中年男の一言 「ヒデの日常」

サイクリング・トレッキング・釣り等を通して北海道の自然を紹介、カメラはニコンD7000がメイン。

体調不良?

2009-11-30 19:58:44 | 健康&パワーアップ
今日は月曜日だったな・・・実は土日月と3連休になってしまいました。

土曜日は昼間から寒気がしましてね、夕方からは胃といわず腸といわず、
モヤモヤと不快だった訳ですよ、「こりゃやばいわ」というわけで薬飲んで
寝たんですが夜中に発熱しておりました。

日曜の朝は思ったより気分が良かったけど、大事をとって大人しくしてました。

昼過ぎにはすっかり治ったと確信したので、軽くランニングに出てみました。

街中の3キロコースですが走り始めると体が軽いのですよ、2週間ぶりなのに
これは意外でした、汗もあまりかかずに走りきって17分50秒だから上々です、
障害物競走みたいなコースですからね。

そして、夜になると又もや寒気と腹部のモヤモヤが発生しました。

今朝は朝から体調不良、戦意喪失で出社拒否してしまいました。

でも・・・昼には回復したので用事を済ませに外出、しかも移動時はランニング
です。

さて、明日は出社できるのでしょうか。
コメント (3)

気になるバイク

2009-11-29 19:38:22 | バイク
ヤマハのページを見ていたら「SR400」が復活しておりました、生産終了
してから1年以上たってからの復活です。

SR400は2000年モデルを所有していたことがあります、フロントブレーキが
ドラム仕様やつです。
カタログスペックは27馬力と250CC並でしたが、低速トルクの強さでズドド・・
と押し出す加速はなかなかのものでした。

車重も軽いしシート高も低いので安心感のあるバイクです。

所有欲をそそる外見です、価格も577,500円と手ごろですね。


カワサキで気になるのは「250TR」です、シンプルな単気筒エンジンが
好きなのでこれもいいですね。

シート形状とタンク容量が少ないのが気に入らないけど改造すればどうにか
なりそうですね。

388,000円とお安くなっております。


ホンダは単気筒モデルで魅力的なものはありませんが、4気筒の「CB400
は好きですよ。

4気筒だけどボリューム的にコンパクトだから乗りやすいと思いますよ、
だけど普通に走る私にはパフォーマンス高すぎかな。

大体800,000円也の高額バイクなので買えやしないです。


スズキは私の好みに合うのは無かったです、今後に期待。

バイクが売れない時代だそうですね、90年代と比べると車種は激減です、
売れない理由はいろいろあるでしょうけど、私が買わない理由はいいのが
無いのとやたら高価になったからです。
コメント (4)

カーディナル3 1983年ものと復刻もの

2009-11-28 17:41:26 | ABU Cardinal
昨晩から湿った雪が降っていて、今朝は雪景色となっておりました。
気温が高めなのでグッチャグチャですね、今日はパソコンのアップグレート
とかのインドア作業の一日でした。

古い雑誌の切り抜きが出てきました、1983年9月の「北海道の釣り」の広告
です。

この切抜きを握り締めて釣具屋に走ったのを思い出します。




安かったですね、確か「3」は15000円しなかったと思います、ただね・・・
当時の給料は今の半分だから、経済的負担は同じかそれ以上でしたね。

このリールの使いやすさは最高でした、スムーズな巻上げと感度は国産の
比ではなかったですね。
復刻モデルで問題になっている「後ろ巻き」は、私のオリジナル3では見られ
なかったです、ていいますか・・・復刻モデルが問題を抱えているとは夢にも
思っていなかったのです。

1990年頃に復刻になった「33」は、オリジナルの「3」と比べると使えない
リールでした、私の「33」はもろ「後ろ巻き」でベールもスパッと戻らず、
トラブルの連続ですぐにお蔵入りとなりました。

オリジナル「ABU Cardinal3」です、今は使用してません。(SWEDEN製)


復刻モデルと比べるとハンドルが長いです、内部はギヤも違います。


こちらは「ABU Cardinal3E」ですが復刻モデルの問題点はほぼ解決しており
ました、大体30000円くらいです。(日本製?)


「3E」は塗装が薄いです、指で挟んでいるところは早くも剥がれました。


復刻モデルの「後ろ巻き」の原因の一つはこれです、いろいろネットを見て
いてもここに触れてる人が居ないので上げときます。

ラインローラー関連のパーツですが、長さかあるいは穴の位置が違っているの
ではないでしょうか。


      左 オリジナル3                 右 復刻33



1ミリほどオリジナル3の方が前に出ることになりますよね、復刻モデルの
対策修正も1ミリくらいだから合致するしね。

あらためて、ローターのガタも比べてみたらオリジナル3が一番小さかった
です、ラインローラーの穴の位置とガタの修正で完璧なものが出来たのに、
メーカーさん、ちょっと失敗でしたね。(見切り発車?)

復刻物で苦労されてる方は、いろいろ修正方法が公開されているので試して
下さい、きちんと修正されればオリジナルとの差はありませんから、そして
長く使ってみてください、一生手放せないものとなりますよ。


人気ブログランキングに参加しているんだよ。
(「Ctrl」+クリックで、ページを変えずに投票できます!)

ルアーフィッシング ブログランキングへ
コメント (20)

「7」完了

2009-11-28 09:57:21 | 雑多なもの
今朝から「7」をインストールしておりました、トラブルは一個だけ
ありましたけど難なく解決してインストール成功です。

なんだかんだ2時間くらいかかりましたよ。

ハードとソフトは全て正常に動作しているようです、めでたしめでたし。

素人なんでドキドキでしたよ、ホント。

それはそうと何がどうなったのか良くわからんのです。
コメント (1)

「7」化計画

2009-11-27 21:12:07 | 雑多なもの
只今「7」にグレードアップ作業中であります、こういう作業は良く
分からないのですがなんとか進んでおります。

とりあえず、外付けハードディスクを購入しデータのバックアップは
終了いたしました、私のはビスタからのアップだからバックアップは
絶対必要な訳ではないと思うけどね。

「7」にはメールソフトが無いとかの話なので事前に富士通の「@メール」
に乗り換えました、この作業もやっとこさです。

明日はいよいよ「7」をインストールしようかと思ってます。
コメント (5)

釣り道具

2009-11-27 12:50:40 | 雑多なもの
釣り道具のカテゴリーを追加しました、これからも随時変更・改良していく
のでよろしく。
コメント (2)

海アメマス探索の旅 ③

2009-11-26 21:33:37 | 釣り
さて、一日空いてしまいましたが、海アメマス探索の旅の続きです。

22日の夜から雨でして23日の朝も続いておりました、雨の中の釣りは
厭なので積丹へ向かうことにします、昼頃から晴れるとの予報なのでそれに
賭けることにしました。

本当は昨日大勢が訪れていた大平川の河口に入るつもりでした。

北へ向かい車を走らせます。

寿都町付近です、風力発電がふえましたね。


これも寿都町にあります、地図で見ると「旧佐藤家」となっておりました。


海岸沿いはトンネルが多いです、トンネルを抜けると・・・


岩内町です、雨は小降りになりました。


岩内港のフェリー埠頭に寄ったところ釣り人が大勢訪れておりました。

釣れていたのはイワシとカレイですね、イワシと思われる魚はサッパと
呼ばれてました。


フェリー埠頭になぜか「アテナ像」がありました、最初アニメのキャラかと
思いましたよ、3m程の高さで相当お金がかかってます。


いちおう噴水施設みたいだけど終了しております、それよりか誰も寄り付かず
寂しそうですね。


説明文・・・長いから核心からです。


積丹、西の河原付近です、神威岬が見えてます。


どうにか雨はあがりました。

野塚海岸です、条件的には悪くは無いのですが魚気が無いですね、やっぱり
少し時期が早かったようです。


積丹海岸は島牧海岸と比べると若干浅いので28g程度のジグがいいですね。


今回は不発に終わりましたが、22日の大平川河口ではホッケが爆釣だった
みたいですね。

今回はちょっと巡り合わせが悪かったみたいです。       終わり
コメント (2)

グレードアップ

2009-11-25 21:26:18 | 雑多なもの
パソコンを7にグレードアップしようと思い、まずは外付けHDを購入
しました。

セットアップは簡単に済みましたが、添付の「Picasa」というソフトを
インストールしたら何故だか全ての画像をここに取り込み始めました。
余計なものを勝手に取り込んだと思い、入ったものを全て捨て、ソフトもアン
インストールしたところ、従来の写真が全て表示不能となり又取り込みも
不能となりました。

ゴミ箱に入ったものを全て元に戻したところ復帰しましたが、そもそもHD
の使用方法が分からんのです。

最初からやり直しか?


とりあえず外付けHDにデータをバックアップしてから7にグレードアップ
しようと思ってるけど、いつになることやら。
コメント (6)

海アメマス探索の旅 ②

2009-11-24 20:11:52 | 釣り
当日は「ちはせ川温泉旅館」にて宿泊でした。

島牧村の千走川沿いに5キロほど入ると左側に現れますが、油断すると
通り過ぎてしまいそうな佇まいなんですね、だけどもお客さんは結構来て
ましたよ、外見に似合わず人気温泉宿なのでした。

玄関横には村田基さんの写真がドドンとあります、その他有名釣りプロの
写真や色紙がびっしりです。

『フィ~~ッシュ』の村田基さんです。


故 西山徹さんの色紙です、彼が居なかったら私の阿寒湖通いは無かった
かもしれません、一度会いたかったですね。


7900円の宿泊プランですが、料理は満足満足です。

帆立貝とツブ貝ですがツブ貝は生きております、これを焼いていただきます。


毛ガニ半分です、たぶん冷凍ですがお味は良かったですよ。


帆立貝とサーモンの刺身です、生きが良かったですね。


ニジマスの塩焼きですが、欲を言えば岩魚か山女魚だと嬉しかったですね。


そのほか立派な天婦羅など付きまして、全員満腹&満足でありました。

「ところで皆さん釣果はどうでしたか?」

知っていながら聞くのもなんですが、『実は60アップが釣れてねえ・・・』
なんて言い出す奴が居るかとヒヤヒヤ。
ええ・・仲良く全員「ノーフィ~~シュ」でございました、足並みを乱す奴は
おりませんでした。

温泉は湯質&湯温共に最高でしたが、小さいのが残念ですね、露天風呂は
使用不可のまま放置はいただけません、多少お金は掛かっても改修すべき
ですね、それでお客が増えれば元は取れると思いますよ。

明日も海アメマス探索は続きます。
コメント (7)

海アメマス探索の旅 ①

2009-11-23 20:51:40 | 釣り
突如決まった「温泉&釣り」ツアー、1日目釣り編でございやす。

島牧は海アメマスのメッカです、道内広しといえども大型の海アメが釣れる
地域は数か所だと思います、この地は日本全国のルアー&フライフィッシング
愛好家の憧れの地です。

そこで、釣りをしない、あるいは海アメマスがなんだか分からない人の為に
軽く説明をいたします。

渓流魚で有名な岩魚(イワナ)はご存じですよね、鮭科の魚です。

山奥の温泉旅館とかで塩焼きで出されるアレです、塩焼きサイズは20㎝程度
ですね、普通山奥の渓流で釣れるのは大体そんなもんです、30㎝を超えると
大物となります。

岩魚は北方系の魚なので、本州では水温の低い山奥の渓流のみ生息できます、
これは陸封型と呼ばれてます、大昔気候が寒かった時代から温暖化するに
あたり生息域が山奥に追いやられたのですね。

気候の涼しい北海道では岩魚が海へ降ります、ダムなどが無い自然河川では
季節によって川と海を行ったり来たりしている訳です、これが本来の岩魚の
姿だと思います。

海アメマスと呼んでるのは、海に降りた岩魚なんです。

海に降りた岩魚は鮭科特有の成長の速さを見せます、海の豊富な餌を食べ
ドンドン大きくなります、島牧海岸で普通に釣れるサイズは40㎝ほどですが、
中には80㎝を超えるものが釣れます。

60㎝程度を釣っても威張れないのが島牧の海アメマス釣りなんです。

釣りに関する詳細は「海アメガイド」を見るといいです、実績を元に作られた
現場の情報です。

アメマスは漁業資源としては重要視されていない(害魚扱い)ので研究も
あまりされておらず、生態が良く分からないことも多いそうです。

釣り人レベルでの一般常識として、釣れ始めるのは雪が積もる11月下旬から
6月中旬までと言われてます。(島牧など道南方面)

大体の説明でも長くなりました、専門家レベルだと一冊の本ができるとの
話だそうです。

札幌を出発したのは8時過ぎです、本日は宿泊なので余裕かましてます。

呑気に、釣りを始めたのは13時頃のことです、シーズン初期なので河口周辺
がいいのかな? ということで泊川河口です。

波も丁度よい高さで風も弱く釣りをするぶんには快適でした、だけども
枯れ葉が多数漂っており、少しばかり難儀でしたね。


仲間のM氏の足元と波打ち際の黒いのは枯れ葉です。


河口付近に佇むS氏とKI氏、こちらも難儀していたようです。


気合い満々のM氏、「殺気で魚が逃げますよ」


ドドーン・・と派手な波が立っておりますが、これくらい無いと釣れる気が
しないですね。


打ち上げられた鮭の死体です。

鮭は産卵すると死にますが、アメマスは複数年産卵を繰り返します。


さて、なんだかんだ本日の釣りは終了しました。

今日は「ちはせ川温泉旅館」に宿泊です、温泉と料理が楽しみです。

何か書き忘れたような気がするけど、なんだろう?
コメント (4)