中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

屈斜路湖 阿寒湖 (釣り編、午後)

2019-05-30 20:45:04 | 阿寒湖の釣り
阿寒湖、午前の部はこちら



阿寒湖の釣りは昼休みということにして屈斜路湖へ向かうことにする。

せっかくだから観光でも・・・




阿寒湖と繋がっているパンケトーとペンケトーが見られる双湖台です、パンケ
トーは微かに見える程度でほぼペンケトーしか見えません。


ペンケトー、真ん中左寄りにパンケトーがちらっと見える。


どちらの湖も許可が無いと入れません、魚類の生息がどうなっているのか気に
なるところですよね。

双湖台にある建物だが現在は使われておりません。


こちらは双岳台、右の大きいのが雄阿寒岳で左奥に小さく見えるのが雌阿寒岳、
どちらも火山だけどいつも煙を吹いているのは雌の方ですね。


屈斜路湖の釧路川流れ出し地点です。


丁度お昼なんで道の駅で買ったエゾシカバーガーを食べた、悪くはないんだけど
食べづらくて最悪。


ウグイの群れが入っているので遊んでみたが産卵行動に入っているのでほぼ無反
応でありました。

なんせ数が多いのでスレ掛かりしてしまう、これ一匹で釣り終了とした。


阿寒湖と比べて魚の気配が薄いですかね、しかし大物が数多く生息しているのは
事実のよう。


ツボスミレなのかな?


「にぶし温泉 屈斜路湖荘」で温泉に入り阿寒湖へもどることにする。

硫黄山の横を通った。





日が暮れるまで阿寒湖で頑張ればもう一発大物が来るに違いない。

しかーし・・・

さっきまで晴れていたのに阿寒湖方面が黒雲に覆われてきた、そして雷が阿寒湖に
堕ちたように見えた。

そして土砂降り・・・


どうにか止んだようなので「硫黄山川(ウグイ川)」河口に入った。

河口に入っているこちらの方は我々より先に終了したようだが釣れたかどうかは
分からない。


こちらの方も釣れたかどうかは分からない。


風強く波もある、釣れる条件として微妙な感じ。

手を変え品を変えしぶとくやっていたがジグミノーで何か掛かった、ジグミノーで
釣れるのはマス類に違いないと思ったが・・・

いい型のウグイでございます、私はこれのみで終了でございました。


ノーヒットの妻に何か釣らせたいところだ、私の予想で釣れるであろうポイントを
まかせた。


しばらく沈黙が続いたが・・・

根掛かりのようなアタリからドラグが滑り出し何もできない状態、横で見ていたが
ロッドの動きから推測すると鯉ではないと思う、これは60センチアップのニジマス
かアメマス、あるいはイトウに違いない。

しかし、残念ながらバレてしまった。

使っていたルアーはスプーンである、着底から動き出した瞬間に止まったそうだ。

凄いよ・・・阿寒湖。

こちらのフライマンはいいのが釣れたみたい。


暗くなるまでもう少しやれたはずなのだが又雨が降ってきた、小雨なら我慢もする
がザーザー降りである、後ろ髪引かれる思いで湖を後にした。

キャンプ場へ帰る途中で見かけたエゾシカ。


温泉街に寄ってお土産と夕食を買ったがコンビニで雨宿りするほど降ってたね。

キャンプ場に戻ったら雨は上がった、どうやらテントも無事のよう、夜中に降らな
ければ幸いだが。


ルアーランキング

写真日記ランキング
コメント

阿寒湖 (釣り編、午前)

2019-05-28 17:33:54 | 阿寒湖の釣り
「阿寒湖畔キャンプ場」の開設期間は情報によると6月からとなっているが実は
5月中でも開設している、当日はたまたま「〇〇高校山岳部」の貸し切りだった
けど「端の方で設置していいです」とのことで事なきを得た。

昼間は暑かったが夕方から涼しいを通り越して寒さを感じた、早朝は薄暗い
うちから野鳥が囀りはじめ自然と目が覚めた。

早朝は寒いのでオイルランプを点灯して暖をとる。



釣りのスタートは7時からと若干遅いけど問題ありません。(nikon D7000 16-85㎜)


大島前に入りました。


久しぶりの阿寒湖、以前と何も変わってなかったです。


本日の道具はロッドがフェンウィックのFS60J、リールはABUカーディナル33、
この組み合わせは験がいいので釣り再開に相応しい。


妻用のロッドは「スミスMAGICAL TROUT MTS-56HUL」とこちらも渓流で使う道具
立てだがルアーの釣りは対象魚までルアーが届けばいいのでOKです。



スプーンを主体にやっていたが反応が無い、定番のワカサギプラグでも反応が
無い、たまにライズがあるがユスリカに出ているのだろうか? となるとルアー
では厳しいかも。

こんな時に私が使うのが管釣り用のルアーですが読みが的中。

ぐももっ・・・というアタリで合わせるとヒット。


金色のアメマスです。


40センチくらいでしょうかね、これで十分満足です。


景色を眺めながら幸福に浸っておりました。



風も出てきてフライだと厳しい感じだ、ルアーでも軽いプラグだと飛距離が出ない、
スプーンに替えて底を探っていたら目の前3メートルくらいのところでヒットした、
しかし刺さりが浅かったのかバレてしまった、サイズは40センチ無いくらいだが
悔しい。

その後、アタリも出なくなった、完全に見切られている。


意表をついて管釣りルアーに切り替えて第一投・・・


目の前でズドンと来た、重量感とパワーはなかなかのもの、ドラグが滑り出す。


葦に入られそうになり焦ることも何度か・・・


ネットが無いので岸まで誘導・・・


55センチ前後くらいでしょうかね? 大物と呼んでもいいサイズです。


いい顔してるよねー・・・(魚は全てリリースしています)


久々の釣りだったが腕と勘は衰えて無かったと思うよ。

妻はアタリも無かった様子。


9時ころに阿寒湖午前の部は終了。



屈斜路湖に移動します。


ルアーランキング

写真日記ランキング
コメント (2)

阿寒湖 釣り旅行 後編

2014-05-23 20:30:07 | 阿寒湖の釣り
前編はコチラ


2014.5.21

訳ありの部屋だったが事件は起こらなかった・・・薄い布団が腰に響いた
くらいのトラブルはあったが。

私一人で朝飯前の一振り。(6時頃)

風も弱く特に寒くもなく絶好の釣り日よりである。


ライズリングがあちらこちらに見られた。


ルアーは荷物が少なくて助かる、散歩しながら釣りができる。

カーディナル4とフェンウィック FS60J


2度ほど追いが見られたがヒットせず・・・

脱走ニジマスとサクラマスか? どちらも30センチ台だと思う。

ウォーミングアップにはなりました。

クリンソウでしょうか?


チェックアウト後は昨日反応のあったポイントに直行した、先行者が入った
後だったが湖の場合あまり影響は無いだろう。

ええ・・・フライで頑張りました。

9番ラインはやっぱり重いかもしれない、低いところを飛行しているように
感じる、8番にするべきだったか・・・無いけど。

集金のおじさんがやってくる。

おじさん情報によると、この場所に先に入った人はウグイばっかりだったそうな、
陽が高くなってからはウグイも出なかったとの話。

移動します・・・

コミヤマカタバミ




ルアーで広く探れば何か出るかも。


カーディナル4とSAKURA TROUTER 7Lの組み合わせ。


考え付くものは全て試したが反応は皆無。

流れが感じられない・・・真正面に投げるとそのまま戻ってくるだけ。

4センチ程度のワカサギの行き倒れが今のパターンだろう、ライズのいくつかは
それを捕食しているものだと思う。

ユスリカも出てきたようだ。

撤収・・・


次回に期待、行ければですけど。


観光しつつ帰ります。


以下、画像が続きます。

オンネトー






トイレです。


コミヤマカタバミ


いろんなスミレが咲いておりました。












エゾオオサクラソウ
















オオバナノエンレイソウ


ナイタイ高原
















足寄 「里見が丘公園フラワー園」










ジムニーの燃費は18.4キロでした。

Nikon 標準ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR ニコンDXフォーマット専用
クリエーター情報なし
ニコン


RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV 175720
クリエーター情報なし
リコー


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ルアーフィッシング ブログランキングへ
コメント

阿寒湖 釣り旅行 前編

2014-05-22 20:26:56 | 阿寒湖の釣り
3年ぶりの阿寒湖釣行でしたが、結果から先に言っちゃうとかすっただけで
終わってしまいました。

魚の画像は出てきませんので念のため。


釣りを交えた阿寒湖旅行の記録ということで。


2014.5.20

早朝6時過ぎに家を出た、阿寒湖に向かう時はいつもこの時間帯だ、釣りは
早朝か夕方にやるものだと相場が決まっているが無茶はできない歳なので。

釣り目的とはいえ道中も楽しむのが私達のスタイル、高速道路は使わずに
下道をチンタラ進みます。

道東道が開通してから石勝樹海ロードも日勝峠も交通量は激減したようだ、
下道マニアの私としては嬉しいが沿線の商店は閑古鳥が鳴いている。

日勝峠を越える女性ライダー。(ミラー越し)


平日だからか仕事車がほとんどである。


新緑と残雪が綺麗だ。


「美蔓パノラマパーク」より、この山を越えてきた。


鹿追を通り過ぎて・・・


道の駅「うりまく」にて。


東瓜幕あたりで。




ツーリング日和ですね。







(矢印は除雪の指標)

道の駅「あしょろ銀河ホール21」にて昼食。

旅立つぃ・・・






私の手は普通の大きさだと思うけど・・・小さいよね。


「茂足寄PA」付近より雌阿寒岳と阿寒富士。


14時前に阿寒湖に到着しました。

釣り券を購入し、とりあえず桟橋から釣りスタートです。

下手なダブルハンドを披露するのは気が引けるのでルアーでやります。








渋いです・・・追い(ルアーを追ってきた魚が見えることがある)も見られない。

真昼間から簡単に釣れるものではないけどね。(過去には釣れた時もあったけど)

キナチャウシに移動です、フライを出します。


フライではやりにくい場所だが距離を出さずとも釣れるポイントである。




左右とも葦が生えていてバックも近い、ロールしかやりようがない、右から
吹く風が微妙だ。




引っ張りの釣りでロールキャストだと忙しくてたまらん。

移動します・・・

ヒメイチゲがそこかしこに咲いていた。


コミヤマカタバミも多いですね。


おもいっきりロッドを振れるポイントです。


ダブルハンドのグラスロッド#6にシングルハンド用ラインWF9Fの組み
合わせです。

正直言って、ラインが重いのか軽いのかの判断もつかない。


右から嫌な風が吹いていたがフルラインが出るとか出ないとかのレベルには
ほど遠い。

そんなこんなしているうちに何か掛かった・・・

直ぐにバレてしまったが徒労ではないことが判明して少し嬉しい。

時折ライズがあるが、鯉と鱒が半々くらいかな?

行き倒れのワカサギも見られるのでフローティングワカサギを使うのが王道
でしょうかね、引っ張りの釣りは分が悪いかも。

その後、何事も起こらず終了。






ミヤマエンレイソウは見かけたがノーマルのエンレイソウは見ていない。






宿泊ホテルは「阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香」 ちょっと訳ありプランです。

「山側低層階だからお得!」ってやつです、事故部屋じゃないですから。(たぶん)

二人で2食付き&飲み物で税込15,690円でした、一人7,845円でオッケーよ。


※ 過去に利用した宿泊施設です。

ニュー阿寒ホテル
四季彩リゾート・ホテルエメラルド(現 阿寒湖鶴雅ウイングス)
ホテル御前水
ホテル阿寒湖荘
阿寒ビューホテル(廃止)
東邦館
山水荘
あかんパークイン(廃業か?)
温泉民宿山口
阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香

※ 阿寒ロイヤルは何となく避けてるけど次は・・・

食後の散歩。




アイヌコタン




阿寒湖 どんぐりの森


後編に続く


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
ルアーフィッシング ブログランキングへ
コメント

阿寒湖へ

2014-05-19 16:13:11 | 阿寒湖の釣り

(阿寒湖の鯉とフェンウィックFF1106-3J)


明日、阿寒湖へ出発です。

コメント欄は閉じておきますので悪しからず。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)
釣り・フィッシング ブログランキングへ
コメント

阿寒湖 2011.6.19 ②

2011-06-22 21:43:04 | 阿寒湖の釣り
キャンプ場に戻ってからも雨は降ったり止んだりを繰り返して
おりました。

雨は予想していたのでカッパとゴム長靴で武装しております、
開き直ってしまうと全然気にならないですね。

夜飯も焼き物でそれなりに楽しめました。


思いのほか熟睡できたので元気です。


朝は晴れておりました。


やはり反応は渋いです・・・こうなったらルアーのサイズを
落として 「とりあえず一匹」を 狙うことにします。

狙いは的中でしたが・・・


ウグイさんでした。


スプーンは2.5グラムです、このサイズを中心に粘ること
数分・・・

とりあえずアメマスが出ました、小さいけども。


その後40センチクラスを目の前でバラしてしまった、ニジマスと思う。


妻は今回釣れませんでしたね。



何虫だったっけか、後で調べます。

「ヨツボシヒラタシデムシ」と判明。



シノ氏と合流・・・彼も不調のようでした。

その後はどうでしたか?


天気は良くなったけどね・・・もう一日欲しいです。



次回こそはいい釣りがしたいですね。


阿寒湖を後にしました。


明日から帰り道編が始まりますよ。
コメント (5)

阿寒湖 2011.6.18 ①

2011-06-21 21:58:23 | 阿寒湖の釣り
今期2度目の阿寒湖釣行となりました。

なんせ遠いので気軽にホイホイ行けないところがアレですね、
近いなら毎週行ってもいいくらいなんだけど。


そして今回も天気が悪いのです。


しかも不安定な天気の中キャンプなんですね。

昼飯はささやかながらシノ氏を招待して焼き肉です、焼き肉セットは
荷物になるけど持ってきて良かったですよ。

シノ氏は前日から入っていたけどパッとしない状況だったとかです、
それでもニジマスが出たと言っていた。


たまに雨が降ってたけど3人までなら大丈夫でした、手前シノ氏、奥は私です。


旧式のテントは撥水機能が駄目になっておりました、水滴が伸びるん
だよね。

そこそこ大きいので二人だと余裕でしたよ。



どよんとした阿寒湖・・・




たまに巨大な魚が飛び上がるがそれは鯉、騙されてはいけません。




センダイハギかねえ・・・今年はやたら見かけます。


コンロンソウだと思う、丁度満開の時期のようでした。



移動しました。


こちらもなんかシャキッとしない雰囲気なんだよね。


カモの家族が遊んでるしね。



それでもモンカゲがチラホラ出てきました、期待度がアップして来た時に
花粉が押し寄せる。

さらに釣れない雰囲気が盛り上がります・・・?


シノ氏はここで一匹上げました、やはりフライが有利なのかな。


一番いい時間帯にマトモに雨が降ってきた、今日はこれまでとします。

結局初日はゼロでございます、カスリもせなんだ。
コメント

阿寒湖より

2011-06-19 22:22:09 | 阿寒湖の釣り
帰ってきました・・・

今回もキビシイ釣りになっちまいました、それでもキャンプも
楽しめたし全体的には良かったんじゃないかな。

ちょっと疲れました。
コメント

回しに行くべか

2011-06-10 20:34:59 | 阿寒湖の釣り
うーむ・・・なんか疲れた。

無駄になると思われる仕事がいろいろあるんだが・・・




回したいですね。



阿寒湖に行きたいと思ってます・・・「又ですか?」なんて言わないでね。



これは阿寒湖の 「アウル」 で買ったのです。



使い道がいまいちアレだけどいいでしょ。


18日~19日あたりかな・・・たぶんキャンプ。
コメント

阿寒湖 2011.5.5 最終回

2011-05-07 19:19:10 | 阿寒湖の釣り
最終日です、最後に花を咲かせたいですね。

今回は過去に例が無いちべたい釣行となりました、初日は寒さで心が折れました、
二日目もほとんど状況は変わらず、そして最終日は・・・



ワンパターンだけどキナチャウシ湾です。

入りやすいってのもあるけど実績もあるのです、今回はアレだけど。

天候も落ち着いてきました、最後に大物が出ればなぁ・・・



気合が入る妻。



先陣を切ったのは妻でした、今回初ヒットです。



型はイマイチだけど綺麗なアメマスでした。



狙い撃ちですかい? シノさん。


次に沈黙を破ったのはシノ氏でした、渋い状況で大物を上げるとはさすがです、
しかし、どうやって?

彼が使っていたルアーは 「管釣りもの」 でしたよ、普通使わんでしょ・・・
○○ン○○○ピ○ー○なんて。

発想を変えなければイカンということですね、邪道だとは思ってないですよ。
(妻が密かに○○ン○○○ピ○ー○を手配している)

シノ氏の一発、48センチあります。



悩めるA氏、悩んだ数だけ成長するのです。



ところで、私ですが・・・アタリもカスリもしなかったのです。

なんなんだろうねぇ・・・マトモな人間には釣れない状況だったのかな?

シノ氏を見習わないといけませんね。



私達夫婦は11時前に終了しました、その後はシノ氏・A氏はどうだったの
でしょうか、情報をお待ちしております。

何か出たのなら写真もヨロシク。



帰りの昼食、 「プチレスト鷹の巣」 のもみじ丼です、これで500円とは安いと思う。




明るいうちに帰ってこれました。

クレーンにぶら下がっているのは鯉のぼりです。


又皆で行きたいですね。

(今回使用したカメラは「リコーGX200」と「キャノンPowerShot A550」です)

                         終わりです
コメント (4)