あぁ、生きた証

日記、献血放浪記、気がついたり考えたりしたこと、地元清水エスパルスについて書いてます。

<アメフット>日大前監督の内田氏、心労で入院へ

2018-05-24 | 政治・経済・社会・ニュース
「 23日夜に急きょ開かれた日本大による記者会見は約2時間にわたり、終盤は説明に納得しない報道陣と
司会の日大広報部側と押し問答となった。

日大関係者によると、アメフット部の内田正人前監督(62)は記者会見後に心労と不眠で入院することになったという。



 悪質なタックルをした日大の宮川泰介選手(20)が語った反則に至った経緯を、日大が前監督らの指示を文書で否定。
真相が分からなくなり、学生を守るべき立場の教育機関の姿勢が問われた日大への風当たりが強くなった状況で会見が設定された。
インターネットでも生中継された。

 司会を務めた日大広報部の男性が会見の開始から約1時間半後に打ち切ろうとすると報道陣は「まだ質問がある」と続行。
記者から「この対応で日大ブランドが落ちます」との声が飛ぶと、司会者が「落ちません」と切り返す場面もあった。
投稿サイト「ツイッター」はあいまいな回答などに批判があふれた。

 騒動の余波は広がり、プロ野球の巨人は同日、試合後のヒーローインタビューなどの背景に用いるボードや
公式ホームページなどから、球団公式スポンサーの日大に関する広告を外したことを明らかにした。」
                                         (「毎日新聞」より引用)




昨晩の前監督、コーチの緊急会見の内容も何のために行われたのか疑問が残ったし、
そして今日から入院か...。

ん〜火に油を注ぎ、更に今日、追加で油を投入した感じとなった。


対応を完全にしくじったが、それでも対応次第で、そのままあとはひたすら沈静化するのを待つことも
挽回できたはずなのに、むしろやればやるほど悪化していくだけのここまで負のスパイラルに陥っているのも無様である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大谷 指揮官、女房役も納得の110球「その球数になっても、いい球投げていた」

2018-05-21 | スポーツ全般
「 ◇ア・リーグ エンゼルス5―2レイズ(2018年5月20日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷が20日(日本時間21日)のレイズ戦に先発して今季4勝目。
7回2/3を投げて6安打2失点、今季最多の110球を投じて6日のマリナーズ戦以来となる白星を手にした。



 大谷は3回に9番・フィールドに先制のソロ本塁打を浴びるも、その後は8回途中まで力投。
今季5度目のクオリティー・スタートをマークし、チームの連敗を5で止めた。

 7回2/3はメジャー移籍後では最長。ソーシア監督はこの日の大谷について「いつもより長めの登板となったが、
110球は彼にとってちょうど良い球数」とコメント。

「その球数になってもなお、いい球を投げていた」と続け、投球内容に納得の様子だった。
バッテリーを組んだマルドナドも「ホームランを打たれた後にストレートが良くなった。
思い通りのコースに投げ込んでいたよ」と振り返った。」
                             (「スポニチアネックス」より引用)



打者に投手に着実に結果を残していて単純にすごいなぁと思う。
本当に怪我だけには注意してねって感じ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大谷「取るところで取れた」今季2度目の2ケタ奪三振 4勝目逃すもチームはサヨナラ勝ち

2018-05-14 | スポーツ全般
「 ◆エンゼルス2x―1ツインズ(13日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が13日(日本時間14日)、本拠地のツインズ戦で先発し、
6回1/3で3安打1失点と好投。
今季2度目の2ケタとなる11奪三振をマークした。降板後に後続が打たれ4勝目はならなかったが、
チームはサヨナラ勝ちで連敗を2で止めた。


 カーブ、スライダー、スプリット。立ち上がりから、変化球の制球が抜群だった。
2回1死一塁からは5者連続三振。6回までに毎回となる11三振を奪った。

 1-0とリードした7回、1死からモリソンに四球を与えた。球数が103球となったところでマウンドを降りた。
2番手ベドロジャンが連打を浴び同点とされたため、4勝目は逃したが、降板時にはスタジアムは
大谷の快投をたたえるスタンディングオベーションが起きた。

 大谷は「連敗後に勝てて良かった。チームがサヨナラ勝ちでいい勝ちになった」とまずはチームの勝利に
ホッとしたように話すと、「しっかり三振を取るところで取れた。いいところを攻められた」と自身の投球を振り返った。
交代の場面には「疲労は感じなかったけど、前回(7日マリナーズ戦)も(7回に)本塁打を打たれて代わってる。
そこまで任せられる感じはないのかな」と冷静に分析した。

 この日は母の日ということで、両チームともピンクを基調にした帽子などを着用した。
「勝てれば良かったが…でもチームが勝てて良かった」12奪三振を記録した4月8日の本拠地アスレチックス戦以来となる
今季2度目の2ケタ奪三振。快投を見せた二刀流は、最後までチームの勝ちを喜んだ。」
                                   (「スポーツ報知」より引用)





好投しても、勝利投手になれなかったのは残念だが、ただただすごいとしか言いようがない。
このまま怪我なくコンスタントに好成績を積み上げて行って欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松坂 右ふくらはぎつり…3回途中で緊急降板 初回わずか3球で2失点

2018-05-13 | スポーツ全般
「 ◇セ・リーグ 中日―巨人(2018年5月13日 東京D)

 中日の松坂大輔投手(37)が13日、東京ドームで行われた巨人戦に先発し、3回途中で緊急降板した。
日本球界では4241日ぶりの白星となった4月30日のDeNA戦(ナゴヤドーム)から中12日での登板となったが、
西武時代に11戦8勝2敗と好相性を誇った東京ドームに緊張が走った。

 わずか3球で2点を失った。松坂は初回、先頭の坂本勇に初球を左前にはじき返されると、
続く吉川尚にはカウント1―0から内角低めのカットボールを高々と右翼席に運ばれる先制2ランを被弾。
2年目の吉川尚にプロ初本塁打を献上した。

 2回は3者凡退に抑えたものの3回1死二塁から阿部を四球で歩かせたあと、右脚をかばうようなしぐさを見せ、
朝倉投手コーチとトレーナーに付き添われてベンチ裏へ。
そのまま降板となり、代わって笠原がマウンドに上がった。その後、松坂は右ふくらはぎをつり、降板したと語った。

 結局、41球を投げ、2回1/3を4安打4失点だった。」
                                (「スポニチアネックス」より引用)





なかなか厳しいと思うが、しかし期待している松坂だが、立ち上がりポンポンと実にあっさり打たれて
2失点。一体どうなるんだと一気に心配になった。

結果は、2回途中で降板となったが、やはり全盛期の躍動感がある投球フォームを見ていると、
どうしても今の松坂は上半身だけで投げているようにしか見えない。
つまりは、それだけボールに力が乗っかってないように感じる。

素人が偉そうに言うのは失礼以外の何ものでもないが、そう見えてならない。

とりあえず、次回登板に向けて体を治して調整して臨んで欲しい。
マウンド上で輝く姿が見たい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【MLB】大谷、圧巻の5号ソロ&マルチ 指揮官は絶大な信頼「簡単なことではない」

2018-05-11 | スポーツ全般
「 エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)の本拠地ツインズ戦に「5番・DH」で先発出場。
適時二塁打と5号ソロを放ち、4打数2安打2打点の活躍で7-4での勝利に貢献した。
打率.354、OPS(出塁率+長打率)1.077と圧巻の打撃成績を維持。マイク・ソーシア監督も試合後「素晴らしい活躍」と称えている。



 大谷は第1打席は3回2死二塁の第2打席で右腕ベリオスの84マイル(約136キロ)のチェンジアップを捉えて右中間へタイムリー。
圧倒的なスピードでツーベースとした。二塁到達タイムは今季チーム最速の8.07秒を記録したが、
本人は試合後に「最初は(二塁は)無理じゃないかなと思ったんですけど、回ってる段階で行けそうだなと思ったので、
送球の間にいけるんじゃないかなと思いました」とサラリと振り返った。

 さらに、2点リードで迎えた7回の第4打席では、2死走者なしの場面でサイド右腕ヒルデンバーガーの速球を完璧に捉えた。
打球はフェンスを越え、中堅左に到達。飛距離414フィート(約126.2メートル)の豪快5号ソロ。
「イメージ通り。球もたまたま甘かったんですけど、しっかり打てたかなと思います」。確かな手応えを感じる一打だった。

 ソーシア監督は試合後の会見で「ショウヘイは非常に良い打撃ができているよ。
彼がしているのは簡単なことではないけど、タイミングとリズムも十分保てていると思う」と絶賛。
そして、「彼は打席内で素晴らしい活躍をしているんだ」と称えた。

 スタメンでは6試合連続「5番・DH」で出場し、3試合連続でマルチ安打。
クリーンアップの一人として、チームに欠かせない存在だ。もっとも、本人は5番に座ることについては
「あまり打順は考えないようにはしてるんですけど、打順の巡り合わせとかで大事なところかなと思ってるので、
プホルス選手とその後に続いていくバッターをつなぐ役としてしっかり自分が得点圏にいけるように、
そういうバッテイングを自分ができればいいんじゃないかなと思ってます」と謙虚に話す。

 打者としては19試合出場で打率.354、5本塁打、16打点。
「打者・大谷」の存在感は日に日に大きくなっている。」
                                        (「Full-Count」より引用)




定期的にホームランが出るのは、話題が途切れなくていいねぇ〜。

頑張れー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ELLEGARDEN、10年ぶりツアーで復活 千葉ZOZOマリン含む3公演

2018-05-10 | 雑記・日記
「 2008年に活動休止していたロックバンド・ELLEGARDENが10日、バンドの公式サイトで
約10年ぶりとなるライブツアー『THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018』を開催することを発表した。


 8月8日に東京・新木場STUDIO COAST、同10日に仙台PIT、同15日に千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催。
それぞれの公演にゲストアクトが参加する。
チケット一次選考は今月18日から27日まで受付、一般発売は7月28日から。ゲストアクトは一般発売前に発表される。

 ELLEGARDENは細美武士(Vo&G)、生形真一 (G)、高田雄一(B)、高橋宏貴(D)からなる4人組で1998年結成。
2001年に1stアルバム『ELLEGARDEN』でインディーズデビュー。
パワフルなライブでインディーズバンドのトップクラスの人気を誇り、海外でも高い評価を集めていたが、
08年9月7日のSTUDIO COASTのライブから活動休止に。休止後の細美はthe HIATUS、MONOEYESなどで活動していた。」
                                       (「オリコン」より引用)



意外や意外。
まさかELLEGARDENが復活するとは。予想外。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸 イニエスタ獲得秒読み!30億円超の“超破格年俸”提示

2018-05-09 | サッカー
「 神戸がスペイン1部バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)の
獲得に動いていることが8日、分かった。三木谷浩史会長(53)の下で交渉を進めており、
完全移籍での獲得へ秒読み段階に入っているという。

年俸は2500万ユーロ(約32億5000万円)から3000万ユーロ(約39億円)で詰めているもよう。
移籍が成立すればJリーグ史上最高年俸の助っ人が誕生する。

過去に類を見ないJ史上最高年俸で、イニエスタが神戸にやってくることになりそうだ。
三木谷会長はバルセロナとRマドリードのクラシコ(6日)に合わせて自家用ジェットで渡欧。
自ら率先して動き、今季限りでのバルセロナ退団を表明している本人サイドと接触した。

Jリーグ関係者は「交渉をしているのは間違いないし順調に進んでいる」と説明。
複数の関係者の話を総合すると、今夏の完全移籍での獲得へ秒読み段階に入っている。

 当初、バルセロナ一筋で戦い続け、欧州以外での新天地を模索していたイニエスタは、
中国の重慶当代に加入するとみられていた。
ただ、同クラブが獲得を否定したことで、8日までにスペインの複数メディアも「神戸入りしたことで合意した」などと報じていた。

 今夏からの3年契約となる見込みで、年俸は2500万ユーロから3000万ユーロあたりで交渉を詰めているもようだ。
フォルラン(元C大阪)やポドルスキ(現神戸)らの年俸6億円をはるかに上回るJ史上最高額。
スペイン代表としても国際Aマッチ122試合で13得点を誇り、10年W杯南アフリカ大会決勝の
オランダ戦で決勝点を決めた天才MFとはいえ破格なのは間違いない。

 それでも、神戸のクラブを運営する楽天は、バルセロナとパートナー契約を締結しているように、
三木谷会長は戦略的に世界でのブランド力を高めようとしている。

アマゾン1強と言われるIT業界で今後、「世界の楽天」の存在を強くアピールするためにも、
中国企業がバックアップするクラブとの獲得競争に負けるわけにはいかなかった。

 Jリーグは英国に拠点を置くパフォーム社の「DAZN(ダ・ゾーン)」と17年から
10年2100億円の放映権契約を締結。

賞金なども大幅にアップし、積極補強を後押しする態勢になった。
ただ、オーストラリアやMLSのクラブもイニエスタ獲得に興味を示しており、今後は細部まで条件を詰めていく必要がある。
神戸は昨夏にポドルスキを獲得し話題を呼んだ。新たに世界的スターを獲得となれば、
国内外でさらなる注目を集めることは間違いない。」
                                    (「スポーツニッポン」より引用)





本当にJリーグに来るのかなぁ?

金のあるクラブはいいなーと、羨ましく思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日は

2018-05-07 | 雑記・日記
今日は朝から大雨。

なんかよく分からないけど、頭が非常に痛い


気圧の変化に少なからず、日頃から大気に押し付けられている人間の脳も影響を受けても何らおかしくないと
思うけど、ググってみる限り、実際のところ、その因果関係はないと言っている。



メカニズムは定かではないけど、痛いものは痛いので、ツラい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何やかんやで

2018-05-06 | 雑記・日記
今年のGWは3連休に4連休、トータルで7日休みがあるのだから、やろうという気持ちさえあれば何かしら出来る。


自分はというと、正直なところ暇を持て余していたけど3連休の最終日と4連休の3日目に都内へと出かけた。

静岡から東京へとなるとそれなりに遠出で充実感もありそうだが、あくまで「駅メモ」が主たる目的なので、
いわゆる「乗り鉄」で、逆にそれ以外の目的はないので、遠出した割には、何かをしたという感じでもなかった。


そんな中、GW中も夜はウォーキングを続け、都内へ繰り出した時も歩き回ったりしたので、
何やかんやでこの7日間のうちに50kmくらい歩いたと思う。


なので、実は結構膝と足の裏が痛いし、足もダルい。


まぁ、この痛みがGWの何かやったことと感じられれば、それはそれで日頃まずならない状態なだけに
ちょっとした成果なのかもしれない。(良いように解釈すると)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅メモ、遠出した結果 第34弾

2018-05-05 | ゲーム
GW後半の4連休。やはり一度は遠出をしたくなるもの。

個人的にはGW前半出かけた際、小田急小田原線全線を(駅メモのメモリールート作成のために)攻略したかったの
だが、まさかまさかの線路近くの地面が陥没し、伊勢原〜愛甲石田駅間は運休出来ない状態となり、諦めたことが
あったので、リベンジしたかった。


さて、今回はJR清水駅から出発。

一応、健康的に過ごすことも考え、家から清水駅まで徒歩で行ってみた。
(3、40分くらいかかる)

出発駅こそ違うけど在来線に揺られながら、まずは小田原駅へ向かう。
毎度のことなので、特筆することはない。1時間半かかるので座席に座れるかどうかだけが問題視するところ。

途中、三島駅で乗り換え。
ここで20分くらいの待ち時間発生となり手持ち無沙汰。
そんな中、目の前に派手なラッピング車両が到着。


ラブライブ仕様の電車だそうだ。興味がない人からするとちと抵抗があるかも。



小田原駅で小田急線に乗り換える。
当たり前なのだが、小田急線は小田原駅発なので座れない心配はまずない。
むしろ車両にあまり乗客がいないことの方が多い。

車で新松田駅まで行っていた頃は、新松田駅から乗車していたが、新松田駅からでも余裕で座れる。
(東海大学前駅あたりから徐々に座席は埋まり始めて、本厚木駅で立っている人が増える感じ)


今回は特に問題もなく(逆に話題もなく)新宿駅に到着。
ヤマダ電機へ行ってブラッとした後、川崎駅へ。

ウォーキングをするという目標もあるのでぶらりと歩いてみる。
川崎競馬場に寄ってみる。

開催はされていなかったが、こどもの日というもこともあってか解放されていた。





ダートコースを横切ることが出来たが、このアングルで写真が撮れるのはなんか嬉しい。


「駅メモ」メインで出かけると電車に乗っていればいいのだろうけど、ずっと電車に乗っていても
その先に目的がないと正直厳しい。

何やかんやで川崎駅からグルっと6kmくらい歩いたところで膝下あたりに痛みが走り出し、時計を見れば17時半
ということもあり、そろそろ帰ることにした。

そして清水駅に到着。行きは徒歩だったので、帰りも徒歩で帰ることにした。
膝下が痛いと感じる中で、更に歩くというのはかなり厳しかった。

痛みからか足取りも重く、行き以上に時間が掛かって家に到着。
心地いい疲労感を超えた感じになっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチロー 緊急会見で心境語った「大好きなチームの助けになるなら喜んで受けようと」

2018-05-04 | スポーツ全般
「 マリナーズのイチロー外野手(44)が3日(日本時間4日)、本拠地シアトルで会見。

ベンチ入りメンバーを外れ、球団特別アドバイザーに就任する決断をしたことについて
「チームがこの形を望んでいるのであれば、喜んで受けようという気持ちです」と語った。



 「この日が来る日は辞める日だと思っていた。その覚悟はありましたし」と話したイチロー。
マリナーズ復帰が正式に決まったの3月7日からの2カ月を「18年間の中でもっとも幸せな2カ月」と振り返り、
「短い時間でしたけれど、監督はじめチームの相性もありましたけど、大好きなチームになりました。
そのチームがこの形を望んでいるのであれば、それが一番の彼らの助けになるのであれば、喜んで受けようという気持ちです」と説明した。

 「3月頭の時点でこのユニホームを着られることは想像していなかった。
マリナーズと契約してからきょうまで、僕にとってはギフトを贈られているようなものでハッピーでした」と語ったイチロー。
「これが最後ではないとお伝えする日になったんですけど、とにかくハッピーで、毎日球場までの道のり、帰り道、
ユニホームを着られる時間をずっと噛みしめていました。

それが終わってしまうのかなということも考えましたし、でも、こんな提案をいただいて、大好きなチームメイトと、
これが大好きな人たちでなければ、この決断はできなかったので、決断の後押しということではチームメイトの存在と言えるのではないでしょうか」と
異例の契約をかわした理由を説明した。

 イチローは選手としては今季の残り試合は出場しないが、来季以降にチームの一員として故障者が出た場合などに
選手としてプレーする可能性があるという。

マリナーズは来年3月20、21日に東京ドームでアスレチックスと対戦することが正式決定。
7年ぶりの大リーグ公式戦日本開催で、イチローが「復帰」すれば、大きな話題となる。
一方、この契約により日本球界に戻る可能性はなくなった。

 イチローは今季、マリナーズに復帰。右ふくらはぎの張りにも見舞われながら、5年ぶりの開幕スタメン出場を果たした。
5月2日現在で15試合出場で打率・205、0本塁打、0打点。」
                                       (「スポニチアネックス」より引用)





ん?


なんか唐突な感じで、通常の現役とも引退とも違うけど、確かイチローは「最低でも50歳まで現役」を望んでいたが、
しかし、ここ数年外野手の4番手扱いで出場機会はガクッと減り、しかも8番打者とか下位打席が多く、かつての1番打者の時の
ように回ってくる打席の数が少ない。

今シーズンこの成績だと流石に今まで通りの待遇を貫くことは難しいこともまた自覚している上での
このような契約となったのだろう。


個人的には、なんかしっくりこないけど、イチロー自身が納得しているのであるならば、外野がとやかく言うことも
ないのかなと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「iPhone X」(うわさに反して)好調でApple決算は予測を上回る増収増益

2018-05-02 | 政治・経済・社会・ニュース
「 米Appleが5月1日(現地時間)に発表した2018年第2四半期(1~3月)決算は、売上高は前年同期比16%増の611億3700万ドル、
純利益は25%増の138億3300万ドル(1株当たり2.73ドル)の増収増益だった。

売上高、1株当たり純利益ともにアナリスト予測(売上高は609億ドル、1株当たり純利益は2.6ドル)を上回った。



 iPhoneの販売台数は前年同期より3%増の5221万7000台で、アナリスト予測の5230万台にわずかに届かなかったが、
昨年11月発売の高価格な「iPhone X」が貢献し、売上高は14%増の380億3200万ドルだった。

 ティム・クックCEOは業績発表後の電話会見で、「iPhone Xは同四半期を通じて、他のiPhoneより選ばれた。
2014年のiPhone 6から複数モデル展開にしているが、ハイエンドモデルが一番人気モデルにもなったのはこれが初めてだ」と語った。

中国ではiPhone Xが最も売れているという。iPhone Xの売れ行きについての質問に対して同氏は「スーパーボウルに優勝したチームに対して、
ファンがもっと高い点で勝ってほしかったと思うようなものだ。(僅差であっても)
チャンピオンであることに変わりはなく、私はこの製品を非常に誇りに思っている」と語った。

 iPadの販売台数は2%増の911万3000台、売上高は6%増の41億1300万ドルだった。
Macの販売台数は3%減の407万8000台で売上高は横ばいの58億4800万ドル。

 iTunes StoreやApple Music、Apple Pay、Apple Careなどのサービスの売り上げは好調で、31%増の91億9000万ドル。

 AirPods、Apple Watch、iPod、Apple TV、Beats Electronicsなどのその他のハードウェア製品の売り上げは38%増の39億5400万ドルだった。
クック氏によると、「Apple Watch」の販売台数は“2桁台の増加”で、「AirPods」は“大ヒット(runaway hit)”だったという。

 地域別では日本と中国がそれぞれ2桁台の増加で好調だった。

 第3四半期の予測は、売上高は515億~535億ドルとやや控えめだ。」
                                        (「ITmedia NEWS」より引用)




日本ではYouTuberの影響(?)印象が強いせいなのか、顔認証でしか反応しないiPhoneXの表立った評判はそれほど
ではない感じだった。

実際、端末が10万円を超えていてPC並みの価格なこともあり、一方で格安スマホも拡大する中、Xを使っている人を見ない。


個人的にはMacの時もそうだが、記念モデルはあくまで記念モデルで、確かに格好いい外観で、その時点でもスペックは
それなりのものだが、その人気がずっと続くようなものでなかった印象が強かっただけにiPhoneXについても
同じようなパターンになるものかと思ったが、そうでもなかったようだ。


まぁ単価の高いものが沢山売れれば、業績は好調になるわなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

USJ人気コースター緊急停止=地上30メートル、客2時間宙づり―大阪

2018-05-01 | 政治・経済・社会・ニュース
「 1日午後4時45分ごろ、大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で、
ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」が緊急停止した。

 2両のうち1両は地上約30~40メートル付近で止まり、乗っていた客32人が最大2時間宙づり状態となった。

 「ザ・フライング・ダイナソー」は乗客がうつぶせでつるされた姿勢で走行する人気コースター。
運営会社によると、センサーが異常を感知したといい、係員がレール脇の階段を使い乗客を地上に降ろした。
午後6時45分までに全員が救助されたが、けが人や体調を崩した人はいないという。」
                                     (「時事通信」より引用)




以前にもこのブログで綴ったかもしれないが、自分は絶叫系のアトラクションは苦手で、ついでに
高所恐怖症でもある。

絶叫系の好きな友達曰く「別に死ぬことないし」と言われ、「確かに怖いには怖いが安全が確保されていれば
とりあえず良いのか?」と思ったが、時々こうした事故が起こるとやっぱ怖いよと後ずさりしたくなる気分。



2時間宙吊りとか生きた心地がしないよ...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅メモ、遠出した結果 第33弾 後編

2018-04-30 | ゲーム
つづき

東京駅まで歩いて、秋葉原へ。
秋葉原での目的は、胡散臭い感じのパーツショップで安価なライトニングケーブルの購入。

iPhone7のコネクト部分がショートした時に、ライトニングケーブルの先端の金属部分が焼けたケーブルが
何本かあったので、まぁ消耗品だし、データ転送できるタイプの安価なものがあればなぁといった感じ。



充電、通信ケーブル
700円くらいなので、まぁまぁいいかな。


そして店内を見て回っていたら、安価なiPhoneケース発見。
ELECOM製品なので、少なくとも安かろう悪かろうではないよなと。
箱に入っていたので、どんな感じかよく分からなかったけど、価格だけで購入。



で、単3電池パックも発見。国内メーカー10本パックで家電量販店より安くていいかも。(250円くらい)
まぁワイヤレスキーボードを使うにあたって買っておいてもいいかなと。


購入してから思ったけど、100均で、国内メーカーの電池が4本100円で売っているから10本250円って
別に安くないなぁ...

今回購入したもの



だいぶ日も落ちて来たので、帰ることにした。

久しぶりに遠出したせいか、帰りのグッタリ感はすっかり忘れていた。
結構寝落ちしながら家に到着。



GW後半も月が変わることだし、一度は出かけたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駅メモ、遠出した結果 第33弾 前編

2018-04-29 | 雑記・日記
今日こそは出かけないとGW前半は特に何もしないまま終わってしまうのと同時に「ラジオパーク in 日比谷」にも
行けないことになってしまう。




意を決して、出かけることにした。
折角なので、まず新宿へ行きヨドバシカメラをぶらついてから有楽町へと漠然としたプランを練っていた。


今回も在来線での移動。
小田原から小田急線に乗り換える。


小田原駅ホーム



電車はいつものように空いていて快適だなぁ〜と思っていたが、伊勢原駅で電車がなかなか発車しない。






ん?






アナウンスが入る。
どうやら伊勢原〜愛甲石田間で何やらトラブルが発生したらしく、折り返し運転になるとのこと。


え?新宿へ行くにはどうしたら良いんだ?
海老名駅まで行っていれば、相鉄線、相模線と選択肢があるが、まぁ何とも微妙なところで、立ち往生となった。



小田原〜新宿間で、JRで振替輸送を行うとのこと。
なんかよく分からないけど、伊勢原駅のホーム、改札付近は大混雑していて、とにかく新宿へ行くには時間が掛かりそうなので
タイミングよく入ってきた臨時のくだり電車に乗り、とりあえず小田原へ戻ることにした。


※復旧見通しは16時10分と結構早い時間にアナウンスがあったが、人身事故とかでなく
4時間近くかかることって何が起こっているのかサッパリだった。




小田原〜新宿間は単純に時間だけで考えればJRの方が早い。
が、伊勢原まで約30分以上かけて向かったにもかかわらず、また同じ時間掛けて小田原に戻る。(大きな時間のロス)
パスモで小田原駅から乗ったのに、小田原駅の改札を通過するのはどうなるんだろう?


振替輸送に初めて遭遇するので、そこらへんの細かいことがよく分からなかったが、
(伊勢原まで行ったのに小田原に戻るのは正しい選択だったのか???)
ドキドキしながら小田原駅を目指す。

小田原駅改札付近も大勢の人でごった返していた。


駅員さんに新宿駅へ行くためにパスモを使って小田原駅から乗って伊勢原駅から戻ってきた旨を伝えると、
パスモは改札にタッチして、券売機で新宿までの切符を買えばJRでそのまま乗れるとのこと。





なるほど〜振替輸送ってそういうことか




確かに小田急線の小田原駅〜新宿駅間は途中折り返し運転なので、その間で代わりになる路線といえばJRだけで
小田急線の料金で行ける---------ふむふむ。









JRで揺られて新宿駅へ。
当初の予定では12時半くらいに到着予定だったが、大きく遅れ既に14時近くになっていた。

最初の目的地、ヨドバシカメラへ行ってみる。
一応今回の目的の一つであるiPhoneケース探しをしてみたが、残念ながら目ぼしいiPhoneケースは見当たらなかった。

昼ごはんにイマサでカレーを食べる。変わらない安定した懐かしくもある味だ。



さて、いよいよ本日のメインである「ラジオパーク in 日比谷」だが会場に到着した時は既に15時を回っていた。
ガチャは...あれ?もう終わっている。

仕方ないので、とりあえず会場を一周してみる。




あまりにも到着が遅すぎた




会場のヤクルトのブースでヤクルトを無料配布していたのでいただく。




雰囲気だけつかんで会場を後にした。



せっかくここまで来たので皇居周辺を歩いてみることにした。



昼間からジョギングしている人がまぁ多いこと。(びっくり)


そして、見覚えのある形のした建物を発見。
もしかして?-------警視庁の建物だった。



さらにその向こうには国会議事堂が見える。


東京駅と皇居が近いのは分かっていたけど、そこから警視庁、国会議事堂も近いことは今更ながら初めて知った。
修学旅行のこの手のコースは、実は狭いところを巡っていたんだなぁと思った。
(半径2km以内)


せっかくなので、国会議事堂へ行ってみる。










門の両脇には警察官の方が立っていて、そんな中、写真を撮っているのはなんかおかしかった。
本当に修学旅行生か?って感じだった。


そのあと皇居へと行ってみた。











単純に広い。
皇居へ来たのは多分小学校の修学旅行以来だろう。



そのあと東京駅へ。


皇居から東京駅へとまっすぐ続く道







そのあと、秋葉原へ。長くなったので今回はここまで。
続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加