枇杷の葉なし

枇杷の生育や、葉・花芽・種のことを日々の生活のなかで書いていく。

枇杷葉の底力

2022年07月01日 | Weblog
 発案者はわたくしではありませんし、今までする気もなかったのですが糠を手にしてしまう。ぬかりなく・糠喜びにもならずで、nasuさん提唱の糠床をと遣ってみた結果が凄い。余りの旨さにご飯が進む、お代わりをしてしまう自分に吃驚。今日も、昼食時は糠漬けとトマトです。胡瓜の浸かり具合が絶妙で、今後はnasu地方には足が向けられない。反省と同時に感謝で。

 リエさんから連絡があり、糠床の話しになって送ることにした。選挙時お世話になった方は無農薬米なので、頼んで取っておいて貰う。水道水には怪しい物体も投入され、危険が大きくなっているが報道はひた隠し。自民も維新も信用できない、自分達の生活を守ってくれる筈もなく利権争いが国会議員。それ、全部庶民の血税でっせ!わたくしは払えませんが半ば強制的。

 7月になった時点でと冷房は控えていたが、昨夜も野良猫の襲来ありで網戸が破れてもと数時間点けた。今朝は31℃を確認し、すばるのぐったりに決断した。今は室温35℃です。外にはバケツに水を張って出して、布団は干してない。数時間の冷房に、くしゃみが出て鼻水も出る有様となり慌てるばかり。暑いのが好いというのではないが、風が通り抜けるから心地良さ。

 挿し木や挿し芽がどんどん増えて、どうしたらいいんだ?枇杷葉恐るべし、地球の再生に向けての力が高まっているのが解る。異常気象と云うが、これらは神との約束事で地球の最後に向けてのメッセージ。誰にも教えられずで、気づいても援けられもしない。以前から記載していた事象が起き、人類は滅亡への路を辿るが弥勒が現れ高次元へと導き誘う。選ばれし者のみ。

 既に手遅れの兆しがあり、自分だけはと思う輩は一人も助からないであろう。自分だけは、或いはエンジェルナンバーで教えて貰えると思っているが無駄だ。神の意志は、そんなところに明記しない。それが判る者だけに報せて導く、弥勒の誘いに逝けるか。何もかも棄てて無欲であり無心でなければ、向こうへは逝けないのだ。潔く、命を棄てられると即答できますか?
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三隣亡・大潮・怪談も

2022年06月30日 | Weblog
 昨夜、網戸にして心地良さを堪能していた。そよそよと吹く風に油断したばかりに、何時もの野良猫出現。すばるが喧嘩に唸りだして、緊急事態となり窓を閉める羽目に。まあそれでも冷房を点けるまでには至らずで眠った。然し一大事が!夜干しをしようとしていた毛布2枚が落下しており、早朝の洗濯に。ランドリー等行きません、風呂場で足踏みして干しました。

 序のことに、玄関横のドクダミも抜き片付ける。一汗かいたようでも早朝は涼しいので、朝食を戴きブログ訪問に出掛ける。皆さん更新がお早いし、写真も多彩で感心頻りとなる。その後、洗濯やらすばるのトイレ替えで午前中予定完了。あ・勿論、バケツに水は張っております。電気代の節約ですから、怠る訳にはまいりません。新聞を読みながらため息を吐く心境。

 昼食時のお楽しみとなった糠漬け、胡瓜1本を取り出して戴く。糠は無農薬なので味が違うのか、はたまた枇杷葉茶葉が入ってなので上手いのか?その両方だろうな。nasuさんを疑っていたのではありません、糠が手に入らなくて今日に至っている次第がエンジェルナンバーで明白になり決行。何となく苦しい言い訳…、ブロ友さんのお薦めもあり遣ってみた横着者です。

 わたくしの場合は、枇杷葉茶葉使用ですが煎じる前の物です。今の処、花芽茶が風味がよくフルーティーなので。昨夜、朔日の風呂たてには実を剥いた皮を入れたら何とも素敵に。皮は捨てないで、乾燥させて使いましょう。これもお茶にしても飲めますし、果物なので風味も爽やかなのです。農薬が一切掛かっていないので、安心して飲める。種や皮を捨てちゃ駄目です。

 午後の紅茶ならぬ、枇杷葉茶で瞼がしっかり握手して昼寝してました。布団を干していたのは取り込み、もう暫くは室内です。暑いのは同じですが、この程度なら汗をかいても凌げます。行水しようかな?と思いつつ、鼻水も出たりなので用心して着替えだけにしよう。えっ?実際、網戸にしていても風が渡るから熱中症にはなりませんです。枇杷葉茶も摂取してルンルン。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

水無月・朔・大潮

2022年06月29日 | Weblog
 気温が上昇しているが、未だ冷房を点けずなのは電気代請求が怪談よりも怖い。冬の料金に卒倒しそうになったからで、夏は水遣りで凌ぐ。汗疹は行水も然りなので、年金暮らしの知恵と工夫を行う。自分が納得してだと覚悟もあるが、客人にはどうだろうか。本日、足湯に行くと連絡があり慌てる。網戸にしていて風が通るので、何も云わなかった娘さん誕生日が近いの。

 節電をする気も、協力する気もありません。問題は、機械で身体を冷やすのが厭なだけ。霊気を呼べば、あっという間に涼しくなるわよ。便利でしょ?わたくしの得意技です。昨日に続いてバケツに水を張って置いているのが、今後は湯になってくれることを祈ろう。旧暦での暮らしだと、身体への負担が少ないので有難いの。無理も無茶もしません、頑張るは絶対NO!

 枇杷葉とともにあるから、援けて貰えるのが判るので気楽ですわ。自然への祈りと感謝であれば、他に何を願います。何もないから願わずだし、必要であれば与えて貰えるので有難いです。アラジンで、ジーニー・魔人が言いますでしょ?大金持ちになっても、自分で得た物ではないから感謝しない。猫に小判とは良く言ったもの、豚に真珠も同じです。海の藻屑で消える。

 今年二度目の枇杷葉の実を着払で送ったのが、到着したようでスマホに連絡あり。丁度、お弁当の配達時だったので用件だけ話す。白枇杷を容れていたので、前回のとは別にしてくださいと伝える。薬効が30倍なので、できれば区別しておいたのが好い。年数は同じでも、琥珀色のとろっとした感触は素晴しい。市販では売っていないし、手に入れるにも苦労すると思うので。

 寒い地方でも、温室があったりで生育すれば結実して実が生ることもあります。秋の声を聴いたら、寒さから守って下さい。温室内では温かくする必要はなく、雪や風を除けてが好いです。枯れてしまったように見えていても、復活してくるので土地があれば地植えが良い。毎朝の見回り時に、挨拶を話しかけるのもいいんですわ。枇杷葉も命がありますから、通じて来ます。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏の暑さにも、八せん始まり・大潮

2022年06月28日 | Weblog
 夏は暑くないと米が獲れませんが、言いがかりをつけてくる輩が多いのも事実です。人間て何と自分勝手であることか、自然に対しては抗えない。悠々自適での生活には資金が要るし、無い者には生きてはならぬとのお上のお達しであるのよ。まあ・時間だけは仕事を辞めてたっぷり、今日からバケツに水を張って温まるのを待って居る。夕方までに湯加減も良くなろう。

 暑さに対する心構えもだが、視界がぼやけて来るのは汗が滲むからだ。洗顔後に、枇杷葉のエキスで瞼を拭うと眼に入らないわよ。見え方も著しく違うので、白内障とは遠く眼も疲れが少なくなった。エキスはと言われる方には、枇杷葉茶でも同等の効果があり視力回復には有難い。それまでは暑さの中での外仕事に閉口していただけに、閃いた方法に笑顔で過ごせる。

 枇杷葉が百薬王樹と謂われる所以であろうか、自然からの恩恵の有難さに祈り感謝。明日が朔日なので、Aさんちに水を分けて貰いに行き、青空市までを北上して宅配を着払いで依頼と燃料補給をして帰宅する。白枇杷も収穫したので、今年の枇杷の実はありません。今年の初生りを採っていて気付いたが、白茂木があったこと。赤枇杷と比べて、色の薄いのが特徴です。

 裏年とはいえ、意外と沢山の収穫に枇杷葉にお礼を伝える。特に淡路田中は、糠と塩が効いたようで例年になく甘酢っぱさと果汁もたっぷりという出来具合だ。昨年のを口にされてなら、実感すると思える。今年の剪定は、高さを揃えたいので少なくの予定です。毎年の収穫量は微妙に異なるので、これも販売できない理由でもあるのです。誰彼無しには上げないでね。

 風があるので網戸にしていると、梔子の香りが忍び込むし風鈴が踊り始める。今朝は、Am4時に目覚めたが早過ぎたので5:30まで布団に。梅雨は開けたというのであれば、カーテン類を洗いたい。読書三昧が、あれこれと変更を余儀なくしてくる。冷房での体調不良は約2週間かかって元に戻ったが、冷やすのは厳禁。胡瓜の糠漬けが旨い!発案者に感謝しつつ戴く。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

規格外の物は・・・

2022年06月27日 | Weblog
 我が家の枇杷葉を、商品化しないのには拘りが強いからである。早く云えば、規格外で商品価値に乏しいのだ。無農薬であるのと、甘くて果汁たっぷりでも粒が小さい。決定的なことは大量生産不可能なことで、数人にしか手配できない。枇杷葉にしても他の果物でも、毎年収穫するには農薬を使いJAの規格に合わせる。そこには必ず儲けが絡むから止む無くのことだろう。

 さくらんぼと林檎等の果物は、好きな時に欲しい量だけを求めるが美味しくない。大量生産の欠点だが、熟れる前に採るからで見た目で誤魔化す。わたくしのは朝採りを箱に詰めるし、熟れたのでないと捥がない。従って発送中の取り扱い次第では、傷むことも生じる。時々付属物が這出ることもで、用心されたい。蟻がね、隠れて同行してますのよ。美味しいのは承知だ。

 今朝は、散々迷ったが送るように手配した。これで気にかかっている方には贈れたが、苗のその後に不安を覚える。余り考え過ぎると陰鬱になるので止めよう、気温を見れば31℃になっている。合歓の花に身体を包み込まれ、梔子の白さに眼が覚める。明日から、八せん始まりであるし翌日には水無月だ。本場の真夏に突入するので、水遣りは欠かせない季節に続いてる。

 枇杷葉の実を送ったら暫くは読書三昧になろうか?日中に外には出ないし、水遣りは夕方なので。そうだ!バケツに水を張っておけば、それを風呂に使え節約になるわ。電気代も冷房を点ければ当然発生するから、その手も然りだ。エンジェルナンバーでの閃きに感謝!漬物は、糠床利用で安上がりになったし少ない年金の工夫にも。黙って手をこまねいていては駄目だわ。

 枇杷葉茶飲用してだと、皮膚の汚れも剥ぐから呼吸がし易くなるの。枇杷湯に浸れば角質ごっそりなので、汗をかいてもサラサラだし臭いは消えるから気分も落ち着く。従って暑さへの心構えも、それなりの身体の機能回復にも役立つのよ。それをしないでいて、今になって慌てているのに?が一杯です。身体に悪い物ばかり口にして、あたら命を粗末にしている他人達だ。
コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

暑いって、夏だよ。

2022年06月26日 | Weblog
 今日は朝から青空であるが、曇ることもあるので11時まで待っての布団干しだ。先日泊まった時の布団が気になっていたが、安堵している。家の網戸全開にしているのが、風が渡っていて心地良いのが有難く冷房には及ばない。夏は暑いんですわ、庭への水遣りも洗濯機の排水をバケツで撒く。昨日等、寒い位になって慌てた。あ・原因がね傍にくっついているの。

 車では設定気温は25℃にしているが、運転走行中に眠くなるからで事故をしては無意味だ。従って、上着を着用してます。夏になった途端に暑いって聞くけど、枇杷葉茶を飲用していれば気にもならない。何故かって?体内の温度調整を自動的に行うから、血液が留まることなく流れる。これは冬の間から冷たい物を欲に任せて摂取し、油物ばかりを口にするからです。

 夏の暑さを乗り切るのは、冷たい食べ物や飲料ではなく老廃物を排泄する機能を保つことです。梅干しも塩漬けでの干したのを買いますし、青空市で売っている素朴なのが身体には好い。梅も枇杷も桜も同じバラ科で、香りがとても好いし身体にも効きます。杏や李にもアミグダリンは一杯で、ジャムにするには最適な木々です。我が家には、枇杷葉で充分と思ってる。

 枇杷葉茶を飲用していると、汗の分泌状況が変化してベタベタの不快感が消えサラリとして来ます。おしぼりも冷たいのよりも、温かいのが気持ちいいでしょう?油もお湯の方が汚れの落ち方が違う。肌の変化も見逃せず、枇杷湯に浸って角質を剥がすと艶やかになります。しっとりと潤った肌を想像すれば、思わずにんまりしてでしょう。笑顔が増えるのは必然的です。

 これまでに多々効果のありそうな薬草や、ハーブティーも飲んだが然程でも。ドクダミもきらん草も悪くはなったが、枇杷葉は薬草としては天頂なので持続すれば他は要らない。市販品を買うのは、種が発芽して葉が採れるまでの辛抱。それを毎年繰り返していたら、庭中が枇杷葉だらけになった次第です。家の周りを枇杷葉が囲んでいるから、風が通り渡って涼しいの。
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

網戸にして、皐月二十七日

2022年06月25日 | Weblog
 うふふ…今日は沢田研二さんの誕生日、と云うのでもないがお弁当の配達時CDボリューム上げる。お・パトカーが後続車を牽き連れて走行、空には白龍が泳ぐ。沿道の枇杷葉は、脚立をして採ったらしい。車道からは10mは高い石崖の上だから、それ自体は無理な場所。我が家のは、淡路田中と長崎茂木の一旦枯れて復活したのが袋で白枇杷葉はもう少しかな?

 一昨日に手配していた宅配が、Pm9時前に着いたと連絡してきてくれた。あちこち口にしているがと、最高の褒め言葉を貰う。恭悦至極!どんな物よりも、この言葉が何よりもうれしくて見えぬのを幸いに前がぼやけた。今日には、離れておいでの娘さんに送って下さってだと思う。我が家の味を覚えたら、市販品は買えないと思うが無農薬で大量生産はしてない。

 来年のことは不明ですが、予約は受け付けます。着払いが条件なのと、食べた後料金を振り込んで下さると有難いと書いているが品物を贈られて戸惑うことが多い。何しろ基本独りであるから、傷んでしまう。かと言って腐らない物だと断捨離出来ないので、置き場に困る。冷蔵庫にも入り切らないから、遠慮したい気持ちが大きくてそれとなく断るが通じないのよ。

 他人の善意が分からぬのか、と思われる向きもあるがトラブル解消の為に貰わないことにしている。そのこちらの気持が分かってくれる人への発送に変えたら、気分が落ち着いた。無理矢理の押し付けであるのだから、重々気をつけてしないと誤解を生じさせてしまい捻じれるのだ。今年、連絡なしで贈った方々は約束してた。個人的には、約束なら何があろうと守。

 昨夕には、激しい雨音がして梅雨明けのような気配だった。一夜明けてみれば、梔子の花が一輪咲いていたのに心が洗われたようだった。蕾の二輪も、お弁当配達を終えて帰宅したら綻んでいた。今朝は、いっくんにも遭えて気分は最高!単なる人形じゃないのよ・個人的には。燃料代が・電気代が勝手に減らされる年金以外は、金持ちにやさしい政治は断固反対です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

早朝の騒動は続く・・・

2022年06月24日 | Weblog
 枇杷葉の実が熟れ、山桜桃梅が色づき少量調達には格好の庭であるとなれば。早朝から、その声に起こされてしまうのだ。井戸端会議にしては騒がしいが、ある程度啄んだら止む。今は電線で鴉は囀り、鶯は庭に来ている。時々姿を見せるのは、その証明かな?こちらには小さい種も、喉を越さないようで地面に落としている。種は3ヶ月程で発芽するので拾うのだ。

 夏は暑いのが定番だが、枇杷葉茶を飲用していると汗の出方が異なる。最初の排泄時、吃驚する位の色になり臭いも強いが徐々に改善されていく。夜間に起きるのは、身体が冷えてくるからで何かにつけて冷たい物は控える。それを多少の気持ちで切り替えていると、暑さを感じ難くなる。枇杷葉茶もだが、温かい飲み物は老廃物の排斥が速いのだ。湯と水の違いよ。

 それを冬の間に蓄積していれば、春先から夏に向かう体制が整っているので凌ぎ易い。冷房の効いた場所で、冷たい物を戴くと体内への分泌は途絶え肥るし毒素を溜める。これで病気にならないのが可笑しい。医者に行けば治してくれるのではない、症状を分析はしてくれるだろうが薬も人に因る。副作用の方が大きく出て、改善には程遠い。失った時間は戻らんわ。

 それが出来るだのじゃなく、自分の身体でしょ?薬草も何種類もあるし、金さえ出せば治療もしてくれる。そういうことが苦手だったり、元手がないとすればどうしますか。わたくしは此処でそのことを書いていますが、専門的な知識には乏しく、データも持っていません。信じて貰うにしても、医学的な資格も持ち合わせませんから怪しい戯言に聴こえる方も居る。

 わたくしにあるのは、何にも代え難い愛だけです。従って、利益を目的としませんから気持ちは自由です。枇杷葉茶を送るのも着払を原則ですが、飲まないなら塵となるからです。寒中に心を籠めて採り作り、援けてと言われれば無視できません。他人は皆、自分さえ良ければ好いのです。困っていても誰も手を差し伸べてくれませんから、工夫したり閃きを大切に♡
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トスカ

2022年06月23日 | Weblog
 歌劇も、好みの問題もあるが歌手の声や出立も影響大。世界三大テノール、ブラシド・ドミンゴ ルチアーノ・バヴロッティ ホセ・カレーラスが有名。トリノオリンピック開会式での、トーランドット 誰も寝てはならぬ は荒川静香さんが氷上を舞った。その後、体調を崩してバヴロッティ死去。現在はホセ・カレーラスだけが健在。CDとDVDで堪能できるのは満足。

 トスカは、動物のお医者さんの中で知った。テレビではなくコミック、本屋に勤めていたから新刊は直ぐにゲットしてた。当時は歌劇への興味がなく、本物を観たい意欲もなくテレビだけです。NHKがクラッシックバレエ等、教育番組で賑やかでした。ジゼルもコッペリアも魅了されたし、ダンスマガジンでの熊川哲也さんも優勝の記事と写真に凄い少年との印象を持った。

 コロナ禍で、観劇が出来なくなったこともあり専らDVDでの鑑賞。フローリアトスカの役は、ライナ・カバイヴァンスカで美人であり声も素晴らしい。これにはブラシド・ドミンゴのジュニアも登場し、スカルビア男爵の不敵な面構えでトスカに言い寄る。何度観てもトスカの、歌に愛に生きる姿に惹きこまれる。最後の場面はご存じだろうが、思わず叫んでしまう迫力だ。

 トリスタンとイゾルデや、サロメも求めたいが主役如何であろう。誰でもいいやと最初のトーランドットを買うが、姫の感じからは遠くかけ離れていた。コミックでは、里中満智子さんの描くのが分かり易い。最近は、椿姫がよかったです。物語の解釈は各々がすれば好いことで、本物を観るのは勿論だが映像での楽しみにも充分な物があります。壮大なスケールが心を魅了。

 枇杷葉の実を捥いでいるが、袋に大きな穴が空いていて鴉の仕業と思える。実に甘くて美味しいのを知っていて狙うが、種は落としている。今日は夕方、ぽんさん地に着くように手配している。小さな箱に初物として贈ってみているが、連絡していないので機嫌を損ねるかな?今日の発送は連絡済なので、明日の夕方7時以降の到着です。ジュメさんに2回目を送ろうかな…?。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自然が援けて・・・

2022年06月22日 | Weblog
 今朝は晴れで、青空の覗く天気になる。早朝からの野鳥の囀りが賑やかで、庭の徘徊時に枇杷葉の落下した実を発見する。齧ってますわ…、袋をかけていても本能の働きで察知するのだろう。敷地内にあるとはいえ、自然からの恩恵なので拾って洗い口にする。種が要るしで、放置できないのだわ。無農薬の旨さが擬縮してなのも美味しいらしく、匂いも好いのだろうと空を見上げる。

 ブルーベリーも、昨日は雨であったので採れず籠に一杯になる。売り物ではないので、送ってあげたいのだが傷みも気になり迷うわ。近くなら採りに来ればとの思いで、せっせと籠に入れている。冷蔵庫に鎮座しているだけではと、少しづつ戴く。野菜を沢山貰って、独りでは食べ切れないのを糠漬け決行となる。昨日の時点でブログを再読しておいて、今朝実行した次第なのです。

 枇杷葉茶のことなら多少の説明は可能だが、未開地の分野だったので達磨状態。ブロ友さんの中には、長い期間をされている方が多くだがとある記事に吃驚し心が動いた。何と旅行に行くのに、枇杷葉茶飲用後の葉を乗せてとあった。数日後の留守家に帰宅して、糠床が変化していなかったことに目から鱗だったようだ。枇杷葉の効力に、こういうのがあると気づいた閃きに吃驚で。

 で・何故本日であるのか?それはエンジェルナンバーが教えてくれ、その勢いも加担してなのよ。体調も戻って来ていることもあり、その気になった。えっ?体調不良の時に行うと、上手くいきませんでしょ。物事には、今と云う旬もあるので暦を参照したりが多いです。そういうのを関係ないと無視してだと、結果的には身体に異変が起きます。殆どの方が無頓着で平気なんですね。
コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする