T‐STYLE

ここは性転換、入れ替わり・憑依・変身モノ等を扱った作品を好む人達秘密の花園です☆
興味がある人は是非お立ち寄り下さい☆

その歩みを振り返る?実写系TSF.......

2018-10-21 23:00:00 | 作品紹介 一般以外.6
あらゆる媒体で、さまざまなTSFが制作される昨今‥‥あのときと少し似ている?



ギャロップというメーカーが一時期「入れ替わり」「憑依」等、TSに特化したDVDを制作していたのは、もう10年以上前でしょうか。
映画【転校生】を模倣にしたと思しきアダルト作品はそれまでも単発的に出ていましたが、よりエロとTSをリンクしていたメーカーはギャロップが初だったと記憶しています。
もっとも現在ほど「TS」という言語が、まだ界隈で浸透していなかった時代ではありましたけれども。



過去には女刑事と犯人が入れ替わる、超特殊TSFを生み出したことも...


【ボディジャック】や【ノットリ】シリーズなどで見受けられるような、いずれも“ドラマ仕立て”の態で、出演者・ロケもわりと多かった印象。
「入れ替わり」を【男女交錯】と呼んでいたのはGALLOP独自であり、詳しく観ると「入れ替わり」が、あたかも憑依のように扱われている作品もあったりして、あの当時の“線引き”は、けっこう曖昧でした(苦笑)
それでもアダルト系TSFが発売されること自体が稀でしたので、最初はがんばって買い揃えていたのですけど、困ったのはとにかくDVDの価格がお高かったこと。

なんと一本 10,000円也!(定価が9800円だったかな)

現代ならありえない価格。入れ替わりマニアならそれでも欲しがるだろうという、まさに足元をすくわれていた格好ですw
これを考えたら、同様に各種TSFを制作なさっている【ノットリ】のコスパは抜群で、消費者とってには誠に有難いかぎり。
たしか、のちにセット販売されているはず。憑依シリーズと併せて自身¥10,000×計7作品ほど‥‥。
今おもうと、ちょっともったいないことしましたね。
しかも一部を売却したら、1本が300円くらいにしかならず、世間一般でTSFは『そんなに需要ないんかい‥』そう店先でひとり、愕然としてしまった、ほろ苦い思い出もございます(^^;


懐かし話ついでに、【男女交錯】ネタをひとつ。
上の画像にある、女の子が学ランを着ている作品は、当時とすれば“異例ずくめ”でした。
男子校生が突如「女性化」してしまうという変身系TSF(やはり入れ替わりではなかった)、この娘が一人二役‥‥
今風にいうと「男女二刀流」に挑戦しています。
元々がボーイッシュだった容貌が項を奏してか?さほど違和感はなかったのですけど、多種多様な現代のTSFに繋がる“源流”を感じさせてくれる作風ではありましたね。

ちなみ、隣に写っているセーラー服姿の人の方が、実は正体♂であったという、もはやTSFなのか何なのかさえ分からない、摩訶不思議な作品でしたw


《関連》
男女・交錯 第四巻 (1~3巻は現在視聴困難に‥)

コメント (2)

『浸食憑依』 感想・見どころレビュー☆

2018-10-16 21:27:31 | 作品紹介 一般以外.6
TSFだけでなく、もしかしたら他のあらゆるジャンルでもそうなのかもしれませんが、最近のエーブイは凄いんですねぇ.....

各メーカー、本当に競うようにして工夫を凝らしておられる!!

先日発売された【浸食憑依】など、その最たるもので。100%超マニア仕様w
ただ、そんな“マニア”を自称する筆者でも状況をつかむのが、なかなかに難しかった。
なんかもう、エロとかファンタジーを通り越して、TSをある種 芸術のようにも捉えていた「意欲作」は、謳い文句どおり。
したがって“萌え”よりも、まず本作品の趣旨をよく理解することのほうに必死でした(笑)。いや~これは個人的に初体験です。


文字にして伝えるのがちょっと難しいのですけど、手から始まった部分憑依‥‥。
こちらは視覚的ではなく、あくまで「感覚的」なものだったのですね。
つまり、見た目にかんしては何も変化はなく、女の子側が得た触感だったり快感であったりが、自らの男のカラダで味わえるという。
なので、胸あたりまでは男がただ勝手に悶えているようにしか傍からは見えなく、若干異様な光景ですw


‥ごめんなさいね、この表現の仕方ぜったい分かりづらいですよね(^^;
実は私も勘違いしていて、当初は「パーツ」ごとの憑依かと思っていたのです。
かつて桂正和氏のマンガで、尻だけが女の子(のように)になっていたという描写があったのですが、そんな感じ。


ご覧のように手は完全オトコ

(C)D・N・A2 2 (ジャンプコミックス)


画的にはかなり間抜け(笑)。でもこれも確かに部分憑依(変身)。視覚的には、はるかに解りやすい◎ “感覚だけ”とかよりも。
最終段階、「完全憑依」となったところでいよいよ当該女性の“意思まで”乗っ取ることができたのですけど、そのときにはすでに可愛い娘に憑依したTSの感動等も薄れていて、以後はもうひたすらにダークonダークw

時間をかけながら段階を経て女体化していくという過程、その発想は奇抜で面白かったのですが「完全憑依」にまで、いささか時間をかけすぎてしまった印象。
“部分憑依”の時点では女の子の方に当然まだ意識があって、移入・没入もしづらく.....


途中、自分でも何を書いているのか分からなくなるほどw、今回はレビューするのにも、たいへん困難を極める芸術系TSFでしたが、大丈夫だったでしょうか(^^;
‥完全ではない、ある一個所だけ“部位憑依”を可能とするなら、私ならどこがいいかなぁ。顔?胸?案外、手?
「用途」によって、けっこう迷いますよねw


侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録。
《俺評価》★★☆☆☆

コメント (8)

本格派?「憑依ドラマ」見参

2018-10-12 21:30:18 | 作品紹介 一般以外.6
この前デリバリーした嬢.....


なんだか酒くさかった (爆)

気のせいかな(^^; いや、ちょっと聴いて。

内心『ゲッ!マジ‥‥』のようなテンションに、最初はなったんだけど、不思議なものですね。
今ではその酒くさいネーチャンが、幾分恋しくもありww

彼女から発せられる匂ひと、若干異様なシチュエーションに、わたくし 萌えてしまいました。まぁ後からなんですけどね‥。
でも、まさかの展開でしょう? このタイミングで貴女、飲んできたの?みたいな(笑)

自分がここで言いたいのは、人間、どこで“スイッチ”が入るのか分からない‥‥小田和正氏の名曲になぞらえるなら 『ラブスイッチは突然に』 ということでありますw

今思うと「TS」にも先天的なものと後天的なもの、きっと2パターンあるのでしょうね。
あるときフッと目覚めた人と、筆者のようなもう生まれながらにして?誰かに(♀)なりたかった人‥。
さて貴方はどちらのパターンに当てはまりますでしょうか。


‥くだんのデリヘル嬢の話はまたの機会として、そろそろ本題へ入ります。
先日したためたエントリー内で、私が睨んでいたとおり【ノットリ】シリーズの新作が、けっこう「感動レベル」でした。

え!なに?これ‥‥ドラマ度、高っ です。本当にマジで。
これほどドラマ性とアダルトを巧みに「融合」させた作品を観たのは、いつ以来でしょうか。



(C)ノットリ10 これマジ!?乗っ取り家族


まず出演者が、ちょっとタダモノじゃあない。主演の女優はもちろん、脇役のお母さん役の人まで、相当な演技派!ビビりました。
妹に憑依した兄役の俳優が、実はわりと著名なバンドマンだったようで、あとでこの方のブログを覗きに行ったら、ガチで女優にときめいてたって。‥そうでしょうな(笑)

内容も充実。義理とはいえ、一応兄妹間なので、入浴する際もいちいち理由を付けて裸を見たりだとか、その焦らし具合がかえって良い感じw
ややブラック気味な絡みがあるまでの1時間弱ほど、じっくりと丹念に描かれた「妹のカラダで味わう日常」が、これまた素晴らしく「肉親系」においては、まさに筆者が理想としていた展開であったように思えます。

『周りが優しくなった』 『今までこんなに誰かに祝ってもらったことがなかった』等、“男時代”との変化を実感しているセリフの数々、映画【転校生】さながらの家族で食卓を囲んでいるシーン、(妹の)制服を着ておもわず興奮してしまった演出も、極めて高ポイント↑↑
とにかく、一番はそれに応えた役者陣の演技がお見事だったという他なりません。

妹役の一ノ瀬梓嬢も愛らしく、ひっさびさに、心から納得した1本。
今年も良い思い出ができましたw

コメント

あぁ○○のままでいたい‥‥TSファンの、あるある?夢なら醒めないで!

2018-10-07 11:36:34 | 作品紹介 一般以外.6
1週間くらい前に見た夢を、今でも鮮明に憶えています.....


その夢の内容とは、ボクが 姉のカラダになっていたというww
‥‥まぁ“必然”といえばそうなのかもしれませんが、こういった夢を見るのも、自分ならではといえるでしょう。

もう少し詳しく触れると、めかしこんだ姉の姿のボクがいて、もうひとり、スッピンの部屋着姿に近い本物の姉がいる‥。
ボクはその姿で早く出かけたくて仕方ないのに、必死で姉がそれを制止するという構図‥。

夢の中はもちろん、起床後も、なかなか興奮が冷めずにいた自分。姉のカラダ、なのにね。冷静に考えると少し恥ずかしい(^^;
でも本当に、妙なシチュエーションでしたよ。

もう何年も会ってないし、そうした“対象”で姉をみたことも、今までもちろんなかったのに、これから変に意識してしまいそう‥。
こんな妙な夢を見たせいで。大丈夫でしょうかボクは(笑)


最近は弟とか兄を♀に‥‥といった作風のTSFがわりと多く見受けられますけど、やはり、自らが“なる”方がいい。
件の夢をみて、それをあらためて確信しましたねw

「パパムス」の影響からか?一時期流行した、肉親系TSF‥。
兄妹・姉弟間含め、こうしたTSFは、端から狙いを定めたというよりかは『いちばん身近にいる存在だから』の理由か、あくまで“パニック的”に描かれることのほうが多いです。
自由に選べるのなら、普通は、入れ替わり相手に肉親を選びません。

ただ、“なってしまった”ものは仕方ないので、当初は本人(娘や妹)に成りすましつつ、 その過程で徐々に♀に目覚めていく‥といった手法を取るのが本来理想的。
仮にエーブイなら、まさにそこからが“見せ所”となるわけですが、これが達成できている作品は‥残念ながら多くはありませんw


そういった点を踏まえて、筆者がひそかに期待を寄せているのが、恒例「ノットリ」シリーズの新作、

ノットリ10 これマジ!?乗っ取り家族 (10/11 DL)

肉親間TSFならではの“ぎこちなさ”や気まずさであったりを、こちらの作品には描かれているのでないか? ‥という、大きな願望も込めてw
そこからの「愛あるエロ」が展開されれば、嬉しい。
夢で再熱した筆者のごとく?本作品を見て妙な欲望に取りつかれることなきよう、特に女性のきょうだいをお持ちの方は、くれぐれもご注意を(笑)


その他には、入れ替わり後にアダルトビデオ(同時発売のノットリはエロ本※1)を視聴しながら、さも感じているかのようなサンプル画像が見られるのですが、これもイイね!ですね。
やっぱり、中身は男の子ですものw 今まで少なかったのが不思議なくらい。もっとあってもいいと思います。
マニア垂涎のシチュで期待値、MAX??


《関連》
(※1)ノットリ09 女になりすました男 憑依娘を探せ!〜温泉旅館編〜

コメント (2)

【おもしろ荘】より入居したい?珍物件入居者受付募集中‥

2018-09-30 13:30:11 | 作品紹介 一般以外.6
最近、自分どうも「シェアハウス」的な空間に、憧れているんですよねぇ....


別に今人気の【ジャガーン】に影響を及ばされてしまったとかそういうわけではなくてw、わりと昔から。
ただ、その漫画もしかり、フィクション・ノンフィクション問わずテレビ番組などで見た印象だと、同世代の人が集まったりして和気あいあいとしながら、日々をエンジョイしている‥‥そんなイメージを持ったりするのですけど、実際のところどうなのでしょうか。
集団生活は個人的にあまり好みませんが、独りになれるときと、誰かと繋がりたいときには“適度に”繋がれる‥といったバランスのよさがいいのかも。

そういえば年齢を重ねた者同士のシェアハウスは、ほとんど聴かないですね。
これだと確かに何とかホーム臭のほうが色濃くなってきてしまいそうですがw、特に若者だけの文化といったわけでもないのでしょう。
中年以降の世代の集まりでは“シェアハウス”という一見今風な言語が、ただ単純に用いられていないだけなのかww

男ゴコロとすれば異性と一緒だったら毎日が愉しそう‥‥といった幻想を、つい描きがち。
もちろん、入居時に様々な“取り決め”はあるのでしょうが、その辺も含めてどうなのか気になります。
好きな娘の部屋で“うっかりハプニング”、あるいは確信犯的な、先日の【ジャガーン】のような展開‥。
実際にはないと思いますが、正直、だいぶ羨ましかったです。『しっ!愛理、声出しちゃダメだよ』 とか、なにやらスリル満点な様相だったし(笑)


同じことを感じていた信者はどうやら私だけではなかったようで、事実、それがカタチとなって結実します。
今度リリースされるTSF、そのタイトルが

男女7人入れ替わりシェアハウス イレカエ荘物語 (10/25.DVD)

今年になり、シェアハウスを舞台とした同種の作品はチラホラ在ります。
しかし、新作のパッケージをのぞくと、男女の比率は若干違えど、人物のキャラ性やセットなどが、けっこうジャガーン仕様とお見受け!

先日、ジャガーン愛理クリソツのエーブイ女優がいるとの情報を頂いたばかり‥‥
これは運命なのかっ(笑)

どうせならトコトン“本家”を模倣した作りにしてほしかったのですが、そこはさすが違うようで、複数人の「TSビト」が集う、男女アベコベ的な?そういった意味でのシェアハウス!らしい(^^:


男女の数だけドラマがある。そこに入れ替わりドラマがあるw

‥もとい、あらゆるジャンルの作品において、なかなか“使い勝手”の良いシェアハウス。
いずれにせよ、漫画抜きにココを起点とした作品が、これから増えるかもしれませんね。

コメント (6)

お知らせ

当ブログはリンクフリーですが創作物等の無断転載は一切禁じますのでご了承ください。