conparu blog

ささやかな身の回りの日常を書き綴ります。
[ブックマーク『conparuの白い航跡』もよろしく]

現れるもの

2022-11-14 22:26:40 | 随想

隠されたもので現れないものはない
旧統一教会のカリスマ的蟻地獄が、図らずも一人の人間の死によって、亡霊のごとく態を現わした。なんと底の深い地獄であることか。しかし、これが実相なのだ。闇の深い歴史的な暗路の足跡として、さらにベールの内を剥がされたときに、どんな形相をした怪物が現れてくるのだろうか、と愚案する。
時代が逆方向に展開して魑魅魍魎の裏社会が表に出てきた、そんな気のする昨今の世界情勢である。余りにも平和な時代が続いたので、社会のねじれ現象が起きたとしても、現れているものは不条理だ。過渡期の時代現象だとしたら、次に現れる時代というのは、平安期の後の鎌倉時代ように動乱のるつぼに入るのか、それとも悪鬼が滅びて平生業成の楽園が訪れるのか。どちらにしても人間の知性が試されるテスト期間が当分続くのだろう。
平生業成(へいぜいごうじょう)とは悟りの世界のことで、平成の年号となった仏教用語であるが、生きている今、極楽浄土の楽園に生かされる仏性になることを言うそうだ。心の浄化作用でもあるから、魑魅魍魎には効くかも知れない。日本には仏教宗派が幾つもあって、死んだ後の葬式や供養が主となっているが、本当の仏教は生きている今に、こういう生き方をしなさいとか、死んだら如何なるかと言った、後生の一大事を解決に導いてくれる教えなのである。妻の実家は或る宗派の檀家であるが、寺の本堂の改築に合わせて庫裏も新築するので寄付金を募ってきた。庫裏だけで5,000万円もかかるというので、一口10万円の高額である。墓じまいを考えている折でもあり、余りにも高額なので放っておいたら、二次三次四次と来るは来るは、呆れるほどであった。寺の存在とはかくも自己本位で宗徒の為になっていない。

コメント