雨の日も風の日も ららる~♪

気ままな毎日を綴ります。

おニュー

2018-09-30 | 今日のローラ

雨が降っても楽しいお散歩。

タータンチェックのおニューです。

前のピンクはピチピチだった。


台風が来ないうちに行ってきま~す♪
コメント

階段

2018-09-28 | 家族

昨日、妹から「お姉ちゃん懐かしいでしょう」と、新聞記事「神戸は階段の町」を送ってきた。

それは、以前住んでいたところにあった階段だった。
階段を下りるとお隣の区で、
下りたところに、実家に行くバス停があった。
まだ小さかった長男と次男の手を繋いで階段を下りた。
その頃は車の免許もなかった。暑い時も寒い時も。

急こう配のきつい階段で、記事には249段とあった。
両親に会いたい一心で、今思えば幼い子供には相当きつかったと思う。

もう一つバスを乗り継いで実家に着く。
1時間以上かかって着いたバス停では、「よう来たなあ」といつも父が待っていてくれた。

帰りは、遊び疲れてバスの中で眠ってしまった二人を起こした。
次男をおんぶ、長男はお兄ちゃんなんだから歩いてねと歩かせた。
眠い目をこすりながら、長男は一生懸命階段を上った。
2つ違いの長男も抱っこしてやりたかった。

階段の写真を見たら、その頃が蘇って懐かしさに涙が溢れた。
父と母に会いたい・・・。
とっくに亡くなった二人の年齢を越えてしまった。
こんないい年齢になっても、父母が懐かしい。

昨日は、父の月命日だった。
来年、両親の三十三回忌をします。

コメント (4)

まだまだです

2018-09-26 | リコーダー

先日の交流会は、いい刺激になった。
7つのグループが出演。それぞれグループの特徴があって楽しめた。
感心したのは、どのグループもほんとうに上達していたこと。
みんな聞かせてくれました。

 素晴らしい!! ブラボー♪

お久しぶり~元気だった?
ここは1年に一度の同窓会。

去年は楽しく演奏が出来て、満足感があったのに。
今回の演奏は不出来で残念な演奏だった。
まず選曲が無難な曲だった。
正直なところコンサートに気持ちが行っていたのは否めない。
初お披露目の「グリーンスリーブス」の出来栄えがいまひとつだったのが残念。
唯一「パフ」が気持ちよく吹けた。
やはりよく練習した曲だから違う。生き生きと吹けた。

終了後、「会場が寒かったねえ~」とみんなで温かいおぜんざいを食べた。

合宿がんばろうね~♪










コメント (2)

ご招待

2018-09-25 | 家族
先日結婚式を終えた三男夫婦に招待されて、食事に行ってきました。
食事の後、二人の新居に。

三男が壁紙を張り棚を作り、トイレもリフォームしたらしい。
二人で手を入れておしゃれな空間にしていました。
家にいるときは何にもしなかったのにねえ(笑)。
やはり、器用な夫の息子だったのね。

いろいろありがとうございました。
これからもよろしくお願しますと改まって三男が言ってくれました。
結婚して優しくなりましたね。
家を出て随分大人になったように思います。

家を探しているというので、モデルハウスを4人で見てきました。
対面キッチンがいいのアイランドがいいのと楽しそうな二人。
夫のアドバイスが欲しいと来週の約束もしていました。
母も行く~。

二人仲良くね。
嬉しい幸せな時間でした。


コメント (6)

旅情

2018-09-22 | 映画・ライブ

NHKBSで「旅情」を見た。
1955年制作で、60年も前のもの。でも少しも古さを感じません。
ずいぶん前に見たこの映画、「心に残るラストシーンベスト10」に入ります。

主演のキャサリン・ヘップバーンは47歳で、38歳を演じています。
今なら無理に38歳にすることはありません。47歳そのままでいい。
落ち着いていて大人の女性の魅力たっぷりです。

お金を貯めて憧れのベニスにやって来たアメリカ嬢。
運河に面した眺めのいい部屋。
自立していますが、恋には不案内。
ひとり旅に、大きなスーツケースを3個も持って。
当時は旅行もワンピースにハイヒールなんですね。
ポニーテールに洋服に合わせたリボン。
毎日着替えるファッションにも思わず注目♪


夢と違って一人ぼっちで淋しく町を散策。
声をかけるのは物売りの男の子だけ・・・。

ふとしたことで、伊男性から声をかかられ恋に落ちる。
そう。声をかけたのは、サンマルコ広場のカフェで、後ろで新聞を広げている男性です。
小さなひなびた島に渡って夢のような二人の時間を過ごす。

運河にゴンドラ。サンマルコ広場に飛び立つ鳩。
入り組んだ路地裏。鳴り響く鐘の音。
彫刻を施した建物。石畳の古い町並み。
こんなに舞台が揃っていたら誰でも恋に落ちます。

彼に別居中の妻がいることが分かり、きっぱりと別れを告げる。
この思い出があれば生きて行ける。
出会いと別れ。
ラストシーンが素敵です。

ひと夏のロマンチックな物語。
美しいベニスもたっぷり楽しめました。











コメント