狩江のお祭り(種まきごんべえの会)

~愛媛県西予市明浜町狩江地区のお祭りを紹介するブログです~
四季おりおりの風景や暮らしもお伝えいたします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

豪雨後の二次的災害

2018-07-20 11:30:19 | 狩江の暮らし

あの大雨の後、今度は連日の猛暑。今日も手元の温度計は

35.5℃を指しておりました。

この中で、現地にいないとわからない二次的災害がいま

住民に降りかかっています。それは、大量の土砂が乾燥して

砂埃になっていることです。

当然車などは毎日砂で真っ白になります。

先日から散水車がやってきて、水をまき始めました。

雨も欲しい所ですが、かなり山が脆くなっているため、再び土砂災害の

リスクがあります。

R378から本浦農道アクセス入口付近。かなり危険。

 

 

コメント (1)

段々畑の状況について

2018-07-18 21:21:24 | 四季の風景

本日災害より10日目。

地元の段々畑をガイドするコースを廻ってみました。

まず、川の石ころがごろごろしています。底に土砂が溜り

見ての通りの満杯状態。

これは中腹の沢の様子。このあたりは、下からは滝のように水が流れていたのが見えました。

大狩浜地区の段々畑の崩れ。小さな崩壊はありますが、小規模。

中継地地点(コース休憩所付近)からの様子です。

お伊勢山方面。向こうの吉田あたりの山崩れが確認できます。

俵津~吉田白浦付近の山崩れ。数多くの山崩れが見えます。

枝浦地区の山。ほとんど被害がありませんでした。段々畑の石積、無敵なり!

本裏側の山肌です。山崩れが数ヶ所確認できました。

また、R378からこの本浦農道に入る入口付近でも崩落があり、農家の人は

かなりの苦戦を強いられそうです。

ただいろいろな所を見て思ったのですが、ここ狩浜においては

山崩れが他に比べ少なかったように思います。

下の写真は吉田町白浦付近。

被害の多くはサゴ畑でした。つまり、石垣での補強のない段々畑。

狩浜が比較的被害を免れたのも、しっかりした石積みがきっと守ってくれたと

確信します。

コメント

豪雨爪あと

2018-07-11 18:02:34 | 四季の風景

R375狩浜~高山線 山の中腹より崩れ、国道をまたぎ、ミカン畑へ

同じくR378狩浜~高山線 みかん倉庫を押しつぶす 

R378渡江堀切付近から 山がいくつも抜ける

渡江地区は、山からの泥水が集落を襲いました。

渡江魚付き保安林のある半島 2か所抜けて、通行不可

俵津Aコープ付近 裏山が崩れ、Aコープ店舗は被害大

コメント (2)

記録的大雨災害報告(西日本豪雨)

2018-07-10 18:13:06 | 狩江の暮らし

みなさん、ごきげんいかがですか?

前回より半年ぶりの更新です。もう、当ブログのことを

お忘れになっていらっしゃる方もお出ででしょう?

かく言う私も頭の隅のかなたに消えかかっていました。

が、しかし!!!(気合の!が3つ)

みなさん、御承知のように、7月6日~8日にかけての大雨は

西日本を中心に大変多くの災害をもたらしました。

この狩江地区でも大変な事態となり、ブロガーとしてはここで黙っていても

ダメだ!という観念に押され、久々の更新ではありますが、

この大変な事態をお知らせすることを使命と思い、この数日間の

出来事を個人的な時系列体験からまとめてみました。

 

7月5日(金)曇り時々雨

この日は中学生体験学習で店に1名の学生さんを迎え入れての1日。

午前中から時折、激しい雨が降ったり止んだりの天気。

九州や広島あたりに大雨特別警報が発表される。

その夜、明日未明あたりに愛媛南予地域にも同様の

雨雲がかかる予想が出ていたので、危険な所に住んでる人は、隣の

集会所にでも避難した方がいいのになあ・・・などと思いながら夕食。

外はゴーッというような雨音が時折する雨。

ただ今までの雨と違うのは、風速10m前後の南風がずっと一日吹く。

まるで台風のような天気だった。

明日は土曜日で、仕事的にはハードな日なので、外の雨音を聞きながら

不安な夜を迎え、NHKニュースをラジオで聞きつつ10時頃には寝る。

 

7月6日(土)深夜1時過ぎ

南側の窓を叩きつける雨に起こされ、眠い目をこすりながら雨戸を閉める。

この頃から朝方まで、強い雨が続く。

朝5時頃、仕事を始める。

工房に入ると、外はゴーッという雨と、その雨が下水を逆流するようなゴボッ

ゴボッという音。経験から、この音がするときはかなりな降雨であることは

わかっていた。相変わらず南からの強い風と雨。

私はラジオ男で、仕事中はNHK,FM放送を聞き流している。そのNHKから

「記録的短時間大雨情報」が南予地域に出される。

そして朝6時前後は、ものすごい雨音に恐怖を感じる。作業しながら

『きょうはもう仕事になんないなあ・・・』と思いつつ、7時すぎに

外の様子を見に行った。

そこで見たのが、これ。家の裏が水浸し!(7日朝)

ええっ?なんなんだ?

なんと上流の渓から滝のように泥水が流れてくる!

この時には消防団員も駆けつけ、溝に詰まったがれきを取り除いていた。

裏山は大丈夫なのだろうか?崩れはしまいか?かなり不安。

 

やがて時間が経つにつれ、だんだんと状況がわかってくる。(写真は8日)

まず、車がぜんぜん国道を走っていない、土砂崩れ。

向かいのお伊勢山が山崩れ、高山線は不通。

権現山中腹では、鉄砲水が2か所目視された。

消防団員から次々と情報が入る。大川が氾濫、大狩浜川が溢れている、久保浦あたり

がけ崩れで渡江と不通、等々。

そのころ、俵津と渡江を通るトンネル出口では、山崩れ。(7日)

明浜中学校裏の山が崩れる。(7日)

各地で大きな山崩れ。(7日)

昼前には雨は小康状態に。

私たちは自然の力をまえに、ただじっとそれが通り過ぎるのを待っているしか

なかったのです。

 

7月8日(日)

雨が通り過ぎて、この災害の全容が少しづつ見え始めました。

・・・・・・・・。

 

宮之浦地区では大きな山崩れが2か所。一つは民家をかすめる。(写真は9日)

俵津地区を野福峠から。学校の周りがひどい。(写真は8日)

そして隣の吉田町では悲惨な災害が。

写真の左隅の山崩れがその現場。(8日)

野村町では川が氾濫し、犠牲者が出た。

まともに写真を撮れませんでした。また、交通では宇和ー俵津は山崩れから回復、通行可。

俵津ー法華津間はなんとか通れますが、小名トンネルは不通。白浦も不通。

田之浜地区は孤立状態。船で流通しているとの情報。

宇和島に出るには、まず宇和まで県道で野福を越え、R56の宇和ー玉津が不通なので

高速を利用して宇和島に出ます。さらに吉田町に行くにはそのルートで宇和島から

R56で戻ってこなくてはなりません。地図上の赤丸はひどい山崩れ。明浜町内では

私の見た限りでは、田之浜地区を除き約20~30か所は山崩れがあります。

被害があまりにも多くかつ広範囲なので、復旧には月単位の時間がかかるのではと思います。

現在の状況をお知らせいたしました。

 

 

 

 

コメント (2)

連載「お祭り物語」③

2018-01-07 11:49:53 | 狩江物語

27日になった。朝、H家に行ってみたら、戸が閉まっており、誰もいなかった。仕方なく、買って帰ったお菓子を、

車の中に置いて帰る。それからF家にお菓子を持っていって、ちょっとしゃべってから、O家に行った。

誰もいないようだった。

 それで、私は春日神社へと向かった。11時から、祭典があるためだ。道の途中、写真家の五味さんに出会い、

あいさつをした。去年も出会ったが、今年も出会った。二人して、春日神社に向かった。

 役員が神主さんと一緒に、神前にお供え物をするのだが、私は建物の奥がどうなっているのか、

興味津々だった。何をお供えしているかも、興味津々だ。でも、中に入れないので、建物の外から、じっとそれを見つめた。

 神社っていいなあと思ってしまう。去年も見た神主さんがいた。今年もどうやら同じ人らしい。

私は茶色の衣を着た神主さんが気にいってたのだ。あはは。狩浜には、神主さんがいないみたいで、

よそからやってきているらしいのだ。

 写真は2枚しか撮らなかった。去年取ったから、いいやーと思い、手抜きをした。去年は、

沢山の写真を撮ったのだ。350枚ぐらい撮っている。あまりにもとりすぎたので、今年は

写真をあんまり取らないで、じっと見ていようと思っていたのだ。

 太鼓が鳴っていた・祭りは太鼓の音が響くのがいい。祭りだなあと思ってしまうからだ。

私は牛鬼が暴れるときに、ずっと鳴っている太鼓の音がとても好きだ。神社でも、祭典の時に、太鼓を打ち鳴らす。

おごそかな感じがした。 午後は、再びO家に行ってみた。Mおばちゃまがいたので、家に上がり込んでしまい、

昔の写真などを見させてもらった。

  夜になった。宵祭りを見に、再び春日神社に上がった。私は前の席に陣取って、巫女の舞いや、お神楽を見た。

巫女の舞いは、ずっと見ているもので、珍しくも何ともなかったが、神主さんが躍る踊りが珍しかった。

 今年は、私のお気に入りの神主さんが、「剣」をもって、踊った。ひゃー珍しい。私はくいいるように、

神主さんを見つめてしまった。あはは。

 茶色の衣を着ている神主さんが、私のお気に入りなのだった。あはは。祭りで、ファンに

なってしまったのだ。私はいろんな人のファンになっている。U君や、Iさんや。好きな人が、祭りに出ているのは、

とても楽しいことなのだ。

 女の面をつけての踊りも披露された。去年も、この踊りを踊ったのを覚えている。少しお尻をフリフリするのが、

とても面白いのだ。誰が躍っているのかな?と思ってしまった。面をつけているので、顔が分からないのだった。

 太鼓の音がトコトンと鳴っている。私はうっとり見入ってしまった。楽しい時間が過ぎるのは早いもので、宵祭りが終わった。

明日はいよいよ、牛鬼が登場する日だ。

 夜、S家で遅くなって寝たが、なかなか寝付けない。ので、朝早く起きだしてしまった。5時半には、春日神社に上がる予定でいる。

去年は、「牛鬼密着取材」をしたので、今年は、みこし組の人を、写真でとる予定にしているのだ。  < つづく>

コメント