小言コウベイN

日々感じた風刺等について書いています。

あとひとり

2014-08-31 07:41:53 | 日記

    

 26.08.31            あ と ひ と り               NO.531

 藤川球児が登板する9回裏、2アウトを取ったところで湧き上がるのがこの「あとひとり」コールで、球児はおおむね期待に応えてくれました。

今のストッパー呉昇桓もそれなり活躍しているようですが球児ほどの信頼感はいまいちない。

でも、このあと一人がいかに重要で難しいものかは球児のみならずファンも良くしている。

会社経営も野球も途中まで不利であっても、最後の最後に逆転すれば「終わり良ければすべて良し」ですが、相撲にはそういう時間がない厳しさがあって、

それがまたそれで面白い理由でもある。さて、私たちに残された人生。 あと10年!?  転んで寝たきりになったり、認知症に罹って侘しい晩節にならない

ように適度に運動し・新しいことに挑戦し・新しい友に出会い・新しい歌を覚え・新しい料理のレシピに挑戦し、悔いのないものにしたい。

高齢者は忙しいくらいの方がいい。 「老人閑ありて不善を為す」暇があったらロクなことをしない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お金

2014-08-30 08:02:21 | 日記

  

 26.08.30         お         金                  NO.530

 お金には誰がその持主なのかは書いていませんね。

でも、自分のお金なのか他人さまのお金なのかは当然ながらちがうものでしょう。 会社のお金は会社という「法人」の所有物であって、社長と言えども勝手

に自分のプライベイトな支出に充てることは許されません。  その会社を自分のお金で創った社長だって、雇われ社長だってお金に関しての立場は変わり

ません。   ところがこれと言った苦労もしないで、社長の事故などによってにわかに社長になったような、2代目・3代目の社長にはこの会社のお金なのか

自分のお金なのかの区別が怪しくなる人がいます。

ある製紙会社の3代目の会長が会社のお金をカジノギャンブルで600億円も遣い込んで「背任の罪」で獄中の人となって久しい。

ところで、巨大企業の経営者や政治家にも会社のお金か国民のお金なのか、自分のお金かの区別がつかないで無駄遣いしている人がいます。

東京電力・安倍総理。 お金を取り扱う人には「危険物取扱主任試験」や薬物を取り扱う「薬剤師」みたいな資格試験を受けさせるべきではないでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-08-29 08:05:17 | 日記

   

 26.08.29              恥                      NO.529

作家のモーパサンは人つきあいが良くない一風変わった作家でした。 ・・・で同業者からの「からかい」を受ける恰好の標的にされました。

ある厳粛なパーテ-に誘われた際に「赤い夜会服」を着用しなければならないと指示され、それを着て出席しましたが、他の出席者は全員黒い夜会服でし

た。  そういうことが重なって彼はほとんどノイローゼになってしまいました。

年末になるとなぜか決まって日本人の大好きな忠臣蔵が放映されますが、これも同じような背景があるようです。

殿中の礼儀作法に疎い(うとい)浅野タクミノカミに対して、吉良コウズケノスケがウソの作法を教えて恥をかかせて笑いものにした。

アタマに来たタクミノカミはご禁制を破って殿中で刀を抜き、一族の運命を棒に振って吉良に斬りかかったのでした。

古来「恥」というものが日本人の価値観の中で大きなウエイトを占め、蛮行を抑制する効果を発揮してきたものですが、近年そういう「美徳」の廃れがはなは

だしい。   特に公務員・政治家・財界人。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サ高住

2014-08-28 08:43:02 | 日記

26.8.28          サ  高  住                NO.528

 サービス付き高齢者専用賃貸住宅の略称です。   マジックでボランテイア活動を10年やっています。 

年に50~回程度色んな施設で出演していますが、招かれて今回初めてサ高住に行きました。

認知症に罹っていて夫婦で入居しているという人がいまして、マジックをしている間は首を斜めに傾けて前かがみで「見て?」いましたが、マジックが終わり

カラオケの部に入りますと、90歳くらいでしょうかその女性がリクエストしました。 「壺坂霊験」セリフあり浪曲ありのかなり難しい曲ですが、一言の間違いも

なく音程もしっかりしていて、全観客びっくり仰天、施設の職員も「この人がこんなことができるなんて!」・・・と驚きを通り越していました。

歌って素晴らしい。 とれてもかなわないなと思いました。

でも、こんな経験始めてでしたが、帰り際に別のご婦人が私のところにやって来まして「感激した!」と涙ぐんで握手を求められました。

大したことやってないのにちょっと気恥しい気分でしたが、悪い気はしない。  がんばらなくっちゃ! と、やる気を新たにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サ高住

2014-08-28 08:43:02 | 日記

26.8.28          サ  高  住                NO.528

 サービス付き高齢者専用賃貸住宅の略称です。   マジックでボランテイア活動を10年やっています。 

年に50~回程度色んな施設で出演していますが、招かれて今回初めてサ高住に行きました。

認知症に罹っていて夫婦で入居しているという人がいまして、マジックをしている間は首を斜めに傾けて前かがみで「見て?」いましたが、マジックが終わり

カラオケの部に入りますと、90歳くらいでしょうかその女性がリクエストしました。 「壺坂霊験」セリフあり浪曲ありのかなり難しい曲ですが、一言の間違いも

なく音程もしっかりしていて、全観客びっくり仰天、施設の職員も「この人がこんなことができるなんて!」・・・と驚きを通り越していました。

歌って素晴らしい。 とれてもかなわないなと思いました。

でも、こんな経験始めてでしたが、帰り際に別のご婦人が私のところにやって来まして「感激した!」と涙ぐんで握手を求められました。

大したことやってないのにちょっと気恥しい気分でしたが、悪い気はしない。  がんばらなくっちゃ! と、やる気を新たにしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加