sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

イラストノート掲載 寺田克也特集

2020-01-22 12:09:25 | イラスト

誠文堂新光社発行の雑誌 イラストノート
巻頭特集はあの寺田克也氏!





たっぷりとしたボリューム。これは必見です。
寺田氏のドローイングとペインティング 憧れる世界です。

1月23日発売!2200円です。
アマゾンはこちら


巻末のイラストレーターページに掲載されました。
ぜひご覧ください。
コメント

ディーノ206ベルリネッタスペチアーレ 水彩画

2020-01-14 12:10:21 | イラスト

こちら、2010年にルマン博物館で見た、ディーノ206ベルリネッタスペチアーレを描いてみました。


下書きを写真を見ながら何度もスケッチ。いまいち決まらず何度も描き直しました。


室内やホイールから描いていきます。


ライトも描いてボディカラーに入りました。


やや濃いめの赤に仕上げて完成です。

ブロバローネさんの傑作ディーノのプロトタイプ。大好きなクルマです。

水彩画オーダー制作はこちらから。
よろしくお願いいたします。
コメント

愛車の水彩画オーダー制作 いかがですか?

2020-01-12 10:16:23 | イラスト

先日お送りした大きな水彩画をガレージに飾っていただけました。

こんなサイズですよ。



これらは2003年の個展でのために描いたB2サイズの大きな水彩画。狭いルガラージュの店内で、絵の具で仕上げた水彩画になります。どちらも最近、オーナーのものへと納品いたしました。共に当時とはオーナーが代わり、今のオーナーが知り合いだったためにご連絡できました。アクリル木製額をオーダーしてお送りしましたよ。


こちらも、当時描いたB2サイズの水彩画。こちらも販売できます。ロータスマーク9。ご連絡はブログ左のメッセージボタンまで。こちらは額税送料込み90000円です。

オーダー水彩画は31×41センチアルシュ水彩紙、額装マット、税送料込みで44000円です。
小さなB5サイズなら16500円から。
オーダー水彩画はこちらです。

こちらにホームページを作ってみました。



今週末公開の映画に合わせて描いたこちらの2枚も、お買い上げありがとうございます。額装して週明けに発送いたします。


映画の中で、とても大好きだったピーターとケンの親子のシーン。
なんとピーターマイルズは今ケンの生き写しです。ペスカロロとGT40に乗っている!
ヘルメットも合わせてケンにそっくりですね。
GT40にドアにもマイルズとペスカロロの文字が。泣かせます。

今年もたくさん絵を描いていこうと思います。今年もよろしくお願いいたします。
コメント

祝フォード VS フェラーリ フォードGT40マーク2 ケンマイルズ 水彩画 

2020-01-11 11:36:18 | イラスト

この週末はフォードVSフェラーリの映画の話題で持ちきりですね。
僕も試写会で見ましたが、来週くらいに息子とまた見てくるつもりです。
映画はハリウッドらしくうまくまとめていましたね。人間ドラマ、家族愛のストーリーとしてもいい映画でした。


映画公開を記念した、先日の横浜のシェルビーフリークのイベントに足を運びました。
マイルズカラーのGT40が主役でしたね。
ロケーションもよく天気にも恵まれ素晴らしかったです。
会場で撮影した一枚を見ながらデッサンしました。
形がなかなか決まらず、なんども描き直しましたよ。


車は1966オリジナル仕様にホイールやタイヤなどをモディファイして描きました。
小さなレターのグッドイヤーブルーストリーク、たまりませんね。


色味も若干浅く濁らせて、1966オリジナルカラーの雰囲気に。


背景にデイトナコブラやコブラ、シェルビーGT350も描いて仕上がりです。
このシェルビー350GTは今六本木のルガラージュにて展示中です。
代官山蔦屋では田中先生の珠玉のシェルビーコレクション(ポスターや当時の小切手など)
も展示中。合わせてご覧ください。

こちらのGT40とコブラの絵は売約済みとなりました。
感謝いたします。
水彩画オーダー、憧れの車や愛車をぜひ水彩画に。
こちらからお申し込みただけます。
コメント

シェルビー コブラ 289レーサー 水彩画

2020-01-10 11:59:39 | イラスト

いよいよ本日公開のフォードVSフェラーリ
試写会で見てきたこの映画、近頃にない本格的なカームービーということで
とても楽しんで見ることができました。
今度は息子と見にいきます。

こちら、先日映画の公開に合わせてシェルビーフリークが集まった横浜のイベントで
ずらっと並んだシェルビーの中でF様のコブラを描かせていただきました。


289のUSRRCレーサー。一番好きなコブラですね。
アルミボディのレプリカですが、スポンサーデカールまでペイントという本気仕様です。
そのバランスはさすがですね。
撮影した写真を見ながら鉛筆でデッサンしました。


まずはライトから水彩でドローイング。


影や室内を描いていきます。撮影時はすごい逆光でしたが、それがまたいい感じになりました。


そして大好きなガーズマンブルー。独特のコブラの色ですね。青を4色ぐらい使い、さらに黄土色なども使っています。


両脇の427コブラと本物のシェルビー350GTも描いて完成です。
このシェルビー350GTは今六本木のルガラージュにて展示中です。
代官山蔦屋では田中先生の珠玉のシェルビーコレクション(ポスターや当時の小切手など)
も展示中。合わせてご覧ください。

こちらのコブラの絵はオーナーのF様の元へ嫁ぎます。今日もう一枚GT40を描いてみようと思います。
コメント