goo

里山もみじとマカロン

今月は仕事に追われ山歩きもままならない状態でした。
朝の散歩で2ヶ月ぶりに里山へ登ってきました。
里のもみじも色づき始め見ごろ迎えてきたようです。

里山の山頂付近のみかん畑も収穫が終わりメジロやヒヨドリが
摘果されたみかんを喜んでさえずりながら、ついばんでいます。
朝露がまだ残るみかん畑で腰を下ろし、お茶で一服してきました。


朝から豪華なお茶の子でした♪ジャン=ポール・エヴァンのマカロンです。


小粒ながら一度食べたらショコラの虜になるといわれるやさしい風味と食感でした。


ごちそうさまでした♪
次回は、ホットココアで雪見がしたいところです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

街路樹の紅葉

1泊2日のドック入りでパソコンが復活して帰ってきました。
元気が出るようにメモリーを増設してあげました。
バックアップできていなかったデータもありましたが
とにかく、良かった・・・。

先週末、母の介助で病院の待合室から見た街路樹、午後からの雨で色づいた葉っぱがいっせいに舞い始めたようです。
山の紅葉も終盤、里山の紅葉を探しに行きたいところです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ダリヤ

ハリーの散歩で、犬好きのじい様といつもの談笑を交わす。
「こんにちはキクが咲いてきたですね、桃色は珍しかですね」
「こらね、キクばってん、ダリヤたい」、、ん!?相槌を打ちました。
じい様のお庭は手入れが行き届き、枯葉一枚散っていません。
自慢のお庭にはキクが見ごろ、盆栽も見事な鉢が並んでいます。

「あんたも暇なら、盆栽ばせんね~。」

「そんうち、教えてください、勉強になりました。」
ダリヤはキクの仲間といことでした。

庭木いじりもおもしろいと思いますが、暇があれば山歩きとごろ寝で、
我が家の庭木は密林化しているところです。

急に寒くなり、晩秋も深まり初冬へ移り変わろうとしています。
インフルエンザにご用心です。
風呂に浸かり、温もって、はよ寝るべかなです。
うがい、手洗い、早寝、早起き、朝ごはんです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

霧島お池めぐり散策

秋のバスハイクで、えびの高原霧島火口湖池めぐりの引率、毎年、後輩たちが企画してくれて、最近はお客さん状態での参加となっています。えびの高原バスターミナルを基点に高低差が少ない池めぐりコースなので幼児からOBまで幅広い年齢層のみなさん50名ほど参加していただきました。


自然林の木立の中、落ち葉をサクサク踏んで


私も7、8年ぶりの霧島歩き、先頭から遥か遅れ、しんがりでアカマツ林と自然林の中をゆっくり歩いてきました。


しっとり落ち葉の黄葉、綺麗でしたね♪


アカマツ林と六観池、アカマツには松茸が自生するといいますが果たして?


二湖パノラマ展望台から白紫池、一息入れてお池の様子をゆっくり眺めました。


白鳥山1363m展望台より韓国岳の眺望、山頂は霞んでました。


ガレ場から白鳥山まで登りあがり、六観池を見下ろす北端展望台でお昼、いつもは帰路の車の運転があるのでアルコールはご法度でしたが、今日は缶ビールで乾杯、しかし、僅かなアルコール量で、ほろ酔いでした~。


巨木スギ、大スギを過ぎて六観池展望台へ、撮影スポットは多くのカメラマンがシャッターチャンスを窺っていましたのでスルーパスです。


翳りだした空から木漏れ日が自然林に降り注ぎ、気持ちよい湖畔散策路が現れました。気持ちよいトレールです。


甑岳の分岐点より不動池


車道に出ると先ほどまで霞んで見えていた韓国岳が見えだし、次に訪れる際は、霧島縦走大浪池を歩きたいと思ったところでした。


あとはとぼとぼ遊歩道からバスターミナルへ、下山後、ひとまず足湯に浸かり、温泉で汗を流して帰路に着きました。
帰りの車中では山の談義やらで男芸者!?の面々たちの活躍で大賑わい、私は日頃の不摂生と程よい疲れでカラオケの歌が子守唄となり、夢の中、怪我もなく、ゆっくりのんびり楽しい霧島池めぐりハイクでした。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )