Danchoのお気楽Diary

高校3年間応援団だった「応援団バカ」の日記。スポーツ観戦や将棋等の趣味の他、日常感じる事を、「ゆるゆる」綴ります。

今日から、『第49期 王位戦 第3局』

2008-07-31 19:26:30 | 将棋
昨年の最終第7局が、記者や棋士の皆さんの間でも名局と謳われて記憶に新しい、14日に開幕した今年の『第49期 王位戦』。

深浦 康市 王位に、羽生 善治 名人(棋聖・王座・王将)が挑戦する、「リターンマッチ」となったこのシリーズ…。

対戦戦績も拮抗している両対局者だけに、このシリーズもフルセットに持ち込まれるのではないか…と、小生は予想していますが、さて…。

その第3局…舞台は兵庫県神戸市です。

本局は、羽生名人が先手番。

戦型は、名人戦でも三度登場した相掛かりからの相腰掛け銀と、比較的穏やかに…。

1日目は、2日制にしてはやや手数としては早い56手まで進み、後手の深浦王位が△5二玉としたところで封じ手となりました。

早速ですが、封じ手の予想を…。

羽生名人の手番で予想が難しいですが(定跡も知らない入門者ですし…)、第一感は▲3四歩ですね。
3筋の突き出しを見て、△5二玉とかわしましたから、ここは歩を取り込むのではないかと…。

さて、当たるでしょうか…。
そして、勝負の行方や如何に…。

明日の夜には、勝敗が着きます。

深浦王位が対戦戦績を2勝1敗として、タイトルホルダーの貫禄を示してリードするでしょうか
それとも挑戦者の羽生名人が、名人戦同様先手番の利を活かして勝ってリードを奪うでしょうか

楽しみですね…。