Danchoのお気楽Diary

高校3年間応援団だった「応援団バカ」の日記。スポーツ観戦や将棋等の趣味の他、日常感じる事を、「ゆるゆる」綴ります。

無念の敗退…でも、良く頑張った!/W杯決勝トーナメント1回戦 日本 vs パラグアイ

2010-06-30 01:47:52 | サッカー全般
パラグアイ撃破する! 岡田J、ベスト8への3要素(夕刊フジ) - goo ニュース

国外開催のワールドカップでは、もちろん初めて決勝トーナメントへ進出した日本代表。

いよいよ今晩、正確には間もなく、プレトリア・ロフタスヴァースフェルドスタジアムでキックオフです。ドキドキしてきましたね。

上のリンク先の記事にも、色々「パラグアイ攻略法」が書かれていますが、先日のウルグアイ vs 韓国戦が、一つのヒントにはなっていると思います。
ウルグアイが、パラグアイと「似た薫り」のするチームなので…。

しっかり準備ができて、本来持っている力以上のものを発揮できるかが、勝利へ繋がるポイントでしょう(みんなそう思っていると思うけど…)。

さぁ、間もなくです。
読者の皆さん、サッカーを愛する日本の皆さん、「青色」のものを身につけて、観戦しましょう。


6/29 23:00 追記

キックオフです。いきなり、大久保 嘉人 選手のシュート…。積極的です。良いと思います。オシム曰く「エゴイスト」かもしれませんが、「枠見たら、シュート」で良いんじゃないかと…。


6/29 23:47 追記

前半を終えて、スコアレスですね。決勝トーナメントでは、前半に得点がないのは、この試合が初めてでは?…。

前半20分頃に、危ない場面がありましたが、GKの川島 永嗣 選手のファインセーブで、事なきを得ました。ホッとしました。

攻撃面でも、前半20分の松井 大輔 選手のシュート、前半38分の今大会キレがある、本田 圭佑 選手のシュート…惜しかったですね。
セットプレーでの遠藤 保仁 選手のフリーキックも、精度が高かったと思います。

全体的には、「膠着状態」といった感じに見えました。守備重視の重苦しい展開です。
怖いのは、両チームとも、カウンターからの速い攻め…でしょうか。

パラグアイのサンタクルス選手…上手いですね。
ウルグアイのスアレス選手と「似た薫り」がしますし、警戒しないといけません。

さて、後半はどんな展開に…。
いきなりパラグアイがパワープレーに出ることもありそうですし、序盤を大事に戦って欲しいです。


6/30 00:51 追記

パラグアイに決定的チャンスを作られながら、何とかクリアー…という感じでしょうか。
後半終了直前に、日本も良い場面を作っていましたが…。

両チームとも、譲らずの、未だスコアレス。
固唾を飲んで見守る、重苦しい展開です。

延長前後半の30分に入りますが、集中して欲しいです。
何とか辛抱して、掴んだチャンスをものにして、勝って欲しい…。


6/30 01:28 追記

遂に120分で決着つかずのスコアレスドロー…。
両チームの集中力…見事です。

PK戦…見守るだけですね。祈りましょう。


6/30 01:42 追記

無念です…。

サッカー=日本ベスト8ならず、PK戦でパラグアイに惜敗(トムソンロイター) - goo ニュース
「感動をありがとう」サムライ完全燃焼(読売新聞) - goo ニュース
中田英寿氏、PK敗戦に「勝負とはいえ厳しい」(サンケイスポーツ) - goo ニュース
敗戦の瞬間、大きなため息=本田選手1人ピッチ去る―サポーターから拍手・W杯(時事通信) - goo ニュース
主将の長谷部「このチームで戦えてよかった」(サンケイスポーツ) - goo ニュース

でも、頑張りました。
決定的な場面を何度も作られながら、スコアレスですから…。

テストマッチの「無残」さ、「ボロボロの状態」から、ここまで来たのだから…。

前回のドイツ大会の様な、ある意味「惨め」な負け方ではなかったのだから…。

今大会の日本代表の一番の課題であった「勝ちたい」「一つでも上に…」という気持ちを見せること…チームとしての一体感をサポーターに示すこと…は、できたと思います。
少なくても、私にはその姿勢が伝わったので、満足です。

日本代表…胸を張って帰ってきて下さい。

本当によく頑張った!。お疲れ様でした。
Trackbacks (2)