ダイビングと生き物の写真ブログ3~魚・鳥・花・蝶・トンボなどなど

ダイビングの海の写真、動物・鳥・魚・昆虫などの生き物、自然風景の写真、これらを中心に気ままにブログを書きます。

ごあいさつ/使用機材/撮影地

野鳥・昆虫・ダイビングの水中写真の3本柱でブログをしています。基本的に、美しい生き物を綺麗に撮りたいと思っています。
大阪近辺で長い天体望遠鏡レンズ(BORG77ED2/71FL)に迷彩テープを貼っている若手がいたらきっと自分です。 最近はOLYMPUS M.ZD300mmF4で撮ることが多いですが・・・。
鳥の数は数えていないので何種類撮ってるかわ分かりませんがたくさん撮っています^^ 数を数えることよりも好みの野鳥をじっくり撮ることに重きをおいています。 近所で見かけたらよろしくお願いします。
カメラ;OLYMPUS E-5(水中用) / OM-D E-M1 MarkⅡ(メイン機) / OM-D EM-5(サブ機)
レンズ;BORG77ED2 510mm(F6.7) / BORG71FL 300mm(F4.2) / ZD50mm Macro(F2.8) / OLYMPUS M.ZD300mm(F4) / M.ZD60mm Macro(F2.8) / M.ZD75mm(F1.8)

撮影地は近場では大阪の北摂の公園・大阪城・淀川河川敷・巨椋干拓地など。
定期的な遠征地は沖縄本島・石垣島・西表島・宮古島・北海道・柏島・舳倉島・台湾など。

このサイトの全ての写真・文章の著作権は個人に帰属しています。
商業利用やブログその他での転用をご希望の際はメールにてご連絡をよろしくお願い致します。

ベニヒカゲの楽園で

2022-09-23 21:00:00 | 昆虫

お盆休みに撮った湯ノ丸高原のベニヒカゲです。
スキー場のゲレンデはベニヒカゲの楽園でした。






















ベニヒカゲ
現地に着くと高校生ぐらいの少年が一人ベニヒカゲを夢中で撮っていました。
8月蝶のベニヒカゲは歩くと草むらから次々に飛び出して来ます。
アザミでの吸蜜を一通り撮って少年に声をかけました。
親は蝶に興味がないが自分をここまで車で連れて来てくれたことや、
いつどこで何が撮れたなどひとしきり話をしました。
少年には秘密のポイントをいくつか教えてあげて両親に感謝するように伝えて別れました。

少年が帰ったあと小学高学年ぐらいの女の子が両親とやってきました。
女の子は虫網を持ってベニヒカゲ!ベニヒカゲ!と叫びながら夢中で捕まえていました。
「夢にまで見たベニヒカゲがいっぱいいる!」
「こんなたくさんのベニヒカゲ!人生で一番嬉しい!」
と彼女は両親に何度も何度も感動を伝えながらベニヒカゲをGETしていました。
ベニヒカゲで感動する女の子の心はとても純粋で両親の育て方もきっと素晴らしいんだろうなと思いました。

ベニヒカゲは本当に無数にいていくらでも撮れます。
ここは本当にベニヒカゲの楽園でした。
いつまでも、いつまでもベニヒカゲの楽園であってほしいと思います。





おまけショット


ミヤマカラスシジミ
時期的に少し遅くボロばかりでした。
この蝶も富士山麓ぐらいでした確実に見られる場所はないと思います。
翅を開かない蝶ですが艶のある綺麗な蝶でした。







フォトチャンネルです。






















いつもご覧いただきありがとうございます。