絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

「与えられた菜の花、タオル(白)、プチトマト(3個)スプーンを鉛筆で描写しなさい。」

2019年02月19日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大専科)の国公立対策レッスン描写モチーフは「与えられた菜の花、タオル(白)、プチトマト(3個)スプーンを鉛筆で描写しなさい。」 (4時間)です。

1992年度京都市立芸術大学の描写課題を出題しました。⇨『京芸過去問

2月下旬。この時期にこれらのモチーフを準備した理由は、①細かい質感の描写、②描き込みの練習、③今年度植物、野菜が出る可能性です。

植物や野菜が出た場合、全く同じ形は存在しません。もちろん大きさも異なりますので、多少デフォルメすることもデッサンの技術です。

入試当日もしかしたら、自分のモチーフだけが明らかに形がおかしかったり、破損している可能性もあります。

そのような場合は必ず試験監督に交換を申し出るようにしましょう。

もちろん交換に応じてくれないかもしれませんが、マイナスになることは何もありません。

色彩や立体も同様で、色紙やケント紙の枚数が足りないこともあるかもしれません。大学側が間違えるわけがないという先入観を持ってはいけません。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。

さて国公立前期入試まで残りわずかです。過去に入試直前の短期間で急激に実技能力を伸ばした生徒を何人も見てきました。

今年度どの生徒もこれからまだまだ伸びるはずです。最後まで一生懸命走り切ろう。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


高校1・2年生国公立対策レッスンのご案内

2019年02月14日 | 美大受験クラス

2月中旬。京芸を目指す高校2年生を対象にした対策レッスンを行いました。

「2025年大阪・関西万国博覧会を象徴するモニュメントを制作しなさい。」という想像力が求められるテーマを出題しました。

以前ピーマンの模刻で石塑粘土を使いましたが、今回は油粘土と針金での対策となりました。

ほとんどの生徒が針金を使うのが初めてだったので、全体的に華奢な作品が多かったです。

針金で基礎の土台を作ったうえで粘土をのせることができれば、全体の大きさ、迫力、強度を増すことができます。

線形材料は他にも、「ストロー」、「割り箸」、「麻紐」、「タコ糸」、「竹ひご」などまだまだ沢山あります。

これから色々な材料に挑戦し、次の作品に繋げてほしいと思います。

さて高校2年生も国公立実技入試まで残り1年となりました。

最近入会した東京藝大を目指すTくんが週4回コース、Iさん、Kさんが週3回コースに変更など続々と月回数を増やしています。

3月からは現2年生が中心となり、担当講師とのマンツーマンレッスンの日程を組んでいきます。対策レッスンはなるべく休まずに積極的に参加してくださいね。

なお高校1年生の対策レッスンも3月から毎月実施されます。来年度、再来年度に向けて頑張りましょう。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 美大受験クラス・立体作品集


実技入試まで残り2週間

2019年02月11日 | 美大受験クラス

国公立前期入試まで残り2週間です。

受験生の色彩作品を紹介します。(全て3時間制作)

先日、京芸直前模試に参加した生徒全員が200点越え(描写228点、立体224点など)を果たし、本番に向けて順調に仕上がっています。

但し今回は色彩が全体的に悪かったです。「京都 / Kyoto」のようなテーマの場合、知識がそのまま点数に繋がる恐れがあります。

『情報』は色彩科目ではとても重要な要素です。普段から様々な「地域」、「分野」、「事柄」に目を向け、勉強しておかないと取り返しのつかないことになります。

さて、今年度の京芸は昨年度より出願者が全体で70人ほど減りました。

  定員 出願者数 倍率
美術科 70 227 3.2
デザイン科 30 112 3.7
工芸科 30 84 2.8
総合芸術学科 5 16 3.2
135 439 3.3

といっても平均3倍以上あり、難関美大に変わりはありません。

センター試験や実技模試の結果が良かった人は、①情報不足、②慢心、③思い込みがないように、最後まで決して油断をしないでください。

またセンターが悪かった人、実技に自信が無い人にもチャンスはあります。

残り期間精一杯頑張って受験に臨みましょう。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


国公立前期入試に向けて

2019年02月09日 | 美大受験クラス

2月上旬。2月としては比較的暖かい日が続いています。

国公立前期入試が近づいていますね。

今年度京芸を目指す受験生の立体作品を紹介します。(全て3時間制作)

センター終了後、立体に関しては新たな条件や材料を使い、1日2課題の対策授業を行っています。

以前ブログでも紹介しましたが、立体科目の重要な要素のおさらいです。

①主題 「出題内容を理解し、テーマを上手く表現できているか。」

②特性 「材料の性質・特性を意識できているか。」

③造形 「際の処理が丁寧で、360度美しい作品であるか。」

④迫力 「範囲・材料内で大きく制作できているか。」

⑤安定 「接地面及び軸とバランスを意識し確実に立たせられているか。」

⑥読解 「課題違反・条件違反をしていないか。」

⑦時間 「時間内に完成させることができる作品であるか。」

そして何よりこれらを「手を動かし考えながら制作すること」が大切です。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  ◇美大受験クラス・立体作品集


丸木、ステンレスボウル、オレンジ2個、プラ板を机上に配置し、鉛筆で描写しなさい。

2019年02月06日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大専科)の国公立対策レッスン描写モチーフは「丸木、ステンレスボウル、オレンジ2個、プラ板を机上に配置し、鉛筆で描写しなさい。」 (4時間)です。

受験前のこの時期になると京芸の予想モチーフを出題します。

色彩、立体もそうですが、事前に練習したモチーフ・テーマ・材料が入試本番で出題されれば、『受験生にとって大きなアドバンテージになります。』

当校では毎年京芸予想問題を配布し、色彩・立体に関してはかなりの頻度でテーマ・内容がそのまま入試本番で出題されることが多くなっています。

今年度も実際どのような問題が出題されるかは勿論わかりません。

ただ僕が京芸の出題者だったら、どんな問題を出すか?を考えると沢山のヒントを得ることが出来ます。

例えば描写モチーフ。①安価であること、②保管時に腐ったり形が変形しないこと、③過去に出題されていないこと(※再度出る時もある)など条件がいくつかあります。

また「100均」「スーパー」「ホームセンター」で9割近くが揃います。

但し描写モチーフを当てるのは非常に困難なため、なるべく出題される可能性が高い材料を選別して対策を行っています。

さて、今回の丸木は安価で大量に入手しやすいですし、変形もしにくいという点を考えれば出題されてもおかしくないモチーフです。

画像の上位4作品は丁寧な画面で特に丸木の描き込みに優れています。逆に下位作品は全体的に雑さや粗さが目立っていました。

京芸の描写モチーフは毎年難解なものが多いです。4時間で完成度を上げるためには「丁寧に早く」が基本です。

「とにかく急いで制作すること。そして確実に。』

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


一般絵画クラス作品

2019年02月01日 | 一般絵画・趣味制作クラス

一般絵画クラスの作品をまとめてアップします。

今回はこの中で上段右側のKさんと下段右側のNさんをピックアップしたいと思います。

Kさんは美大受験クラスの元生徒で、美大を卒業後、仕事をしながら週1回参加してくれています。

透明水彩で精密に描かれた素晴らしい作品ですね。

中学生のNさんは今回色鉛筆に初チャレンジしました。丁寧な描き込みで特徴をよく捉えています。

愛くるしいワンちゃんの表情が印象的ですね。

一般絵画クラスは長く通って頂いている方が多く、本当にレベル高いです。

また次の新作も楽しみにしています。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 一般絵画/趣味制作クラス絵画作品集


合格したいと思う気持ち

2019年01月28日 | 美大受験クラス

1月下旬。寒い日が続いていますね。

実技入試本番まで残り1ヶ月です。

今年度は体調を崩している受験生が例年より目立ちます。

もちろん高熱や吐き気が止まらない時などは無理をせずに休んでください。ただそれ程の病気でない場合は出来る限り出席してください。

入試当日に、体調を悪くしたり風邪をひいてる可能性だってあります。

それでも『入試本番は待ってくれません。』

その最悪の体調の中でも今までの実技練習をフルに発揮しなければいけないのです。

そのためには多少の体調不良でも机に向い制作するなどして、自分の体にどんな状況でも集中して制作できる感覚を覚えこませることが大事です。 

受験日まで講師・生徒が一丸となって目標に向かう団体戦ですが、本番は個人戦です。

受験は自分自身との戦いでもありますが、実際は他人との競争です。

『他の人に負けたくないという気持ち』

『この大学にどうしても行きたいという気持ち』

一切の甘えを捨てないと頂上が見えてくることはありません。

 

 『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


センター終了後

2019年01月23日 | 美大受験クラス

センター試験お疲れ様でした。

良い結果が出た人もそうでなかった人も、実技試験に向けて気持ちを入れ替えましょう!

センター期間中は高校1・2年生の何名かに石膏像を描いてもらいました。

初めてのモチーフに四苦八苦した生徒もいましたが、中々の素質を持った逸材も。また夏期講習会で再チャレンジしてくださいね。

今年度は現時点で高校1年生が20名を超えています。最も多かった昨年(現2年生)の同時期が15名ほどだったので過去最多です。

京芸を第一志望にしている生徒が多く非常に楽しみです。高校1年生で難関美大を目指す人は3月から対策レッスンが始まります。

周りの同級生に負けないように頑張りましょうね。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


京芸模試からの巻き返し

2019年01月17日 | 美大受験クラス

先月行われた京芸冬期模試は、夏期より順位・点数がアップした生徒が多くいました。

全体的に150点前後が多くを占めましたが、3科目全て150点(計450点)というのは京芸の受験者の中では上位成績になります。

今回当校からの受験者は合格圏内に入っているもののまだまだ安全圏ではないという印象でした。

本日は京芸模試からの巻き返しについて。

以前京芸冬期模試での低得点からセンター終了後に大きく実技力を伸ばして合格した生徒がいました。

その時の模試の結果がこちら➡ 描写66点 色彩56点 立体50点 総合143位 (各250点満点 参加者160名)

入会したのが遅かったというのが大きな理由ですが、入試本番では点数を3倍近くに伸ばすことに成功しています。

センター終了後からの1ヵ月はこれまでの人生で最も実技が伸びる期間です。

現役生は『今のままではいけない。変わらなければいけない』ということを強く意識してください。

浪人生はライバルの多くが年下(現役生)になります。『絶対に負けてはいけないというプライドを持ってください。』

実技入試まで必死に頑張ることは当たり前ですが、努力の成果は言葉ではなく、作品で示してほしいです。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


画材の話

2019年01月15日 | 美大受験クラス

1月中旬。センター試験まで1週間を切っているため、受験生はほとんどお休みをしています。

浪人生や高校3年生がいない状況にも関わらず、高校1・2年生を中心に教室には沢山の生徒が来ています。

現在、美大受験クラスの中学生、高校1・2年生は約70名。受験生を合わせてもうすぐ100名を超える勢いです。

さて本日は来年度に向けて画材の話をしたいと思います。

基礎コース(中学生・高校1・2年生)の皆さんは鉛筆、絵具を何本ぐらい持っていますか?

最近入会した生徒は当校からのプレゼント画材しか持っていない人もいるかもしれませんね。

難関美大を目指すなら早い時期から画材を多く揃えるようにしてください。鉛筆100本以上、絵具50本以上は基礎コースの最低必要本数です。

まず鉛筆について

デッサン用の鉛筆は多数販売されています。(UNI、HI-UNI、ステッドラー、ファーバーカステル、スタビロ、トンボ、ダーウェントなど。)

どの鉛筆が良いのか?各美大、各美術予備校、デッサン本など色々な情報が出ていますが、僕自身が使用して良かったと思ったのはUNI、HI-UNI、ステッドラーの3種類です。

正直この3択で良いと思います。因みにアトリエ伊丹の講師陣も基本的にこの3種類しか使いません。

デッサンの用具入れですが、100均の透明ボックスでも良いですが、僕は仕切りがあって便利な釣り具店のルアーボックス(600円ほど)を使用しています。

次にアクリル絵具について

アクリル絵具も各社から販売されています。(ターナー、ニッカー、リキテックス、ゴールデン、ホルベインなど。)

各美大や美術予備校でも推奨するメーカーは異なります。例えば神戸の画塾はニッカー、大阪の画塾はターナー、京都の画塾はホルベインなど。

実際絵具メーカーと販売契約をしている所もあるため、各美大や美術予備校が勧める絵具=良いメーカーということではありません。

色彩は表現方法、技法などによっても、どの絵具が良いのかは個人で変わってきます。教室では上記全てのメーカーを取り揃えています。

自分で使用して実践するのがベストだと思います。教室には貸出用の絵具セットもあります。試してみたい人は声をかけてくださいね。

絵具の用具入れですが、ダイソーの300円透明ボックスで約100本収納可能ですが、それ以上の場合はもう一回り大きいホームセンター(1000円ほど)の透明ボックスを準備しましょう。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 


麻ロール、色ケント紙2枚、写真コピーを机上に配置し、鉛筆で描写しなさい。

2019年01月12日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大専科)の国公立対策レッスン描写モチーフは「麻ロール、色ケント紙2枚、写真コピーを机上に配置し、鉛筆で描写しなさい。」 (4時間)です。

2005年度京都市立芸術大学の描写課題を出題しました。⇨『京芸過去問

今回は細部を意識し過ぎて、迫力がない作品が多くありました。それは自分の作品を客観的に観れていない証拠でもあります。

離れて観察するからこそ、『全体の印象や雰囲気が観えてくるのです。』 (定期的に床や机の端に置いて観察する癖をつけましょう。)

皆さんは「出題者の意図を考えて制作していますか?」

なぜこのモチーフを出したのか?出題者はいったい何を求めているのか?

「基礎的描写力(客観的にものを観る力を含む)のある生徒に入学してほしい」

「合格作例など他の人の真似でなく、考える力を持っているか試したい」

「実際の世の中で起きている出来事にも目を向けてほしい」

受験生はこうしたメッセージを受け止め、学校側の求める水準を満たせるよう練習に励む必要があるわけです。入試過去問を解く目的はここにもあると言えます。

また京芸の試験には面接がありません。自分がどういった意図で作品を制作したかを説明する場は設けられていません。

ですから、『自分の想い全てを作品で表現しないといけないのです。』

至近距離ばかりで作品を観るのではなく、見る側(出題者・採点者)の立場で考えることも大切です。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


クリップ

2019年01月09日 | 美大受験クラス

美大受験クラスの高校1・2年生の色彩作品をまとめてアップします。(上段2年生、下段1年生)

最近入会したばかりの経験が少ない4名ですが、丁寧に制作しています。

当校では初めて色彩作品を描く人には「色彩についてのレクチャー」を行います。

色相環、明度、彩度、色相の関係。補色(反対色)から色の対比についてなど。

先月から高校1年生が7名、高校2年生が3名、立て続けに入会してくれました。

来年度・再来年度に向けて頑張りましょう。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


1月 美大受験クラスの様子

2019年01月06日 | 美大受験クラス

1月上旬。教室はご覧の通り常時満員に近い状態が続いています。

先月からの入会者は川西市の高校1年生Mくん、西宮市の高校1年生Kさん、Oさん、宝塚市の高校1年生Oくん、神戸市の高校2年生Kさん、泉南市の高校1年生Yくんなどなど。

有難いことに当校の美大受験クラスの体験後の入会率はほぼ100%です。

「料金が安かったことと、画材もプレゼントしてくれるところが良かった。」

「合格実績・合格率の高さや、参考作品の多さに驚きました。また難関美大を目指す生徒が多いので刺激になります。」

「制作の途中段階でも先生が細かいポイントを実際に描いて丁寧に説明してくれるので、とてもわかりやすかった。」

「どの先生も常に一人ひとりまわって教えてくれているので、距離が近くいつでも質問できる環境に魅力を感じた。」

(最近入会してくれた生徒本人と保護者様の声を挙げてみました。)

また当校ではデモンストレーション(講師による実技指導)を毎回下記のように行っています。

・講師のNさんが受験生を対象にプライベートレッスン(同じモチーフを一緒に制作して途中経過も指導しながら、自分の作品も生徒の見本として完成させます。)

・講師のHさんが高校2年生にグループレッスン(一人ひとり回りながら細かく口頭・実技指導します。)

・代表の僕は全体の様子・バランスを見ながら一人ひとり平等にまわって教えます。

現在人数の関係で体験・入会に一部制限をかけています。中学生や高校1年生の方も4月(新年度)からも入会できる保証はありません。

というのも3月末で受験生が一斉に卒業しますが、新年度から月回数を増やす高校1・2年生が多かった場合、4月からの席がなくなる可能性があります。

入会を検討されている方はお早めにご検討ください。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  


瓶、木枠箱、布、レモン

2019年01月04日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大専科)の国公立対策レッスン描写モチーフは「瓶、木枠箱、布、レモン」(4時間)です。

今回は描き応えのあるバランタインというウイスキーボトルを15本準備しました。

全体的に描き込み(手数)はしっかりしていますが、とにかく形が悪い人が多かったです。

画像作品の右側2点は上位作品ですが瓶の比率が合っていません。下位作品になるとさらにそれが顕著になります。

デッサンは筆記試験と異なり、目の前に答え(モチーフ)が置いてあります。

◇正確に写し取るにはどうすればいいのか? 

◇鉛筆でしっかり測っているつもりでもズレてしまうのはなぜか?

まず「姿勢」 ⇒ 姿勢が悪いと見るたびにモチーフの大きさや形が変化します。

続いて「腕」 ⇒ 鉛筆で測るときは真っ直ぐ伸ばして固定した状態で測ります。

そして「手」 ⇒ 地面に対して垂直になるように鉛筆を動かして測ります。

最後に「目」 ⇒ 形を測るときは両目ではなく、片目で見るようにします。左目と右目の間には距離があるため、左右で見え方が変わってきます。

片目で見るときは必ず利き目で見るようにしてください。

形の狂いが見られた人は次回から確実に修正していきましょう。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


2019年

2019年01月01日 | その他

明けましておめでとうございます。

元旦は気持ち良い晴天ですね。皆様にとっても素晴らしい2019年になりますように。

今年も宜しくお願いします。☆

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』