あぁ、生きた証

日記、献血放浪記、気がついたり考えたりしたこと、地元清水エスパルスについて書いてます。

7月を振り返って

2022-07-31 | ドラクエウォーク
暑い・・・・流石に日が出ている間は、外に出る気にならない。


その前は、連日雨が続き、これまた出かけようという気にならなかった。



ということで、ドラクエウォークの肝の部分である「(外で)歩く」ことが出来ない。
兎に角、このアプリは、歩かないことには様々なイベントが進んでいかない。


一応、公式側が目指す目標として、1週間に7万歩、1ヶ月に30万歩あるのだが、
全く届かなかった。


1日3,000歩強・・・1ヶ月15万歩・・・
自宅から一歩も出ずに遊んでいると、本当に効率の悪いゲームなので、まぁ進まない。



惨敗感が激しい
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

iPad(第9世代)開封

2022-07-28 | パソコン・ネット
注文したのは1月末、ものが届いたのが4月末、そこからアクセサリーとかを注文して届いたのがGW前。

そしてそこから放置すること3ヶ月・・・




世の中、円安へと大きく振れ、iPadいやApple製品自体の価格が大幅に値上がりしていた。
時間の移り変わりというものは恐ろしいものだ。



ということで、いい加減、放置してないで使うことにした。






ミニマリストの人たちが、「買ったけど要らないもの」の中にタブレット端末がよく挙げられる。
スマホで事足りる。さらにはPCを持っていれば尚更だ。つまりは微妙なサイズでそれなりのことしか出来ない
タブレット端末の立ち位置は非常に微妙で、それに何万ものお金を出すのは無駄という判断。


便利なのか、不要なのか、こればかりはその人、その人で捉え方が違うので、それこそ一概にどうとは言えない
だろうと思った。






では、自分はーーーーーーーーー!?







こればかりは、使ってみないと分からない。
MacにiPhoneにそしてiPad。随分とApple信者になったものだ。



さて、開封から設定。
相変わらず、初心者でもサクッと設定できるAppleデバイスは流石だ。



iPadで一番やってみたかったことは、ペンを使って記入。

デジタルでアナログなことやってるある意味不思議な状態だけど、これはこれで面白味を感じた。
例えるならば、初めてタイピングをやった時のただ打ち込んでるだけなのに何故か面白いのと
近い感じ。


ということで、GoodNote5を入れて自分なりのノートを作ってみる。
自己満足の極みだなぁ。(まぁ誰に見せるわけでもないのでそれでいいと思うけど)



その他、漫画を読んでみる。
当たり前だけど、スマホと違って画面が大きいのは非常に読みやすい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【速報】日本が韓国を粉砕してE-1選手権を制覇。相馬勇紀らのゴールで3-0の快勝を飾る| EAFF E-1サッカー選手権

2022-07-27 | サッカー日本代表
「 東アジアの頂点を決めるEAFF E-1サッカー選手権決勝大会。2試合を終えて1勝1分の日本は、ここまで無敗の韓国と対戦した。

優勝を手にするためには勝利しかない日本は、中国戦からスタメンを9人変更。
GKには谷晃生が入り、最終ラインには右からDF小池龍太、DF谷口彰悟、DF畠中槙之輔、DF佐々木翔を起用し、
中盤のダブルボランチにはMF藤田譲瑠チマとMF岩田智輝を並べ、2列目にMF水沼宏太、MF西村拓真、MF相馬勇紀、前線にはFW町野修斗を据えた。


立ち上がりから攻勢をかけたのは日本だ。
30秒にも満たない時間に町野が思い切りのいいミドルシュート。
これは相手GKに防がれたが、その後も前から圧力をかけて攻撃を仕掛けていく。
韓国も時折、反撃を見せるが、そこまで連動した攻撃が来ることもなく、うまく時間を進めながらチャンスを作っていった。

ただ、なかなかゴールネットは揺らすことができず。
19分の相馬のシュートや34分の水沼のシュートなど、ゴールに近づく場面はあったが、スコアレスのまま前半を折り返した。


後半も日本がいい入りを見せる中、試合が動いたのは49分だ。
右サイドで攻撃を組み立てていくと、ハーフスペースで受けた藤田がファーサイドへふわりと浮かしたクロスを供給。
これに走り込んだ相馬がヘディングでゴールへと突き刺し、日本が先制点を奪った。

この得点で流れを掴んだ日本は、64分にセットプレーから佐々木がヘディングで押し込み追加点。
72分には右サイドの素晴らしい崩しから最後は町野が決め、リードを3点に広げた。

ゲーム終盤には途中出場のMF宮市亮が負傷するアクシデントもあったが、そのまま時間を進めた日本は3-0で韓国に快勝。
2013年以来のE-1選手権制覇を成し遂げた。」
                                      (「DAZN News」より引用)








まぁ、そもそもEAFF E-1サッカー選手権自体、韓国戦以外はかなり格下になることもあり、日本代表がこれから世界と戦う上で
あまり得るものが少ない試合なだけに、韓国戦にこそ大きな意味が見出せるはずだった。


しかし、蓋を開けてみるとびっくり、韓国が全然攻めてこない。
ボールこそ持っているが、ピンチらしいピンチの場面が訪れない。

全くもって怖くない。



そして、日本に待望の先制点。
引き分けでも優勝の韓国は何が何でも1点を獲りに来るのかと思いきや、そこまでグイグイ来る感じでもなく、
2点目、3点目と日本は効果的に追加点をあげる。

それでも韓国は、攻撃一辺倒になるわけでもなく、チャンスらしいチャンスを一向に作れず、苛立ちからかラフプレイだけが
目立ってタイムアップ。日本の勝利で終わった。



勝ったには勝ったけど、何だか消化不良な印象だった。
今回、日本も韓国もベストメンバーではない。日本は2軍、韓国は1、5軍とも言われている。

勿論、どんな試合でも勝つことが大事だし、集中力を切らさず完封したことも大きい。



しかし、それでも何か素直に喜べないくらい、弱々しい韓国に同情さえしたくなるものだった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ぶらり献血の旅 献血ルーム柿田川(4回目)

2022-07-26 | 雑記・日記
今月1日開所の海老名献血ルームに行こうと思いつつ一向に実現しないでいたらいつの間にか月末。

そんな中、ふと目に止まったのが、
献血ルーム柿田川10周年記念感謝キャンペーン





献血ルーム柿田川が開所時に訪問したことをこのブログで書いたけど、
あれから10年かぁ・・・(しみじみ)





ということで、ぶらり献血の旅、第57弾(33箇所)の訪問先は
献血ルーム柿田川



結構、雨も降っていたこともあり、予約なしでもそれほどドナーはいないだろうと踏んで出発。
(午後イチの時間帯を狙う)


雨が強いのは静岡県中部エリアだけのようで、東部の三島は曇りだった。


なんやかんやで4回目の訪問。
前回訪問したのが、2018年9月なので、ほぼ4年ぶりということになる。

ドナーの方はぼちぼちいらっしゃる感じで、30分ほど待ち時間が発生した。
(まぁ、予約なしで行けば、それくらいの待ち時間は気にしない。むしろ漫画を読む時間くらいの構えで)


採血中は寝落ちしてしまったので、思った以上に時間を感じることなく終了。



今回の処遇品


けんけつちゃん歯磨き粉(今回の分)



鼻セレブ(ラブラッドのPtが貯まった分)



バタークッキー(献血ルーム柿田川開所10周年記念分)



大麦若葉青汁(夏のキャンペーンらしい)


その中身


家に帰ってきてから、キャンペーンを知る



みんなでパシャリ




今年は、ここまでで3回献血。

というより、今年もそこまで回数が伸びることなく献血をしている感じ。
まぁ、沢山献血をすることがそもそもの目的でもなかったので、こんなところだろう。

海老名へ献血に行くのはいつにしようか...
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

世の中は夏休み

2022-07-25 | 雑記・日記
気がつけば、7月も下旬、世の中、学校へ行っている児童、生徒、学生の諸君は夏休みへ突入したことだろう。



思い起こせば小学生時代、終業式の日、午前中で学校が終わり家に帰ると、昼ご飯を食べ、午後からは
夏休みの課題に着手。


このスタートダッシュが結構好きで、この日に結構な量をこなし、おそらくその後、3〜4日でほとんど
終わらせてしまっていた。

ただし、手をつけにくいものとかは、なかなか着手せず、なんやかんやで8月の終わりまでそのまま残っていたりする。



ということで、8月の終わりにそこまで宿題に追われることはないものの、それなりに何かしら
やらなければならないものは残っている感じだった。


少なくとも遊んだまま新学期を迎えられるような甘いことはなかった。





よく「記憶を持ったまま昔に戻れるならいつがいい」なんて質問があるけど、
今のまま小学生時代に戻ったら、どうなるんだろうと思う。


夏で考えると、エアコンはないからMAX扇風機で我慢。


今ほど気温は高くなかった印象だけど、朝から高めの湿度と室内でもじんわり汗をかいていたような記憶がある。
んー当時だとプールとかに行かないと厳しいかもしれない。



今の記憶のままなら、小学生レベルの勉強は、かなり舐めプ出来るだろうから、それこそ何か習い事とか
手にスキルを身につけようとするんだろうなぁ。

逆に小学生相手に一緒に遊んでいても、そこまで当時のように楽しめないかもしれない。
案外、休み時間は読書とかしてそうな気がする。確かにあまりある時間で読書は有益だ。



まぁ、そんな実現する可能性ゼロの妄想をしているこの時間も外が暑すぎて何もやる気が起きないからこその
無駄なことなんだけど。笑
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

森保J、若手主体の中国にまさかの0-0ドロー。細谷の絶好機逸など決定力不足を露呈。E-1制覇に足踏み

2022-07-24 | サッカー日本代表
「 日本代表は7月24日、E-1選手権の第2戦で中国代表と対戦し、0-0で引き分けた。


 森保ジャパンのスタメンは、GKに大迫敬介、4バックは小池龍太、中谷進之介、荒木隼人、佐々木翔、
ダブルボランチは野津田岳人、橋本拳人、2列目は森島司、脇坂泰斗、宮市亮、CFに細谷真大という顔ぶれに。
キャプテンは佐々木が務める。

 立ち上がりからペースを握った日本。ポゼッションで圧倒的に上回り、多くのチャンスを作ったが、
中国の分厚い守備ブロックを崩しきれず。スコアレスで前半を折り返す。

 迎えた後半も変わらず、日本が主導権を掌握。攻勢を強めながら、53分には脇坂のパスをエリア内で受けた細谷が、至近距離から右足で狙う。
決まってもおかしくないビッグチャンスだったが、シュートはバーの上に飛ぶ。

 56分、右サイドからのクロスに野津田が飛び込んだが、シュートを打ち切れない。
1分後、左サイドからカットインした細谷の渾身のショットは、コースが甘くGKに止められる。

 その後もテンポ良くボールを動かしながら、敵陣に攻め込む日本。
何度もボックス内にボールを運ぶも、そこから先は中国の堅牢なディフェンスに阻まれる。
 
 84分、ニアゾーンを突いた相馬勇紀のクロスから杉岡大暉がシュートも決め切れない。
彼ら2人と同じく途中出場の町野修斗や満田誠も攻撃を活性化したが、結局は得点を奪えず。

 初戦は香港に6-0で圧勝した日本だが、U-23世代中心の中国にはドロー決着。
2試合を終えて1勝1分。E-1制覇を懸け、27日に“2連勝”の韓国代表と対戦する。」
                           (「SOCCER DIGEST Web」より引用)









初戦とメンバーをガラリと代えてについては、最終戦の韓国戦を考えれば、出場機会を与える点も踏まえて
当然といえば当然。

まぁ、その分、連携だの戦術理解だのチームとして不十分である要素は沢山ある点も噴出するのは必至。


ということで、格下とみなしている中国相手だからこそでもあるのかなといったところ。



初戦で韓国に大敗した若手主体の中国も完全に引いて守るを徹底してるせいか、ほぼスペースがない。
縦にボールを入れられない状況に、ブロックの前をただただ横パスで攻めあぐむばかりで、試合自体は面白くなかった。

もう少しリスクをおかしてチャレンジしないとなかなかパスだけで崩すことは難しい。



この試合最大のチャンスであったシーンでは、細谷がふかしてしまい、これが結果に結びつかなければいいけどと思ったが、
結果的には、モロに結びついてしまった。

やはり大量得点の試合以外、そうチャンスは多いわけではないので、こういったゴール前でドフリーな状態でのシュートを
外すと勝利は遠い。そしてもしかしたら、このシュートが決まっていればそこからゴールラッシュの可能性だってあったのかも
しれない。



なんか消化不良な感じで終わってしまった。

次は、優勝をかけて韓国との対戦。
日本は勝つしかないので目標は明確。守備に追われる時間は長くなるが、スペースも出来るのでそこを突くことも十分できる。
この試合で叩かれた鬱憤を晴らす活躍を見せてほしい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ感染も熱中症も怖い、マスク着用の判断苦慮 岐阜県内で園児感染増

2022-07-23 | 政治・経済・社会・ニュース
「 新型コロナウイルスの流行「第7波」が本格化し感染者が急増する中、特に10歳未満の子どもの感染が目立っている。
岐阜市内の認定こども園など保育現場にも危機感が広がるが、熱中症対策として屋内でもマスクを外す園児が増えており、
感染防止対策との折り合いに苦慮している。


 県によると22日の新規感染者1997人の約3割が10代以下で、10歳未満は253人に上る。

 かぐや第二こども園(岐阜市鷺山)の年中児クラスでは21日、マスクを外した園児たちが塗り絵を楽しんでいた。
「コロナは怖いが熱中症も子どもたちの命に関わる」と篠田正男園長(62)。
同園では密集する時だけマスクの着用を促し、それ以外の場面では着けるかどうかは園児に委ねている。

 対応を決めたのは6月末。メールで「3歳以上の園児は室内でもマスク着用を推奨しない」と保護者やスタッフに連絡した。
猛暑日が続き熱中症のリスクが高まっていたためだ。

 厚生労働省は乳幼児のマスク着用について、個々の発達の状況や体調を踏まえる必要があるとして、
「他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない」、2歳未満は「マスクの着用を推奨しない」との判断を示している。

 篠田園長は「『一律には求めない』『推奨しない』の解釈に迷った末、着用しないと決めた。
だが予想以上のスピードで感染が拡大している。今後は着けさせるべきだろうか」と頭を悩ませている。

 岐阜市子ども保育課によると、屋内でのマスク着用は、私立の保育園や認定こども園は各園が判断をしており、
公立保育所については「3歳以上の園児は屋内ではなるべくマスクを着けてほしいと保護者にお願いしているが、強制はしていない」という。

 福富医院(岐阜市安食)院長で小児科医の福富悌医師は「ここまで感染が拡大すると室内でのマスク着用はやむを得ない面がある。
子どもに水分をしっかり取らせ、適度にエアコンをつけるなど熱中症予防も必要だ」と話している。」
                                            (「岐阜新聞Web」より引用)







暑い。一気に暑くなった

そして、こんな中でマスクって、厳しすぎる。


屋外で、周りを見ても2m以上人がいなければ、マスクは不要だろう。

個人的には屋外なら大丈夫だろうとは思うが、それでも街中だの人がそれなりに密集するところでは
エチケットとしてしておく方が、そこでムキになって「マスクは不要だ」と言ったところで
変ないざこざがはっせいするだけなので、波風立てずにお互い気をつけてますよアピールも兼ねて
マスクすればいいと思う。

実際、感染防止というより、かなり形のものになってしまっているような気がする。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

随分、楽な気持ちで

2022-07-22 | 雑記・日記
今晩から夜勤2連勤。

7月後半の比較的のんびりゆったりとした勤務体系に突入した。

ここのところ突如大雨が降って、しかも冠水したりするレベルで、一気に大変な状況へとなるのだが、
この2連勤の間は、どうやら天気もまずまずで落ち着いていそう。


やはりのんびり勤務できるのがいい。

間違っても仮眠が取れなくて、睡魔との戦いを延々に続けるのはキツい。
そして、そのまま勤務を終え、家に帰るときもキツいし。



ここから8月のお盆直前くらいまでの間が、めちゃくちゃ緩めの勤務になる。
(つまりは出勤するより休みの方が多い)

しかし当然1ヶ月に勤務するおおよその勤務日数は固定されているので、皺寄せが発生して
8月後半は4連勤、2連休パターンが多い。



これは何ともしんどい




一部でいいから、月の前半に持ってきてくれたら、随分気持ちも違うんだけどなぁ。


そして、休みが少ないということは、なかなか「ちょっと出かけてみた」もやりにくい。
比較的休みの多い月の前半に行えばという考え方もあるが、7月に実施してからあまりにも
間が空いてなさすぎて、自分の中で効果が薄いというか、それだと価値がそれほど見いだせない。


なんかやりたいんだけどね。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょっと出かけてみた '22年7月分

2022-07-21 | ドライブ・遠出・旅行
日々生活していると、いいことがあれば悪いこともあって、なんとなく帳尻合わせではないけど、
均してみると、いいことの方が多少上回っている(その差はごくわずかなのかもしれないけど)ような気がする。


先週末の勤務では、仮眠が取れないしんどい状況になり、これにより家に帰るとバタンキュー、そして休みになっても
何だか睡眠が足りてないような状況で、延々と寝ていたような気がする。


しかし、先にこういったツラいことがあると、今月の「ちょっと出かけてみた」ことに心のケアではないけど、
現実逃避的な行動には十分な意味があるような気がしないでもない。


この「ちょっと出かけてみた」は予定はしてあるもの。
気分転換の一つで、ものすごく楽しみとまでのものではないが、ルーティン化した逃避行動は悪くはない。

そこに帳尻合わせでツラいことが被せるように発生したのかは謎だけど、今回はこのツラいことのあとに
予定しておいてよかったなと思う。

これが逆だと、楽しんだ罰みたいな感じであまり印象がよろしくない。



ということで、今月も心のケアの旅、ちょっと出かけてみた。




ここのところずっと梅雨の時のように雨ばかりだった。

ちなみに今年度に入ってから、「ちょっと出かけてみた」シリーズは、「ぶらり献血の旅」で本厚木へ行った時以外、
全て雨に見舞われている。

今日は、一応晴れて日差しも強いのだが、しかし、夕方からは雨が降るかもしれない、まぁなんとも清々しない。









今回も安定の在来線での移動。
どいう訳か、道路も空いていて信号のタイミングも良かったのか、いつもよりも早く駅に到着。
いつもの時間のいつもの電車で構わないのだが、ホームで待っていても暑いだけなので、到着した電車に乗り込んだ。


7:49 清水駅 〜 10:40 川崎駅




今回も道中は、安定のドラクエウォークのレベル上げタイム

特に先月は梅雨明けから急に暑くなり、外出を避ける傾向にあったし(=ウォークしない)、今月は雨ばかりでそもそも
外を歩くことができず、なかなか春先までのコンスタントに歩数を稼ぎ、外でレベルアップしていた状況ではなかった。



1)とにかくレベル上げ
2)沢山のほこらをルーラ登録



先月後半から、今月の前半まで結構キツキツのシフトだったこともあってか、1ヶ月ぶりの川崎だったが何だか随分間が空いたような気がした。

それにしても暑い。
ただ、条件反射ではないけど、何となく現実逃避しているなぁって気分になるのは不思議。
(まぁそれを求めているだけなんだけど)



今回、お昼をどうしようか迷った。

自分の中でいつの間にか「麺屋 徳」と「天下一品」のサイクルになっているが、暑いのでラーメンって感じではないし、
ここはちょっと新規開拓をしてみることにした。

ということで、Atre地下の「ラーメンsymphony」というラーメン店が並ぶエリアへ行き、その中で大山へ行くことにした。




新規開拓と言っても、実はこの店には何年か前一度入っていると思う。

なんなら、富士市内の店には何回か行っているので、ただの久しぶりの訪問になる。
(富士市へ行けば食べられるラーメンなのにわざわざ他県でその店に行くのもなぁってところもある)




冷やし大坦麺



てっきり汁なしで、冷水で締めた麺の坦々麺かと勝手にイメージしたら、普通の坦々麺との違いが、
氷が入った冷たいスープといったものだった。


それを見て食べたことあることに気づいた。
いつだったか忘れたけど、確かその時も夏の時期で、熱いラーメンの汁は敬遠しつつ、坦々麺の辛さを欲したことからだったと思う。




味の感想は、うーん至って普通
冷たいせいか、辛さも全然感じなかった。

ぼんやりなんとなく選択したせいか、得られた結果も、実にぼんやりとしたものだった。
(やはり、事前に調べるとか、これが食べたいからこの店に行こうってモチベーションじゃないと厳しいかな)



そして、15時半過ぎ、そろそろ帰えろうと川崎駅へ行く。

先月は、人身事故が起こって大変なことになったが、今回は5分程度の遅延が発生していた。
帰りの電車は、完全に爆睡していた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いつの間にか変わっていた

2022-07-20 | 雑記・日記
iPadを使う上で、GoodNote5というアプリを入れたかったので課金(980円)するために
iTunesカードをコンビニへ買いに行った。






その時は気が付かなかったが、あれ?なんかパッケージが異なる。
デザインを変えたのかくらいだったのだが、実は大きく変わっていたようだ。

iTunesカードからの移行だと実質そこまでの大きな変更はないものの、
そもそも2種類あったことを知らなかった。


りんごマークのステッカーが付いてくるのは悪くはないけど、特に使うこともないかな。
捨てはしないけど、そのままお蔵入りしそう。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寝足りない

2022-07-19 | 雑記・日記
夜勤明けからの4連休で、気持ちは非常に楽な状態ではあるのだが、仮眠なしでの勤務の時から、
体の中のサイクルが何となく変化している。


年に1、2回仮眠なしの勤務の時があるのだが、いずれもその後は
寝足りない状態に陥る。

しかも、何日間か寝ても寝ても寝ても寝られる感じになる。



ひたすら爆睡。


朝は普通に早めに目が覚め、その後午前中に寝て、昼食後に寝て、夕方起きて、夜も早々に寝る感じで
体の何処かが明らかにおかしくなっているよなぁって思う。

なんかやろうと思っていても、「あ!寝てた」で終わってしまう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

解放された

2022-07-18 | 雑記・日記
昨日の夜勤を持って(今朝解放)、月末までの残りの2週間弱の間で4日出勤のみとなった。
随分、気が楽になった。



夜勤の間は、正直十分に眠れてない。

特に今回の夜勤2連勤は初日に仮眠を取れない事態に陥り、夜中から未明にかけては本当に睡魔との戦いだった。

起きてなければならない、しかし、睡魔が勝り椅子に座ったまま意識が飛ぶ。
あぁ!寝てた!と数秒後に目が覚め、いかん、いかんと思いながらも、意識が飛ぶそして目を覚ますの繰り返しを
本当に1分おきにやっている感じで、キツかった。


まぁ、そんな状態での勤務では、神経使うような細かい作業などは到底無理で、ただただそこにいるだけに近い感じ。


ツラいながらも何とか解放された。
まずは寝よう
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PS3ゲームをヤフオクで落札してみた

2022-07-16 | 雑記・日記
またもヤフオクでPS3のゲームを落札してみた。

今回は、そこまで欲しいって感じではなかったが、何となく競ってるうちに思わず
落札金額を高めに設定してしまった関係で、こうなった。


手元には、更にダブっているゲームも増えた。
ここいらで、ネットで本やゲームを買取しているところに連絡して買い取ってもらおうか。
(部屋も棚も広くなるし)

ダブってないゲームもかなり増えたが、そもそもゲームをそこまでやらない。
(大学時代とかは1本のゲームを狂ったようにやっていたけど)


100本近い未着手のゲームをこれからどうしていこうか....
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

職場の飲み会

2022-07-15 | 雑記・日記
本来ならば、職場では、年に2回くらいのペースで飲み会を行なっているようなのだが、
新型コロナの影響で、飲み会に関しては完全に自粛モードになっていた。



企画されたのが、ちょっと落ち着いた6月だったこともあり、ビアガーデンに決定。




自分は、これまでビアガーデンへ行ったことは一度もない。
仕事を替える前に一度、ビアガーデンでやろうぜという話はあったが、結局具体的に計画されることなく
シーズンが終わり流れた。


心配されるのが、梅雨明け以降の方が梅雨っぽくて、しかも結構局地的にまとまった雨量で
実際災害が出ている地域もある。


18:30開始なのだが、果たして天気はどうなるのか。
ちなみに雨が降っていたら中止で、順延はないとのこと。



今日は日勤だったので、17時半に仕事を終え、会場に向かった。
なんとか天気は持った。

ビルの屋上は、予想以上に涼しかった。


ビアガーデンだから何か特別ってこともなく、淡々と過ぎていった。



そして21時お開き。
電車に揺られて自宅から最寄り駅で降りて、20分程度歩いて帰った。

家に着くまで、雨に降られることはなく良かったのだが、傘を持って歩くって
改めて歩きにくいなぁと感じた。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ごみ出し往復1キロ、熊本市の女性「遠い…」 市「自治会、区役所に相談を」 ステーション設置には条件

2022-07-14 | 政治・経済・社会・ニュース
「 熊日の「SNSこちら編集局」(S編)に40代のパート女性(熊本市東区)から「自宅からごみステーションまでの距離が片道500メートル、
往復1キロあり、車で運ばないと重くて歩いてはいけない。
市街地は自宅前にごみを出している場所もあり、同じ税金を払っているのに不公平では」との声が寄せられた。同市のごみステーションの現状を調べた。

 市内には、地域で定められた場所と集合住宅専用を合わせ、約2万カ所のごみステーションがある。
ステーションは「利用者が管理すること」が共通ルールで、市に設置の届け出を出した自治会などが管理している。

 市ごみ減量推進課によると、新たにステーションを設置するにはいくつかの条件がある。
戸建て住宅の場合は、燃やすごみ・紙・プラスチックは10戸以上、資源物・ペットボトル・埋め立てごみは20戸以上のまとまった戸数が必要だ。
アパートなど共同住宅の場合は、いずれも6戸以上で設置できる。
開設できる場所も決まっており、ごみ収集車が通り抜けできる幅4メートル以上の公道に面していることなどが条件だ。

 一方、市街地の一部では、住宅の前に戸別にごみを出せる地域もある。
同課は「道路や歩道が狭く、1戸のみのステーションを一部の地域で認めている。ただ、効率的な収集や景観上の観点から複数戸が原則」と強調する。

 同課はステーションへの距離が遠くて困っている市民に対し、自治会への相談を呼びかける。
「自治会が新設できる規定を知らない可能性もある。その場合は各区役所の総務企画課に相談してほしい」としている。(樋口琢郎)」
                                           (「熊本日日新聞」より引用)





往復1キロは遠すぎる

朝から暑い日ならば、途中で気持ちが折れる...


ゴミ袋持ってだし、遠くても200m以内に設置すべきだよなぁ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする