Danchoのお気楽Diary

高校3年間応援団だった「応援団バカ」の日記。スポーツ観戦や将棋等の趣味の他、日常感じる事を、「ゆるゆる」綴ります。

目下の興味は…

2010-07-16 07:07:07 | 高校・大学野球
夏の甲子園出場をかけて、各地で大会が開幕しています。

このサイトを閲覧すれば、全国各地の大会の様子を窺い知ることができます。今は、凄い時代になりましたね。
私が現役当時は、テレホンサービスでやっと知ることができた情報が、ほぼリアルタイムで知ることができるようになったのですから…。

山口大会は、明日7月17日に開幕予定です(本当は今日でしたが、豪雨により順延されたようです)。

個人的には、俳優の前田 吟 さんの(中退ではありますが)母校である、防府高校に頑張って欲しいと思っています。

昨年、防府市では、拙ブログでも先日触れましたが、豪雨により甚大な被害が及び、防府高校の選手諸君は、練習時間を削って復興ボランティアに参加して、汗を流していました。
昨秋の中国大会にも出場して上位に進出し、21世紀枠での出場の可能性がありました。
しかし、評価はなんとこの枠の補欠順位2位という、こちらが思っているよりもずっと低かった…。正直、残念に思ったし、選手諸君にはこの悔しさを夏の大会にぶつけて欲しいと思っているので、今年は特に…です。

埼玉大会は既に始まっていて、我が母校は先日エントリーしたように、残念ながら2回戦敗退が決まっています。

埼玉の「六校」に加盟していて、現在勝ち残っている高校(松山高校が筆頭格かな?)は、応援するのはもちろんなのですが、実は、目下の興味は…岩手大会。

きっと、K・O・Fさんもそう思っていらっしゃるに違いないのですが、岩手県には、しっかりした応援団が確実に存在しているからです。

おばらあつひろさんの母校である黒沢尻北高校、風屋さんの母校である花巻北高校、双子の父さんの母校である一関第一高校、そして、校歌があまりにも有名な、盛岡第一高校という「ビッグ4」の存在。これが大きいですね。

そのうちの3校のご出身の方と、ネット上で面識を持つに至っていますし(実はその中のお一方は、リアルにお目にかかっていますが、それは後日ゆっくりと…)、おばらさんと双子の父さんは、私と同じ応援団経験者…。これで興味がないはずがない。
中でも、一関第一高校と、盛岡第一高校は、シード校です。期待は大きく膨らみます。

「甲子園ルール」のおかげで、郷土色は出しにくくなっているし、岩手の応援団にとって、和太鼓が「命」であるのに、これを持ちこむ事もご法度。

しかしながら、その分「肉声」での「声援」による「応援」は迫力満点と思うので、その「応援」を全国で是非披露していただきたい…と思っています。

そのためにも、私の中での「ビッグ4」には、上位進出を願って止みません。
『野球』 ジャンルのランキング
Comments (7)   この記事についてブログを書く
« 『振り穴王子』、エース戦法... | TOP | 日本中が注目した、ワールド... »
最近の画像もっと見る

7 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
野球ネタ (りら)
2010-07-16 22:05:43
この話題が出るともう、居てもたってもいられなくなる性分でございます。
何が好きたって、やはり一番は高校野球。
団長さんも応援団で大きな肉声を下さり、その節は大変お世話になりました。と、先にお礼を申し上げ
さだまさし『甲子園』の歌詞の一部をご紹介します

”3000幾つの参加チームの中で
たったの一度も負けないチームはひとつだけ
でも多分君は知ってる敗れて消えたチームも
負けた回数はたったの一度だけだって事をね”

選手達の健闘を祈ります。
御礼その他 (おばらあつひろ)
2010-07-16 22:11:47
本日、初戦でございました。
残念ながら敗退致しました。

秋以降の奮起に期待を寄せたいと思います…。

まずは拙ブログへのトラックバック並びに連投のコメント、御礼申し上げます。
コメント、ありがとうございます。 (Dancho)
2010-07-16 23:10:14
りらさん、おばらあつひろさん、こんばんは。

コメント、ありがとうございました。


★りらさん

ワールドカップが終わったのに、すぐ高校野球…てんやわんやとは、このことを言うのでしょうね。

でも、仕事でもそうでない時も「暇」よりはずっと良いです、忙しい位がね(笑)。

>団長さんも応援団で大きな肉声を下さり、その節は大変お世話になりました。

いえいえ。私は何もしていません(笑)。
ただ、言いたいこと、言いっぱなしの拙文ばっかりですが、こうして書いていることで、読者の皆さんが元気になっていただけたら、それだけで満足です。

さだまさしさんの歌詞…良いですね。
敗者の気持ちを癒してくれます。

来年もチャンスありますし、また頑張ってくれたら、おじさんは満足です。

でも、一度で良いから、甲子園…連れて行って!が、やっぱり本音かな?。


★おばらあつひろさん

こんな拙文の記事をTBして良かったのでしょうか?。面映ゆいです。

ところで、ネットで、業務の休憩の合間に、戦況眺めていました。

確かに残念な結果ですが、緊迫した1点を争う良い試合だったのではないかと思います。
8回裏と9回表のスコアを見れば、伝わります、それが。

センバツ&来年の夏…頑張りましょう、お互いに。

そして、応援団を応援していきましょう!。

「ビッグ4」のうち、まだ3校残っています。
岩手県内も、埼玉と同じ様に、結束は固いのかなぁ…と勝手に想像していますが、実のところはどうなんでしょうか?。

存命である間に、岩手の野球&応援団を見てみたいと思っています。


先ずは、コメントを頂戴した事に対し、心より御礼まで。
応援ありがとうございます。 (双子の父)
2010-07-17 23:03:44
Danchoさん、応援ありがとうございました。
おかげさまで我が母校一関一高は初戦を突破することが出来ました。
私もDanchoさん同様故郷を遠く離れておりますのでこの時期になるとそわそわします。

 私が現役の頃は他校応援団とそんなに交流は有りませんでした。盛岡北、花巻北、黒陵(黒沢尻北)の三校は「三北」と称し定期的な交流が有ったようですが埼玉のような組織だった活動は無く、高校総体開会式、または試合でしか顔を合わせる機会が有りませんでした。お互い意識はしていますので対戦する機会があれば燃えましたけどね。岩手県は何しろ広いですから一関と福岡高校のある二戸は180キロも離れています。距離的にも交流を持つのは難しかったのかもしれません。
一つでも上位へ… (Dancho)
2010-07-18 01:26:47
双子の父さん、こんばんは。

コメント、ありがとうございます。
そして、初戦突破、おめでとうございます。

リードを許しましたが、その後はシード校の貫禄を示した格好のスコアですね。底力が試された感じもしますが、それが発揮されたのではないかな?…と想像しています。

リードされた時の応援って、重要ですから、その「声援」に選手諸君が応えてくれたのかも…ですね。

岩手県は、仰るように、本州では最も面積の広い県ですし、交流を持つのは大変そうですね。

埼玉の場合は、私の先輩が「東京六大学応援団」に対する思い入れが強かった事がきっかけで、交流が始まっています。

最初は「ナンバースクール」の四校(県立浦和、熊谷、川越、春日部)でスタートし、後から県内一古い歴史を有する高校(不動岡)が、そして、岩手県の場合と同じ様に、高校総体開会式で「面識」があったもう一つの高校(松山)が加わって、今の形(六校)になっています。

私が1年生の夏までは五校で、松山高校が秋に加わることになったのですが、その辺のいきさつを知るのは、多分私達の代と1つ学年が上の先輩方の10名(しかし、他界されている先輩が1人いらっしゃるので、正確には9人)しかいないと思っています。

松山高校の皆さんや、私の後輩達も、それを知りたいとは思っているはずなので、その辺、「アタック25予選編」ではないですが、やっぱりお話しするべきなんだろうな…と思っているところです。

しかし、今の時期は、私達にとっては、落ち着かないけれど、その状態が妙に楽しい…そんな時期ですね。

いずれにしましても、一関一高が上位に進出することを願って止みません。応援させて下さい。

先ずは、コメントを頂戴した事に対し、心より御礼まで。
残念ながら (風屋)
2010-07-20 08:06:41
我が母校も初戦敗退でした。
延長15回の壮絶な試合の余韻と脱力感で
コメント遅くなりました(笑)
私の思いはブログよりmixiの方に記しています。
あとは関高と一高の健闘を祈るばかりです。
(バンカラは無くなりましたが水沢高も)

一昨日の一高の画像をUPされている方がいます。
ご紹介します。
http://sun.ap.teacup.com/taira/
風屋さんへ (Dancho)
2010-07-20 18:59:41
風屋さん、こんにちは。

コメント、誠にありがとうございます。

本当に残念です。
でも、スコアが物語っているように、仰るとおり壮絶な試合でしたね…。
選手の皆さんは、死力を尽くしたと思います。応援団共々、本当にお疲れ様と申し上げ、労いたいと存じます。

埼玉も、「六校」の最後の砦だった松山高校も敗退が決まってしまいました。無念です…。

因みに、家内の母校も、私の会社の「地元」であり、炎のストッパー・津田 恒美 氏の母校の南陽工業高校に負けました。
両校とも甲子園出場経験があるにも拘わらず、一方的なスコアにはなりましたが、良い試合だったのでは?…と思います。

mixiの方にもお邪魔させていただきます。
それと、画像もこれから拝見させていただきます。

双子の父さんの母校である一関一高と、盛岡一高、そして水沢高校(いずれも16強進出決定ですね)に頑張って欲しいですね。
もう少し、「爽やかな暑さ」を感じていられそうです。

先ずは、コメントを頂戴した事に対し、心より御礼まで。

Recent Entries | 高校・大学野球

Similar Entries