T‐STYLE

ここは性転換、入れ替わり・憑依・変身モノ等を扱った作品を好む人達秘密の花園です☆
興味がある人は是非お立ち寄り下さい☆

もうひとりの自分?本当の自分って‥‥

2019-03-20 12:00:13 | 作品紹介 一般・動画.3
【バットマン ビギンズ】でバットマンに扮したクリスチャン・ベール
その後、役作りのために過酷な減量をして撮影に臨んだという【マシニスト】の方はご存知でしょうか。


マシニスト [DVD]


あまりの痩せぶりに役者魂を見せられた思いでしたが、個人的に気になった「裸シーン」はもう一か所‥‥。

娼婦が彼の乳首だけを、やたら攻め立てていた点、です


‥いや、ネタじゃなくて ガチだからw
ちなみに乳首が男の“ツボ”だったのかまでは、劇中、言及されていない‥‥。

って、 筆者は何を語っているのでしょうか。
クリスチャン・ベール及び同作の純粋たるファンに怒られてしまいそうですw


【マシニスト】の中の彼は、結論からいうと解離性障害を患っていました。
平たく言うと「多重人格」のような症状。

そうした病を患う人物が描かれた作品はこれまでにも多くあり、有名どころではブラピの【ファイト・クラブ】、ジョニー・デップの【シークレットウインドウ】などが挙げられます。



(C)ファイト・クラブ


それらの中でも、とりわけ印象深かったのは【アイデンティティー】という、2003年に公開された米映画。
【マシニスト】を含む、上に挙げた作品は、いわば“二重人格”で、もう片方の人格も「同性」でした。

これと比べ、性別も年代も異なる11人の男女の人格がひとつの肉体に同居していたという、誠の多重人格だったのが【アイデンティティー】。
中に入っている人格も娼婦に有名女優、幼子に凶悪犯と、実にバラエティーに富んでいます。

ただし、問題点がひとつ。ベースとなる人格、つまり元となっていた肉体が オッサンであったという点w
したがって、彼自身にその意識はなくとも、傍からは太ったむさくるしいオッサンが、女優やセクシーな娼婦に“なりきっている”ようにしか映らなかったはずです。
‥想像するだけでキツいのですが、むろん、そんなグロいシーンが直接収められているわけではないのでご心配なく(?)
一方で、少し見てみたかった気もありましたけどね。完全に娼婦になりきった、完璧にイカれたオッサンの姿をww

人間、本当に“我を忘れてしまったら”オシマイなのかもしれません.....


《関連》
アイデンティティー (字幕版)

にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ

コメント (2)

あの‥一瞬カメラ、止めちゃダメですか

2019-03-10 14:10:03 | 作品紹介 一般以外.6
8日、多くの著名人が絶賛していた【カメラを止めるな!】がテレビ初登場――


序盤に布石を打っておいて、後半種明かし‥そんな感じでしたか。
けっこう使い古された手法ではあるけれど、本作品は見せ方が巧かったよねぇ。
最後の組体操?のシーンなんかでも、ほんのり感動演出させちゃったりしてw


んで、こちらはTSF版「カメ止め」ともいうべき作品が先日配信されました。
といっても別に、数々の布石を打ちながら、女性と思って接していた主の正体が実は♂だった!‥‥とか、そんな凝った代物ではなく、文字通り劇中“カメラを止めなかった”というだけの話なんですけどw

恒例「ノットリ」シリーズ。タイプの異なる2作品が同時配信。
今日はどっちにしようか、画面の前で30分くらい延々迷った挙句(苦笑)、
悩んだ末に筆者が選んだのは【乗っ取らレズビアン】の方.....



(C)乗っ取らレズビアン、女湯潜入編!!!ついにきた!


これから乗っ取りを敢行しようとする男に、カメラマンが密着している、いつもの形式です。
憑依後、女性が宿泊中の部屋に潜り込んでも、共同風呂に入ってもカメラは止まらない(もちろんノーカットではないw)

今回のは、女の子が二人登場してきていて、その二人に好意を抱いているという、ずいぶん欲張りな男であったせいか、ラストは思わぬ方向へ。
‥言うならば、派生型の「たましい吹き込み」系? アレとよく似た匂いがしました。

以外で、特別目新しい箇所はありませんでしたが、ライトなタイトルとは裏腹に、案外とダークなテイ。
念願の女湯に入って『わーい!』と、ただ喜んでいる感じではないですね(笑)


ダーク、コメディ、シリアス‥‥何でもござれのノットリ作品。
その歩みを止めるな――
コメント (5)

「生まれ変わる」以外の道がここにある―

2019-03-02 12:00:07 | 作品紹介 一般以外.6
白石麻衣になりたい!? そんなド直球な記事に笑ってしまいました。


DA PUMP・ISSA「白石麻衣になりたい」理由にファンほっこり ※日刊大衆


しかも、名指しでねw
一個人に向けては、けっこう珍しいパターンかも。こういう屈折した愛情、我々は大好物です!
 
まぁ、コレと同じことを筆者のような人間が口にしたら袋叩きにあうんだろうけど、ISSAなら許される(笑)
‥グループでどうとかは分かりませんが、女子になれるなら、そりゃ可愛い方がいいに決まってますわな。納得です。


そうした願望が少しでもあるのなら、ぜひISSA氏にも視てもらいたい?最新TSF情報。
3月配信予定の「ノットリ」シリーズ2作品のタイトルが判明しました。

ノットリチャット 「画面に映るあの子は、おっさんにのっとられていた。」
乗っ取らレズビアン、女湯潜入編!!!ついにきた! 
(外部リンク)


わりと「正統派」で攻めてくる感じですね。
上のは、文字どおりオッサンが可愛い娘になっちゃったというテイみたい。

女装してチャットをし、男をハメる(騙す).....
そんな“ガチの”YouTuberを以前に見かけたことがあり、なかなか愉しかったのですけど、趣旨まで一緒かはまだ判りませんw

銭湯の方は、超王道すね。
ただ、女湯等に入る目的でのTSはシリーズ初とのこと。ちょっと意外でした。
最近は、だいぶ“変化球モノ”が多かったので、比較的、万人受けしやすいのは、こういう基本的なところを押さえた作品です。


一度原点に帰って、U.S.A!に負けないくらいの『T.S.F!』 ブームを呼び起こせるか――


U.S.A.(CD)

コメント (33)

『女体化スキンSP~皮を被って異性に変身~2019春夏スキンコレクション』感想・見どころレビュー☆

2019-02-11 21:00:24 | 作品紹介 一般以外.6
前回、相手(外見♀)の正体が男と知っていたら‥‥そんな類の話をしましたけど、もはや“中身”なんてどうだっていいのかも?


と、先日リリースされた【女体化スキンSP~皮を被って異性に変身】を観ながらw
普段、TSFにおける「♂×♀」の絡みで、そこまで欲情しない自分でありますが、演出によってこうも見方が変わってくるとは。


メインキャストの男は、これから一戦を交える相手の中身が別人であるのを、きちんと理解している。
性格も態度も、いつもの彼女とは全然ちがう。
男が好意をいだく「朱里」本人でないのは明白なのに、でも、目の前にいるのは紛れもなく「朱里」のカラダ‥‥。

精神と肉体は違う。頭では解かっていても、身体が勝手に反応してしまう。
『朱里が俺にこんなコトをしてくれるなんて』 『夢のようだ』
もう嘘でも‥‥たとえ、中身が誰だっていい。好きなカラダと戯れられる、この快感‥‥たまらない!


てな具合で、当初は違和感やぎこちなさを感じつつも、次第に相手の肉体に溺れていった様がナイスでした。
しかも、当該話は美谷朱里の皮を被ったのがヤロウではなく「オバハン」という、衝撃事実!

その展開どうなんだろう‥‥そう若干懐疑的に見守っていたら、「オバハン」が超異質なキャラで(笑)
業界では極めて珍しい、まさかのOD(♀⇔♀)炸裂と相成りましたが、考えてみれば“若い男を欲する”年増の「オバハン」という図式が逆に自然で、わりとスンナリ入っていけましたw

語尾に『ざます』連発キャラは、すっごくヘンで異様でも、身体は女子高生のアカリちゃんですからね。
前半部で彼女の「素」の部分も多めに見せてくれていたし、この辺のギャップも愉しめました。


競演した星奈あいはガチに「グランプリ」取れる!かわいさだった笑

(C)女体化スキンSP〜皮を被って異性に変身〜2019春夏スキンコレクション


趣向を凝らした設定、ストーリーもまずまず↑↑
ガールズコレクション?に潜入して、新たな皮と、おまけに賞金までゲット♪

そのあと組織の「上客」とされていた、例のスーパーオバハンによる男漁り。
もちろん、可愛らしい女性方の皮を着て‥です。ご心配なく?w

見た目も、今回は背中にファスナーが付いて、より皮っぽくなった感じ(付いてないときもあるw)
表題にある、パリコレみたいにちょっと気取った、全員集合の「春夏スキンコレクション」も要チェケラ☆


先ほどギャップが愉しかったという話をしましたが、さすがは過去TSF出演経験者たち(本編でクレジットされていた全員が該当)で、総じて男演技が上手い!
なかでも、やはり同級生の男や「オバハン」になりきった美谷朱里氏の表情やら言葉づかいは、お見事でしたね。


先月の【TSFYA】といい、女体化作品つくらせたらピカイチ。
今年のロケット(SODグループ)は、最初から飛ばしまくってますw

《俺評価》★★★★★

コメント

試される自分?試したいオレ??

2019-02-08 12:15:59 | 作品紹介 一般以外.6
先月17日放送分【ニンゲン観察バラエティ モニタリング】内で衝撃?女装姿を披露していた木村拓哉氏‥。
スマスマも終わった今、氏の女装姿はたいへんに貴重であるw

しかも、今回のは“騙す”が番組のコンセプトとしてあったため、かなり本気モード。
気合入っていたはいいが、若干、実年齢に不釣り合いなギャル系女装で、正直「違和感」のようなものはありましたかね(^^;
出演映画の宣伝を兼ねていたとはいえ、お疲れ様です!
※関連:木村拓哉(46)の女装姿がかわいすぎると話題に!普通に街中にいそうwwww


くだりの「モニタリング」。筆者もたまに視聴しますけど、皆さん良いリアクションとりますよねぇ。一般の方々も?
もっとも、そうしたオイシイ部分(人)だけを使って放映しているのでしょうが。
ノーリアクションで、つまらない自分なんか絶対カットですよ(笑)


ところで、あの番組を模倣した【ノットリ】作品が出ていたのはご存知でしたか。
仲のいい男の二人組。そのうちの一人を「女体化」させて、それでも尚、彼らは健全な友情を保てるのか‥
要は、相手のかわいい女の子の中身が男(親友)と知りながら、どこまでイケるのかをモニタリングしよう!‥‥そんなテイw


あのキムタクはさすがにムリでも、こっちの“カレ”ならあるいは――

(C)ノットリ【女体化】混浴モニタリング(女の体になった)男と男の友情は成立するのか?


これ! TS好きなら、確かに一度は考えたことありますよね。
たとえばダチが♀になったら、Hできるのか‥‥逆の発想なら、一体どこまで許せるか‥‥とか??

私だけ、ですかね(笑)
でも、あながち考えられないシチュエーションでもなく、成人式等で久々に会った同窓生の性別がチェンジしていたら‥‥
きっと貴方も、同様な好奇心やら葛藤が、脳裏をかすめることでしょうww

その辺り、本作品では巧みな方法で両者をHにまで導こうとしており、まぁわりと自然な感じではあったのかも。
ただ、本家よろしく「番組仕様」で描写されている関係上、TSF特有な緊張感、胸のトキメキには、いささか欠けましたけどw


ここまでリアルでなくても、別にヤラセっぽくても問題ないからw、男と男(外見♀)の友情は本当に成立するのか‥‥
そういったテーマを追求するような作品、TSFを“モニタリング”してみたい気も、しましたね。

コメント (6)

お知らせ

当ブログはリンクフリーですが創作物等の無断転載は一切禁じますのでご了承ください。