遊山徒然日記

山歩きのスナップ写真など気まぐれを綴っています。

夕方の散歩の点描

2007年09月30日 | about
今日は久しぶりに自宅で、のんびり静かに、過しました。夕方、ハリーと一緒に散歩を兼ねて、ガーコの様子を見に行く。
野間川で、空を見上げると夕暮れ間じかのうろこ雲、少々、空色は暗いが撮ってみました。





散歩道の田んぼの稲穂も頭を垂れはじめ、そろそろ稲刈りが始まりそうです。


ガーコのビオトープを覗いてみると、稲刈りの準備のため、水抜きが始まっていました。
ガーコは行方知れずで、また、もとの野間川へ戻っていると思い川まで行くと、居ましたね。

夕方のご飯時で、ガーコは川底を漁って、えさを探していましたよ。




かめもひょっこり顔を出して、ご飯のおねだりですかね。 
9月30日、夕方の散歩の様子でした。
コメント

今水のぶな

2007年09月30日 | 大船山周辺

9月最後の日曜日、今朝は涼しい朝でした。やっと、長い残暑もおさまったのでしょうかね。
ここにきて、週末のお月見いも煮会と併せ、普段の不摂生がたたり疲れが出てきました。
秋に出る疲れは、たちが悪い、ご用心です。もう、むかしのようには行かなくなりました・・・。
はい、分かっています・・・。飲みすぎ、食べすぎ、夜更かし、遊びすぎですね。

ブログにアップしていなかった過去の山行の様子、お恥ずかしい山の写真ばかりですが、
7月、6月と載せてきたところです。あと少し、5月と4月までを整理して載せてみます。

5月19日 今水よりくじゅう黒岳、天狗岩はこちらから 

(9月30日)

コメント

お月見、いも煮会

2007年09月29日 | about
9月28日金曜日、職場の仲間達と一緒に、お月見、いも煮会をしました。  
十五夜、中秋の名月は9月25日(旧暦の8月15日)で、27日が満月なのでしたが、要は、週末、外で陽気に飲んで、喰って、互いに云いたいことを云って、愚痴垂れて、交流を深め合う、三十数人の老若男女が参加しました。

昨年から、この時期の恒例行事となり、その道の専門職が多い職場とあって、こだわりも多く、準備の段階から講釈と持論百出です。山形県へ出張に行った者は、米沢牛でいも煮を食べたので「牛肉のこだわり」、関東出身の輩は、「味付け、辛口味を」譲らず、魚好きは、「秋は秋刀魚じゃろもん」で、秋刀魚を当日、調達です。

いも煮の最後は、「うどんやろ、冷凍麺が伸びらんでよかばい」、「酒を飲まない奴には、仕出しとおにぎり、お茶」の用意です。「酒は、日本酒、月見やんけん大吟醸がよか」とか勝手なことをいいます。「ビールは樽で、ワインは赤と白、白はよう冷やしてね♪」とか。
「焼酎は芋と米、白、黒も」・・・強欲を恥じない奴らのお世話をする幹事も大変です。

今年は、昨年の轍を踏まないようお酒は控えめ?で、大トラ、女トラは出没せず、残念でしたね。
最後に、極め付けは、四国出身の親分、乾杯前の能書きで、部下が取り組んでくれたことがうれしいらしく、長いお話しでした・・・。

そんなこんなで準備は大変でしたが、楽しい、お月見、いも煮会、大鍋で準備したいも煮、やっぱりたくさん作るとおいしい。しかし、最後は暗闇の中での闇鍋状態でしたね・・・。

来年といわず、来月、忘年会も・・・と誰かが云ってました。誰が世話するとかいな・・・
お月見、いも煮会は、さながら何処かの屋台村状態でしたね。うまかったよ♪





(9月28日 お月見いも煮会)
コメント

雨のくじゅう山開き

2007年09月29日 | 久住山


毎年6月の第一日曜日は、くじゅう山開きの日です。
今年はくじゅう山開き山頂祭の会場は久住山で開催されます。
1年交代で昨年は、大船山でしたが、参加できず、人出が多いと
分かっていましたが訪れてみました。

しかし、前日の天気予報は雨の予測で、案の定、生憎の雨で山頂祭は中止でした。
ミヤマキリシマの開花も遅れ、雨で静かなくじゅう山開きでした。

雨のくじゅう山開きはこちらから 

(9月29日)

コメント

涌蓋山遠望

2007年09月28日 | 久住山


6月16日
ミヤマキリシマを見るため雨にも負けず、扇ヶ鼻へ行ってきました。
今年は、例年より、ミヤマキリシマの開花は1週間ほど遅いようで
害虫からの食害も少なく、満開のミヤマキリシマや赤いツクシドウダンなど見られました。

写真は、牧の戸峠より扇ヶ鼻へ向かう途中、沓掛山の展望台より涌蓋山の遠望です。

雨の扇ヶ鼻の山行はこちらから 


(9月28日)

コメント

有明海の夕日と思い出

2007年09月27日 | sunset

九重連山の登りはじめに、デジカメを落下させ、破損した液晶の修理が昨日、終わり、手元に戻ってきました。
わたしにとって、苦い経験とともに痛い出費でした・・・。

山登りをはじめた約30年前、山岳雑誌に載っている写真に憧れ、北アルプスを春、夏、冬と年に3回も訪れ、合宿登山の最中、撮影ポイントで撮っていると、山の先輩から、「たいがいにしとかんか!写真ば、撮りにきとらんとぞ!!!どがんすっとか!!」と、九州弁の熊本方言で、怒鳴られた時もありましたね。いい思い出です。

また、職場にはカメラコンテストに度々、入賞される先輩がおられたこともあり、影響、感化され、なけなしの金をはたいて、一眼レフのカメラを約25年前に、今は閉店となったカメラのドイで、やっと購入し、俄かカメラマン気取りでモータードライブを着けて、バシャバシャ撮ってましたしたね。

当時の愛用のカメラは、ニコンFEでした。今は本棚の隅で埃を被っています。オーバーホールをすれば使えるでしょうが、世はデジタルカメラの時代。しかし、銀塩はコントラストがよかった。押入れを暗室代わりにして、試行錯誤で焼いたり、カラープリントに飽き足らず、スライド、コダクローム64で撮っていましたね・・・。お金もかかっていました。
それからは、ビデオに暫く懲り出し・・・。
デジカメの破損で、昔、むかしを思い出しました。昔話しは、また今度・・・。

先輩諸氏が毎日発信されるWebやblogでの写真を拝見し、カメラの性能はもとより、撮影技術の高さとともに、感銘を受ける洗練された記述内容、そして何よりも、フォト発信される、その人の感性も伝わってきますね・・・。

無理せず、自然体で、心の目を使って、自分なりに・・・撮りますかね。
実のところ、コンパクトデジタルカメラよりステップアップしたく、破損したカメラを諦めて、買えもしないのに店頭で漁ってきた最新のカメラに、こころを奪われつつあるところです。
しかし、しばらくは、修理が終わり手元に戻ってきた愛機とともに週末、また、山を歩いてみます。

先輩が名言を云ってましたね。「写真は扇子とセンスが必要と・・・」
やっぱり、人の感性ですね。人に優しく、自然に感謝、ありがとうねです。






(9月27日 17時52分 三池港海岸線 Canon IXY DIGITAL 800IS)
コメント

ふたりの夕日

2007年09月26日 | sunset

              【F703i 風景モード】


              【F703i 夕日モード】

(9月26日 17時45分 三池港海岸線 携帯F703i)
コメント

夕暮れのふたり

2007年09月26日 | sunset

三池港海岸線
今日も夕日が綺麗でしたよ

夕暮れの浜辺で、夕日を見ながら語り合うふたり・・・
夕日は、人をやさしくしてくれますね

わたしも、胸が熱くなりました
夕日のふたりに、しあわせあれ・・・


(9月26日 17時47分 三池海水浴場海岸 携帯F703i 撮影モード:夕日)
コメント

アザミと蝶

2007年09月25日 | 山歩き

7月7日、九重連山の荒天エスケープ登山で鞍岳を散策した際、
雨の中を健気に、アザミの蜜を集める蝶の様子です。

梅雨の鞍岳散策は、こちらからどうぞ

(9月25日)
コメント

俵山の風車

2007年09月25日 | 阿蘇山・南外輪山


俵山の風車を登山の前に、恥ずかしながら携帯で写してみました・・・。
1枚目は、携帯の撮影モード:逆光 8時13分

 


2枚目、3枚目は撮影モード;風景 8時16分

お粗末様でした・・・。写した映像を見て、情けないです・・・。
明日は、がんばろうか・・・。独り言、ぼやきでした。

(9月24日 秋分の日振り替え休日 俵山 携帯F703i)

コメント