絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

ごきげんよう、さようなら

2018年10月17日 | その他

京都市立芸術大学のミュージカルグループG.M.Gの公演が来月11/3(土)と11/4(日)に行われます。

今回この公演の『演出』を担当しているのが当教室の卒業生Hさんです。他にも卒業生、講師ら2名が参加します。

教室としては前年に引き続き、スポンサーとして協力させてもらっています。

 

ごきげんようさようなら
11月3日(土)開演15:00

11月4日(日)開演13:00

京都市立芸術大学 講堂にて

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


生徒作品9点

2018年10月14日 | 児童画クラス

児童画クラスや一般絵画クラスなどの縦構図作品をまとめてアップします。

油絵、アクリル画、透明水彩、マジック、コピック、モザイクなど画材や材料も多種多様です。

大人が3名、中高校生2名、小学生4名の作品です。みんな上手ですね。

児童画クラスのレベルも高く最近はデッサンを選択する生徒も増えています。

次の作品も楽しみにしています。

 

 絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 『児童画クラス教室課題集』一般絵画/趣味制作クラス絵画作品集


難関美大を目指す理由

2018年10月12日 | 美大受験クラス

10月中旬。定期テスト期間中のため、美大受験クラスの授業は普段に比べゆっくり時間が流れています。

本日は難関美大を目指す理由について。

関西の難関美大といえば、「京芸」。関東の「藝大」、関西の「京芸」と言われるほど全国的に知名度の高い大学です。

関西から通学可能な国公立美術系大学は限られていて、大阪教育大学、京都工芸繊維大学、神戸大学など数えるほどしかありません。

その中で関西の頂点に君臨する京芸のレベルは群を抜いています。

京芸の良さ、魅力はどういうところにあるのか?

例えば私立美大に比べて学費が安い、就職率が良いところに惹かれる方も多いと思いますが、レベルの高い難関校を目指す本当の価値は、『人』だと思います。

上位校に行けば行くほど、熱心に勉強してきた人たちや、さらに高みを目指している人たちに出会えます。

環境は大学生活の中で大きな影響を受けるため、就職活動や社会に出た後も有利になる可能性が高いです。

(ただ難関美大だからといって全員が志望企業に内定できるわけではありません。また逆も然りで。結局は確率です。)

当教室で京芸などの難関美大を目指している生徒が多数在籍しています。

同じ志望校を目指す人数が多ければ多いほど、他の生徒の作品を見ることができ、多くのスキルを学ぶことも出来ます。

また京都芸大専科など専門コースを設け、描写・色彩・立体の充実した対策指導を徹底しています。⇨京都芸大合格再現作品

京都市立芸術大学を目指す方はアトリエ伊丹で学んでみませんか? 

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


平面構成が上手になるコツ

2018年10月09日 | 美大受験クラス

先日のブログに続き、平面構成が上手になるコツについて。

 ①絵具、紙パレットをケチらない。 

 ②水分量の調節 (アイスクリームの溶けかけのペースト状がベスト。)

 ③バケツの水は筆を洗う用、絵具と混ぜる用に分ける。(常にきれいな水を使う。)

 ④筆は高級なものを使用する。

意外と出来ていない人が多い①についてですが、とにかく絵具をケチってはいけません。パレットに多めに出し、ほとんど使用しなくて固まったとしても勿体無いと思わないこと。

また安価な絵具を使わない。安物の絵具というのは、溶剤で薄めているので発色が著しく低下します。

教室で販売している絵具の中で一番高価な色が、カドミウムレッドライト(950円/20ml)です。

カドミウムはアクリル絵具の中で最も鮮やかな発色を持っています。教室では定価500~950円のカドミウム系絵具を全て250円均一で販売しています。

(受験生だけでなく、1・2年生も是非手に取って使用してみてください。数量限定です。)

そして④についてですが、使いやすい筆は当然値段が高いです。

僕が愛用しているメーカーはラファエルレンブラントホルベインキャムロンプロなど。(他にアシーナなどトールペイント用の筆も使いやすいです。)

ほとんど1本1000~3000円しますが、教室では定価の半額で筆を販売しています。

上手な人ほど、物凄い上質な画材を使っているというのを覚えておいてください。 【弘法こそ筆を選ぶ】というのが真実です。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


「与えられたブリキ缶 、りんご、ロープを台紙に配置し、鉛筆で描写しなさい。」

2018年10月06日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)の国公立対策レッスン描写課題は「与えられたブリキ缶 、りんご、ロープを台紙に配置し、鉛筆で描写しなさい。」(4時間)です。

記憶に新しい昨年度の京都市立芸術大学の描写課題を出題しました。⇨『京芸過去問

ブリキ缶のサイズはかなり大きく、どのように画面に収めるのか。4mほどのロープの流れや結び目をどうするかなど構成力が重要なモチーフ群でした。

構成のバランスが悪かっただけで、マイナス50~100点は覚悟しないといけません。

今回は縦構図でも構いませんが、手が遅い人にとっては非常にリスクがあることは留意しておいた方がいいです。

『自分の力を最大限に発揮できるような組み方。要は1点でも多く取れる構成が大事なのです。』

それでは構成に型はあるのでしょうか?「合格作例と同じ構成にすればいいのか?」というと決してそうではありません。

求められているのは「あなただったらどうする?」という主体性です。

モチーフは受験当日まで何が出されるかわからないわけで、普段から観察力・考える力を養うことが大切です。

ですが構成のコツはあります。今回のモチーフで失敗しがちな悪い構成を例に挙げてみましょう。

(1)モチーフ3点が横並びになって奥行を感じられない。

(2)りんごやロープがブリキ缶に反射していない。(映り込みの描写ができない。)

(3)ブリキ缶の大きさ、ロープの長さがわからない切り方をしている。

(4)手前の位置に描きごたえのある「りんご」を配置していない。

構成が上手になるためには『なぜこの構成にしたのかを論理的に説明できる』というのが第一歩です。

普段の授業でも意識して制作しましょう。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


平面構成

2018年10月04日 | 美大受験クラス

美大受験クラスでは入会後の最初の授業で、この平面構成の課題を行います。(色彩構成=平面構成)

この課題で色相、濃度、彩度、補色など色彩に関する様々な基礎知識を学び、そして何枚か描いてるうちにある程度まとまった作品が出来るようになります。

しかしそこから難関美大に合格する優れた作品を描くにはさらなる工夫やコツが必要です。どうやったら色彩構成がうまくなるか?

①細かく手を入れるべき箇所を明確にする

②目立たせたいところは絵具を原色に近い色を使って彩度を上げる

③作品を白黒にしたとき明暗差が出るようにする

などポイントを絞りきれていない作品に関しては意識して精度を上げてみましょう。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・色彩作品集


美大受験クラス奮闘中!

2018年10月01日 | 美大受験クラス

こんにちは。台風一過、晴天の月曜日。

10月になりましたね。早いもので今年も後3ヶ月です。

センター試験の出願も始まり、今年度の国公立受験が近づいていることを実感します。

9月の美大受験クラスの入会は吹田市のMくん、伊丹市のTさん、Uくん、西宮市のAさん、川西市のNさん、Eくんの6名。

先日のブログにも書きましたが、現在定員の空きがほとんど無いため、今年度の受験コース(高校3年生・浪人生)の募集は締め切りました。

(今年度の入試直前講習会は、外部生募集を一切しませんので、予めご了承ください。)

現在、美大受験クラスの募集は中学生・高校1・2年生のみとなります。

なお高校2年生の募集ももうすぐ締め切る予定ですので、お早めにお申し込みください。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


霧吹き、ゴミ袋、スコップ

2018年09月28日 | 美大受験クラス

先日は浪人生対象のプライベートッスンを行いました。モチーフは「霧吹き、ゴミ袋、スコップ」

京芸を目指す浪人生はどのようなモチーフでもある程度描けるようになってきています。

ただ担当講師から言われたように「悪いところも少ないけど、良いところも少ない。」というのは僕も同意見です。

要は100点台は毎回取れるけど、200点を取れないデッサンであるということです。

上手な人との差は一体どこにあるのでしょうか?

今回の制作を後ろから見ていて、担当講師との途中経過に大きな差があることを感じました。

『明暗⇒描き込みの段階でしっかりポイントを押さえられているか』

濃度だけを意識して全体や細部を見れていない人、無駄な作業の多い描き方をしている人、動きが遅い人などまだまだ改善点があります。

課題を克服した人には200点超えが見えてきます。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


児童画クラス作品6点

2018年09月24日 | 児童画クラス

小学生の作品を6点まとめてアップします。

最近のブログは美大受験クラスの作品ばかりですが、児童画クラスの作品も力作揃いです。

(ちなみに小学生は高校生よりもはるかに人数が多いです。予約待ちの方すみません。)

左上から紹介します。Sちゃんのモザイク画は半年の制作期間をかけています。隙間もほんとどなく素晴らしい完成度です。

中央上はRくんのマーカー画です。最近はコピックを中心に制作しています。毎回確実に上手になっています。

右上はKちゃん、Aちゃんのゼリーキャンドルです。二人共可愛らしく作れていますね。

左下はAちゃんのオーブン陶土です。小皿や箸置きを作りました。素敵な絵柄ですね。実用できるところが良いですね。

中央下はAちゃんの色鉛筆画です。フクロウの表情をうまく捉えていますね。油絵や色鉛筆画を中心に制作しています。

右下はNちゃんのスティック棒立体です。細部までこだわったクオリティの高い作品ができましたね。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 『児童画クラス教室課題集』


「与えられたケント紙を用いて、ある動物を想像して、立体を構成しなさい。」

2018年09月20日 | 美大受験クラス

美大受験クラス(京都芸大コース)立体課題のテーマは「与えられたケント紙を用いて、ある動物を想像して、立体を構成しなさい。」

1980年度京都市立芸術大学の立体課題を出題しました。⇨『京芸過去問

(京芸過去問25年間「1994~2018年度」を公開中です。) 

今回の動物とは脊椎動物はもちろん、貝類、昆虫など幅広い生物を含んだ系統群を指します。

他の人と被らない動物をイメージするのも重要なポイントとなります。また与えられたのはケント紙のみなので、如何に工夫した作りであるかも求められています。

画像右側の浪人生Wさんの作品はコンセプトが明確だったのが特に良かったと思います。

作品に含ませるメッセージ性は根幹の部分でもあります。

コンセプトがしっかりしていないと、それだけで内容の薄い作品になってしまいます。

この調子で次の作品も期待していますよ。

➡『国公立対策レッスンのご案内』

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』 美大受験クラス・立体作品集


美大受験クラス 体験・入会に関するお知らせ

2018年09月16日 | 美大受験クラス

こんばんは。9月中旬は国公立対策レッスンが続いています。

今年度も後半に差し掛かり、受験生以外にも1・2年生の実技も伸びています。

以前からブログでもお伝えしておりますが、現在美大受験クラスは人数が非常に多く、全ての曜日の残席がほとんどない状況となっております。

申し訳ありませんが、来年度以降のことも考え、今後美大受験クラスの体験・入会は下記の対応とさせて頂きます。

(※なお満員となった場合は、2019年4月まで再募集は致しません。予めご了承ください。)

 

・中学生・高校1年生・高校2年生(国公立美大志望)⇒ 全ての曜日で体験・入会可能

・高校2年生(私立美大志望・志望校未定)⇒ 体験教室はどの曜日でも可。入会は火・木・日のみ

・高校3年生・浪人生 ⇒ 今年度は体験・入会ともに受付終了

 

体験後の入会について

※座席を確保できるのは体験当日までです。

入会連絡が後日の場合、希望の曜日・月回数の参加が出来なくなる場合があります。

また満員になった場合は2019年4月まで入会待ちとなります。入会希望の方はお早めにご検討ください。

 

他クラスの定員状況について 

現在他のクラスもほぼ満員で、予約待ちが殺到しております。

一般絵画・趣味制作クラスに関しましては、今後美大受験クラスの座席を増加するため、さらに縮小する予定です。

大変申し訳ありませんが、予めご了承下さい。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  


色彩コンクール結果発表

2018年09月14日 | 美大受験クラス

描写に続き色彩コンクールの結果を発表します。

今回のテーマは『夜』、時間は4時間です。

1位は高校3年生Wさん。描写圏外だったWさんですが、色彩コンクールでは見事トップになりました。物語性を感じる素敵な作品でした。おめでとう。

2位は浪人生Wさん。描写・色彩ともに上位となったWさん。迫力のある構図、色合いがとても良かったと思います。

3位は高校3年生Tさん。AO入試ですでに進学先を決めているTさん。他の作品にはない不思議さや驚きを感じる部分が評価されました。

4位は高校3年生Eさん。3位のTさん同様に進学先を決めているEさん。抜群のセンスで、クオリティーの高い作品でした。

5位は浪人生Kさん。描写1位だったKさん。2冠を狙いましたが、少し残念な結果となりました。配色を含め色の使い方は群を抜いていたと思います。

順位付けに迷った作品がもう1点あったので、紹介します。

6位は高校2年生Iさん。高校2年生でトップとなったのはIさん。丁寧さが際立つ作品で、将来を予感させます。

色彩コンクールの作品も教室の一つの壁に貼りきれなかったので、二つの壁に分けて掲示しています。(全体画像では割愛していますが、上位6作品は画像下段にアップしています。)

採点は多摩美術大学出身のK先生にお願いしました。(K先生はすいどーばた美術学院で2浪を経験している苦労人です。)

K先生が特に重視したのは物語性です。以前僕も言いましたが、『優れた作品でもテーマに合っていなければ高得点が付くことはありません。』

コンクールや模試の結果が受験に直結するとは限りませんが、ある程度の指標になることは確かです。

描写・色彩ともに上位に入らなかった浪人生、高校3年生(国公立美大志望)は猛省すること。

残り半年の過ごし方で将来が変わります。これからの時間の使い方が進路に大きく左右することを肝に銘じてください。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集

 


描写コンクール結果発表

2018年09月11日 | 美大受験クラス

8月に実施した描写コンクールの結果を発表したいと思います。

今回のモチーフは『OGEUミネラルウォーター、封筒、じゃがいも』時間は4時間です。

1位は浪人生Kさん。(画像左)構成・描写力、立体感、質感など全ての面で優れた作品でした。おめでとう。

2位は浪人生Mさん。(画像中央)構成はKさんとほぼ同じでしたが、床がずれているのが若干マイナスとなりましたが、1位との差はほとんど無かったと思います。

3位は浪人生Wさん。(画像右)魅力的な構成には好感が持てます。ただ全体的に小さいのと、ミネラルウオーターの形に狂いが見られたのは勿体無かったです。

4位は高校2年生Tさん。2年生の中で唯一週3回コースで参加しているTさん。日々の努力が結果に繋がったと思います。来年度はさらに上位を目指してね。

5位は高校3年生Sさん。3年生の中でトップになりましたが、下級生に負けたのは残念。今後はさらに丁寧さを心がけて制作してほしいです。

本来コンクールは上位5位までしか発表しませんが、順位付けに迷った作品がもう1点あったので、紹介します。

6位は高校2年生Aさん。丁寧なデッサンが魅力のAさんの課題は、客観的に自分の作品に向き合うことです。立体感・質感・空気感、そして迫力。離れて見れば気づくことも多いはず。

今年度の描写・色彩コンクールは教室の壁に貼りきれないほどの人数が参加しました。

昨年と同様京都芸大4回生のK先生に採点をお願いしました。

上位に入れなかった人は、自分の作品に何が足りなかったのか?を考えることが大切です。

やらなければいけないことが発見できれば、コンクールに参加した意義はあったと思います。(色彩コンクールの結果は後日発表します。)

AO入試で合格した人を除き、皆さん受験本番に向けて頑張りましょう。 本当の勝負はこれからです。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集


立体作品

2018年09月06日 | 美大受験クラス

こんにちは。先日は台風21号が凄まじい勢いで近畿地方を縦断しました。

伊丹市近郊は停電などの被害が出て現在も一部の地域で復旧中です。皆様はご無事でしたか?

絵画教室は4日(火)を休講にし、翌日から通常授業が始まっています。

今月制作した受験生の立体作品をアップします。

最近は新しい材料を取り入れて制作していますが、どちらも完成度の高い作品に仕上がっていると思います。

立体科目の今後の課題は『テーマや材料の適応力』です。

実技レベルの高い浪人生でも具体的なテーマ時の作り込みが甘かったり、材料を上手く使いこなしていない場面が多々見られます。

課題克服に向けてこれからさらに対策を練って問題作成・指導にあたります。僕の想像を超える作品に期待しています。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』


台風21号接近に伴うお知らせ

2018年09月03日 | その他

こんばんは。明日の授業のお知らせです。

現在、台風21号が接近しており、明日4日(火)の午後に近畿地方に上陸する恐れがあります。

4日(火)の授業ですが、先ほど伊丹ショッピングデパートが臨時休業を決定しましたので、絵画教室も休講とさせて頂きます。

代替日は10月30日(火)の5週目となります。(※他の曜日に振替も可能です。)

宜しくお願いします。

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』