ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」

2010年05月01日 | 映画
 はいはい、初日の朝っぱらから(9:35分上映)見て参りました。「ゼブラーマン-ゼブラシティの逆襲-」


 これ、タイトル間違ってない?「ゼブラクィーン」じゃない?仲里依紗のプロモーション・フィルムでしょう~。里依紗さんはかっこよかったです。私はオジ好きなので、若い女の子は全然興味ないんですけど、この方は、「ハチワンダイバー」から注目しています。「任侠ヘルパー」は見ていなかったけど、時々見ていた「神の雫」はまぁ、らしい役とはいえよかったし、なんと言っても先日見た「時をかける少女」は里依紗さんだからこそ2000年代の映画になったわけで、今回のゼブラ・クィーンもさすがでございました。

 でもさぁ、里依紗ちゃんの片割れがショボイおやじで、吸収合併されちゃったあとは、里依紗ちゃんが跡形もなく消えちゃっていいわけ?縞はどうした。だいたい、涙が出るなんて脚本が破綻しているじゃないのよ。

 いえ、あたくし、哀川翔は好きですよ。ああいう腰が低くて軽いのに凄味があるおじさんて、昔はときどきいましたよ。ミックもそうなんですけど、お客様に腰が低くて、権威がなさそうにしている人ほど怖いのよ、ホントは。

 6年前の「ゼブラーマン」だってよかったですよ。哀川翔はかっこよかったし、京香さんも美しかったし、見終わって(意外にSFなんだ)と感心しました。


 でも今回はダメじゃん。全然笑えないし。というか、前回の気の抜け加減は割とよかったんだけど、今回は抜けているというより、はずしまくりでしょう。クドカンの脚本がダメなんじゃないですか?私、クドカン、合わないのかな?「真夜中の弥次さん喜多さん」なんか15分も見ていられませんでしたからねぇ。「木更津キャッツアイ」とか「タイガー&ドラゴン」はあざといとはいえ、まぁおもしろかったし、「ピンポン」や前回の「ゼブラーマン」もよかったんですけどねー。クドカン色が出過ぎると、私にはダメなのかも。

 同じ三池監督の「ヤッターマン」のギャグとどう違うんだ、と聞かれると、難しいけど、「ヤッターマン」は最初の「ゼブラーマン」と同じような感じで力が抜けていて、よかったですよ。「ヤッターマン」はちょっと長すぎたけど。
 
 今回は前回に比べて、お金がかかっている感じだったけど、金かければいいものができるってわけじゃないですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 「科学と神秘のあいだ」 | トップ | 84歳の日本語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事

3 トラックバック

『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』 (東洋亭パーツ館新本店)
 初日1回めを見てきた。 映画の初日1回めに行ったのは、たぶん25年ぶりくらいだ。『スターウォーズ』4~6とか、『84ゴジラ』とか、劇場...
『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』は時計じかけ? (映画のブログ)
 東京ドームシティで行われた完成披露試写会は、主要スタッフ・キャストのみならず、ゼブラポリスとゼブラミニスカポリスまでもが白黒のス...
『ゼブラーマン2 ゼブラシティの逆襲』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
一人の人間の心の中には、善と悪が混在している。本当の敵は他者ではなく自分だと言う、大人的テーマを描きながらも、少年のような大人の遊びゴコロ満載のお薦め作品。