遊山徒然日記

山歩きのスナップ写真など気まぐれを綴っています。

NIKKOR 24mm 1:2.8

2009年09月29日 | about

NIKKOR 24mm 1:2.8

NIKKOR 24mm 1;2.8
25年ほど前!?、ニコンFEを使っていたときのレンズです。
ボディもレンズも本棚の隅で埃をかぶり鎮座していました。
今年からデジタル一眼をはじめたばかりですが、遊んでみたいと思っています。

このレンズは、D40に装着すると露出計が表示されないようです。
晴天のお散歩で、使ってみたいと考えています、果たして旨く撮れるかな・・・。

コメント

お彼岸のおはぎ

2009年09月27日 | 

ぼたもち

嫁の実家よりお彼岸のぼたもちが届いた。

秋の彼岸の頃食べるのがおはぎ
春のお彼岸は、ぼたもち、秋はハギの花が咲くので、おはぎかなと、
小豆で作った餡がぼたもち、さらし餡がおはぎ、、などなど・・・。

ともあれ、甘党のわたしは、おいしくいただきます。

コメント (2)

彼岸花

2009年09月27日 | 彼岸花

彼岸花

午後から天気は下り坂のようです。
見納めとなる彼岸花かな
今朝の散歩にて

コメント (2)

オオイヌタデの赤と白

2009年09月26日 | 雑草

オオイヌタデ
オオイヌタデ(タデ科)
赤色と白色のオオイヌタデが仲良く並んでいました。
散歩の道端で見つけていたイヌタデを調べてみたら、オオケタデ(タデ科)1年草でした。
外来種で観賞用に栽培されたものが、空き地や荒地などで野生化したようです。
高さも1.5mになり、そして全体に毛が密生しています。
写真が楽しくなるよう、草花の辞典を本屋さんへ探しに行きます。

コメント

イヌタデ

2009年09月26日 | 雑草

イヌタデ

朝の散歩で、見つけていたイヌタデが実ってきました。
やがて、スズメや野鳥の餌になるのでしょう。
しばらく観察して見ますか。
イヌタデと思っていたら、オオケタデ(タデ科)1年草でした。
外来種で観賞用に栽培されたものが、空き地や荒地などで野生化したようです。
高さも1.5mになり、そして全体に毛が密生しています。・・・訂正です。

コメント

蕎麦の花

2009年09月23日 | 

ソバノハナ
蕎麦の花
山歩きの帰りに思いがけない場所で、蕎麦の畑を見つけた。

ソバノハナ
白い蕎麦の花には、蝶が蜜を集めていました。

ソバノハナ
花が終わると赤く染まり、三角錘の蕎麦の実が膨らむ
今度は、その頃また会いましょう・・・。

コメント

ヒガンバナ

2009年09月23日 | 彼岸花

ヒガンバナ
ヒガンバナ

ヒガンバナ
田んぼのイネも色づきヒガンバナの紅色が鮮やかでした。

コメント

初秋の三俣山

2009年09月23日 | 三俣山

9月22日、昨日までは秋晴れでしたが今日は生憎、曇天の山歩きとなりました。
空模様が気になりますが大曲より硫黄山鉱山道路を辿りスガモリ越しから三俣山へ
三俣山西峰より大船山、名残のアキノキリンソウが迎えてくれました。


リンドウのツボミがいたるところに、うっかり踏み潰しそうでした。


ツボミが開いたリンドウには蜜集めの蜂が飛び回っています。


フクオウソウ
朝夕の冷え込みで葉色が増して、しっとりといい感じです。


三俣山北峰稜線と由布岳遠望


大鍋へ至る北峰鞍部の斜面の様子


北斜面の岩場のドウダンは色づき始めているようです。


岩峰の彩り


三俣山南峰より坊ガツルと大船山


法華院温泉山荘と立中山


白口岳と鉾立峠の様子


三俣山南峰


南峰のアキノキリンソウ
山頂付近の山火事のあと、少しずつ山の自然は回復、再生しています。


ススキの穂波も綺麗でした。


南峰で寛ぎ、ススキと笹の原を辿り第四峰へ向かい下山


黄葉、イタドリでしょうか綺麗な色づきです。


下山途中の硫黄山鉱山道で見つけた白花のイタドリ
緑の葉が少しずつ黄色へ移り変わっています。
これから秋深まるくじゅう連山、ゆっくりまた、何処かへ出かけましょう。
コメント (2)

胡蝶蘭

2009年09月21日 | 

胡蝶蘭
胡蝶蘭

胡蝶蘭
敬老の日のお祝いに

コメント

ヒガンバナ

2009年09月21日 | 彼岸花

秋のお彼岸ごろ咲くヒガンバナ(ユリ科)彼岸花


田んぼの畦周り、土手に彩を添えています。
別名、マンジュシャゲ(曼珠沙華)、カミソリバナ(剃刀花)と
いろいろ名があるようです。

コメント