小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

汚い仕事

2017-09-30 19:31:10 | 日記

          29.10.01    汚 い 仕 事           NO.1664

 昔もそうだったのか知れませんが、最近の若者は3K(きつい・汚い・危険)な仕事を嫌うと

いう。 3Kと言えばなにも単純労働だけを言うものではありません。  きつい・汚い・危険と

言えば看護師や外科医だってその最たるものでしょう。

看護師などその上に更に2K(休暇が取れない・結婚相手に巡り合えない)が加わって5K職

場だといわれています。  だからなり手がすくなく今では看護師免許証一枚あれば仕事に

あぶれることはない。

我が国の人材だけでは必要数を確保できないということで、フィリピンあたりから誘致さざる

を得ないようになっている。

でも、発展途上国から人材を引っこ抜くのは、中国があと先のことを考えないでマグロ資源

を一網打尽にかっ攫ってゆくようなもので、発展途上国の発展成長の芽をむしりとるようなも

のではありませんか?

 

コメント

蔑称

2017-09-29 20:14:38 | 日記

       29.09.30    蔑    称           NO.1663

 民主主義の国のアメリカのある州に「ジャップロード」という名称の路線があって、日系人達

がこれは蔑称だから変更すべしという運動を展開していた時期がありました。

外国を蔑視し自分たちは優れているのだという思想を刷りこむ方法は古来多く利用されて

来ました。

トルコ風呂(ソープランド)・南極調査船に持ち込まれたというダッジワイフ(オランダの妻・・・

誰とでも寝る)・ダッジロール(オランダの揺れ・・・悪酔い)など、私たちが子供頃は同様に

「朝鮮なんとか」という言われ方がされていました。 さすがに近隣国の世情を慮ってか最近

は聞かなくなりました。  良い傾向です。

ところで、日本製のいわゆるダッジワイフは精巧で、船長室に密かにおいていたダッジワイフ

を、ある日船長が使用したところ性病をうつされたというお話がありました。

船長室に(船長がいない時を見計らって誰かが忍び込み)愛用したのでしょうが、性病まで

移すとはさすがに精巧ですね。

コメント

たこ

2017-09-28 20:35:23 | 日記

       29.09.29     た   こ           NO.1662

 「蛸配当」という言葉があります。  利益が出ていないのに出ているように粉飾して生み出

した水増しの利益を配当に充てることです。

大企業の東芝でもこういうことをやっていました。  それは、配当ができないようなボロ会社

とみられないように、外面を繕う目的で行われるものです。

たこは腹が減ったら自分の足を喰うといういわれなき不名誉な濡れ衣から、こういう言葉が

産まれました。 でもいくら下等動物だって、腹が減ったら自分の体の一部を食べるなんて

動物は存在しません。  実際のところは共食いなんです。

もしそういうことをする動物がいるとすれば、それは人間なのでしょう。

身体の一部を故意に欠損して労災から多額の補償金を受け取った奴が、味を占めて障害

補償金を狙ってまたまた手足を切断する。 こういう人のことを「蛸師」と呼んでいます。

本当のたこにとってははなはだ迷惑な話です。

 

コメント

投資

2017-09-27 20:25:20 | 日記

      29.09.28    投    資          NO.1661   

 

異次元緩和とかでお金がジャブジャブに有り余っているらしい。 でも、「金は天下のまわりもの」

というけれど、我が家にはちっとも回って来ません。

銀行の金庫には未曾有のお金が寝ていて、それを日銀に預けると利子ならぬ預かり料を取られ

ると言うから、一昔前のように預金集めをしなくなった。

でも、銀行だって何もしないと利益が上がらない。  金貸し業だからかお金を貸せばいいものを、

借りたい人は返せない人・貸したい人は十分にお金を持っていて借りる必要がない人。

だったらということで、いま、庶民が標的になっているのです。

庶民に不安を与えて投資信託などのリスク商品を売り付けてテラ銭を稼ぐのです。  「年金はあて

にならないですよ」「現金を持っているとインフレになると貨幣価値が下がりますよ」などの手口です。

資産を運用して利益を上げることが困難な世の中になっているのに、何んで投資信託で利益が上

がるのですか?  投資信託のほとんどは、元金が減ってしまうインチキです。

「投資なんかやめなさい」萩原 博子著 から引用しました。

コメント

ドジョウ掬い

2017-09-26 20:17:02 | 日記

        29.09.27    ドジョウ掬い          NO.1660

北大阪信金旅行友の会の宴会で観た小林さんの「ドジョウ掬い」は見事で、かつ面白かった。   

聞くと師範だという。 さすがです。 あれだけの技量に達するには相当の歳月と不断の努力

が求められるのでしょう。

Y&スターダストのみなさんによる「ひょっとこおどり」は宮崎県の無形文化財と言いますから、

この島根県の「ドジョウ掬い」もきっとそうなんでしょう。

伝統芸能と言っても「文楽」や「能」は良く解りませんが、この「ドジョウ掬い」はAI時代になって

も面白く、皆さんを楽しませるものですから、きっと継承され続けることでしょう。

コメント