癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

年に1回のパークゴルフ

2017年09月14日 | 日常生活・つぶやき

 今年も、年に1回の退職組織のパークゴルフに参加。今年で10回目で、30名の参加だった。会場はすずらんの丘パークゴルフ場。
 自分は、年に1回なので当然まったく進歩しない。それだけに、上手くいくととてもうれしい。

 4コース回ったが、最初は、今までに経験ないほどの46も叩いてしまった。しかし、2コース目と3コース目は31と34で、自分としては上出来だった。31というのは、もしかしたら最高スコアかもしれない。しかし、一緒に回った優勝したYoさんは、22と24である。結局4コース目は再び41とダウン・・・トータルで152。25位/30名中でラッキー賞が当たった。
 ちなみに優勝したYoさんは101だが、昨年の優勝者のTuさんは98で8のハンディを加えても106で2位だった。


開会式







1位~5位のメンバー。全員110以内のスコアである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うれしい贈り物2題

2017年09月13日 | 日常生活・つぶやき
山旅から帰ってきたら、うれしいものが2つ待っていた。

スーパーアスリートからの繊細なお祝い


 ちから!さんから発刊祝いに送られてきたうれしい水彩画
 絵も凄いが、本の題名等を上手くアレンジしているのも面白い




 帯広在住のちから!さんとは、クロカンスキー大会で出会って以来、10年近いお付き合いになる。
 まだ40代だが、クロカンスキーや自転車の世界では、全道的にも有名なトップアスリートで、そのほかに山岳スキーや登山なども凄いレベルの方である。
 にもかかわらず、こんな年寄りにも丁寧なお付き合いをしてくれる気配りの利く気さくな、私から見るとまだ好青年である。
 このたび送られてきた発刊祝いの水彩画には驚いた。あのスーパーアスリートがこのような繊細さと技術を持っていることに・・・。
 確かに、山の写真も素晴らしいので、拙著の雌阿寒岳と藻琴山の写真を3枚提供していただいた。今考えて見ると、その写真の素晴らしさも、この繊細さのなせる業であろう。

 自分にはまったく縁ない世界であるが、水彩画はあの淡さが好きで、絵画の中で最も好きなジャンルである。居間に飾っているカレンダーは、毎年星野富弘といわさきちひろのものである。それだけにうれしかった。

妻が当てたお酒のセット



 妻は、ラジオを聴きながら内職の仕事をしているので、良くラジオに面白い話題をメール投稿している。
 中でも、STVラジオの「十人十色」では、良く取り上げられていて、これまでも年に1回以上は、何か賞品を当てている。昨年もでっかいヒラメが送られてきて驚いた。
 今回は、お酒のセットである。妻はまったく飲めないので、あまりうれしくはなかったようだが、私が大喜びである。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

妻の叔父さんの「小さなレコード博物館」

2017年09月04日 | 日常生活・つぶやき

数日前の新聞に掲載されていた記事

 この主は妻の4人いる叔父さんの一人である。非常に多才な方で、良く新聞に取り上げられる方である。
 昨日9/3がオープンで、開館は日曜日のみなので、妻と二人で早速行ってみた。


手造り感満点の楽しい「小さなレコード博物館」の外観
数年前までやっていた金属工芸のアトリエ「へたくそ工房」の建物が、蒐集物の展示館になっていた。


場所は駒場町5-10


3つの部屋があり、一番奥の広い部屋がレコード博物館になっている。
シングル盤とLP盤が、アーティストごとに分類されている。


オーディオセットがあり、その部屋でレコードを聴けるようになっている。


レコードを聴くために座れるテーブルには、妻の30年前の写真集も置かれていた。
先客がそれを観ながらレコードを聴いていたらしく、そこへ本人が現れたので驚いていた。




真ん中の部屋には、昔から蒐集してきたというあらゆるコカコーラ関連の商品が揃っている。




玄関から入ってすぐの部屋~この部屋の窓はすべて叔父さんの手造りだそうだ。
天井からは金属工芸家時代の作品(空を飛ぶ魔女)が下げられている。


妻がいただいてきたレコード(2枚以上あるものは、欲しい人にあげている)
新聞に掲載されてから、引き取ってほしいと持ち込む方が増えたそうだ。


自分がいただいてきた叔父さんの金属工芸作品・銅製のペン立て
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は疲労回復日

2017年09月03日 | 日常生活・つぶやき

我が家の外階段の手すりに絡まって咲き終わったテッセンの実

 昨日は、「羊蹄山8の字縦走」から2日目。軽い筋肉痛が脛にあるだけだった。しかし、足や腰には全体的な疲れが残っていた。

 朝早く目が覚めたので、近くの朝6時から営業している富岡温泉の朝風呂に入りにいった。その後、 台風の影響で天候も良くないことを幸いに、疲労回復日として、テレビを観たり、PCをいじったりして、1日中ごろごろして過ごした。

 夕食にビールを飲んだら、眠くなったので、ブログアップもしないで、食後まもなくベッドに入ったら、すぐに眠りに就いてしまった。

 マラソンやクロカンスキーでお世話になっている函館トライアスロンクラブが主体のathleete-MLに「8の字縦走」のことを投稿したら、若いトレイルラン愛好者などが食いついてきて、次のようなレスを投稿していただき、とてもうれしかった

「これとてつもなくすごい事ですよ!文章打ち込んでてちょっと興奮しています(笑)!!」
「これを19時間で成し遂げる。70歳を超えての踏破。もう、ギネスに申請しても良いくらいです!!」「
「今年はトライアスロンに集中していましたが来年はトレイルにも復帰します。ぜひ挑戦したいです。」
「私も今月の上州武尊トレイルに向け、函館山や平地でヘッドライト走をしていますが、メンタルが凄いんですね」
「コンビニをパスして・・・とは、僕なら距離よりコンビニを取ります(笑)」
「Fuさん、来年、ご一緒させていただきます」
「坂口さんのバイタリティと行動力には、いつも脱帽ですね<(_ _)> 修行僧のような縦走、しかもあの羊蹄山。普通の人なら、一度登っただけで体力使い果たすでしょう。IRONMANより長い時間動き続けるとは、登山界のアイアンマンですね!」
「73歳でこのコースはすごいですね!登りも下りのコースタイムで登ってしまうとは・・。しかもロード区間が25Kmもあって計5、60Kmは移動してますよね。
 自分も8月下旬、北アと南を縦走していましたが、同じぐらい歩いた日は38歳の中国人トレイルランナーと共に撃沈してました。
 羊蹄良いですね。チャンスがあれば自分も行ってみます。」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会報連載「健康寿命は足で延ばす」シリーズ①②

2017年08月29日 | 日常生活・つぶやき
 今朝、6時頃、居間のスマホの聞いたことのない発信音で目が覚めた。特に気にもせず寝ぼけていたら、サイレンも鳴っていたようだ。
 2回目が鳴ったので、起きてスマホを見たら、政府発信のメールだった。最初は「ミサイルが発射されました」、2回目は「この地域の上空をミサイルが通過した模様です」という内容だった。聞き慣れない発信音は、Jアラート(全国瞬時警報システム)の音だったことがそのとき初めて分かった。しかし、「安全な所に避難してください」と言われても、どうしようもない。TVも夕刊も、このニュースで大騒ぎだった。
 北朝鮮は、まったく人騒がせな国だ。これからどのように進展するのか、目が離せない。


 さて、本題だが、年3回発行の北海道退職校長会会報『退職校長会だより』の「談話室」コーナーに4回シリーズの連載を依頼され、これまで3月と8月に2回掲載された。

 自分で決めたシリーズのタイトルは「健康寿命は足で延ばす」だが、第1回は「山から元気をもらう」で、登山のことを書いた。今回発行された第2回は「地域の魅力にふれる歩き旅」で、フットパスや歩き旅のことを書いた。


No.224の掲載記事①(2017年4月25日発行)


No.225の掲載記事②(2017年8月25日発行)
※この号から横書きになった
 
 第3回は、ゲレンデスキーとクロカンスキーのことを、第4回は、ジョギングやマラソンのことを書こうと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カムエク登頂の余韻の中で

2017年08月25日 | 日常生活・つぶやき

 朝から晴天が広がった。函館では8月に入ってから初めて味わう夏らしい天気だ。
 早速、車から荷物を下ろし、ほとんど湿っている用具等をベランダの手すりに広げて干した。
 午前中は、そのメンテナンスに要し、昨日までのブログへのコメントへのレスを入れる。
 多くの方が77歳というYaさんの年齢や、雨への心配をしてくれていたことが分かり、心から感謝!
 旅行中に拙著の注文もあり、それと一緒にカメラを水死させたYaさんへの写真をUSBメモリにコピーして、発送した。

 午後からは、4泊5日のカムエクの山行記録のHPへのアップ作業に費やした。これは、自分の記録というより、Yaさんの記録を意識したため、文章も少し詳しく写真が多くなった。
 疲れはそれほど残っていないが、下肢のむくみが残っている。

4泊5日に渡る詳しい山行記録は、下記でどうぞ!
http://sakag.web.fc2.com 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新千歳空港経由札内川ヒュッテまで

2017年08月20日 | 日常生活・つぶやき
 8時間たっぷり熟睡し、家を4:45に出発。一般道路をのんびり走ったが、9:00に新千歳空港に着いてしまった。ところが、9:45着の飛行機が1時間15分以上も遅れて到着。

      
 11:20、Yaさんが到着ロビーに姿を現す。多分10年以上ぶりの再会のはずだが、全然歳を取っていなかった。年齢よりずっと若かった。

 千歳東ICから中札内ICまで高速を利用したいので、空港のラーメン道場で昼食を摂った。

 12:00に空港を出て、千歳東ICから高速に乗り、中札内IC到着が15:00。中札内道の駅向かいの大型スーパーで買い物。

 札内川ヒュッテには水がないので、札内川園地キャンプ場で水を汲んで、ヒュッテへ向かう。今晩はヒュッテ泊まりで、ジンギスカン鍋の予定。

 ヒュッテや明日の八ノ沢出合は携帯電話の電波が通じないので、次の更新は、順調に行って、明後日のカムエク山頂になる予定。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏はもう終わった?

2017年08月16日 | 日常生活・つぶやき

 今年は7月後半から、暑いと思った日は1日もない。おまけに太陽の顔もほとんど見ていない。お陰で、8/7から昨日までの山旅は停滞日ばかりで、山に登れたのは2日だけだった。山以外はかろうじて南幌町と恵庭市のフットパス歩きをしたが、丸2日は温泉と車の中で過ごした。

 自分のような登山以外にも、せっかくのお盆休みの家族も野外での活動が思うようにできなかったようだ。もっと心配なのが低温、日照不足による農作物への影響だ。

 11日ぶりの函館は、今日も雨で、最高気温は20℃を越えなかった。函館の日照時間は例年の14%とのこと。北海道だけかと思ったら、東京も今月に入って今日まで16日間連続の雨とのこと。北日本の太平洋側は同じ空模様で、低温と日照不足で野菜の生育に影響が出て、高騰が続いているらしい。

 この原因は、冷涼湿潤のオホーツク高気圧のせいである。これまでは6月から7月に現れることが多かった。しかし、今年は7月の後半からずっと居座っている。このような年は、北海道・東北・関東の太平洋側で冷夏傾向となり農作物に大きな影響を与えるらしい。

 今、個人的な一番の心配は、8/20~24の予定で、「何としてもカムイエクウチカウシ山に登りたい」と神奈川からやってくる77歳の知人の案内をすることになっていることだ。日本二百名山や三百名山巡りをする人にとって、2泊3日が必要な最も厳しい山である。77歳を73歳が案内する老々介護登山である。天候が一番の頼りなのに、そのころまで今の天気が続きそうな感じだ。

 そんな天候だったので、今日1日のんびりとHPの更新作業の勤しんだ。興味のある方は、下記でどうぞ!
 http://sakag.web.fc2.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫たちとの再会

2017年08月13日 | 日常生活・つぶやき
     
     
     
 亡妻が50歳で逝って以来16年間のお盆はこちらが札幌へ出掛ける。札幌在住の子どもたちの家族と89歳になる義母が、亡妻の実家の菩提寺に集合してお墓参りをし、ホテルのレストランで昼食会をするのが習わしとなっている。

 ここ数年は、孫たちとの再会が楽しみである。3ヶ月後には、17回忌法要でまた会うことになる。   

     
 今年の昼食会は、京王プラザホテル22階にある和食処「みやま」の「四季の小懐石」
     
     

札幌でも有名な亡妻の実家の菩提寺「大覚寺」
     
 東区にある曹洞宗の寺院。 1920年(大正9年)に建てられた山門は、北海道内で最大といわれ、「元村街道と大覚寺の山門」としてさっぽろ・ふるさと文化百選No.089に選定されている。

     
 左奥の本堂は1914年(大正3年)建立。右は檀家の納骨檀のある納骨堂。ここに義父と亡妻の遺骨が一緒に眠っている。

     
    五百羅漢堂
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

感謝状拝受

2017年08月06日 | 日常生活・つぶやき
       
 平成30年度北海道スキー指導者協会代議員会(総会)の役員改選で、6期12年務めた副会長を辞任し、顧問となった。

       

       
藤島会長から感謝状を贈呈された。
15枚以上のいろいろな感謝状が溜まっているが、多分これが人生最後の感謝状となるであろう。

 11:00に終わったので、14:00から壮瞥町で開催される「有珠山噴火40周年記念フォーラム」へ向かった。

       
 定山渓の入口にある、通る度に気になっていた「磯切りそば鳥花月」に寄った。満席で少し待たされた。

 磯切りそばとは、そばに海苔が練り込まれているとのこと。

       
 少し張り込んで天ざる(1150円)を注文。しかし、そばが水っぽくて、腰の強さもあまりなく、自分好みではなく、残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンタルアンブレラ

2017年07月31日 | 日常生活・つぶやき

 我が家のすぐ近所のさかえ寿し(清尚学院高校の隣)の敷地の角のDYDOの自動販売機が、最近新しくなったと思ったら、横に「みんなのレンタルアンブレラ」が付いていた。
 2015年に大阪で実験的に始めたのが、好評だった傘の無料レンタルを昨年より地域を拡大させたものとのこと。妻の話では下の道路にもあるという。
 
 傘の柄やサイズは全てバラバラなところを見ると、電車などでの落とし物の再利用品らしい。

 こちらで借りた傘は後日返してくれれば良いというシステムのようだ。通りがかりの人よりも、清尚学院高校の生徒が帰るときに雨が降っていたら助かるだろう。


柄にDYDOの名前がプリントされている。


レンタルのタグも縫い付けられてる。

 昨年、函館市内では 駅などで傘の無料貸し出しサービスが行われ結果、ほとんどの傘が返却されず大問題になるというニュースが流れていた。果たして、ここの傘はどうなるのか、興味を持って見ていたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

可愛い訪問者たち

2017年07月26日 | 日常生活・つぶやき



 我が家のラベンダーに多いときで10数匹ものマルハナバチと思われるハチがやってくる。
 蜜を吸っているのだろうが、コロコロした姿で、瞬時に蜜を吸っては次々と少しずつ移動する姿は非常に愛らしい。
 上の黒いのは、尻が白いところを見ると、外来種のセイヨウオオマルハナバチのようだ?
 しかし、下の全身が明るい黄色の毛で覆われているのは、何マルハナバチだろうか?
 yamaさんからのコメントによると、エゾコマルハナバチの♂とのことです。

 今日は、室内で過ごすにはもったいないほど素晴らしい快晴の天気に恵まれたが、午前中は、昨日の「東円山~砂原岳」のHPへのアップ作業に費やした。

 夕方に、ひと月前の検査で異常に数値が高くなり、膵臓癌の検査を受けたこともあり、糖尿病の掛かり付けの病院で検査を受けてきた。

 空腹時血糖値は、一転して101と、正常値内に収まっていた。1~2月間の血糖値の状態を調べるHbA1cの数値は、明日でないと分からない。こちらも、低くなっていることを祈るのみ。

  昨日の「東円山~砂原岳」と、昨日の北海道新聞みなみ風連載の「どうなん・とうほく山楽紀行」の「大平山」は下記でどうぞ!
 http://sakag.web.fc2.com
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

乙部町滝瀬海岸の「シラフラ」と「くぐり岩」ほか

2017年07月24日 | 日常生活・つぶやき

 国道から見えないこともあって、昨日の新聞で紹介されるまで知らなかった乙部町の滝瀬海岸。早速、車を走らせた。

 この白い断崖は江戸時代から「シラフラ」と呼ばれ、「白い傾斜地」の意味とされる。日本海に面し、高さ30m、長さ500~600mの崖が続く。約500万年前の火山噴火で海底に堆積した地層が隆起してできたという。


 厚沢部・江差方面から国道229号線を乙部町へ向かい、慶長トンネルを抜けて2.2kmほど進むと、市街地手前の滝瀬地区の交差点に、新しい「滝瀬海岸(くぐり岩&シラフラ)」の案内看板ができていた。
 そこからから海側に向かって脇道に入ると、行き止まりに駐車場がある。そこからから急坂を100mほど下っていくと滝瀬海岸に出る。


海岸へ下り立つとすぐ右側にある「くぐり岩」

 海辺の砂浜を分断する形でできた大きな岩には、通路になる穴がぽっかりと空いている。この穴は、400年ほど前の慶長年間にニシン漁の効率化を図って人手で掘削したことによってできたとされており、人々がここをくぐって行ったことから「くぐり岩」と呼ばれるようになったらしい。


「くぐり岩」を潜ってみる


 次に、「シラフラ」を目指す。「くぐり岩」から海岸を600mほど南下しなくてはならない。船を上げ下げする斜路を越えると初めて目に飛び込んでくる。

いつかは崩れそうなひびが入ったところもある


堆積物の中には岩も含まれている


上の小沢から流れ出す水が縦の縞模様を造っている


少し大きい沢の落ち口を見上げる


シラフラの手前には滑滝(なめたき)も

 
拾って持ち帰った漂流物の長さ25cmほどの漁灯     なぜか韓国語の書かれた旗が立っている


韓国語の書かれた漂流物が多い

<このほかの乙部町の見所の岬>

東洋のグランドキャニオンと呼ばれる「館の岬」


北海道天然記念物に指定され、北海道自然百選にも選定されている「鮪(しび)の岬」
柱状節理の岩肌がマグロのウロコのように見えることや岬の形がマグロの背に似ていることが名前の由来
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

amazonでスポーツサングラス購入

2017年07月21日 | 日常生活・つぶやき

 今回の山旅で、最後の日に帽子の上から頭に掛けていたサングラスを転倒したはずみで落としてしまったらしい。下山後に気付いたが、捜しに1時間以上も戻る元気はなかった。偏光グラスではあったが、amazonで15,000円のものを3000円くらいで買い、長年使用して来たので諦めることにした。

 そこで、今回の購入となった。今回もamazonで探したら、「FERRY 偏光レンズ スポーツサングラス フルセット専用交換レンズ5枚」が2,280円で売られていた。
 1,186名もの購入者からのカスタマーレビューがあり、評価も4.4と非常に高かったので、注文してみた。


 それが、今日届いたが、開けてみたら、レビューにも書かれていたが、同カラーのフレームが2本入っていて驚いた。2,280円で2本のサングラスが手に入ったことになる。5枚の交換専用レンズは、いずれもUV400で、偏光スモークレンズ、レインボーミラーレンズ、イエローレンズ、ブルーレンズ、クリアレンズで、それぞれの用途も書かれている。

 とりあえず、偏光スモークレンズとミラーレンズをそれぞれはめて、2本を使い分けることにした。それにしても、なぜこんなに安くできるのか、不思議でならない。


あまりの暑さに萎れているアジサイ
 
 話は変わるが、昨日の天気予報では、今日は雨が降るはずだったが、朝から青空が広がり、真夏の太陽が照りつけた。山旅から帰ってきて、窓を開け放した室内で初めての30℃超えだった。最高気温は32.4℃だったらしい。黙っていても汗がにじみ出てくる。

 妻に言わせると、こちらが留守の間は、ずっとこんな感じだったとのこと。本州の山旅のときは、確かに平地は連日真夏日だったが、朝の涼しいうちに登り、下山後は、クーラーの効いた温泉の休憩室で過ごし、クーラーの効いた車で移動して、標高の高い登山口で夜を明かす日々がほとんどだった。

 今日は、動きたくないので、午前中は、依頼されていた北海道スキー指導者協会機関誌『シュプール』の原稿書きをした。締め切りまでだいぶ余裕があるが、送付してしまった。午後からはTVを見て過ごした。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブリッジ装着完了

2017年07月04日 | 日常生活・つぶやき

 歯周病の悪化で以前に抜歯した左上の7番のために、8番の親不知~6番のブリッジを装着していた。 ところが、その土台となった6番も悪化して、今年の3月6日に抜歯した。

 そのために、8番から5番・4番と5本連結のブリッジを装着が必要となった。抜歯した傷が治る期間を利用した、ブリッジ治療がようやく終了した。その間、土台となる8番や5番・4番には仮歯を被せたり外したりしながらの土台づくりの治療が続いた。

 失った6番と7番のために、右上の臼歯すべてが一体化したブリッジとなった。それでも入れ歯よりはずっと助かる。

 しかも、全部金属の一体成型かと思ったが、正面から見る限り、金属は8番と5番のみで、7番と6番は白い歯で、4番は元の歯を生かして裏側から金属を填めた形となっている。それをどのようにして一体成型にしているのかは、裏側が見えないために良く分からないが、噛み合わせの面は全て金属である。
 
 約4カ月ぶりに、左側奥歯で物を噛めるようになったが、まったく違和感がない。丁寧な治療と技術に感心しきりである。今後は、土台となっている8番や5番・4番を失うことがないように、十分気をつけなくてはならない。

 7/4掲載の「どうなん・とうほく山楽紀行」の「17回目・駒ヶ岳」は、親サイト「一人歩きの北海道山紀行」で、どうぞ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加