なまず++の徘徊日記 Ⅲ(自然と野鳥gooブログ版)

キノコ、粘菌(変形菌)、花、蝶、トンボなどと野鳥写真のブログです。

タシギなど・・・

2018-02-23 22:33:55 | 野鳥

ゴロゴロしすぎて太りそうなんで、服部霊園の池にタシギを撮りに行きました。午後3時頃から動くことが多いってきいたもんじゃけん そのちょっと前に行ったら、「さっきまで出てたで~ 今日は、動くのが早いわ。」じゃって・・・。

と言う事でタシギです。










ヒヨドリ 枯れ木も山の賑わい言いますから・・・


バン


※ EOS7DMark2  300mmF2.8 ×1.4テレコン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた海辺に・・・ 2/20ぶん

2018-02-22 08:58:10 | 野鳥

またまた海を見に行って来ました。 気分的には、時速400キロくらいじゃったかな・・・ ポンコツ車でボロロンロン。

と言う事でハシボソカラスです。ここは、ハシブトガラスがおらんね。 あっそう!


ガァ~ ガァ~ カラスは、かわええよね。 ほんとけ?


今日は、潮が引いてて先日より更に遠くのミヤコドリ 海じゃけん見た感じより遠くて・・・たぶん200m以上先 最近のカメラってすごいよね。 アホでもそっちゃに向けてシャッター押したら何か判る程度には写ります。オテアライサンチノカメラ しゅごい! お手洗い言うな~! はいはい 特に何もせんでも腹が減るな・・・


スズガモもおるで~


♀ こないだの

ミヤコドリも飛んだ。 シャッターがちょっと遅かった。


ハシビロガモ 残りもん


海は広いな大きいな! こっちゃの海は、瀬戸内側より見かけがきれいじゃね。 i-pad画像 パノラマ合成してもweb保存しなければGPSデかーターが残ってるね。ん?


昨日の一品 肉野菜炒め 豚肩ロースの中華風 趣味で遊びの料理。
これは、オリンパス TG-5で撮影


※ EOS7DMark2  500mmF4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撃沈・・・ 2/18ぶん

2018-02-19 17:11:08 | 野鳥

カモ見に行ったんですが・・・ 久しぶりに撃沈でした。 釣りで言えば、いわゆるボーズです。目的の魚が釣れなかった事じゃけどね。 まあ そのようなもんです。 そこにおったものを撮って時間つぶし・・・ 風もあって、どえりゃぁ~寒くて疲れただけじゃった。

急いで三重の海に行く途中の信楽?は、うっすら雪景色。 i-padのカメラ


ウミアイサが近かった。






セグロカモメ


スズガモ


オカヨシガモ


マガモ


遠くのミヤコドリ  googleマップ上でおおざっぱに距離見たら150mくらい先っぽい。


大トリミングしてみたら、何か判るね。


これは近めの・・・100mくらい?


ハヤブサ これがおったからミヤコドリがどっか行ってたんじゃね。


一見かっこよさげじゃが・・・


実は、屁たれ 若鳥じゃけん仕方ない・・・


カラスのお勉強せんとあかんから・・・ ハシボソガラス これじゃね。


ホオジロガモ


ホオジロガモ♀


ヒドリガモ


ホシハジロ


似たようなのがようけおるけどね。


貝掘りが入ったら全部飛んでしまった。


※ EOS7DMark2 500mmF4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムネアカタヒバリなど

2018-02-17 11:55:54 | 野鳥

冬の干拓地の鳥です。

と言う事でムネアカタヒバリです。まだ胸の赤味が薄いアルね。






セッカ


大トリミングしてみたら・・・


オオジュリンにしとこかな・・・ バフ色の翼帯が2本あるような無いような・・・ 嘴のあたりも解像度が悪いんでようわからんね。 まあ 食ったら大してかわらんじゃろから・・・ ←ええかげんなやっちゃ! 


只のヒバリ


ジョウビタキ♂


カワラヒワ


※ EOS7DMark2  500mmF4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカツクシガモなど  2/14ぶん

2018-02-16 07:41:45 | 野鳥

アカツクシガモが6羽居ました。今まで見たのは、いつも1羽だけじゃったけどね。たくさん居たほうがええね。ついでじゃけどそんなに機会が有る訳じゃ無いから撮れるときに撮っとけじゃね。もちっと寄れたら良かったが。首を上げて警戒モードにならない距離で我慢。

と言う事で6羽


たまに伸びてみたり




ストレッチやってみたり






首に黒い輪っかが有るのは♂




マナヅル ぼちぼち北帰かな・・・


羽繕い後まったりとネコ耳・・・ 耳が立ってないとトラフズクっぽくないよね。


※ EOS7DMark2 500mmF4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モルゲッソヨ・ハヤブサ 2/14ぶん

2018-02-15 23:27:26 | 野鳥

ツンドラハヤブサ (F.p.tundrius 亜種ツンドラハヤブサ)らしいのがおるっつう事で見に行ってそれらしいっつうのを撮ったのですが・・・むかし薩摩川内でおったツンドラハヤブサがシベリアハヤブサじゃなかろうかと言うような事があったんで調べて見たら今回もちょっと怪しい? 背中の色が浅くて眉斑が有るようなことを書いた図鑑もあるし・・・ でも眉斑は、幼鳥にあるとか   判らんね。 ツンドラハヤブサの写真って無いけどね。これっつう画像が無いんよね。 じゃけん保留っつうことで・・・ 流行言葉で言うとモルゲッソヨじゃけんモルゲッソヨハヤブサでどうじゃろか?
どっかのおっさんがぁ~ 海に向かってモルゲッソヨ~ おらもつられてモルゲッソヨ~! ブルブルッ おい! じいさん! そんな意味ちゃうやろ! はいはい

と言う事でハヤブサ  のど元に細かい縦斑が無くて、胸に広く横斑がない 腹に薄茶のいろがついてるのがシベリアっぽいが・・・ 個体差の範囲? まあ おらの手に負えそうな事じゃ無いから、よう知った人がこれって言うまで保留じゃね。逃げたか・・・


腹と下尾筒の横斑が細い。。。  う~ん? どうじやろ?


最初こんな感じでめっけたけどね。 一瞬クマモンの国じゃけんクマモンが出たのかと思ったわ  ほんとけ? 一緒に行った人が・・・背中が青灰色で黒い頭とコントラストが・・・  う~ん?  光と解像度がね~今一じゃが この辺がモルゲッソヨ!









BIRDERのハヤブサ特集などにらめっこするように見てみましたが・・・
ツンドラハヤブサ 北アメリカ方面のツンドラで営巣 夏は、アメリカにおるとか・・・ 
足とか下尾筒などの横斑がかなり細く、そうかもしれないなぁ~と思えるけれど、調べても今のところこれじゃ間違い無いっつう画像が見つからない。


※ EOS7DMark2 500mmF4

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普通の鳥  

2018-02-11 18:39:14 | 野鳥

こないだからの残り物と言えば聞こえが悪いんじゃけどね。 最近は、普通すぎる鳥もじっくり見てみようと思って、結構まじめに撮ってたりするんよね。 
仏ぶつと 呆け老人がつぶやく 古都の寒空 (虚ん詩) お~文学的じゃぁ~! 教養がにじみ出してるで~! どこにぃ~?

と言う事でハシビロガモ。 口の中の歯ブラシの毛みたいなのが撮りたかったが・・・ 上手いこといかんかった。 これって食ったら涙が出るくらい不味いって聞いた事があるんよね。 


カイツブリ まだ冬羽根


現地で見てて茶色っぽいんでキンクロハジロの♀と思って撮って・・・ 帰って画像見直して見てたら・・・ あれ? キンクロハジロの♀ってこんなんじゃったかな??? ♀の雄化個体? 胸が黒いし・・・なら ♀じゃなくて・・・ 上尾筒アタリを見ると若♂か? まぎらわしいやっちゃな。 おい! ジイサン呆けてきた? そうもないと思うけど・・・ 見直すと目に新鮮じゃね。


♂のキンクロハジロ


オオバン 何じゃオオバンかっつうてこれも撮らないよね。


ハクセキレイ 過眼線が無ければとか思ってしまうが・・・ これはこれでええよね。


セグロセキレイでええかな・・・ 極東限定で世界的には、少ない種類らしいが・・・キレンジャクより珍種。


ただのツグミ 現地だと老眼でよく見えないからこういうのも撮って観察しないとね。 結構ええ感じ・・・ わしは、なぜツグミなんじゃろ?とか思ってるのかな・・・


※ EOS7DMark2 300mmF2.8×1.4と×2テレコン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラスも難しい・・・  2/11

2018-02-11 07:57:31 | 野鳥

2/9日の部分白化カラス・・・ ハシブトガラスではと言う意見もあります。野鳥の会の方?のブログでは、ハシブトガラスになっていました。 おらの場合、正直カラスなんて、まともに調べてなかったし思い込みもあったかも知れないね。 ぱっと見てハシボソガラスと思った訳なんじゃけどね。 鳥にキノコに虫に植物にとあっちゃこっちゃ首突っ込むけれど深く勉強するタイプじゃ無いし・・・ カモなんかは、えろうややこしい思ったけれどカラスよおまえもかぁ~!っつう感じなんで一回勉強してみようと思っています。

問題のカラスこれね。 おみゃぁ~は、誰じゃ?


これあたりは、ハシボソガラスに比べて額がちょっとせり上がって見えます。クチバシが短く見えて幅もやや太いか・・・ 典型的なハシブトガラスほどいかつくもない。ハシブトガラスも若いとこんな感じのかも知れないね。 ハシブトガラス風味?



ハシブトガラス クチバシは大きく上部が大きく湾曲して先端が下に曲がる。額はせり上がって見える。 鳴き声は、カーカー 色んな鳴き方があるが・・・  撮り方によっても感じが違うけれど写真は、これだけしか無かったりして・・・ 地域や年齢によって違いがあるかも知れません。ええ機会じゃけん調べて見ないと・・・


自分の思っていたハシブトガラスのイメージは、これ。 これじゃないね。


ハシボソガラス  そう思って撮ったけど・・・ 額はせり上がってない。クチバシの上部は大きく湾曲していない。 先端も下を向いて曲がってない。鳴き声は、一般的にはガァーガァー 問題のカラスとちょっと違うようにも見えます。
 

額がせりあがって無くてぺったんこじゃね。


これは、宮古島とか?南西諸島におるオサハシブトガラス 伊丹におるはず無いけれど見た感じ感じはこれに近いような・・・ 上クチバシも大きく湾曲してなくていかつくないもんね。


撮る向き次第で額は、せり上がって見えないし・・・


リュウキュウハシブトガラスじゃと思うのはこんな感じ これもいかついね。


ミヤマカラス これはクチバシが違い過ぎる。


ワタリガラス まあ大きさも居住域(日本では北海道)もクチバシも違い過ぎ・・・


ハシブトとハシボソの交雑は無いと言うから・・・よう判らんけれど、後は年齢的なもの幼鳥とか若鳥とか成鳥とか撮り方でも感じが違って見えるのかも知れませんね。 まあ カラスってじっくり観察したり写真に撮ったりしてませんでしたんで比較サンプルも少ないし・・・ せっせとカラス集めして勉強してみます。がんばってお勉強したら知的レベルが1ポイントくらい上がるかなぁ~? カラス「知るか!」

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミコアイサ  2/9ぶん

2018-02-10 13:31:42 | 野鳥

カラスのついでのミコアイサです。 昆陽池のミコアイサは、例年距離が遠いことが多いんじゃけど、今年はえろう近くに寄ってきてくれました。 今が旬じゃね~! そうなん? はいはい

と言う事でミコアイサです。 こいつも白色になるもんでいい目で見られるから得してるよね。まあ ミコアイサにとっては、人間につきまとわれてうっとおしいだけかも知れないが・・・


歯がするどいね。















カンムリカイツブリがおった。


※ EOS7DMark2  300mmF2.8×2テレコン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハシボソガラス部分白化個体 2/9

2018-02-09 22:07:00 | 野鳥

ホシムクドリみたいな模様のカラスがおるっつうんで、暇つぶしに見に行きました。 まあ 普通なら見に行かないけれど、何となく気が向いたりして・・・ 昨日は、東の隣県に今日は、西の隣県に・・・ 高速乗らなくてもええし・・・ 駐車は、500円じゃったし・・・ 

※ このカラス ハシブトガラスではと言う意見もあります。 じゃけんタイトルが間違ってる可能性もあります。 自分的には、ぱっと見の印象でハシボソガラスと思ったのですが・・・ ハシブトは、カーカーと澄んだ声で鳴いて、ハシボソは、ガァー ガァーと濁った声で鳴くんじゃけれど鳴き声の確認出来てないし・・・ 撮影の向きやカラスの年齢やらで感じも違うのかも知れません。気分的にありふれすぎてるカラスって実際よく勉強してませんので、も一回勉強し直してみます。 ※ 

と言う事で昆陽池の変な模様のカラスです。種別的には、凸チンがなだらかでクチバシも湾曲が少なく細いし体型も大きさもハシボソガラスじゃろね。クチバシでも赤けりゃ驚きじゃがそうはいかんね。左側 ハシボソガラス
















※ EOS7DMark2 300mmF2.8×2テレコン

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加