪知らず」と呼ばれているこの場所。
ご覧の通り、近くの市川市役所と比較するとかなり小さく、1ブロックほどの大きさしかない場所なのですが…。
ここ、なんでも古くから絶対に入ってはいけない禁足地とされており、全く手が付けられないまま現在まで残っている場所らしいのです。

不可解な事に、宅地開発でここまで縮小されたのかと思いきやそうではなく、江戸時代からこの大きさのままだったという話もあります。
にもかかわらず、当時から「入ったら二度と出られない森」として言い伝えられ、人々から恐れられてきました。

…あまり興味本位で見物してはいけないような感じもするのですが、さっそく行ってみましょう。


駅から歩いてみると、何の変哲もないごく普通の住宅街。こんな所に古くから伝わる禁足地があるとはとても信じられません。
話によると、住宅街の一角だけ草木がボーボーに茂っており相当異様な光景なのだとか。


道中、葛飾八幡宮の参道が延びていました。
下総の国総鎮守として、寛政年間(西暦889~898)年に創建された八幡宮とされており、付近一帯が由緒正しい地である事を確かに証明しています。
「不知八幡森」の歴史にも少なからず関係していそうです。

そして。
葛飾八幡宮の参道からさほど遠くない場所に、その森はありました。


・不知八幡森(千葉県市川市八幡2-8)

すぐ近くの歩道橋より眺める。

…不知八幡森の正体は竹林でした。
江戸の時代から手が付けられていないだけあって、ものすごい密集具合です。
目の前には交通量の多い国道が通っているにも関わらず、敷地からはみ出さんばかりの鬱蒼とした緑が何とも不思議な光景です。


ナナメ向かいには立派な市川市役所が。歩行者も中々多く、森の前を平然と通り過ぎていきます。


立ち入りが出来ないよう、周囲は柵でしっかりと囲われていますが、一画には小さな鳥居が……。




鳥居をくぐると小さな祠と石碑があり、ここだけ歩道から一歩奥まったスペースになっていました。
すなわち、この場所のみ森への立ち入りが許されているのです。
交通量が多い場所といえども、さすがに一歩立ち入ると雰囲気は中々のもの。
祠に手を合わせしっかりと挨拶…。


人の入る隙間も無いくらいに竹が密集していますが、なにしろかなり小さな森ですので、向こう側の住宅街が見通せてしまいます。
入ったら二度と出られない」という言い伝えがますます不可解に思えてしまいます…。

歩道に面して、立派な案内板が。

この場所、江戸の紀行文にも数多く登場しており、当時から「この藪余り大きからず。高からず」と書かれているようなので、やはり古くからその面積はさほど変わっていないらしい。
そして、あの水戸黄門(水戸光圀)は興味本位で中に入った事があるらしく、その時の錦絵が現在も葛飾八幡宮に残っているという(右の絵)。

「こんな小さな森で迷うはずがない」と馬鹿にして森へ立ち入ってしまった黄門様。
すると異様な姿をした妖怪に囲まれてしまい、いつの間にか来た道が消えてしまっている。
しかし、そこに老人の姿をした白髪の神様が現れ「お前は立派な身分の者だから許してやる」と見逃してもらい、なんとか森の外に出る事が出来たという…。

敷地の大きさは18m×18mだとか…。

ご覧の通り奥行きもそれほどなく、向こう側はすぐ一般の住宅です。
この場所が古くから「禁足地」とされている理由はよく分かっておらず、「葛飾八幡宮を勧請した旧地だから」「貴人の古墳跡だから」「日本武尊の陣所だったから」「平将門討伐のため、平貞盛が妖術で死門(あの世への門)を開いた場所だから」等の様々な説があります。

なんとすぐ隣は駐輪場。




簡単に柵の向こうに入れそうなのが怖い……。
防犯カメラはあくまで駐輪場の盗難防止目的のようですが、監視しているのはそれだけでない気がするのは私だけ?(^_^;)


森の周りをぐるっと一周。裏手に回るとひと気の少ない路地に出ました。
住宅に阻まれ、森のすぐ裏までには近づけず。
もう夜も8時近いからなのか、物音ひとつしなかったのがこれまた恐怖。


少し進んでゆくと歩行者も多くなり、賑やかな裏通りに辿り着きホッと一安心でした(^_^;)。


最後に。
この場所、「絶対に入ってはいけない」というのはただのウワサでは無い気がします。
というのも、祠にお参りをして鳥居から外へ出ようとした瞬間、急激なめまいに襲われたからです(汗)。
旅行の疲れによるものだと信じたいのですが…(^_^;)。

また、このレポートを書いている今現在、謎の頭痛とダルさに襲われています。
皆さん、この場所を訪れる際は、決して失礼のないように。
そして言うまでも無く、柵の向こうへは決して…入ってはいけませんよ……。

完。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マダム・タッソー東京

2017-04-28 20:24:44 | 本州 珍スポット・魔境訪問
お台場ど真ん中!マイルド系蝋人形館!
(東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ3F)







イギリス・ロンドンにある「マダム・タッソー蝋人形館」をご存知でしょうか。
1835年、スイスの蝋人形師タッソーが開設した歴史あるミュージアムで、古くからロンドンの人気観光名所のひとつになっているようです。
館内は各国の有名人、歴史上の人物の等身大人形が数多く展示される一方、中世ヨーロッパの拷問の様子や凶悪殺人鬼の人形が置かれる「恐怖の部屋」があったりと、何やら見世物的な要素も含まれる(というか、むしろこっちがメイン)、インパクト抜群の珍スポットです。

そんなマダム・タッソー蝋人形館、各国にいくつか分館があるようですが、なんと2013年にお台場に初上陸した。
当初はあんな観光スポットのど真ん中にオープンして大丈夫かいなと思っていたが、テレビなどを見ると大分マイルドな日本向け仕様になっているようでガッカr…一安心という印象でした(^_^;)笑


2017年冬、友人2人との東京旅行でついに初潜入。
ショッピングモールの3階にあり、予想より小さめかな、という印象。
入り口の隅で最初に出迎えてくれたのは、あの事件ですっかり見なくなってしまったベッキー
彼女は悪くないのにね。


高まる期待の中、展示フロアに向かうエレベーターに乗りこむと、
ド真ん中にブルース・ウィリスが仁王立ちしておりビックリ(^_^;)

近くで見てみると、皮膚の細かいシワや毛穴まで見事に再現されておりホレボレ(笑)。
館内の人形はすべて本場・イギリスの蝋人形師が制作したもので、
製作費は何と1体2000万円。
さらに驚くべき事に、これらの人形はおさわり自由!
気軽に肩を組んで撮影できるのが嬉しいところ。

「世界のリーダーたち」コーナー。

イキナリこんな感じだから胸が高まります(*^_^*)
ちなみに左のラフな格好の方はネルソン・マンデラ氏。


恐ろしくよく似ていらっしゃる石原前都知事と、やけに若々しい安倍首相(笑)。
なお展示室の隅にはひっそりと小泉元首相のお姿も(意外と背が小さかったです)。


蝋人形なのにオーラがあるオバマ前大統領。いずれトランプ氏の人形と入れ替わってしまうのかしら??
なお、本場ロンドンのマダム・タッソーでは既にトランプ大統領の蝋人形が登場したらしい。

「スポーツ」コーナー。

…なかなか見事な顔ぶれ(*^^)。羽生くんの顔の小ささにビックリ。
この他、千代の富士、ベッカム、キングカズ、シャラポワがいました。


ダルビッシュVS王(引退後のね)という夢の対決。つい先日に引退発表した浅田真央は最高の笑顔で回転していました。

「ミュージック」コーナー。

かなり素晴らしい出来の和田アキ子
…ところで展示される方々はどのように選ばれているのでしょう?


蝋人形館には定番のジャクソン氏と、やや虚ろな表情大島優子(^_^;)。エクボもバッチリ。
ちなみにマイケル・ジャクソンは全世界で最も蝋人形化された人物なのだそうです(笑)。


葉加瀬太郎を例に、蝋人形が出来るまでが解説されていました(*^_^*)。
個人的にこういう展示の方が楽しい(笑)。

先述した通り、館内の蝋人形はすべてロンドンの専用スタジオで制作。
モデルとなる方はスタジオへ赴き、特殊な機械による計測(200か所以上)、写真撮影などで作成データを提供。
ちなみに計測の際は全く動けません…(^_^;)。


ココだけ見るとかなりホラーな展示(笑)。
人形に埋め込まれる眼球には相当な種類があり、最も本人に似ている色の目玉を選ぶそう。


夢に出てきそうwww
髪の毛は4週間かけて、本物の人毛を1本1本植えているのだそうです。
1体のフィギュアを完成させるのに4~6か月かかるとか。


こちらがマダム・タッソーご本人。(1761-1850)
蝋人形制作の技術は、解剖模型の制作に長けていたドイツ人医師・クルティウスから学んだのだそう。
フランス革命の際は王党派であるとの疑いで逮捕されましたが、ギロチンで処刑された犠牲者のデスマスク制作の仕事に就かされ死を逃れました。
「恐怖の部屋」の残酷な展示は、タッソーの壮絶な体験が元となって造られたものだったのです。




本場ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館を尊重してか、展示室の片隅に申し訳程度に「恐怖の部屋」要素が(汗)。
有名人の人形にはしゃぎまわってた子供にコレを見せてはいけませんね…(^_^;)。

「歴史と文化」コーナー

「こんな顔だったっけ?」って感じのレオナルド・ダヴィンチ
モナリザになって2ショットが撮れます。


健康な頃のジョブズに、随分とスタイリッシュなアインシュタイン
2人が並ぶ光景は圧巻というしかありません(^_^;)。


…この水玉模様、もはや説明する必要もありませんね。草間弥生さん。

「セレブのパーティー」コーナー。

館内にAKBメンバーは数名いますが、前田敦子が最も似ていました♪
マツコはもう少し肌の質感がリアルだったら言う事ナシでしたな。


ビートたけし、ブラピ、ジョージ・クルーニーと凄い顔ぶれ。
たけしだけコマネチしているせいで浮いているが(笑)。

ギフトショップ

オスカー像が大量に売られている光景はココでしか見られないでしょう(^_^;)
この他、なぜかアメコミグッズが多数。

以上で「マダム・タッソー東京」の見学は終了です。
伝説的珍スポットだった「東京タワー蝋人形館」無き今、国内で数少ない蝋人形ミュージアムとなっている訳ですが、新しいだけあってかなり明るく楽しい雰囲気の場所でした。
蝋人形館特有の「誰コレ?」と取り残されるようなマニアック展示やグロ系のネタは皆無なので、家族連れでも安心して楽しめるスポットと言えましょう♪
…珍スポットマニアには少し物足りないけど(^_^;)笑

(2017年1月訪問)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

この2カ月間ホルマリンに何があったのか。

2017-04-03 00:25:34 | どーでもいい日常

この広告は60日以上更新が無いブログに表示されます。


↑という表示が出てくる前にブログを更新したいと思います。

皆さん、お久しぶりです。
2ヶ月も放置してしまって申し訳ありませんでした。

「コイツのブログもとうとう終了か…」
もしや死んだのでは…
皆さんどう思われていたのかは分かりませんが、ともかく色々ご心配をお掛け致しました。

ちょっと2月~3月にかけて、ブログに手がつけられなくなるくらいに気持ちが沈んでいました。
原因は主に仕事関係ですね~。

果たして自分は今の事業所に本当に必要なのか。
なぜ上司は僕に指示する時だけ不機嫌なのか。なぜ完璧に仕事をこなしても文句ばかり言ってくるのか。ミスを見つけると意地悪く指摘するのも止めて欲しい。
分からない事があっても教えてくれない。頑張って自分なりの答えを出して上司に回しても「こんなの良いわけないじゃん」と言うだけで正解を教えてくれない。自分で最善だと考えて出したものをダメだと否定されても、これ以上何をどうすれば良いのか分かるわけないので仕事が止まってしまう。呼吸困難になり苦しくなる。
上司と離れたくて仕方が無い。

考えれば考えるほどイヤになり、せっかくの休日も全く楽しめない。
文章が書けなくなってしまう例の発作も再発してしまい、ブログ編集画面にログインできない。


私の2ヶ月はこんな感じでした。
軽いだったと思われます。



しかし、もう大丈夫そうです。
神様が救いの手を差し伸べてくれました。

私ホルマリン、4月より異動が決定したのです!!!
やっと上司と離れられる!

新たな勤務場所は同じビル内の別フロア。
業務内容が今までと全く異なるので不安でいっぱいですが、心機一転、頑張りたいと思います。

異動に際し、数日間の休みを頂いたので今はゆっくりしています。
「後日公開」と言っていた東京旅行のネタ、申し訳ありませんがもう少しお待ち頂けますか。
今回はブログ休止中の2カ月間をダイジェストでどうぞ。

エリオくん車検

私の可愛い愛車であるスズキエリオ君、購入してから初めての車検でした。
なにしろ10年落ちの中古車ですのでいくつか問題もあったワケで…。
マフラーが腐っていたらしく、交換作業で1週間ほど預けることになりました…。

代車はスペーシアカスタム

何と走行距離7キロの新車でした!
軽自動車、初めて運転しましたが小さくて扱いやすいですね♪パワーが無いのが気になっちゃいますが(^_^;)
この時期ちょうど体調を崩しており、コレで病院に行ったりなどお世話になりました(笑)
他にも色々用事で使わせて頂いたので、走行距離はあっという間に50キロ程に。
愛着の湧くような車では無かったけど、返す時はやっぱり寂しかったですね…。

ちなみに車検費用、マフラーまるごと取り換えたので中々のお値段に…(^_^;)

久々のおもしろガチャポン

「日本信号 ミニチュア灯器コレクション」
最近のガチャポンの中で久々にビビッと来たのがコレです(笑)。発売予告を見つけた時から楽しみにしていました。
第一希望は押しボタンでしたが、何と一発でゲット!
そして2回目で第二希望の歩行者信号を引き当てるという奇跡。相変わらずガチャ運は最高です(*^_^*)。
ご覧の通り完成度は抜群。しかも光ります。これで300円は安すぎると思います。

須田さんの自己啓発本を買う

私の尊敬する人物は赤瀬川原平氏と都築響一氏、そしてSKE48の須田亜香里さんである。
この度めでたく単行本を出版されたというので発売日に即購入!
何やら帯にスゴい事が書かれていますが(笑)、見習いたい事柄が沢山書かれていて、読んでいると何だかやる気が出てきます。
まさに超ネガティブ社会人の私が読むべき本だと思います。

そして…さようなら。

最終出勤日にはこんな立派なものを頂いてしまいました。まだ咲いていないお花があるので、枯らさないように育ててあげないと。
件の上司、ひと言で悪い人だとは言いきれない方なんですけどね(仕事外ではよくフォロー頂いていましたし)。

上司から、最後にアドバイスを頂きました。
第一印象と積極性には自信を持った方が良いよ。あと、正直すぎる所があるから今後気を付けてね」と。

全くその通りですわ。1年間ありがとうございました。
私の社会人1年目は、こうして幕を閉じました。


…こんな感じですかね。
皆さん、先ほども述べましたが東京旅行のネタはもう少しお待ちください…。m(__)m
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2ぶんの1関東フリープラン

2017-02-02 23:44:59 | 旅行(道外)
皆さんお待たせしました。
1/22~26に関東へ行っておりましたので、その模様をダイジェストでお伝えしたいと思います!(^-^)

なぜ「2ぶんの1関東フリープラン」なのかと言いますと、実は今回の日程、半分旅行で半分仕事という少々特殊なものだったのですよ。
もともと、友人2人から「俺たち1月末に●●(某アーティスト)のライブ行くんだけど、ホルマリンも来る?
との誘いがあり、「ライブは行かないけど東京付いてくわ~!」ということで決定したこの旅行。
出発の2週間ほど前、ちょうど同時期に東京で研修がある旨連絡を受け、それじゃあ旅行と合体させちゃおう!ということで上司に許可をもらい、飛行機代を会社の経費で落としてもらう事に成功しました(笑)。

旅行カバンにスーツと研修用の資料を詰め込みいざ出発。
道中はありとあらゆる体験をすることができ、久々にエキサイティングな日々を過ごす事ができました♪

1月22日(日)
友人2人と共に、新千歳空港へ。
飛行機に乗り込みいざ離陸!というところで突然の強い雪。
1時間ほど様子を見てなんとか離陸できましたが、その後の便は天候悪化のため終日欠航となったようです。危なかった…(^_^;)。


辿り着いた東京都内は気持ちの良い冬晴れ!
さっそくゆりかもめに乗ってお台場へ。

・今回のメインその1「マダムタッソー東京

前田敦子と2ショット(*^_^*)

各国の著名人がたくさんいらっしゃいました!よく出来てる!!
 ※後日、別記事にて詳しく紹介します!


友人たちお目当てのライブまで時間が無いので…。
駆け足で回り、すぐに代々木のライブ会場へと移動。
私はチケット持っていないので会場内へはもちろん入れません。
ライブが終わるまでひとり別行動です(^-^)

…え?寂しくなんかありませんよ。
この時間を利用して気になっていた場所を訪問してきましたから。




…道中、思いがけず聖地に降り立つことができました!(*^_^*)
乃木坂といえば乃木坂ですよね(笑)。このホームはCDアルバムのジャケット写真で使われた場所なのですよ。「君の名は希望」の発車メロディーをナマで聞けて感無量です。

…その後、地下鉄に揺られること数十分。

・今回のメインその2「●●の●●●●

ホラー注意かも。夜に訪問したので結構怖かったです。
 ※後日、別記事にて詳しく紹介します!


周辺をフラフラ散策した後、代々木へと戻りライブ終わりの友人2人と落ち合う。
ずいぶん楽しいライブだったようです。いいな~(^^)

既に時間は夜10時を超えていますが、そのまま皆で千葉在住の友人宅へ向かいます。
東京研修20日間の合間に訪問した、あの友達のお家です♪
共通の友人なので今晩みんなで泊まりに行くことになっていたのでした。

千葉の田舎にあるため移動にかなり時間がかかり、到着したのは深夜0時。
移動の連続でみんなヘトヘトでしたが、そのまま友人宅で4時まで鍋パーティー


1月23日(月)
この日は友人のボロボロの軽自動車に乗りこみ、みんなで千葉県内をドライブ。
相変わらず天気が良く、とても気持ちが良かったです(^^)

九十九里浜

関東といえども、やはり1月下旬は寒いですね~(^_^;)
みんなで写真撮るのに夢中になってしまい、仕事用の革靴が海水に浸かってビチョビチョに…(笑)。


道中、友人の車にこんなの貼りました(笑)。

成田山新勝寺



以前の千葉県一人旅で立ち寄る事が出来なかった場所なのですが、今回やっと訪問することが出来ました(*^_^*)。
友人たちと参道を歩く時間はそれはそれは楽しいものでした♪


友人2人は一足先に札幌へ帰るため、ここでお別れ。
私のみ友人宅にもう一晩お世話になりました(^_^;)。
助かります…。

1月24日(火)
友人は仕事があるのでお別れ。ホント、2泊もお世話になりましたわ。
札幌に帰ってきたらまた飲みに行こう!と固い握手を交わし、ひとり東京都心方面へ移動。

会社の研修が明日に控えていますが、本日は1日フリーです。
この機会を利用し、ちょっと遠くへ足をのばしてみました。

・今回のメインその3(スーパーお楽しみタイム

中学生の時から行きたいと思っていた場所を訪問する事ができました!
想像をはるかに超えていました(^_^;)。乞うご期待。
 ※後日、別記事にて詳しく紹介します!


東京都内に戻ったのは夜8時ごろ。
予約していたホテルへチェックインし、翌日の研修に備えて眠りにつきました。


1月25日(水)
朝から晩まで会社の研修です。特に述べる事はございません。
ただひとつ。本部のお偉いさんとの懇親会が終わってホテルでくつろいでいると、夜中に電話が。
出てみると部長だった!!
ビビッたぁぁぁぁ!!(汗)

札幌へと帰る前に、なにやら重要な任務を任されるコトに…。


1月26日(木)
突如与えられた任務のため、朝から東京都心の某所で部長とお会いする。
なにやらよく分からない書類を渡され「これ届けてきて♪」とのこと(^_^;)。

仕事上の事なので詳しく言えませんが、届け先は一般人ならほとんど行く事のない所だったので緊張しました…。
重要書類(らしい)ので移動中は常に気を張っていましたが、なんとか任務完了。

羽田空港から富士山が見えました!!

実を言うと、富士山をナマで見られたのは人生初でした(^_^)
今回の滞在期間中は常に天候に恵まれていましたね…。

ということで、色々あった関東での5日間は終了。
訪問したそれぞれのスポットについては今後詳しくご紹介しますので、お楽しみに(^O^)/
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京へ逃げてくるわ。

2017-01-22 01:16:21 | どーでもいい日常
皆さん、全く更新できておらず申し訳ありません。
せっかく頂いたコメントにもお返事できておらず、失礼いたしました。

…このお詫びコメントも何回しているか分かりませんね(^_^;)


さて、仕事が繁忙期でいい加減疲れてしまったので
友達と東京旅行に行ってきます。

意外と珍スポット紀行になりそうな予感。
とても楽しみです♪

え~、加えて東京の本社へ行かなくてはならない予定が出来てしまったので
何だかんだ言って5日間ほど北海道を離れる事になりました。
そのため、まだ1週間ほどブログ更新できそうにありません。ゴメンナサイ。

半分旅行、半分出張という今回の東京突入計画。

ちなみに今回の飛行機代、
会社の経費で落としてもらっています。
うひひひひ。

…それでは、行ってきます(笑)
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加