sportscar graphic

スポーツカーグラフィック  イラストレーター 溝呂木陽  60-70年代のスポーツカーを愛するすべての人に。

トリノ自動車博物館 ランチアストラトスゼロ 水彩画

2019-06-28 07:22:03 | イラスト

続いて9月のフィアットカフェに向けて、ストラトスゼロを描きました。
ストラトスゼロは最近SMP24よりキットがリリースされましたが、あまりの人気に予約で完売、こちらのショップ分も予約で完売となりました。楽しみにしていた方申し訳ございませんでした。

こちらはトリノ自動車博物館で先月開催されたガンディーニ展の時の展示風景を、友人の写真から描かせてもらいました。


まずは鉛筆で写真を見ながらドローイング。


下書きを仕上げます。


背景から色を水張り刷毛で置いていきます。


タイヤや背景を仕上げました。


特徴的なウィンドウとリヤゲートを描き込みます。


ボディカラーに入ります。


綺麗なオレンジゴールドが入りました。このカラーリングとシルバーのカラー、どちらも映えますね。世界に一台のコンセプトカーです。
いこれが起爆剤となり、ストラトスのプロジェクトにゴーが出ました。




今日28日と明日土曜日の29日が市ヶ谷山脇ギャラリーの在廊日です。日曜日はお休みですのでご注意ください。
これらの絵を持っていくので声をかけてくださいね。9月のフィアットカフェで展示しますので、それぞれご予約受付中です。

第8回AAF作品展 

2019年6/21(金)〜7/2(火)11時〜18時 日曜休廊 入場無料
プロの乗り物作家の展覧会です。




今年はこの3点を展示販売します。ぜひ会場でゆっくりとご覧ください。アルシュ水彩紙に鉛筆と水彩で描いた一点ものの水彩画です。

水彩画オーダーはこちらです。

みなさまよろしくお願いいたします。

コメント

アレーゼのアルファロメオティーポ33ストラダーレ 水彩画

2019-06-27 09:15:25 | イラスト

9月のフィアットカフェの個展に向けて新作を描いています。
友人が撮影してくれた、アレーゼのアルファロメオのムゼオから、ティーポ33ストラダーレです。


写真を見ながら鉛筆でドローイング。ここまで来るまでに何度も描き直しました。


まずは水張り刷毛を使って背景に色を置いていきます。


そして背景を進めます。


タイヤとホイールを仕上げました。タイヤの厚みやゴムの質感が出るように。


33ストラーレの特徴のグラスエリアやライトを仕上げます。ライトは四つ目ですね。


華やかな赤の色を入れて仕上げです。

こちらの絵は9月のフィアットカフェで展示しますが、28/29日の市ヶ谷在廊日にも少し持っていきますので、声をかけていただければお見せ致します。日曜日はお休みです。

第8回AAF作品展 

2019年6/21(金)〜7/2(火)11時〜18時 日曜休廊 入場無料
プロの乗り物作家の展覧会です。




今年はこの3点を展示販売します。ぜひ会場でゆっくりとご覧ください。アルシュ水彩紙に鉛筆と水彩で描いた一点ものの水彩画です。
コメント

第8回AAF作品展 市ヶ谷山脇ギャラリー 始まります。  日曜休廊 7/2まで

2019-06-21 07:45:20 | イベント

今日から市ヶ谷で始まる、

第8回AAF作品展 

2019年6/21(金)〜7/2(火)11時〜18時 日曜休廊 入場無料
プロの乗り物作家の展覧会です。




今年はこの3点を展示販売します。ぜひ会場でゆっくりとご覧ください。アルシュ水彩紙に鉛筆と水彩で描いた一点ものの水彩画です。


会場では話題の紙のトライアンフを展示。貴重な組み立て風景が見られました。




山崎さんの素晴らしい絵画も見られます。




こちらは展覧会終了後すぐ銀座和光で、安藤俊彦さんとの二人展が始まる高梨さんの作品。ライラックは新作。タイプCはリバイバルのキットからの改造だそうです。会場では作品集も販売するそうです。





バイクの作品やカーアンドドライバーの表紙。




飛行機やバイクなど、


ハセガワの箱絵でも活躍される和田さん。


畔蒜さんの模型作品



水野さんと空山さん。素敵です。





リフレクションも素敵。





会場でたくさんの作品をじっくりとご覧ください。撮影も自由です。

22日と28日、29日に在廊予定です。皆様のお越しをお待ちしております。







コメント

サンタアガタ イオタトリビュートイベント ランボルギーニミウラ 水彩画

2019-06-20 07:18:51 | イラスト

続いて、同じイベントでのランボルギーニミウラの絵を描きました。
サンタアガタの市役所前のメインストリートに、ランボルギーニを並べてフェルッチョの像の除幕式、フェルッチョやボブの親族、ランボルギーニのデザイナーなどを招いて行われたこのイベント、
ミウラやクローンイオタ、日本からはアルミのジェイが参加しました。僕の描いた絵本、アヒルのジェイも発表されました。


難しかったこの角度、何度も書き直して、アルシュ水彩紙に鉛筆でドローイングしました。


まずは背景から色を置いていきます。


特徴的な石畳を描きました。



背景を描き込んでいきます。



ミウラのリフレクション。ワクワクしますね。


美しいリフレクションを仕上げて完成です。

こちらの絵は9月のフィアットカフェの個展で展示します。ただ一枚の作品、ご予約受付中です。個展終了後の発送となります。


水彩画オーダーはこちらです。


今週末には市ヶ谷の山脇ギャラリーで恒例のAAF作品展が開催されます。僕も水彩画を3点展示予定です。
今日が搬入日です。
2019年6月21日(金)〜7月2日(火)日曜休廊 入場無料 11時〜18時
市ヶ谷駅地下鉄A2出口 山脇ギャラリー 6/22と29に在廊予定です。6/28も当番日で在廊します。日曜はお休みなのでご注意ください。
コメント

サンタアガタのイオタイベント クローンイオタ 水彩画

2019-06-16 15:55:25 | イラスト

4月の末にランボルギーニの街サンタアガタで開かれたイオタのイベント。友人たちが日本からアルミのイオタを披露して、僕の描いた絵本「アヒルのジェイ」も発表されました。
その美しいイベントの様子を絵にしましたよ。


現地で友人が撮影してくれた写真を見ながら、アルシュ水彩紙に鉛筆でクロッキーの要領でドローイングしていきます。


全体にベースになる色を置いていきます。


まずは特徴的な路面の石畳を描きました。


背景から仕上げていきます。


背景やウィンドウに手を入れていきます。


隣のミウラを仕上げていきました。


イオタも描き起こしていきます。


クローンイオタを描き込んで完成です。
クローンイオタは、ボブウォレスが作り上げたたった一台の実験車、イオタJが完成後2年で事故で廃車になってから、ボブの助言のもとにただ一台作られたもっともJに近い個体と言われているレプリカです。
今回さらに日本からアルミで叩いたJのフロントカウルを披露し、クローンイオタのオーナーやボブやフェルッチョの親族とも信仰を重ねたそうです。

このイベントの様子は本当に美しく、あともう少し絵にしてみるつもりです。
こちらの絵は9月のフィアットカフェの個展で展示します。ただ一枚の作品、ご予約受付中です。


水彩画オーダーはこちらです。


6月には市ヶ谷の山脇ギャラリーで恒例のAAF作品展が開催されます。僕も水彩画を3点展示予定です。
2019年6月21日(金)〜7月2日(火)日曜休廊 入場無料 11時〜18時
市ヶ谷駅地下鉄A2出口 山脇ギャラリー 6/22と29に在廊予定です。6/28も当番日で在廊します。日曜はお休みなのでご注意ください。
コメント