ひろポンの“わたしにも作れますぅ”

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に、気ままに書いていきます。

最強コラボ?

2016-09-21 | 食いしんぼう
お友達のミーヤンさんからの情報。

フジパンのスナックサンド、きゅうりのキューちゃん&マヨ!です。
この春から発売になっていたそうで…全然知らなかったっす。

ついにQちゃんとマヨネーズという最強コンビの合体です(笑)
ご飯にマヨネーズをニョロニョロかけて、醤油一滴、味の素パラリ。
これとQちゃんがあれば何杯でもご飯が食べられる“ミー”のような人には
たまらない商品です。





中を切って見るとこんな感じ。
想像通り、別に何も変わっていません…(汗)味も想像通りですけど…。
ツナマヨとかハム&マヨってのはあるけれど、これは今まで無かったのがチョイと不思議か。

そういや滋賀県にはタクアンを切ってマヨと混ぜてコッペパンにはさんだ
サラダパンってのがありますね。あれ、まだ食べたことがないなあ。

ほんでもってこのスナックサンド、あのメーカーのあの商品のパクリではありません。
こっちは1975年に発売になった元祖。
あちらは1984年発売ですが市場では圧倒的にあちらの勝ち!
元祖なんだからもうちょっと頑張って欲しいですねえ。

他にもマヨタマと小倉あんの名古屋モーニングセットとか、レンコンサラダとか
タコス&チーズなど、ちょっと変わった味のものもありますが私は見たことないなあ。

ついでにもうひとつ。
旧友のNさんからいただいたホヤの燻製。
以前仙台の菅生やハイランドに行った時に食べた新鮮なホヤ、海のパイナップルと言われますが
苦手な人はたくさんいると思いますが私結構好きなんです。
浦霞禅や一の蔵の冷酒とホヤで一杯、これたまりません!



で、帰りの新幹線の中で食べたのがこの燻製。
生と比べちゃ可哀想なんですが、まあこれはこれでOK。
ただねえ…歯の裏にベッチョリくっついて取れないんですよ、こいつ。
メーカーもちゃんと判っていて、この商品ちゃんと爪楊枝が付いているのが笑えます。
また仙台に行きたいなあ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1969 Gurney-Eagle F5000

2016-09-17 | その他のクルマ模型
作るぞ、と言ったきりなかなか手をつけられなかったJS5。

インダクションポッドも悩んだ挙げ句、メンドイ事は出来るだけやめようと
地道にドレメルで穴開け作業。
実車も中のダクトに繋がっているので、深く掘る必要もありません。
ポッドの裏側もほとんど見えないけれど、端っこだけすこし削っておきます。





本体とは接着だけでは不安なので金属棒を埋めてから合体。
両サイドとも結構大きな隙間が出来てるのでシアノンで隙間を埋めました。





------

話変わってこちらは先日ebayで入手したF5000のトランスパーツ。
MPCのオルソナイト・イーグルをF5000のイーグルに改造するためのキットです。
画像のマシンはジョン・キャノンのマシンですが、そもそもキットにデカールは入っていません…。
好きなのを自分で作ってね、という親切(笑)なもので、シボレーエンジン、前後ウイング
マフラーにキャブレター、いくつかのメタル小物パーツとたったこれだけです。
味のあるイラストの説明書がついています。










このF5000を作った海外モデラーの画像が見つかったので
ちょっと貼っておきますね。
これは日本でもお馴染みのトニー・アダモウィッツのマシン。
オルソナイトのいささかショボい完成品にくらべると、エンジンもデッカイので別物みたいにカッコ良い。

Photo: 69 Gurney-Eagle F5000 a | 1969 Gurney-Eagle Formula 5000 album | Crtr8z | Fotki.com, photo and video sharing made easy.

--------

実はこれ、お友達のモデラーさんが“ある日本の超有名な方が昔乗ったマシンを作る”ことになったので(笑)
ちょっとだけお手伝いしたという訳。詳細は数年後に判ります。

といってもF1やレーシングスポーツならいざ知らず、F5000なんてレア(笑)なので
勘の良いオトーサンはすぐ判っちゃいますけどね…(笑)
そのマシンというのは1970年の北米のSCCA フォーミュラAコンチネンタル・チャンピオンシップで
後にインディー500の事故で亡くなったスウェード・サヴェージが乗る予定だったもの。

MPCのオルソナイトイーグル自体、そのままじゃどーにもならないシロモノで
かなり手を加える必要がありますが、各所パーツを置き換えるだけで上の画像のように
結構素晴らしいものになりそう…。
友人モデラーの作品が今から楽しみです!と、今からプレッシャーをかける…(^o^)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三河湾と…ポーポー

2016-09-10 | その他
先日、遅い夏休みも兼ねて愛知の三河湾方面に行って来ました。

一度郷里を廻ってから高速は使わずに下道を3時間。
台風13号のせいでお天気が心配されたけれど、結局大雨に降られることもなくひと安心。
豪邸の巨大水槽でもお馴染みの司会者M・Rの出身地には城のような道の駅が(笑)





早めに宿に着いて眼下の三河湾を見下ろしながら、部屋の露天風呂に入ってのんびり。
遠くに渥美半島と知多半島を見渡せてなかなかの絶景。
夜はきれいな夜景がみられるはずでしたが、あいにくガスがかかって何も見えず残念…。







翌日は魚市場などあちこち寄り道して帰りましたが、岡崎の八丁味噌蔵の見学はなかなか良かったですよ。







ちなみに八丁味噌って時々赤だしと混同されたりしてますが全く違うモノです。(詳しくはWikiを)
八丁味噌は大豆のみから作る豆味噌で、岡崎城から西に八丁離れた味噌蔵で作られてるから
そう呼ばれているそうな。
実は八丁味噌大好きな私も違いをよく知りませんでした。

八丁味噌を作っている2つの会社のうちのひとつ、カクキュー八丁味噌の郷へ。
朝ドラとかでこの蔵元が舞台になったそうで(興味無いので知りませんが…笑)
平日でも結構な見学客が。

八丁味噌の郷|株式会社 カクキュー八丁味噌

一通り蔵の設備や工程を見学し、赤だしと八丁味噌の試飲をして違いも確認。
台風の合間に急に晴れた青空と暑さの下、ここで食べねばどこで食べる?ということで
併設の食事処で熱々の八丁味噌うどんや味噌唐揚げを美味しくいただきました。





最後に食べたこの味噌アイスが美味しくて2つも食っちゃいました。
味噌好きにはたまりません。


--------

ついでにもうひとつ。
帰り道に初めて寄った郷里の農産物店で見つけたのがこれ…。



ポーポーです。
(沖縄の菓子じゃありません、PawPaw。、ポポーとも呼びますが)
TVで見たことはあったけれど実際売られているのを初めてみました。

50年くらい前にこども図鑑で世界の果物というのを見て、そこに森のバターと書かれていた
アボカドとともに載っていたのですが、名前の面白さからずっと記憶にあったものの
売られているのは見たことがありませんでした。
アボカドはいまやすっかりお馴染みで、週イチくらいで食べますが(たいていワサビ醤油)
ポーポーは収穫後の熟変が早すぎて流通に向かなかったため、幻の果実といわれてるそうな。

でも国内では地産地消の形で結構あちこちで作られているそうですね。
丸いのや細長いのやいくつかあるそうですが、こぶし大のが2つで200円でした、安いです。

まだ熟していなさそうなのを買って、新聞紙に包み部屋の隅にころがしておいて
毎日様子を見ていたら3日ほどで濃厚な強い香りがしてきました。
黄色っぽくなってきて黒いシミのような模様も出て来たので、冷蔵庫で冷やしてから
皮を剥いてカット。
大きな種があるので避けるように輪切りにします。

ねっとりした強い甘味とマンゴーやバナナやプリン(笑)を足して割ったような
いろんなフルーツの味がします。
これは結構好きかも(^○^)

都内の高級スーパーにでも行けばあるんだろうけどバカ高そうだしなあ。
また買って帰ろうっと…。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

明日から9月

2016-08-30 | Music
台風が去ってまた暑さが戻ってきましたが、朝夕は秋の気配。
カラッと気持ちの良い季節はもうちょっと先ですが
気分だけはスッキリ爽やかにいきたいものです。

ところで先日、編集者と雑談していて音楽の話になったんですが
少し前から80年代の洋楽がまた静かなブームになっているのだとか。

70年代じゃ古すぎる、90年代はまだ新しい、現在から見て丁度良い?レトロ加減が
80年代だそうな…。
イマイチ良く判りませんが(笑)

邦楽は全く守備範囲外なので判りませんが、近年ネットラジオであちらのPOP/ROCKを聴いていると
80年代テイストを思い起こさせる音作りの曲が結構多いのに気がつきます。

当時はバブルに向かって洋楽黄金時代みたいな雰囲気も確かにありましたし
Woodstock世代の私も、その頃は結構LPからCDへ移行しつつも
いろいろ買いあさっていました。

そういえばこの夏も仕事のBGMで結構聴いていた当時モノのひとつがTears for fears。
言うまでもなく80年代のビッグネームのひとつですが、今聴き直しても
古さを感じない音作り。
ヒットした“SHOUT”もいいけれど、やはりCMにも使われたこの曲にトドメを刺します。

Tears For Fears - Everybody Wants To Rule The World



で、これをハンマーダルシマー奏者のTed Yoder氏がカバーしている動画が話題で
これがなかなか和めます。

Everybody Wants To Rule The World - Ted Yoder cover Tears for Fears


最近、といってももう1年前のアルバムですが80年代を思い起こす
話題のバンドのひとつがWalk The Moonでしょう。
2ndアルバムはお勧めです。

WALK THE MOON - Anna Sun


大ベテランの部類、Maroon 5もこのMVはベタですが(笑)BGMにピッタリ。

Maroon 5 - Sugar


----------

話変わってあのPINK FLOYDのすべての盤がこの春からLPで復刻されていますが
すべてUKオリジナルの仕様を出来るだけ忠実に再現したものとして
注目されています。

9月には第三弾として原子心母、おせっかい、雲の影の3枚が発売になります。
私も早速予約をいれました(^^ゞ

11月には初期の未発表テイクから各種シングル盤、コレクターズアイテムを含む
何と27枚組のボックスセットも出るそうで、これにはあの71年箱根アフロディーテの
ライブ映像もあるそうで興味はつきません。
ただamazonでの予約価格も60000円オーバーと、笑ってしまう価格。
ヒロの1/12とどっちを買うか?フロイドマニアのおとうさんは貯金しましょうね(笑)

ピンク・フロイドの未発表音源・映像を含んだ27枚組のボックス・セット『The Early Years 1965-1972』が発売決定 - amass
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

結局…夏休みはなかった…

2016-08-30 | その他

詰まった仕事もようやく先が見えてきたけれど、結局模型はろくに手につかず
寝る前のブエルタの放送だけが楽しみの8月ももう終わり…



JS5はパーツの研磨と仮組み中。
エンジンは裏側だけなんだけど…
こんなところにデスビが付くの?って…



まあここはカウルで隠れる所だからいいんですが(^^ゞ…
フロントのアップライトがこれっていうのはいくらなんでもちょっとなあ(困)…
もうちょっときちんと造形してください(笑)
タイロッドの位置も違うんですけど…



…という具合にあれこれ調べれば調べるほど頭抱えるこのキット…
いっそデスクトップモデルと割り切って作るか!(^^ゞ……

そんな中届いた世田谷模型車庫Mさんの新作、ポルシェ917PA…
こっちのほうが楽だよね…きっと…
とりあえずベースの917はエレールかユニオンのキットを入手せねばと…



でもってこちらは友人のミーヤンさんからいただいたBuragoのミニカー…
ジロ・デ・イタリアを主催するスポーツ新聞のガゼッタ・デロ・スポルトと
アバルトがオーガナイズするレーサー育成シリーズのMake it your Race仕様…
作りはユルいけれど、雰囲気あってかっこいい。
他にも5種類ありますよ…



さてさて、南の海上をヨタヨタのろのろと迷走していた台風が上陸しそうです。
向かっている地域の皆さんはくれぐれもご用心ください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お次のお題は…

2016-08-19 | F1 Models
お盆を過ぎても相変わらず暑い日が続きます…

今年は新盆だったので3日間だけ郷里で過ごしてすぐまた仕事の毎日…

TVをつければ1日中オリンピック、時々SMAP…(v_v)

こう暑いと人間冷静な判断が出来なくなるわけで…

次に何作ろうかとあれこれ考え…

周りの皆さんは暑さも何のそので、精力的なモデリングをしてらっしゃるし…

チヌークは超マイナーなのを良い事に、若干イージーなモデリングだったので…

こんどは少し気合いを入れたものを作るっぺ!と…

手を出したのが、おフランス製ティーポット…

ご存じリジェのJS5!…(^_^)b

もちろんデッカいインダクションポッドのこれに決まり…(^_^)b





あのモミジ印のブラバムBT42/44で●●27は懲りたはずなのに…

時間が経つと忘れてしまう恐ろしさ…(笑)

エンジンレスだから簡単よね、とじっくりパーツを見てみれば…

相変わらず凄いことになっていて…

このインダクションポッドもほとんど塊状態…(○_○)





実車はこの中にはエアインレットに繋がるダクトがあるんですが…

この塞がった穴を開けるのにどうしよう…

いっそまるごとポッドだけレジンで複製したほうが良いんとちゃうの?と…

頭の奧から悪魔のささやき…(笑)

まあいいや!とりあえずタイヤを並べて…

おお!!カッコ良いわ!やっぱし!…\(^O^)/





ま、どうなることやらですが、そろそろブエルタも始まる訳で…

ツールのジオラマもあまり進んでないし…

とりあえずは予告だけして…

今日はお終いです…。




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

時間ものしり大百科

2016-08-09 | イラスト
しかし…暑いですぅ〜〜…。

こう暑いとどこかに遊びに行くより涼しい部屋で仕事していたほうが
ナンボかマシですが、どこにも行けないのも悲しいです。

今月は仕事をメチャ詰め状態でホボお休み無し。
ただ週末はどうしても休まねばならない用事があるので、時々手を休めて
次回作の組説を見てあれこれ考えては、ファンが回りっぱなしのMacに向かっています。

でもって久々に新しい本のご紹介です。

--------

京都の学術専門出版、ミネルヴァ書房から発売になった“時間ものしり大百科”、全3巻です。
この中の見開きページを9点ほど担当いたしました。



それぞれのタイトルは

1巻  ●見える時間:くらしに役立つ時計と暦 では目に見えない時間についての知識を

2巻  ●飛び越える時間:タイムマシンのつくりかた

3巻  ●感じる時間:生き物のからだと時間





人間の生活に欠かせない、でも目に見えないのであまり意識することの無い“時間”というものが
どうして作られたのか、人間に備わった体内時計とは、タイムマシンは出来るのか…など
時間に関するいろいろな事柄について、山口大学 時間学研究所(そうゆうところがあるんですね!)の
先生の監修のもと判りやすく解説した子供も大人も楽しめる本です。

是非書店で手に取ってご覧になってみてください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Chinook-Chevrolet mk2 :4

2016-08-03 | その他のクルマ模型
相変わらずペースが上がらないまま8月になりましたが
チヌークMK2シヴォレー、ひっそりと完成いたしました…。

ウインドを0.3mm塩ビ板でヒートプレスして取り付けました。
特にこれといって書く内容もないので(笑)変わりばえのしない画像だけ
いくつか貼っておきます。
ま、こんなもんでしょ。

実車も本家シャパラルの陰に隠れて、今までひっそりと人知れず…の
存在?だったので、模型も同じように知る人ぞ知るということで(笑)
さて、このあとはもうちょっとメジャーなものを作りたいと思います。



クリス・エイモンが癌のため73歳で亡くなりましたね。
F1もスポーツカーもCAN-AMも、日本でのインディーも走ったことがありました。
バンディーニと入れ替わるようにフェラーリのエースの座を得た彼は
忘れられないドライバーの一人。
ヘルメットのキウイは何種類かあるのご存じでしょうか。
合掌…。


それでは皆様よい夏休み、盆休みをお過ごしください…。











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

山田健二氏の展示会 : 高崎シティーギャラリー

2016-07-28 | FERRARI
関東甲信越もやっと梅雨明けしましたが、なんだかはっきりしない梅雨で
このまま8月になって水不足は解消されるんでしょうか?

日差しも弱く薄曇りで過ごしやすい1日でしたが、きょうは群馬県の高崎まで
1/6のフェラーリの木製モデルを制作している山田健二さんの展覧会に行って来ました。
いつもお世話になってる友人のKさんと高崎線に乗って1時間半…。
古い客車や機関車が高崎駅構内にはいろいろあって鉄道ファンも楽しめます。
電車だと少し遠い感じがしますがクルマなら都心から1時間チョイ。

市役所の隣の高崎シティーギャラリーで今日から始まった展覧会。
昨年の秋にも開催されたのですが、行けなかったので今回は楽しみにしていました。

フェラーリ 木製モデラー 山田健二の世界 

山田さんの作品は5年前に京橋のINAXギャラリーで開かれた「凝縮の美学 名車模型のモデラーたち」展でも250GTOと250TRが展示されましたが、その凄さに圧倒された記憶があります。





会場入口の外には1/1ディーノやテスタロッサなどが並んでいました。
展示室には20台弱のロードカー、F1、スポーツプロトが並び、どれもビッグスケールならではの
存在感を放っていました。
またバックにはご自身が描かれたイラストも展示されています。





主なパーツをほとんど積層したバルサ材から削りだして研磨、塗装を繰り返して仕上げたモデルは
各部開閉、カウル取り外しが出来ます。



あの熊田氏の粘土モデルもそうですが、改めてその工程を見ると本当にビックリ。
バルサなので完成したモデルの重さはどれも2kg程度。
実際持ってみると確かに軽いし、このエンジンも細部までしっかり再現されています。



F40のAピラーなど強度が必要な所はバルサの裏から角材などで補強されています。





タイヤはバルサ板から丸く切り出したパーツの積層です。
トレッドパターンの縦溝部分がそのまま接着部になるよう厚みの異なる板から切り出しています。

内装もご覧の通り。



大好きなP4、そしてディーノ。
各部開閉します。欲しいなあ(笑)





F1エンジンも実に見応えがあります。
機械で切り出したような正確さはありませんが、逆にそれが何とも言えないリアリティーを醸し出しています。











156/85F1のロゴなどはプリントした紙をナイフで切り出して貼っています。
ほかにも手描きのマーキング、一つ一つナイフで切り出したタイヤのトレッドパターンなど
手作業の凄さが判ります。







この夏にはカリフォルニアのペブルビーチ・コンクール・デレガンスにこの500F2を持っていくそうです!
山田さんは気さくに色々な話をしてくださって、短いながらも楽しい時間を過ごす事が出来ました。
都心からはちょっと距離がありますが、是非一度見ていただきたい展示会でした。

高崎はパスタが有名らしいので、ついで美味しいイタリアンも楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“Tour de France”のジオラマ : 9

2016-07-28 | ロードレース
ツールは終わっちゃったけれどジオラマは終わらず…。
ま、来月になればブエルタがまだあるので、もうちょっと引っ張れますが
とりあえずジオラマはこれで一区切りで、あとはまた様子をみながら
ある程度進んだところでアップします。

カメラバイクは形がいささか古すぎるので、カウルをパテで作って小さいスクリーンをつけました。








2台を配置してみました。
これがあるとやっぱりリアリティーが増しますね。




おなじみの警察官も配置。
フランスの警察のうちツールの先導や観客整理は国家憲兵隊が受け持っています。
道端のルノー5は国旗を飾って…。




今回の制作の参考にしたのがこの88年に発売されたツールの写真集。
“ツール・ド・フランス栄光のマイヨ・ジョーヌを求めて”
おそらく日本で最初に本格的にツールを紹介した本で86、87、88年の様子が載っています。
今見ても良い本です、見つけたらお勧め。




プライザーの無塗装の人物130体入りを購入しました。
そのまま使えるのもあり、夏服にしないといけないものもあり。
チマチマ塗りながら沿道に配置していく予定です。

次回からはまたクルマに戻ります…(本当か?)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加