ひろポンの“わたしにも作れますぅ”

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に、気ままに書いていきます。

お次のお題は…

2016-08-19 | F1 Models
お盆を過ぎても相変わらず暑い日が続きます…

今年は新盆だったので3日間だけ郷里で過ごしてすぐまた仕事の毎日…

TVをつければ1日中オリンピック、時々SMAP…(v_v)

こう暑いと人間冷静な判断が出来なくなるわけで…

次に何作ろうかとあれこれ考え…

周りの皆さんは暑さも何のそので、精力的なモデリングをしてらっしゃるし…

チヌークは超マイナーなのを良い事に、若干イージーなモデリングだったので…

こんどは少し気合いを入れたものを作るっぺ!と…

手を出したのが、おフランス製ティーポット…

ご存じリジェのJS5!…(^_^)b

もちろんデッカいインダクションポッドのこれに決まり…(^_^)b





あのモミジ印のブラバムBT42/44で●●27は懲りたはずなのに…

時間が経つと忘れてしまう恐ろしさ…(笑)

エンジンレスだから簡単よね、とじっくりパーツを見てみれば…

相変わらず凄いことになっていて…

このインダクションポッドもほとんど塊状態…(○_○)





実車はこの中にはエアインレットに繋がるダクトがあるんですが…

この塞がった穴を開けるのにどうしよう…

いっそまるごとポッドだけレジンで複製したほうが良いんとちゃうの?と…

頭の奧から悪魔のささやき…(笑)

まあいいや!とりあえずタイヤを並べて…

おお!!カッコ良いわ!やっぱし!…\(^O^)/





ま、どうなることやらですが、そろそろブエルタも始まる訳で…

ツールのジオラマもあまり進んでないし…

とりあえずは予告だけして…

今日はお終いです…。




コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

時間ものしり大百科

2016-08-09 | イラスト
しかし…暑いですぅ〜〜…。

こう暑いとどこかに遊びに行くより涼しい部屋で仕事していたほうが
ナンボかマシですが、どこにも行けないのも悲しいです。

今月は仕事をメチャ詰め状態でホボお休み無し。
ただ週末はどうしても休まねばならない用事があるので、時々手を休めて
次回作の組説を見てあれこれ考えては、ファンが回りっぱなしのMacに向かっています。

でもって久々に新しい本のご紹介です。

--------

京都の学術専門出版、ミネルヴァ書房から発売になった“時間ものしり大百科”、全3巻です。
この中の見開きページを9点ほど担当いたしました。



それぞれのタイトルは

1巻  ●見える時間:くらしに役立つ時計と暦 では目に見えない時間についての知識を

2巻  ●飛び越える時間:タイムマシンのつくりかた

3巻  ●感じる時間:生き物のからだと時間





人間の生活に欠かせない、でも目に見えないのであまり意識することの無い“時間”というものが
どうして作られたのか、人間に備わった体内時計とは、タイムマシンは出来るのか…など
時間に関するいろいろな事柄について、山口大学 時間学研究所(そうゆうところがあるんですね!)の
先生の監修のもと判りやすく解説した子供も大人も楽しめる本です。

是非書店で手に取ってご覧になってみてください。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Chinook-Chevrolet mk2 :4

2016-08-03 | その他のクルマ模型
相変わらずペースが上がらないまま8月になりましたが
チヌークMK2シヴォレー、ひっそりと完成いたしました…。

ウインドを0.3mm塩ビ板でヒートプレスして取り付けました。
特にこれといって書く内容もないので(笑)変わりばえのしない画像だけ
いくつか貼っておきます。
ま、こんなもんでしょ。

実車も本家シャパラルの陰に隠れて、今までひっそりと人知れず…の
存在?だったので、模型も同じように知る人ぞ知るということで(笑)
さて、このあとはもうちょっとメジャーなものを作りたいと思います。



クリス・エイモンが癌のため73歳で亡くなりましたね。
F1もスポーツカーもCAN-AMも、日本でのインディーも走ったことがありました。
バンディーニと入れ替わるようにフェラーリのエースの座を得た彼は
忘れられないドライバーの一人。
ヘルメットのキウイは何種類かあるのご存じでしょうか。
合掌…。


それでは皆様よい夏休み、盆休みをお過ごしください…。











コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

山田健二氏の展示会 : 高崎シティーギャラリー

2016-07-28 | FERRARI
関東甲信越もやっと梅雨明けしましたが、なんだかはっきりしない梅雨で
このまま8月になって水不足は解消されるんでしょうか?

日差しも弱く薄曇りで過ごしやすい1日でしたが、きょうは群馬県の高崎まで
1/6のフェラーリの木製モデルを制作している山田健二さんの展覧会に行って来ました。
いつもお世話になってる友人のKさんと高崎線に乗って1時間半…。
古い客車や機関車が高崎駅構内にはいろいろあって鉄道ファンも楽しめます。
電車だと少し遠い感じがしますがクルマなら都心から1時間チョイ。

市役所の隣の高崎シティーギャラリーで今日から始まった展覧会。
昨年の秋にも開催されたのですが、行けなかったので今回は楽しみにしていました。

フェラーリ 木製モデラー 山田健二の世界 

山田さんの作品は5年前に京橋のINAXギャラリーで開かれた「凝縮の美学 名車模型のモデラーたち」展でも250GTOと250TRが展示されましたが、その凄さに圧倒された記憶があります。





会場入口の外には1/1ディーノやテスタロッサなどが並んでいました。
展示室には20台弱のロードカー、F1、スポーツプロトが並び、どれもビッグスケールならではの
存在感を放っていました。
またバックにはご自身が描かれたイラストも展示されています。





主なパーツをほとんど積層したバルサ材から削りだして研磨、塗装を繰り返して仕上げたモデルは
各部開閉、カウル取り外しが出来ます。



あの熊田氏の粘土モデルもそうですが、改めてその工程を見ると本当にビックリ。
バルサなので完成したモデルの重さはどれも2kg程度。
実際持ってみると確かに軽いし、このエンジンも細部までしっかり再現されています。



F40のAピラーなど強度が必要な所はバルサの裏から角材などで補強されています。





タイヤはバルサ板から丸く切り出したパーツの積層です。
トレッドパターンの縦溝部分がそのまま接着部になるよう厚みの異なる板から切り出しています。

内装もご覧の通り。



大好きなP4、そしてディーノ。
各部開閉します。欲しいなあ(笑)





F1エンジンも実に見応えがあります。
機械で切り出したような正確さはありませんが、逆にそれが何とも言えないリアリティーを醸し出しています。











156/85F1のロゴなどはプリントした紙をナイフで切り出して貼っています。
ほかにも手描きのマーキング、一つ一つナイフで切り出したタイヤのトレッドパターンなど
手作業の凄さが判ります。







この夏にはカリフォルニアのペブルビーチ・コンクール・デレガンスにこの500F2を持っていくそうです!
山田さんは気さくに色々な話をしてくださって、短いながらも楽しい時間を過ごす事が出来ました。
都心からはちょっと距離がありますが、是非一度見ていただきたい展示会でした。

高崎はパスタが有名らしいので、ついで美味しいイタリアンも楽しみに出かけてみてはいかがでしょうか?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“Tour de France”のジオラマ : 9

2016-07-28 | ロードレース
ツールは終わっちゃったけれどジオラマは終わらず…。
ま、来月になればブエルタがまだあるので、もうちょっと引っ張れますが
とりあえずジオラマはこれで一区切りで、あとはまた様子をみながら
ある程度進んだところでアップします。

カメラバイクは形がいささか古すぎるので、カウルをパテで作って小さいスクリーンをつけました。








2台を配置してみました。
これがあるとやっぱりリアリティーが増しますね。




おなじみの警察官も配置。
フランスの警察のうちツールの先導や観客整理は国家憲兵隊が受け持っています。
道端のルノー5は国旗を飾って…。




今回の制作の参考にしたのがこの88年に発売されたツールの写真集。
“ツール・ド・フランス栄光のマイヨ・ジョーヌを求めて”
おそらく日本で最初に本格的にツールを紹介した本で86、87、88年の様子が載っています。
今見ても良い本です、見つけたらお勧め。




プライザーの無塗装の人物130体入りを購入しました。
そのまま使えるのもあり、夏服にしないといけないものもあり。
チマチマ塗りながら沿道に配置していく予定です。

次回からはまたクルマに戻ります…(本当か?)。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

“Tour de France”のジオラマ : 8

2016-07-12 | ロードレース

今年もなかなか予想外の展開で面白いツール…。
一昨日のピレネー・アンドラ公国のステージは酷暑からヒョウと大雨の荒れた展開になって
最初の休息日が明けましたが、当ブログはいまだ休息中と言ったところで…。(^^ゞ

ツールドおフランスのジオラマも選手の大部分を塗り終えたので配置してみました。
まずは路面にお馴染み、選手応援の落書きを2つ3つ…。

そういえば中継画面でこの落書きや沿道の応援の垂れ幕などが写りますが
ジオラマの小物製作の参考になるので面白いし目を懲らして見ているのですが
先日のツール2日目だったか…追走するカメラバイクの映像に、路面に描いたデッカイ●●●の絵が
映っておいおい!(汗)と思ったんですが、結構気がついた人はいるんじゃないでしょうか?
さすが、フランス人!
ま、空撮でなくて良かったかも(笑)





このあと残りの数人とカメラバイクも配置しますが、チームカーとディレクターカーが問題…。
プジョー604とかルノー25とか模型的に地味なクルマなので1/87ミニカーがありません。
どこかの似た他車を塗り直すか考え中です。

観客のフィギュアもこれから揃えないといけないし、まだまだやることが一杯です。
今の時期に作らないとやる時がないので(笑)とりあえず出来るところまではやらないと…。



放置のChinookは前後のスポイラーとミラーが付きました。
ミラーはエブロの49のパーツを一回り小さく削って、ステーは1mmのアルミ板からピン留めです。
今はウインドのヒートプレス用の型を作っているところ。
とりあえずウインドが付けば完成です。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

“Tour de France”のジオラマ:7

2016-06-30 | ロードレース
ことしもツールが開幕します。
今夜はチームプレゼンテーションの生中継。
しっかり出走メンバーをチェックしましょう。

ジオラマのフィギュアも毎日寝る前に30分づつ、セコセコと塗り分けています。
2cm程度のバイクとフィギュアのジャージをチームカラーに塗るのは老眼には厳しい…。
まあ文字など読めなくても雰囲気で判ればいいので、かなりいい加減です。

ようやく半分ちょっと塗り分けました…(疲!)

一つ一つはあまりアップでは見られないものの(笑)ズラッと並ぶと
なかなか雰囲気もの。
思ったより良い感じに見られそうなのでひと安心。

まずは総合優勝のフィニョンとルノー・エルフチームから。
一応メモ書きしていますがジャージだけ塗って顔も何も弄っていませんので…(^^ゞ
フィニョンはヘアバンドと、見えないけれど眼鏡のレンズもあります(エポキシ一滴)

アルカンシェル・ジャージはG・レモン……のつもり。



プジョー・チームのパスカル・シモンと赤玉ジャージのロバート・ミラー。
ゼッケンが間違ってるので書き直し。



コロンビアチームのルイス・エレラ。



システムUもひとめで判るジャージ。ちょっと前までユーロップカーの監督だったベルノドーもいます。



で、パナソニック、ラヴィ・クレール、スキルまで塗り上がり。
あと4チームほどあれば充分かな。
頑張って塗り分けます…。









コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“Tour de France”のジオラマ:6

2016-06-20 | ロードレース
2年ぶりの更新……(^^ゞ

毎年この時期になると思い出したように弄ってるジオラマ。
昨年は全く放置しっぱなしで、いい加減やる気を無くしていましたが
そろそろ腰をあげないと、未完成のままヤフオクで処分ということになりかねないので
チヌークを横に置いておいてまた再開しました。

以前買い込んだプライザーのサイクリストのフィギュア。
全部で40人ほどの予定ですが、バイクの成型色が赤と黄色ばかりなので、
まずは半分の20人をバイクから外して塗り直します。
一応ローラン・フィニョンが総合優勝した84年の架空の山岳ステージという設定です。

ルノー・エルフ、ラヴィ・クレール、プジョー、スキル・レイデル、レイノルズ等主要7〜8チーム
プラスアルファくらいかな。
L・フィニョン、G・レモン、B・イノー、L・ヘレラにロバート・ミラーとシーン・ケリーは絶対入れたいところ。



バイクはまずペダルにピンバイスで穴を開けて、道路に固定するピンを接着。
サフを吹いてから適当に筆で塗り分けました。
このあと主要選手を先に1体づつ塗り分けてバイクに乗せ、残りは数と配置を考えながら
塗っていくつもりです。



集団落車です…(笑)

---------

全くもって内容が薄いので…今日のおやつで埋めます…。

今日、医者へ行った帰りにフラッと吸い寄せられて、つい買ってしまった
クリスピークリームドーナッツ…。
昨年から閉店が相次いでいるとかで、そのうち無くなるんじゃないかと心配になり(笑)
抹茶オールドファッションと見た目にも毒々しい(笑)のを買ってしまいました。



期間限定のスイカだそうで、まあ言われてみれば何となく…?。
スイカの果汁が入った赤いジェリーでコーティングされていますが、見た目ほどの味のインパクトは
感じられずに残念。

今やコンビニのドーナッツがかなり勢力を伸ばしていますし、それが1個100円〜130円という
価格を考えるといささか割高なKKDは不利ですねえ。

でもくっどい甘さはなかなか捨てがたいので、頑張って欲しいですネ…(^_^)b



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Chinook-Chevrolet mk2 :3

2016-06-09 | その他のクルマ模型
危ない危ない…、ひと月近く放置していたのであやうく広告表示になるところでした。

昨日は地元の街でいつもお世話になっているたかととさんやクラッチョ!さん
春から進学して高2モデラー改め大1モデラーさんがいらしてくださって、ロック・オフ飲み会でした。

以前から開催しようとして、いろいろ都合がつかずに1年半遅れの開催になりましたが
私、たかととさんとクラッチョ!さん、大1モデラーさんはそれぞれみんな世代が異なるのですが
好きなロックの話になればそこは世代を超えて盛り上がります。

なにしろ大1モデラーさんがクルマだけではなく70年代80年代の洋楽を聴いていて詳しいのでビックリ。
ゲームミュージックで普通に昔の音楽が使われているとかで、そこから興味を持ち始めて聴いているとか。

私が持ち込んだ本やパンフは古すぎましたが、たまには模型と違うネタで盛り上がるのも楽しいものです。
お三方、どうもありがとうございました!

------

さてチヌークですが…
コクピットのほうはシートを取り付けました。





ジャンクのバケットシートを2つ繋いでみたものの、どうも雰囲気が合わない。
仕方なくプラ板とパテで作り直しました。

ベルトはシンプソンあたりのNASCARタイプと似ているのですが、実車資料が見つからなかったので
5点式の一般的なものでごまかしています。



リヤアクスルはジャンクのミッションケースとダンパー、ロータス49のドライブシャフト
プラ板、エレールのP4のアップライト、金属パイプやらを総動員してでっち上げています。
完成後はほとんど見えなくなるのでこの辺も適当に。




リヤカウルにテールライトとマフラーを取り付けてから
アクスルを滑り込ませてこんな感じ。
リヤタイヤも仮止めして様子を見ます。ちょっと調整が必要か。





あとは前後のでっかいスポイラー、ウインド、小物の取り付けです。
記事にするほどのモデリングではありませんが、このくらい適当でもそれなりに見栄えがすればOK。
先が見えてきたので次のネタを仕入れました。



なつかしの1/16バンダイのブラバムフォードです。
若きマリオのマシン、66年のインディーカー。
このマシン、大好きなんですが全く形がどうにもならないので、どう作るか思案中です。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

10年ぶりの…

2016-05-14 | その他
今日から静岡ホビーショー。
でも…今回は欠席だし…。
連休も休み無しだったし…。
この2年はいろいろ大変だった…。

ということで3日間の骨休めに…
10年ぶりの京都…。

子供の頃、週末になるとチャリ走らせて、京都駅前丸物の玩具売り場や
今出川の松本模型、伏見の模型店などあちこち走り回った街中も
今やどこがどの道だったかさっぱり判らず…。

昔の記憶が完全にすっ飛んでいて…
とりあえずベタベタな観光客まるだし…。





連休明けなので観光客は少ないかと思ったけれど…



全く的外れで修学旅行生や外国人観光客ばかり…。
トロッコの中も中国人ばかりで…。





気がつけば1日30000歩は歩いた…。



腐っても京都、ちゃんと探せば美味い店は沢山あるし…
四条河原町近く、京町屋を改装した店は良かったし…
湯豆腐の老舗はもちろん…



嵐山バーガーも美味かった…



ホテルに帰ってからももちろん一杯…



締めの先日オープンしたばかりの京都鉄道博物館は…



さいたまの鉄博よりも楽しめたし…





扇形車庫に並ぶ蒸気機関車(ジジイはSLなどとは言わない)は解体修理の様子も見られて最高。



勢いで割高なガチャも買って…



というのも年末に仕事したのがこの京都鉄博限定の図鑑だったためで…



一応、ただ遊びに行った訳じゃないんです…と仕事にも託け…



あっという間の休みも終わって…
静岡の様子を気にしながら今日からまた仕事…。

----
静岡のミーヤンさんから画像が送られて来ましたが…
デカっ!!
垂れ幕予想外の大きさでした(笑)


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加