Dig it ちゃぶ台カーモデル製作記

ちゃぶ台で作ろう!カーモデル

1/24 東京マルイ フェラーリ365 GT4 BB「改」(10)

2016年12月04日 22時39分34秒 | フェラーリ365 GT4 BB(改)

ほとんど模型を弄っておりませんがザクスピード完成までに終わっていた部分を。

 

マルイ365BB GT4改。 512BB LM。ボディの目鼻が付きましたが外装で忘れていたリアウイングを製作します。

プラ板の積層で大まかな形状を出しました。

 

エポパテで段差を消していきます。

 

翼断面になるようにペーパーでさらに形状出しをして溶きパテで均しました。

 

両面テープで仮組。ボディ周りの造形はこれで終了。

給油孔部はボディを丸くくり抜いたあとコトブキ屋の丸モールドを裏から貼ってます。(丸モールドの押し出しピン跡は給油リッドを被せるので隠れます)

細かい部分の修正はさらに続きますが次回はシャシー・内装へと進めます。

シャシーはマルイのシャシー、タミヤのテスタ、フジミの512BBの3つで検討した結果フジミのシャシーで進めてます。

いよいよマルイベースでなくボディ含めてフジミベースで行けたのではないか?という状況になってきました。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ハセガワ 1/24 ZAKSPEED ZK891(完成)

2016年10月30日 11時25分14秒 | 1/24 ZAKSPEED ZK891

ヤマハOX88エンジンはV8で非常にコンパクト。当時は結構善戦するかも。と感じてましたが信頼性に乏しく結果は散々でした。

V8エンジンは結局この年のみで1年のブランク後V12へと移行しました。

 

V8エンジンということもありラジエターも小さくサイドポンツーンの低さに目がいきます。

開口部も後退しているので他チームのマシンと比べて車体がとても小さい。

インダクション部に続いて高額なスポンサースペースなのに無印なのがもったいなく感じますね。シンプルでカッコいいけど。

 

リアブレーキシュノーケルは開口していないムク状態だったので削って奥行きをもたせました。

 

ジタバタと擦り合わせをしたインダクションポッドカウルでしたが干渉しまくりで上手くフィティングすることができず。

エンジンは完成記念撮影を行った後カウルをがっちり接着しました。

 

1989年はピレリが数年ぶりにF1に復活した年。この年は下位チームを中心に供給されたがやはり成績は芳しくなかった。

 

1990年も参戦するべくシーズンオフには真っ白な車体でテストをしている雑誌の写真もありましたが、

WESTタバコのスポンサーを失ってしまったザクスピードはこの年でF1から撤退。

 

90年代初頭から盛り上がったDTMで活躍するザクスピードを弱小F1チームと重ね合わせて見たものです。

鈴木亜久里選手が絶望を味わったマシン。同スケールの表彰台マシンラルースローラも作って並べてみたいと思ってます。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ハセガワ 1/24 ZAKSPEED ZK891(6)

2016年10月26日 21時26分19秒 | 1/24 ZAKSPEED ZK891

ZK891。足回りとエンジンギアボックス周辺の組み立て終了。

 

フロントアーム類の全てのダボが太すぎてダボ穴に入りません。これは塗装による太りの範疇を超えてます。

同様にブレーキディスクにホイールを挿入するタミヤ系と同様の構成ですがここも入りません。

仮組をしっかりしなかった事もありますが(反省)全てのダボを細く削って接合しました。

またタミヤのABS素材と違い全てプラ整形ですので弾力性に乏しく無理をすると唐突に折れてしまいます。

2箇所ほどポッキリとやってしまいました。

またステアリングロッドも長すぎでトーアウト気味になってしまうので中央部分でカットしました。それによりステア機構は省略。

 

リアサスペンション系のダボも太すぎでした。フロント同様に削って対処。

パイピングはぼちぼちで。カムカバーのYAMAHA 5VALVEの文字はデカールが用意されていないので自作しました。(小さすぎて判別不能ですね。。)

実車のマフラーはチタンと思われますが、アイアンカラーのステンレスを塗った後綿棒で磨き出し。タミヤのウエザリングマスターのグレーで調子をつけました。

ファンネル部分はメッキシルバーでキラキラさせた後、マスキングしてセミブラックで塗装しました。

エンジン下にはタバコの銀紙を貼って遮熱板を再現しました。

 

あとはタイヤとホイールを組んで装着し、ウイング類とカウルを接着すれば完成となります。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ハセガワ 1/24 ZAKSPEED ZK891(5)

2016年10月23日 11時10分09秒 | 1/24 ZAKSPEED ZK891

ザクスピード。マルイのBBのボディ(結局あのような造形いじりが好き)にのめり込んでいて時間が経ちすぎました。

一番完成が近いので進めることにします。

シートの塗装指定は「ホワイト」数少ない資料をみても白のバックスキンのようです。下位チームながらなかなかオシャレですね。

ただ模型的には軽すぎてしまう可能性があるのでグレーで塗装しました。

シート表皮部分をマスキングで露出させクレオス瓶サフの500をブラシで遠噴きしてバックスキン再現後にグレーで塗装。

シート表皮部をマスキングしました。

 

トヨタ2000GTの窓枠塗装と同時にシート表皮以外の部分をセミグロスブラックで塗装。

 

研ぎ出ししたモノコックに装着。シートベルトは1/24のものが在庫切れしていたので1/20モデラーズの物に赤いサテンリボンで製作。

 

このリアビューミラー、色々とF1のキット作ってますが一番手間取ったキットでした。

ミラー鏡面はハセガワのミラーフィニッシュをお手軽に貼って終了。

メーターパネルにはデカールを貼っていつものようにガラス再現もしましたがコクピット奥に滑り込んでほぼ見えません。

 

ウイング類は黒一色なので組み立てた後にブラックで塗装。デカールを貼ってクリアを数回重ねた後にデカールの段差消し。

最後に半ツヤクリアを噴いて仕上げました。

 

次はエンジンとエンジンの組み立てに進めます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1/24 東京マルイ フェラーリ365 GT4 BB「改」(9)

2016年10月20日 11時37分15秒 | フェラーリ365 GT4 BB(改)

10月初旬から家族が次々と風邪を引いてしまい最後に自分の番。仕事と重なって全然治りません。

趣味の模型もほとんど進んでませんが512BB LMは2週間ほど前にあらかたのボディ造形が済み、

現在はエポパテ造形が悪さをしないか経過を見ているところです。2週間くらい経っているのでもう大丈夫かな。。

 

 

マルイ365BB GT4改。512BB LMはボディ造形を進めてます。写真が多くてすみません。

前回までに仕上げたボディに捨てサフ1回目。180〜240番で削ったので予想通りガリガリです。

 

この辺は元ボディ、プラ板、エポパテのハーモニー部分なので凄い部分。

 

ボディ全体がこんな感じです。

 

ここからは400番で削っていきます。

 

溶きパテで何度も修正。これを6回ほど繰り返し、無限ループの突入です。

 

ほぼほぼ形になったらディティールを詰めていきます。実車のフロントフードと左右フェンダーが重なり合う部分は綺麗な峰が立ってます。

ここはボディ表面を削っても綺麗になりそうにないし各種素材が混ざりあっているので不安です。

0.2ミリプラ板に両面を貼って細切りしたものをラインに沿って貼り、BMCタガネで溝切り。その後0.3ミリ洋白線を埋めます。

 

洋白線の段差に瞬着と溶きパテを盛りつけ。

 

ペーパーで削りました。

 

サフを噴いて様子を見ます。綺麗な稜線ができました。

 

反対側も同様に仕上げます。一番先端は金属なので研ぎ出し時に気を使わないといけませんね。

 

フロントフード上のエアアウトレット周辺もプラ材で形だし。筋彫りも追加しました。(筋彫りは実車とちょっと違いますがこの辺が限界)

 

マルイのキット中途半端にドアサッシが省略されていたりするのでプラ材で追加しておきました。

 

フロント周辺も実車写真を見ながら修正と造形。

 

半年前完成させた914/6のエポパテフェンダーは薄くしすぎて完成後クラックが入ってしまいました。(T_T)

というトラブルを避けるためにほどほどにしておきました。

 

リアフードのガラスが入る部分もプラ材で段差をつけておきました。

 

様子見のサフ塗装から2週間ほど経ってますがエポパテ接合部のひび割れやヒケもなさそうなので

細かな部分の修正を進めていきます。外装はリアウイングのみとなりました。

体調と仕事が落ち着いたら組み立てを残すのみのザクスピードに着手します。512BB LMはもうしばらく放置してボディの状況をチェックします。(続く)

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加