conparu blog

ささやかな身の回りの日常を書き綴ります。
[ブックマーク『conparuの白い航跡』もよろしく]

背後の不安現象

2024-04-21 16:10:42 | 随想
どうも危うい・・・漠然としつつも背後に迫るものにはリアルなものもある。一人の人間として、人生の背後に覆い被さる津波のような現象は、とてつもなく大きくて、どんなに足掻いても逃れようもない。個人の理性を超えた津波現象とは何か?やはり危機的な国際情勢があって、国家間の連携の上に主体性も押さえられ、大国の意のままにリードされる危惧があるからではないか。国際情勢の時代の波をかぶり、政情が不安定化すると民心もすさんで犯罪も増える。
政府与党の裏金問題は世間の批判も顧みず、自分たちの都合を優先して、政治資金の不透明さを残そうとしている。長年の自民党政治が今ほど揺らいでいるときはないのに、現政権の動きはまるで他人ごとのように切迫感がない。一国の方針を決める国策には強力な指導者を望んでいるが、そういう指導者がいたとしても潰される背景は何か?ここに国が弱体化する本質的な政治構造があるように思えるのだが。
安全保障問題にしても現今の軍事情勢を見れば、隙を見せられない危うさもあるが、同時に危機的情勢にならない外交努力も重ねてほしい。
  イスラエルがシリアのイラン大使館を攻撃したことでイランの報復攻撃を招いたが、さらにイスラエルが報復攻撃としてイランをミサイル攻撃した。報復のための報復合戦となれば際限もなくピンポン合戦になりかねない。この事態に先進7カ国は報復したイランのみを非難したが、イスラエルの攻撃に対しては沈黙したままである。ここにも意図的な国際情勢の策謀が感じられるのだが、問題の収束から遠ざかるばかりではないか。
コメント    この記事についてブログを書く
« 敷島の桜花 | トップ | 自分というもの »

コメントを投稿

随想」カテゴリの最新記事